中村吉右衛門(二代目)の名言

中村吉右衛門(二代目)のプロフィール

二代目 中村吉右衛門、なかむら・きちえもん。日本の俳優、歌舞伎役者。東京出身。早稲田大学第一文学部仏文学科中退。恵まれた体格で武蔵坊弁慶役を得意とした。歌舞伎だけではなくテレビドラマなどでも活躍し、『鬼平犯科帳』で主役の長谷川平蔵を演じ高い評価を得た。

中村吉右衛門(二代目)の名言 一覧

歌舞伎のダイナミズム、パワー、僕自身これだっていうものをつかみたいのです。いまから十年間はそれをつかむための助走かもしれません。当然失敗もあるでしょう。しかし、失敗がなけりゃ成功もない。とにかく頑張るしかありません。もう登り始めた山を降りるわけにはいかなないですから。


登りかけた山なら登り詰めるべきでしょう。役者というのは人生経験なり人間性なりの蓄積がうまくミックスした時がいわゆる脂がのるという時期じゃないかと思うんです。年齢でいうと50から60歳くらい、それに向かっていろいろ試してみたい。


中村吉右衛門(二代目)の経歴・略歴

二代目 中村吉右衛門、なかむら・きちえもん。日本の俳優、歌舞伎役者。東京出身。早稲田大学第一文学部仏文学科中退。恵まれた体格で武蔵坊弁慶役を得意とした。歌舞伎だけではなくテレビドラマなどでも活躍し、『鬼平犯科帳』で主役の長谷川平蔵を演じ高い評価を得た。

他の記事も読んでみる

田中辰巳

配慮が足りないひとことで取引先を怒らせたような場合は、自分より上位の責任者、つまり上司に帯同してもらって解毒するのが一番です。上司から「私どもの配慮が行き届かず、大変申し訳ありませんでした。こいつは本当に気が利かなくて……」とガス抜きしてもらうのです。そのうえで当人が「これから勉強してゆきます」と頭を下げます。


遠藤功

接待に対する大きな誤解のひとつに「自分の好きな店に連れていけばいい」というものがあります。もちろん、接待に使える自分のなじみの店を作っておくことは大事です。ただ、あくまで大事なのは相手目線。たとえば、酒が飲めない方をこだわりの銘酒の店に連れていっても先方は喜びません。そして、店を選んだら再び秘書の方に「この店に行ったことがありますか」と聞いたうえで決定することが必要です。


坪田信貴

スキマ時間で勉強すると、しょっちゅう分断されることは避けられませんが、それはむしろメリットになります。人は、途切れると続きが気になるから。これを心理学用語では「ツァイガルニック効果」と言います。この心理法則は、まとまった時間で勉強するときも利用できます。コツは切りのいいところまで勉強するのではなく、あえて少し残して切り上げること。これで翌日も「続きをやらないと」と思えるでしょう。


稲盛和夫

早く言えば売上から費用を引いたものが利益だから、売上を最大にして経費を最小にすればいい。そうすればいろいろな種類の利益もすべて問題なく増える。


村木厚子

今できることをリストアップし、「今できること」「次の段階で手が打てること」「いい方法だが、今はできない。後になってできること」、この3つに分けて整理していくと、「今できること」は、実はそう多くないことが分かる。それに、直ちに手を着けるんです。


飯島彰己

国づくりの基礎は人の育成と産業を興すことです。これはどこでも一緒です。我々が会社をどうしたいかと考えるのと同じで、このデザインを考えるのが国のトップです。


ビル・エモット

西洋の民主主義が繁栄して、多くの国々に広まった原動力は、外からの人材やアイデアといった多様性を受け入れながら、しかも「平等」という理念を貫いたことにあります。あらゆる人々にチャンスが与えられたのです。それによって、西洋社会は信頼され、新たな経済資源が流れ込み、イノベーションが生まれて発展を遂げました。つまり、開放性と平等を失えば、西洋の進化システムが機能しなくなってしまうわけです。


渡辺紀征

世界経済は不安定で先が読めませんが、日本の産業はリスクを取って前進していくしかない。


山内溥

運を認めないといけない。運を実力だと錯覚するということは、これほど愚かなことはないんです。経営者としてね。ところが、人間 ですからついつい運の存在を無視して「俺の力だ。俺のやり方が良かったんだ」と言いたいんですわ、人というものはね。それは駄目。


細貝淳一

元気のない会社の経営者は、よく「先が読めない」って嘆く。でも、それは何もしないことへの言い訳でしかない。経営者にとって、未来はつくるものなんです。


西本智実

ロシアという大国でクラシック音楽をやれることがとても幸せでした。ヨーロッパのほかの国々に比べて、ロシアは近代化が遅れたため、ロマノフ王朝時代からの伝統や文化が至る所に残っています。ですからコンサートホールやサロンに一歩踏み入れると空気の重みが感じられ、身が引き締まるんです。そうした歴史を肌で感じられたことがとても大きな収穫でした。


三浦孝之(職人)

一番難しいのは、わずかなバランスが、作品の良し悪しを決定すること。作品全体を俯瞰して、各工程を性格に逆算するのはある程度経験を積んだいまでも難しい。作品の良し悪しがわかるようになったいまのほうが、バランスをとる難しさを感じています。


松本洋(コンサルタント)

単に知識を詰め込んでもきちんと理解しなければ良い結果は生まれない。


井村荒喜

私は中越水電の持ち株全部を売り払った。これに退職金も加えてほぼ半数に及ぶ株を持った。それよりさき、研究費に資材をほとんど投じ尽くしていた。ただ家内と相談して、3年間の最低生活費だけを別にした。石の上にも3年で、私は3年間会社から一文も給料をもらわぬつもりだった。物心両面共にこの難事業と生命をともにする覚悟であった。
【覚書き|不二越創業時を振り返っての発言】


村田昭治

現在は、我々、そして企業にとって長い未来への一通過点だ。未来は自分たちが創るのだという自覚をもって、力強く踏み出そう。


ページの先頭へ