中村和彦(組織開発)の名言

中村和彦(組織開発)のプロフィール

中村和彦、なかむら・かずひこ。岐阜県出身。「南山大学」教授。北海道教育大学小学校教員養成過程教育心理学科卒業、名古屋大学大学院教育学研究科教育心理学専攻後期博士課程満期退学。南山大学人文学部心理人間学科教授、同大学人間関係研究センター長を務めた。専門は組織開発、人間関係トレーニング、グループ・ダイナミックス。

中村和彦(組織開発)の名言 一覧

人は、「させられる」ことによっては活き活きとせず、その人の力や潜在力も発揮されない。自らがやりたいと感じた時に活き活きとし、その人らしさや潜在力が発揮されていく。


コーチングやファシリテーションをマネージャーやリーダーが学ぶ場合は、手法やスキルだけではなく、自らのマネジメント観や価値観も点検する必要がある。マネージャーやリーダーがX理論(命令や強制で人を管理するやり方)というマネジメント観をもち続けながら、手法としてコーチングのスキルを実施したとしても、部下に見透かされる。


中村和彦(組織開発)の経歴・略歴

中村和彦、なかむら・かずひこ。岐阜県出身。「南山大学」教授。北海道教育大学小学校教員養成過程教育心理学科卒業、名古屋大学大学院教育学研究科教育心理学専攻後期博士課程満期退学。南山大学人文学部心理人間学科教授、同大学人間関係研究センター長を務めた。専門は組織開発、人間関係トレーニング、グループ・ダイナミックス。

ページの先頭へ