名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村太一(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村太一(経営者)のプロフィール

中村太一、なかむら・たいち。日本の経営者。「ベネクス」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、有料老人ホーム運営・コンサルティング会社に入社。独立しベネクスを設立。ナノ素材の共同研究を開始。疲労回復ウェア(リカバリーウェア)の商品化に成功。

中村太一(経営者)の名言 一覧

私が訴えたいことは「もっと休養に光を当てましょう」ということ。いかにして、しっかりと休養をとるかが重要。この考え方はアスリートの世界では当たり前のこと。


日本人の約6割は疲れている。ある調査でこのような結果が明らかにされている。原因は長時間労働やストレス。加えて最も大きな原因と考えられるのが、欧米に比べて「休む」ことのハードルが高い日本独特の社会風土ではないでしょうか。


技術者や研究者の方々は、もともと「世の中にないものを作りたい」という思いが強い。思いを伝え続けるうちに、「面白いやつが来たから、やってやるか」と、協力してくれる人が増えていきました。


PCやメールなどのツールや交通機関が発達した今の時代、我々は数十年前に比べて、短い時間で驚くほどの業務量をこなせるようになっています。疲れるのはある意味当然のこと。だからこそぜひ「休養」に目を向けてほしいと思っています。


リカバリーウェアに使われている素材はもともと、介護現場での問題を解決したいと思って開発したものです。でも、これがまったく売れませんでした。そんなとき、たまたま作ったTシャツをある見本市に出品したところ、スポーツジムの方が関心を抱き、試しに置いてもらったのです。反響はすぐにありました。「翌朝の筋肉痛が驚くほど軽くなった」というのです。身体の変化に敏感なアスリートだからこそ、いち早く効果を実感してくださったのでしょう。


人間は本来、朝になると交感神経が優位になり、夕方以降、副交感神経が優位となります。つまり、朝日が昇るとともに活動を開始し、日が落ちるとともに眠る、という生活が一番疲れないのです。子供が元気なのは、まさにこうした生活をしているから。


20代では無理が効いても、30代、40代となると、いくら寝てもなかなか疲れが抜けない、ということが増えてきますよね。多くの人はその原因を「体力の低下」と結びつけますが、実際にはむしろ「休養」に問題があることが多いのです。


リカバリーウェアを当初、医療関係者に売り込んでいたのですが、これが大手スポーツジムの関係者の目に留まりました。「アスリートは疲労がたまり、身体はボロボロ。これで疲労回復するのであれば、うちのジムの売店で販売したい」。スポーツの世界では休養が大事で、このウェアも大反響でした。今ではスポーツ売り場の一角に陳列されるようになりました。


中村太一(経営者)の経歴・略歴

中村太一、なかむら・たいち。日本の経営者。「ベネクス」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、有料老人ホーム運営・コンサルティング会社に入社。独立しベネクスを設立。ナノ素材の共同研究を開始。疲労回復ウェア(リカバリーウェア)の商品化に成功。

他の記事も読んでみる

大須賀正孝

業界の社会的価値を高めたいと思っています。我々物流は駅伝でいえば、チームで一番信頼されるアンカーです。どんなにいい商品でも、お客様のもとにきちんと届かなければ意味はありません。そういう意味で、物流こそ、日本で一番優秀な人が誇りを持ってやるべき仕事だと思っています。


藤原弘治

日頃からコミュニケーションをとって本音で議論をし、価値観を共有しておくことが大事。


岡本和彦(経営者)

私の最初の配属先はグループ会社・松下通信工業(のちのパナソニックモバイルコミュニケーションズ)の電卓事業部です。当時は日本だけで電卓メーカーが46社もありました。その後、電卓ビジネスで生き残ったのはシャープとカシオ、キヤノンの3社だけです。では、なぜ3社は勝ち残ったのか。シャープは最初に液晶電卓を出した会社。とことん液晶にこだわり性能や技術を向上し、ついに液晶テレビにまで行き着きました。キヤノンは紙に印字する「プリンター電卓」を得意としていました。そこからプリント技術を磨き、複写機やファクスといった事業に発展・拡大していきました。カシオは量産技術が優れていました。電卓で培ったデジタル機器の技術を使って電子楽器、時計などにも商品展開していきました。つまり、デジタル機器の先駆けである電卓事業で液晶、プリンター、量産技術を極めた企業は勝ち残り、その技術を後の事業発展に役立てたのです。電卓戦争は、極めることの重要性を示す良いお手本になっていると思います。


近藤太香巳

どうすれば相手に喜んでもらえるのか、あるいは感動してもらえるのかを常に考えて行動するようにしています。これはビジネスでもプライベートでも同じだと思います。


上野和典

自分が主体となってトライ&エラーを繰り返すことは、自分の実力値を知ることにもつながります。「自分の企画した商品がこれだけ売れた」「結構儲かるものだな」といったように、自分が稼げる範囲がわかるのです。自分の実力値を知ることで、「これくらいの失敗だったら、次で挽回できそうだ」といったリスクヘッジの能力も身につきます。


新浪剛史

あんな苦しみは、人生でほかにないですね。二度とやりたくない(笑)。あの経験に比べたら、どんなものにも耐えられると思っています。
【覚え書き|ハーバード・ビジネス・スクール留学時代を振り返って】


前川孝雄

昔は、組織に人的・時間的な余裕があったため、雑談や飲み会の場で「ああでもない、こうでもない」と議論しながら、コミュニケーションのズレや不足を埋めることができました。しかし、今は効率や生産性を追求するあまり、雑談などの機会が削ぎ落とされてしまっています。であれば、飲みニケーションに代わる今の時代に即したコミュニケーションの機会を、時間内で工夫するしかないと思います。


岡田祥吾

3年後ぐらいには起業したいということは(マッキンゼーの)入社の選考でも言ってましたし、入社時に思い描いていたところまでは成長できたと感じました。それ以上に入社する前から起業しようって決めていて、ウズウズしてたんですね(笑)。


アルベルト・ザッケローニ

これは日本だけでなく世界共通ですが、チームに対する方針が明確でブレないこと、それに即して個別に、「君はこうすべきだ」「こうすべきではない」という技術的な指導をしてくれる監督を選手は望んでいます。


冨安徳久

人を喜ばせようとすることは、自分の喜びに繋がる。


オグ・マンディーノ

一生懸命、忍耐強く働き、目標をしっかり持っている人すべてが成功を勝ち取るとは限らない。しかし、少なくともこの3つの要素のうちどれかが欠けても成功を手にすることは不可能となる。


鈴木英智佳

だじゃれは場を和ませますが、思いついただじゃれを、相手の気持ちやその場のムードに関係なく押しつけるオヤジギャグにはご注意を。上司から部下へのギャグハラスメントも問題です。相手への愛や遊び心をお忘れなく。