名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村太一(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村太一(経営者)のプロフィール

中村太一、なかむら・たいち。日本の経営者。「ベネクス」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、有料老人ホーム運営・コンサルティング会社に入社。独立しベネクスを設立。ナノ素材の共同研究を開始。疲労回復ウェア(リカバリーウェア)の商品化に成功。

中村太一(経営者)の名言 一覧

私が訴えたいことは「もっと休養に光を当てましょう」ということ。いかにして、しっかりと休養をとるかが重要。この考え方はアスリートの世界では当たり前のこと。


日本人の約6割は疲れている。ある調査でこのような結果が明らかにされている。原因は長時間労働やストレス。加えて最も大きな原因と考えられるのが、欧米に比べて「休む」ことのハードルが高い日本独特の社会風土ではないでしょうか。


技術者や研究者の方々は、もともと「世の中にないものを作りたい」という思いが強い。思いを伝え続けるうちに、「面白いやつが来たから、やってやるか」と、協力してくれる人が増えていきました。


PCやメールなどのツールや交通機関が発達した今の時代、我々は数十年前に比べて、短い時間で驚くほどの業務量をこなせるようになっています。疲れるのはある意味当然のこと。だからこそぜひ「休養」に目を向けてほしいと思っています。


リカバリーウェアに使われている素材はもともと、介護現場での問題を解決したいと思って開発したものです。でも、これがまったく売れませんでした。そんなとき、たまたま作ったTシャツをある見本市に出品したところ、スポーツジムの方が関心を抱き、試しに置いてもらったのです。反響はすぐにありました。「翌朝の筋肉痛が驚くほど軽くなった」というのです。身体の変化に敏感なアスリートだからこそ、いち早く効果を実感してくださったのでしょう。


人間は本来、朝になると交感神経が優位になり、夕方以降、副交感神経が優位となります。つまり、朝日が昇るとともに活動を開始し、日が落ちるとともに眠る、という生活が一番疲れないのです。子供が元気なのは、まさにこうした生活をしているから。


20代では無理が効いても、30代、40代となると、いくら寝てもなかなか疲れが抜けない、ということが増えてきますよね。多くの人はその原因を「体力の低下」と結びつけますが、実際にはむしろ「休養」に問題があることが多いのです。


リカバリーウェアを当初、医療関係者に売り込んでいたのですが、これが大手スポーツジムの関係者の目に留まりました。「アスリートは疲労がたまり、身体はボロボロ。これで疲労回復するのであれば、うちのジムの売店で販売したい」。スポーツの世界では休養が大事で、このウェアも大反響でした。今ではスポーツ売り場の一角に陳列されるようになりました。


中村太一(経営者)の経歴・略歴

中村太一、なかむら・たいち。日本の経営者。「ベネクス」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、有料老人ホーム運営・コンサルティング会社に入社。独立しベネクスを設立。ナノ素材の共同研究を開始。疲労回復ウェア(リカバリーウェア)の商品化に成功。

他の記事も読んでみる

國光宏尚(国光宏尚)

gumiが注目されているのは、たぶん僕がビッグマウスだからじゃないですか。日本のベンチャー界隈は、堀江(貴文)さん以降、目立ったら損だという空気がありますよね。そんな中で僕は「世界一取るぜ!」と言いまくってますから(笑)。


松下正幸

会社を経営していく上で、理念を持つことは非常に重要だと思います。同時に、理念を継承していくことも不可欠になってきますが、これはなかなか大変なことでもあります。パナソニックでも、創業者が亡くなってからずいぶん経ちますから、現役の経営陣の中で直接教えを受けたのは、もう私一人になりました。そうした中で、どのように理念を継承していくかが課題となっています。


荻田伍

会社の最大の目標は存続だといわれます。アサヒビールは来年、創業120周年を迎えます。先輩方がしっかりとつないでくださった会社を、いい形で次世代に引き継いでいく。これが私たち現役世代の役割だと考えれば、商品開発も営業も収益構造の改善もおろそかにはできません。


小林一雅(小林製薬)

当社では現場の担当者に権限を与えて任せてしまいます。もちろん、きちんと報告はさせますが、問題が発生した場合は上司が責任を背負います。権限委譲に似せた無責任は許しません。


呉文精

日本経済が持続的に成長していくためには、競争力の根底の部分を支える製造業が必要。


小日向文世

写真学校卒業間近、原宿の喫茶店でバイトしながら、「就職、どうしようかな……」と考えていました。そのころ、友達のバンドがヤマハからデビューしていたんです。それを見てたら僕のなかで、「小日向文世という人間がこの世に存在するということを、知ってもらいたい!」という思いがメキメキ強くなっていきました。高校時代から劣等生というか、スポーツも勉強もできず、「小日向」なのに「日陰」みたいな時代を送ってきたから、どっかにスポットライトを浴びてみたいという思いがあったんじゃないでしょうか。ただ、僕はギターができなかった。それで「じゃあ、俳優だ!」と思いつく(笑)。短絡的だけど、それが青春でしょ?(笑)まだまだ人生は長いと思っていたし、とにかくやりたいことをやってみようと。


鑄方貞了(鋳方貞了)

会社経営では景気のいい時も悪い時もあり、社内外にいろいろな問題や課題が生じます。それらをその時々の状況に応じて、適切に解決していかなければなりません。それにはまず、心身ともに健康であること。そして、叩かれても立ち上がれるタフさが必要。


廣瀬恭久

他人と違うことを恐れる必要はない。何か新しいことをやろうと思えば、必ず反発が生じます。


北島義俊

目に見えない努力を積み重ねていかないと、我々の事業は成り立たない。


安斎隆

40歳の時、日銀で総務局と営業局にまたがる3つの課を兼務する調査役という奇妙なポストを命じられました。直前まで日銀の金融政策決定に直接携わる企画局に籍を置いていた私は、「とうとう窓際に飛ばされたか」と落ち込みました。それまでの私は、エリート街道を歩んできたという自負もあり、ずいぶん傲慢だったと思います。部下と仕事を続けるうちに、部下の能力をどう生かすかを真剣に考えるようになりました。それまで、いかにして上に仕えるかを考えて仕事をしていましたから。


寺田和正

おもてなしとは、顧客にどれだけサプライズを感じてもらえるか、取引先にもサマンサと組んで良かったと思ってもらえるか。


柳井正

思いを自分の言葉でしっかりと伝えないと、相手に伝わりません。どこかから借りてきたような教科書通りの言葉で説明しても、なかなか伝わらない。