名言DB

9490 人 / 112001 名言

中村壮秀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村壮秀のプロフィール

中村壮秀、なかむら・まさひで。日本の経営者。「アライドアーキテクツ」社長。慶應義塾大学理工学部計測工学科卒業後、住友商事、ゴルフダイジェスト・オンラインなどを経てアライドアーキテクツを設立。

中村壮秀の名言 一覧

今は顧客との対話からヒット商品を生み出す時代。


今は技術革新が早く、時代の変化も激しい。顧客の生活環境が変われば、当然、企業のマーケティング戦略も変わってくる。


当社なしではビジネスが回らないと言われる、台風の目のような企業をつくっていきたい。


人が誰かとつながりたいという欲求は不変。SNSのポテンシャルは十分あります。


当社が求めているのは、世界中のマーケティングを変えようとする気持ちを持った気概のある人材。従来のノウハウを生かしながら、新しい発想を生み出す「未来派志向」の仕事をしてほしい。


人口減少の時代になって、日本企業はニューマーケットを手中にしないと成長できない。お客様の企業価値創造に貢献していくことで、当社も新たな需要の掘り起こしを進めていきたい。


SNSは顧客の反応が瞬時にわかります。企業は顧客を理解し、自分たちの強みや弱みを認識し、さらなる商品やサービスの質の向上を目指していく。勝ち組となるのは、こうした一連のサイクルが早い企業ばかり。当社はここに入り込んで、お客様の顧客創造や企業価値創造に寄与したい。


私は今後の企業活動は、ソーシャル上でのメッセージ発信や生活者との直接的なコミュニケーションが、とても重要な位置を占めると考えています。


中村壮秀の経歴・略歴

中村壮秀、なかむら・まさひで。日本の経営者。「アライドアーキテクツ」社長。慶應義塾大学理工学部計測工学科卒業後、住友商事、ゴルフダイジェスト・オンラインなどを経てアライドアーキテクツを設立。

他の記事も読んでみる

浜矩子

いまのビジネスマンは結果だけに着目しすぎです。思考のプロセスがあって結果があるのに、結果を追い求めるあまり、「道草を食ってはいけない」といって考えるプロセスを省略しようとするのです。実際には、何度も思考を重ねて、そのプロセスをかみしめて味わっていく中から、想定していなかった新たな結論が生まれることがあるはずです。ところが、いまのビジネスマンは、いきなり結論に飛びつくことで、新しいものを創造する機会を自ら捨てています。世の中ではイノベーションが求められていますが、こうしたやり方で創造性のある答えを導くのは難しいでしょう。


吉田正樹(経営者)

少々物騒な比喩ですが、自分が面白いと思うアイデアの山を登る途中に「白骨死体」を見つけたら自信を持って進んでいい。白骨死体とはそのアイデアを実現しようとしたものの、志半ばで断念した人がいた記録のことです。「他の人も思いついたアイデアだったか」「実現は難しいのか」などと落ち込む必要はない。「面白いと思う人が他にもいたんだ!」と心強く思っていい。そして、倒れた先人に敬意を表しつつ、それを越え、しっかり登り切る。


岡崎太郎

日頃から疑問や不満など、気づいたことをメモにとり、気になることは忘れないうちに調べるようにする。それを続けていくうちに、気づきやひらめきが生まれるようになる。


安部修仁

(買収した企業のブランドを極力絞り込むのは)その部門ごとのトップブランドになってほしいからです。ただし、絶対売上と絶対利益を大きくしろという意味ではありません。一店当たりの来客数と利益率が、相対的に最も高いという意味でのブランドを指すのです。


大西賢

人間は常にミスを犯す。よく現場でお互いにダブルチェックをすればミスは減ると言われますが、それは甘い。同じ確認作業を1万回、10万回とやって何も異常が起きなければ、人間は次第に注意力が希薄になっていくからです。


高橋政史

どんな仕事でも、アウトプットを生み出すには、「事実(得た情報)」を「解釈」して、「行動(アウトプット)」する、というプロセスを踏むことが必要です。


石井裕(工学者)

最近はあまりにも短いスパンでしか、ものを考えなくなっています。次の四半期は回標を達成できるだろうか、次の株主総会をどう乗り切ろうか、と。いきおい、自分たちが一番強い分野にリソースを集中してやっていこうとしている。短期的に見れば一番良い戦略でしょうが、自分たちの強みは10年後に消えてしまうかもしれない。例えば、音楽を楽しむ媒体は、レコードからCD、MP3……とドラスチックに変化しました。レコード針はもはや一部愛好家だけのもの。そういう変化を乗り越えて、自分の会社が輝き続けるにはどうすべきかという視点を持てば、全く違った戦略が出てくるはずです。


中井政嗣

紹介を軽く見てはいけません。私は人を紹介するとき、私自身の信用を担保に差し出しているつもりです。もちろんリベートは取りません。その代わり、うまく運べば私自身の信用が高まります。


ジェフ・ベゾス

「アマゾンは実店舗に進出するのか」とよく聞かれますが、普通の店であればやりたくありません。従来と異なる優れたサービスを提供できない限り、そのビジネスには進出しません。


山田隆持

私はそもそもNTTにいた人間ですから、NTTとの関係は是々非々で行けばいいと考えているのです。NTTが右へ行けといって、右の方が正しいと判断したら右へ行けばいいし、違うと思ったら左へ行けばいい。まずはドコモ内部でのベクトル合わせが重要であって、NTTグループの中では、ベクトルを合わせるべきだと思えば合わせればいいし、合わせる必要がないと思えば合わせなければいいのです。


伊藤羊一

僕はよく「幽体離脱」という言葉を使うのですが、幽体離脱して上空から第三者的に見て、どういうふうに聞き手が感じているかを意識しています。聞いている人が上司に上げる情景もイメージします。恐らく簡単スッキリとか、ストーリーとか情熱というのは、必要条件。十分条件は、話をするときに聞き手をイメージするということ。そこで圧倒的に、伝わる、伝わらないの差が生まれると思うんです。


津田秀樹

人はその場をコントロールできると思えるとストレスが減ります。