名言DB

9429 人 / 110879 名言

中村和彦(組織開発)の名言

twitter Facebook はてブ

中村和彦(組織開発)のプロフィール

中村和彦、なかむら・かずひこ。岐阜県出身。「南山大学」教授。北海道教育大学小学校教員養成過程教育心理学科卒業、名古屋大学大学院教育学研究科教育心理学専攻後期博士課程満期退学。南山大学人文学部心理人間学科教授、同大学人間関係研究センター長を務めた。専門は組織開発、人間関係トレーニング、グループ・ダイナミックス。

中村和彦(組織開発)の名言 一覧

人は、「させられる」ことによっては活き活きとせず、その人の力や潜在力も発揮されない。自らがやりたいと感じた時に活き活きとし、その人らしさや潜在力が発揮されていく。


コーチングやファシリテーションをマネージャーやリーダーが学ぶ場合は、手法やスキルだけではなく、自らのマネジメント観や価値観も点検する必要がある。マネージャーやリーダーがX理論(命令や強制で人を管理するやり方)というマネジメント観をもち続けながら、手法としてコーチングのスキルを実施したとしても、部下に見透かされる。


中村和彦(組織開発)の経歴・略歴

中村和彦、なかむら・かずひこ。岐阜県出身。「南山大学」教授。北海道教育大学小学校教員養成過程教育心理学科卒業、名古屋大学大学院教育学研究科教育心理学専攻後期博士課程満期退学。南山大学人文学部心理人間学科教授、同大学人間関係研究センター長を務めた。専門は組織開発、人間関係トレーニング、グループ・ダイナミックス。

他の記事も読んでみる

井上礼之

技術を囲い込んで利益を独占しようとしても、いずれは追いつかれるかもしれません。それならば、ある程度開放し、仲間を増やして市場を広げていきながら、そのプロセスで技術の優位性やコスト競争力を武器に大きなパイを奪う。そんなオープン化戦略がいまの時代に合っているように思います。


荻原博子

「借金を減らして、現金を増やす」。老後の準備は、これに尽きます。特に夫の定年までに、借金をなくしておくことが重要です。


松井順一

企業にとって「競争力」とは、従来の常識や枠を打ち破り、新しい価値を作り出すこと。そのためには、既存のやり方をただ踏襲していては意味がない。これまで「やってはいけない」とされてきた理論や手法をあえて試してみるくらいの思い切ったチャレンジをしなければ、競争力を獲得できない。


梅森浩一

私は何も真面目がすべて悪いと言っているわけではありません。仕事にはすべからく真面目に取り組むべきだと思っています。ただ日本企業には真面目一辺倒で要領の悪い人が多すぎます。要するにスピード感を持って仕事をすることに慣れていないんです。


大橋武夫(経営者、軍人)

権限移譲とは、部下に全決定権を与えることであり、上級者は、この部下の決定を変えることはできない。できるのは、それを容認するか、それともその人間を更迭するかである。


平田正

私が社長に就任して以来、思い切った選択と集中に取り組みましたが、これは気をつかいました。選択と集中は「医療品」「バイオケミカル」「化学品」と、消費者向け「酒類」「食品」などの部門別にカンパニー制を敷いたところから本格化させました。各事業とも研究開発から販売まで一気通貫の組織として、事業責任を明確にしたのです。


成宮雄三

うちは毎朝、幹部と早朝会議を行っています。8時半から営業会議を30分、9時から企画会議を30分。そこでメディアニュースや街角ニュースと、現場から上がってきた情報をぶつけ合って、いろいろと戦略を打ち出していきます。


古田貴之

どんな製品もユーザーと供給側との間でやり取りして、製品を練っていかないと、その文化は発展していかない。パソコンやスマホでそれが起こっていって、使い勝手がどんどん良くなった。


池田義博

私はもともと暗記が得意だったわけではありません。生徒たちのために記憶力を高めるカリキュラムを作ろうと独学で学ぶうちに、記憶力を鍛える楽しさに目覚めてしまったのです。世界記憶力選手権に挑戦した頃には、千桁以上の数字を覚えられるようになっていました。


三宅裕之

大事なのは何かを「やりたい」という気持ちに敏感であることです。自分の動きをしっかり把握していれば、勉強したいと思ったときに、情熱を燃やすことができます。