名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

中村太一(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村太一(経営者)のプロフィール

中村太一、なかむら・たいち。日本の経営者。「ベネクス」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、有料老人ホーム運営・コンサルティング会社に入社。独立しベネクスを設立。ナノ素材の共同研究を開始。疲労回復ウェア(リカバリーウェア)の商品化に成功。

中村太一(経営者)の名言 一覧

私が訴えたいことは「もっと休養に光を当てましょう」ということ。いかにして、しっかりと休養をとるかが重要。この考え方はアスリートの世界では当たり前のこと。


日本人の約6割は疲れている。ある調査でこのような結果が明らかにされている。原因は長時間労働やストレス。加えて最も大きな原因と考えられるのが、欧米に比べて「休む」ことのハードルが高い日本独特の社会風土ではないでしょうか。


技術者や研究者の方々は、もともと「世の中にないものを作りたい」という思いが強い。思いを伝え続けるうちに、「面白いやつが来たから、やってやるか」と、協力してくれる人が増えていきました。


PCやメールなどのツールや交通機関が発達した今の時代、我々は数十年前に比べて、短い時間で驚くほどの業務量をこなせるようになっています。疲れるのはある意味当然のこと。だからこそぜひ「休養」に目を向けてほしいと思っています。


リカバリーウェアに使われている素材はもともと、介護現場での問題を解決したいと思って開発したものです。でも、これがまったく売れませんでした。そんなとき、たまたま作ったTシャツをある見本市に出品したところ、スポーツジムの方が関心を抱き、試しに置いてもらったのです。反響はすぐにありました。「翌朝の筋肉痛が驚くほど軽くなった」というのです。身体の変化に敏感なアスリートだからこそ、いち早く効果を実感してくださったのでしょう。


人間は本来、朝になると交感神経が優位になり、夕方以降、副交感神経が優位となります。つまり、朝日が昇るとともに活動を開始し、日が落ちるとともに眠る、という生活が一番疲れないのです。子供が元気なのは、まさにこうした生活をしているから。


20代では無理が効いても、30代、40代となると、いくら寝てもなかなか疲れが抜けない、ということが増えてきますよね。多くの人はその原因を「体力の低下」と結びつけますが、実際にはむしろ「休養」に問題があることが多いのです。


リカバリーウェアを当初、医療関係者に売り込んでいたのですが、これが大手スポーツジムの関係者の目に留まりました。「アスリートは疲労がたまり、身体はボロボロ。これで疲労回復するのであれば、うちのジムの売店で販売したい」。スポーツの世界では休養が大事で、このウェアも大反響でした。今ではスポーツ売り場の一角に陳列されるようになりました。


中村太一(経営者)の経歴・略歴

中村太一、なかむら・たいち。日本の経営者。「ベネクス」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、有料老人ホーム運営・コンサルティング会社に入社。独立しベネクスを設立。ナノ素材の共同研究を開始。疲労回復ウェア(リカバリーウェア)の商品化に成功。

他の記事も読んでみる

アルフレッド・アドラー

勇気とは困難を克服する活力のことだ。勇気のない人が困難に出会うと、人生のダークサイドへと落ちていってしまうだろう。


本間宗久

商い利運仕当たる時、先ず大概に致し、留むるものなり。その節一両日休むべし。この休むことを忘るる時は、何程利運に向きても、商い仕舞いの節は決して損出べし。勝ちに誇り、百両の利は二百両取る気になり、千両二千両の気移り、欲に迷うて見切りかね、損出るなり。これ欲より出で迷うなり。不利運の時はなおもっての事なり。その時の見切り大切のことなり。慎み心得べし。


渋沢栄一

成功には嫉妬が伴い、成功者の多くは老獪(ろうかい)と目されやすい。地位と名誉には、それぞれ付随する慎みがあることを忘れてはならぬ。


大沢幸弘(経営者)

「自分の人生という事業のオーナー経営者なのだ」。そう自覚するようになったことが、私の一番の人生の転機だった。


パトリツィオ・ディ・マルコ

かつてグッチの製品が職人技や伝統技によってつくられたものであることは、誰もが知っていました。ただそのあと、グッチのポジショニングは変わってしまいました。そこで我々は、「グッチ=職人技」というメッセージを再び伝えなくてはならないと思ったのです。そこで「アルチザン(熟練の職人)コーナー」を始めました。
【覚書き|店で靴やバッグの制作工程を熟練の職人が披露する取り組みを始めた経緯について語った言葉】


青田嘉光

「マニュアルに従って設計する」という視点にとどまらず、利用者の立場になって心理・感情にも配慮する「心のユニバーサルデザイン」を大切にしています。


小山昇

大事なのは、損得よりも好き嫌い。素直に好きな人とつき合い、嫌いな人とは我慢せずに距離を取ればいい。同じ部署だからとか、取引先だからだとかは関係ない。嫌いな人とムリしてつき合っていると、ストレスがたまる。ストレスがたまれば心がやられて、心がやられると体もやられる。それで仕事を休むはめになったら、そっちのほうがよほど損だ。多くの人は、このことがわかってない。好き嫌いで人を選べば、仕事がうまくいかず結果的に損をしても自分が好きで選んだ相手だから諦めがつく。得すると思ってつき合った相手に裏切られるより、ずっといい。


高島宏平(髙島宏平)

私は理路整然と話すよりも行動する方が得意です。


武藤潤(経営者)

高額な装置、機械、設備などを抱える製造業にとっては、それらのパフォーマンスを最大限に発揮するメンテナンスの仕組み構築は最大の資産となります。


伊藤羊一

右脳と左脳を刺激する話し方を意識することが大切。人は、ロジカルに考える左脳と、イメージや感情を司る右脳の両方を揺さぶられて初めて興味を持つ生き物。まずは、自分が感動できるアイデアをイメージし、話の核を形成します。聞き手は、はじめに伝える側の情熱を感じられなければ、興味を示しません。それを、伝わるようにロジカルに整理する。最後に、聞き手の感情を盛り上げる要素を加えるのです。右脳→左脳→右脳の順にストーリーを作れば、聞き手も耳を傾けるようになり、自ずと行動を起こします。


西樹

わざわざ失敗を体験しないまでも、「失敗することもある」という人生の前提は、早いうちに自分の中につくったほうがいい。


今瀬ヤスオ

「どんな人でも人生のリベンジはできる!」。私自身の経験からもそう断言できます。倒産前の3年間はノイローゼ状態でした。「人生、終わった」と思いましたが、会社の清算後、気持ちが前向きになりました。以来、新会社が軌道に乗り、解散経験も役立ち、人生が充実しています。気持ちひとつでいくらでもやり直しがきくんです。