名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村和彦(組織開発)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村和彦(組織開発)のプロフィール

中村和彦、なかむら・かずひこ。岐阜県出身。「南山大学」教授。北海道教育大学小学校教員養成過程教育心理学科卒業、名古屋大学大学院教育学研究科教育心理学専攻後期博士課程満期退学。南山大学人文学部心理人間学科教授、同大学人間関係研究センター長を務めた。専門は組織開発、人間関係トレーニング、グループ・ダイナミックス。

中村和彦(組織開発)の名言 一覧

人は、「させられる」ことによっては活き活きとせず、その人の力や潜在力も発揮されない。自らがやりたいと感じた時に活き活きとし、その人らしさや潜在力が発揮されていく。


コーチングやファシリテーションをマネージャーやリーダーが学ぶ場合は、手法やスキルだけではなく、自らのマネジメント観や価値観も点検する必要がある。マネージャーやリーダーがX理論(命令や強制で人を管理するやり方)というマネジメント観をもち続けながら、手法としてコーチングのスキルを実施したとしても、部下に見透かされる。


中村和彦(組織開発)の経歴・略歴

中村和彦、なかむら・かずひこ。岐阜県出身。「南山大学」教授。北海道教育大学小学校教員養成過程教育心理学科卒業、名古屋大学大学院教育学研究科教育心理学専攻後期博士課程満期退学。南山大学人文学部心理人間学科教授、同大学人間関係研究センター長を務めた。専門は組織開発、人間関係トレーニング、グループ・ダイナミックス。

他の記事も読んでみる

佐藤優

人類の法則、歴史の法則から言えば、侮るものは必ずしっぺ返しを食らう。


秋葉尊

調子の悪い時には絶対に理由がある。それを探し出して、改善して、次につなげる。これを繰り返すことが自己の成長、事業の発展につながっていく。


日覺昭廣

母からも、父からも「ああせい、こうせい」と言われたことは一切なく、小さい頃からずっと好きなことをしてきました。だからこそ、幼い頃から、理想と目的に向かって生きてこられたように思います。


田中和彦

いままでの職歴を書き出すことおすすめします。リストを作れば、自分の意外な経験やスキルに気づきますよ。私はリクルート時代に人事部で採用に携わった経験と、広報部で社内報の発行をしていた経験が重なって、「週刊ビーイング」の編集長になれました。そこで培ったプロデュースのスキルが、映画会社にプロデューサーとして転職するときに役立ったんです。


コシノジュンコ

伝統芸能というのは、常に新しい挑戦があって現在まで続いている。若い人たちが活躍できる場を提供し、現代的なものにして前に進めてきたからこそ続いているのです。


亀山郁夫

40代で大切なのは、スキルよりむしろ教養力を高めることだと思っています。20代でも30代でも、人はそれなりの教養を身につけてきてはいます。しかし、ここでいう40代からの教養は、いわば「自分をよりよく変えていくための知的行動」。人間的な幅を広げていくための新たな基盤づくりともいえるものです。


井川幸広

私たちの根幹となっているのは、22万4000人のプロフェッショナル人材ネットワークと2万社を超えるクライアントネットワークです。プロたちの知恵を引き出し、弊社子会社やクライアント企業と連携させることで製品やサービスを抽出、商品化に漕ぎ着けるのが我々の仕事になります。たとえば、ドローンを使って何かビジネスをするとしましょう。ドローン本体ならば中国製のものが溢れています。しかし問題は、ドローンを使って何をするかです。「特殊なセンサーや超音波装置をコンパクトにして取り付けることで、コンクリートの腐食状態が分かる」といった知見に関しては、それを研究している先生方の右に出る者はおりません。そうした知見を駆使した商品やサービスを作ることで、先生方には利益が入るし、新しいマーケットを創出することも出来るのです。


枝廣憲

私個人としても当社のサービスを通じてより沢山の人に楽しい瞬間を届けていければと思いますし、以前よりも遥かに早くサービス・プロダクトが移り変わる時代の中で、変革に遅れないように先んじて新たなスキルを身に付けようと考えています。最近では毎週就業時間後にプログラミングの勉強を始め、日常業務で自分が出しているオーダーの乱暴さに気付いて青ざめています。次に開発や運用を行う際のリソースや期間のリスクを深く理解することができそうです。


久保華図八

「利より信」を続けていると、幸せにする範囲も広がっていきます。毎朝の清掃活動では、お隣の店前や道路も併せて掃除をする。地域の行事やボランティアにも、積極的に参加する。そうした地道な取り組みから、好循環が生まれ始めました。


星﨑尚彦(星崎尚彦)

「マルチファンクション制」という制度も導入しました。1人の社員が「商品開発」と「販売」など2つ以上の仕事を担当します。他部門の課題や悩みを共有すれば、相手の立場に立った提案ができ、助け合いの精神も生まれます。


森川亮

カギはどれだけ早く動けるか。変化の波をとらえ、とにかく早く動き始め、動きながら変えていくやり方が求められる。


福沢諭吉

独立の気なき者は、必ず人に依頼する。人に依頼する者は、必ず人を恐れる。人を恐れる者は、必ず人にへつらう。