名言DB

9425 人 / 110833 名言

中村天江の名言

twitter Facebook はてブ

中村天江のプロフィール

中村天江、なかむら・あきえ。リクルートワークス研究所労働政策センター長。東京大学大学院数理科学研究科修士課程修了、一橋大学で商学博士号を取得。リクルートに入社。リクルートワークス研究所労働政策センター長を務めた。

中村天江の名言 一覧

できれば入社後に同じ部署で働くことになる人たちとも事前に会わせてもらいましょう。自分の口から入社後の役割を伝え、上司や同僚の協力や支援が得られそうかを判断する良い機会になります。とくに日本のU・Iターンにおいては、「メンバーシップの適合」がマッチングの要諦となります。転職先を探す際は、ジョブ(スキルや専門性)の適合性も大事ですが、それ以上に「組織の一員となり、周囲に仲間として認められること」が重要になるのです。


地方移住者が活躍するために必要なのが、「同じ職場の人たちからの期待」です。高い業績貢献をしたと答えた人に、彼らの周囲で自分に期待をかけてくれた人を尋ねると、転職先の経営者、上司、同僚という回答が上位を占めました。さらに別の研究では、「自分に期待される役割が明確である」と感じている人は、転職後の仕事や職場への満足度が高いことも明らかになっています。役割が曖昧だと、転職先の同僚たちは「あの人は何のために来たんだろう」と思い、職場に受け入れにくくなります。入社前に企業側が「この会社の収益率を上げるため、業務改善の経験が豊富なあなたに来てもらいたい」などと期待する役割を本人に伝え、職場にもそれを周知する必要があります。


転職後に業績貢献をしたと答えた人ほど、職場での軋轢も経験しています。軋轢を乗り越えて活躍する条件の一つは、「アンラーニング(学習棄却)」の実践です。これは「それまで身につけた経験・やり方をあえて捨てる」という意味。たとえ都市の大企業で成功した業務効率化の施策でも、地方の中小企業の風土や仕組みには合わないこともあります。それを上から目線で押しつければ、軋轢が生じやすくなって当然です。やみくもに以前のやり方を押しつけるのではなく、本当にそこで役立つノウハウや情報を見極め、時には自分から過去の知見を捨てる判断も必要ということ。


中村天江の経歴・略歴

中村天江、なかむら・あきえ。リクルートワークス研究所労働政策センター長。東京大学大学院数理科学研究科修士課程修了、一橋大学で商学博士号を取得。リクルートに入社。リクルートワークス研究所労働政策センター長を務めた。

他の記事も読んでみる

塚越寛

当社には、様々なところに百年カレンダーが貼ってあります。若い社員に、「あなた方は若いけれども、このカレンダーの中に命日が必ずあるんだよ」と語ります。やがて皆、間違いなく土にかえるのです。一生懸命働き、楽しみ、自分の力を最大限に発揮するべきだと思います。「生き方」を考えた時、恨まれるよりは、感謝されたいと思うものではないでしょうか。


豊田圭一

やる気が起きないときは、ダラダラと仕事をしてしまいがちかもしれません。しかし、これは悪循環のもとです。仕事のスピードが遅くなれば残業も増え、疲れてやる気が低下します。この悪循環を断つためにも、発想転換を図るべきではないでしょうか。好きになれない仕事なら「さっさと終わらせよう!」と思えばいいのです。


上條努

お客様の課題を克服した時には、絶大な消費者の支持を頂ける。


江上剛

上司に悪い情報を入れて、褒められたためしがありますか?普通は怒られます。それを経験的に知っているから、部下は悪い情報をなかなか上げようとしないのです。


所ジョージ

間違えたって最後にうまく着地できれば、それこそがクリエイティブじゃないですか。失敗が起伏になって、ドラマが生まれる。五輪を見ていれば、まさにそうだよね。前の大会では予選敗退だった選手が今回は見事にメダルを獲ったら「あの時、辞めなくてよかったね」なんてドラマになる。失敗して辞めても、不調もなく順調に勝ってもドラマにならない。挫折して、乗り越えて、達成してドラマになる。


井上英明

自分の人生なんだから、自分でコントロールしないと。私は、人生において受け身というのはあり得ないと思うんです。自分の人生をどうするかは、自分の責任であって、他人がコントロールするものではない。自分をもっと意識すると、モチベーションって下がりようがないんじゃないかと思うんです。落ち込んでいる時間がもったいないですからね。


齋藤孝(教育学者)

ビジネスの世界では、書くことは決断することと同じです。選択肢が3つあるのであれば、最良と思うものをひとつ選び、それを中心に据えて論を展開すべきです。当然、実行の段階でリスクも発生しますが、上司が欲しいのは、どのような利益があるかという美辞麗句ではありません。撤退しなくてはならないときの損失はどの程度で、どこまでなら進んでも引き返せえるかというリスクについてもきちんと言及された文書です。経験を積んだ上司からは、リスクに触れられていない文書は、それだけで却下されると思っていた方がいいでしょう。


奥山清行

ある職種のプロであるほど忘れがちになるのは、プロであるほど業界の常識に縛られているということです。つまり、プロの発想は前例の集積になりやすい。しかし、それではまず発案者本人が興奮できません。発案者が興奮できないものに、他人が興奮するわけがないですよね。だから「自分以上」になる道具が必要ですが、僕にとってはそれが「手描きの絵」なんですよ。機械を使って描く図面は非常に正確ですが、発想のはじめから機械で描くと、僕の場合は細かいところの不備が気になって前に進めなくなります。でも、手のスケッチなら、細かいところはコチョコチョと曖昧にしておき、アイデアの核心については力強く描ける。初期衝動の印象をかなりそのまま形にできる道具なんです。しかも、手はなかなか思い通りにはなりません。それで偶然に引いた描線が、自分の意図を越えていいものになる可能性もある。そういう意味で僕にとっての手描きの絵は、本人も興奮できる企画を作るための道具になるんですね。


下村朱美

竹内一郎先生が『人は見た目が9割』という本を書かれておられますが、本当にその通りだと思います。見た目とは、目鼻立ちや顔の造形だけではなく、身だしなみや姿勢も含まれます。そこで表現するのが、清潔感です。清潔感を表現する髪型、スーツの着こなし、話し方を身に付ければ、いかようにでも見た目は良くなります。「見た目だけで判断されたくない」と思われる方もおられると思いますが、逆に、見た目だけで損をしてはもったいないと思います。


中原淳

働かないおじさんは、「応援団にする」のが良いと思います。嫌いな相手を応援団にしようとするのは、心理的に抵抗感があるかもしれませんが。そこはある程度、「演技」だと思ったほうがいい。マネジメントも「役割演技」です。会社を舞台だと思って、課長なら課長を演じてみるのです。すると、意外とうまくいくものですよ。