名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村吉右衛門(二代目)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村吉右衛門(二代目)のプロフィール

二代目 中村吉右衛門、なかむら・きちえもん。日本の俳優、歌舞伎役者。東京出身。早稲田大学第一文学部仏文学科中退。恵まれた体格で武蔵坊弁慶役を得意とした。歌舞伎だけではなくテレビドラマなどでも活躍し、『鬼平犯科帳』で主役の長谷川平蔵を演じ高い評価を得た。

中村吉右衛門(二代目)の名言 一覧

歌舞伎のダイナミズム、パワー、僕自身これだっていうものをつかみたいのです。いまから十年間はそれをつかむための助走かもしれません。当然失敗もあるでしょう。しかし、失敗がなけりゃ成功もない。とにかく頑張るしかありません。もう登り始めた山を降りるわけにはいかなないですから。


登りかけた山なら登り詰めるべきでしょう。役者というのは人生経験なり人間性なりの蓄積がうまくミックスした時がいわゆる脂がのるという時期じゃないかと思うんです。年齢でいうと50から60歳くらい、それに向かっていろいろ試してみたい。


中村吉右衛門(二代目)の経歴・略歴

二代目 中村吉右衛門、なかむら・きちえもん。日本の俳優、歌舞伎役者。東京出身。早稲田大学第一文学部仏文学科中退。恵まれた体格で武蔵坊弁慶役を得意とした。歌舞伎だけではなくテレビドラマなどでも活躍し、『鬼平犯科帳』で主役の長谷川平蔵を演じ高い評価を得た。

他の記事も読んでみる

久水宏之

「選択と集中」を適確に行うには、私心を去ってそのような呪縛から自由になる必要がある。日本の経営者の先人たちには、そうした自由な心を持つ人たちが多くあった。


西田文郎

脳は入力と出力で成り立っているので、単に「ありがたい」と思うだけではなく、行動という形で出力しなければ強化されません。周囲の人によって自分が生かされていることに気づくことで、すべてに感謝する気持ちが生まれ、積極的な自己犠牲ができるようになります。それが自分を信じる強さにつながり、あなたを成功へと導くのです。


倍賞千恵子

詩人で書家でもあった相田みつをさんのカレンダーをいただいたことがあって、そこに「いまからここから」と書いてありました。その言葉が大好きになって、コンサートのサブタイトルに使わせていただいたことがあります。その言葉に出合った頃は、つらいことや悲しいことがあった時には「そんなこと、全部忘れちゃって、いまからここから前だけを見て、前進あるのみ」なんて思っていました。でも、それから何十年も経った今は、全く違う受け止め方をしています。ちょっと立ち止まって、後ろを振り返って、「あんなことがあった、あんな人に出会えた」と思うのもよいと、今は思えます。たとえつらい過去があったとしても、無理に忘れることをせず、それもひっくるめて受け入れる。それからまた、前を見てゆっくりと歩いていけばいいかな、と。


大倉忠司

飲食業界というのは、社会的評価や地位が低い。なんとかこの業界を認めてもらいたい。そのために、まずは自分の会社からよくしていこうと思いました。


国部毅(國部毅)

7月からはフロントミーティングと称し、営業部長や支店長だけでなく、グループ長や入行3から4年目の若手とも意見交換をしています。それを通して、お客様と真摯に向き合い、目標達成に向けて一所懸命に努力していることが伝わってきました。三井住友銀行を支えているのは現場力だということを実感しています。


山田進太郎

半年強かけて20数カ国回りました。いま振り返ると、あのころ自分の世界観が確立した気がします。飛行機をなるべく使わずに電車やバスで移動していたのですが、自分の身体を使って移動していると、地域ごとの文化の違いだとか、豊かな国と貧しい国があることが肌感覚でつかめてきた。これはいま世界展開するうえで役に立っています。


高橋英樹(俳優)

自分の仕事に対して、どれだけ知識を持ち、深く深くかかわっていけるのか。興味というのは、止まるところがありませんからどんなものでも奥が深い。ですから、何事にも興味を持つこと。これが一番。


佐藤慎次郎

新たなイノベーションが起きている。従来と同じことを続けるだけでは成長は望めない。研究開発体制を改めて強化し、イノベーション力を高めていく。新しいものを生み出す努力を続けていることこそテルモの強み。


鎌田和彦

失敗しないよう無難なことばかり如才なくやる奴よりも、リスクをとってチャレンジして、失敗しながら勉強した人間の方が、将来ものになる確率は遥かに高い。


佐藤天彦

自分で興味が持てないことには集中できません。途中で楽しめなくなるか、飽きてしまって集中力が切れてしまう。一方で、対象に興味が持てれば楽しくなるし、さらに興味が湧いて集中できます。僕の場合も、未知の局面に出くわすと興味が湧いてきて、気が付けば1、2時間経っていることがある。


奥野宣之

会議用、営業用、企画アイデア用など、目的ごとにノートを分けるのは考え物です。そのうち面倒くさくなって、挫折する人がほとんどだと思いますよ。だからこそ提案したいのが情報の一元化です。つまり、すべてを1冊のノートに詰め込んでおけばいい。何でもひとつの箱に入れておけば、あちこち探さなくていいのと同じ理屈です。


畑喜美夫

強くすることや勝つことにこだわらなくても、人は育っていくものです。生徒が自分たちでコーディネートできる環境をつくり、それをトップが一歩引いて見守っていくのが、理想の組織像のひとつといえるのではないでしょうか。