中村寅吉の名言

中村寅吉のプロフィール

中村寅吉、なかむら・とらきち。日本のプロゴルファー。日本プロゴルフ界の第一人者。神奈川県出身。14歳でゴルフを開始。20歳でプロデビュー。日本オープン優勝、カナダ・カップ日本代表団体優勝などを達成。その後、日本人で初めてマスターズトーナメントに出場。太平洋戦後の日本プロゴルフ界を支えたプレーヤーの一人。92歳まで生きた。日本女子プロゴルフ協会会長などを務めた。

中村寅吉の名言 一覧

勘とは頭の働きでなく、不断の練習から生まれるものだ。


中村寅吉の経歴・略歴

中村寅吉、なかむら・とらきち。日本のプロゴルファー。日本プロゴルフ界の第一人者。神奈川県出身。14歳でゴルフを開始。20歳でプロデビュー。日本オープン優勝、カナダ・カップ日本代表団体優勝などを達成。その後、日本人で初めてマスターズトーナメントに出場。太平洋戦後の日本プロゴルフ界を支えたプレーヤーの一人。92歳まで生きた。日本女子プロゴルフ協会会長などを務めた。


首藤由憲

残念なことに競合の動向ばかりを追い、完全なお客様目線に立って開発できていなかった時期がありました。売れない商品がたくさんある、というのがお客様の答えであり、その現実をきちんと受け止められる会社になる必要があります。


鹿島茂

本来的に怠け者である人間には、何もないのに集中することは難しい。そこで役に立つのが、納期や締め切りといった「外からの強制」だ。自発的にはなかなか集中できないが、他人から強制されれば集中できる。


中條高徳

リーダーは本来、決断のためのみにいる。


木暮太一

こんな時代に生き残るには、「今の会社以外でも通用する特技」を持っておくことが重要。そんなものない? いえ、意外と自分ではわかりませんが、じっくりキャリアを棚卸しすれば、誰にでもあるものなんです。


横川竟

人は育った家庭環境や学校、仲間、教育などによって100人いれば100人、性格も何も違うわけですから、そもそも統一しようとすること自体に無理があるんです。だったらマニュアル一辺倒よりも、基本的な部分をきちんと押さえた上で、できることは何でもしてあげた方が、よりお客様のためになるだろうと考えたわけです。


藤田晋

我が社もネットバブル崩壊後に、離職率がかなり高まった時期があった。そのころから「これではダメだ」と悟って社員の帰属意識を高める方針に転じた。一番効いたのは、私が発した「社員を大事にする」というメッセージだった。「有能な社員が、長期にわたって活躍できる終身雇用を目指す」ということをあえて明言したことで、社内の雰囲気はガラリと変わった。トップや経営陣がこのようなメッセージを出すと社員も、「我々も会社が好きだし、大事だ」となる。特に日本企業は、このようにして醸成される組織力に強みがあるのは間違いないだろう。


久水宏之

私が感じたのは、尊敬できる人たちに憧れを持つことの大切さである。何よりもそれは、そのように生きたいという願いの表れであり、その方が人生かけて果たしたい魂の願いにつながっている。人間信頼、世界信頼による自己変革の原動力でもあるからである。


高橋和志(造船技師)

祖父も父も、船大工の棟梁でした。うちは江戸時代から続く船大工の家だった。その二人の背中と、家に住みこんでいた100人以上の職人の背中を見て育ったんです。だからいまでも、何かあると祖父や父ならどうしていたかなと思うし、そこに答えがあるような気がする。


砂山起一

「ディズニーランドの顧客満足度が高いのはマニュアルがしっかりしているからだ」。そんなイメージを持つ人もいますが、事実は違います。私たちは、マニュアルをほとんど使っていません。「あなたの家族を連れてきたとしたら、どんなサービスをしてあげると喜びますか。それを考えて働いてください」とキャスト(従業員)に言っています。


午堂登紀雄

副業は語学と一緒で、すぐには成果が出にくいもの。ひとつのことをコツコツ続けてこそ、ある日ポンと成果が表れる。


ページの先頭へ