名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村史朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村史朗のプロフィール

中村史朗、なかむら・しろう。日本の経営者。USENの社長。三菱商事、ボストン・コンサルティング・グループ、レインズインターナショナル取締役、コスト・イズ取締役、レインズインターナショナル専務・COO、レインズシンガポール法人社長、東京牛角董事長、レックス・ホールディングス取締役などを経て、USENに入社し、顧問を務めたのち社長に就任。

中村史朗の名言 一覧

高い成果を挙げるにはどうしたら良いのか、ということを考えていくと、「生涯収益を最大化する」という言葉に行き着きました。成果を挙げようとすると、どうしても目先の成果を追ってしまいがちだからです。しかし、契約までのハードルが高くても、長くおつき合いをしていただけるお客様と契約ができれば、当社の長期的な収益を高めることになります。


本質的に重要なことを伝える言葉の力は強い。その言葉の力を信じて、同じことを繰り返し伝えるほうが良い。もちろん同じことを伝えるにしても、表現の仕方はいろいろとありますから、表現を変えながらも同じことを繰り返し伝えるようにしています。


経営者としては5年10年先をゴールにした晴れ晴れしいビジョンを掲げたいところですが、いまはそれを控えています。社員向けの所信表明では、将来の飛躍に向けた成長の土台を築こうと呼びかけました。顧客と正面から向き合って常に必要とされる企業になることが、再生に向けた全社員共通の目標です。


USENは過去数年にわたり経営的に難しい時期がありました。私に課された命題は「USENをいかに再生するか」この一点にあります。


私は軸がぶれない経営をしたいと強く思っています。社員をはじめとするステークホルダー(利害関係者)との約束を守るためには、単なる思い込みに頼らず、常に客観性を保つことが必要だと信じています。


通勤や出張などの移動時間には、過去の自分と会話するような感覚でノートを読み返しています。いったん整理した情報を一定の時間がたった後に読み返すと、以前の自分の考えが正しかったかどうかをより冷静に見つめ直すことができるためです。


ビジネスの現場では、日々入ってくる様々な情報の中で何が重要なのかを見極める作業が欠かせません。脈絡なく入ってくる一次情報を自分の中で咀嚼し、消化し、互いの関連性などを理解したうえで、最終的に何かをアウトプットしていく。端的に言えば、我々の活動はこの繰り返しです。


主軸の有線放送事業の営業戦略について自分なりの仮説を持っていました。それを社内での議論を通じて検証を重ね、現場に落とし込みやすいようファインチューニング(微調整)を行い、全国展開しています。


パワーボイントで綺麗なスライドを作ることにこだわる人がいますよね。そのこと自体はとても良いことだと思いますし、私もパワーポイントでビジネス文書を書くことが多いです。ただし、パワーポイントでスライドを作るのは「味付け」だということは意識しておくべきです。それによって伝えたいメッセージの本質は何かをきちんと捉えておかなければなりません。そうでなければ、綺麗だけれども何を伝えたいのかわからないスライドになってしまいます。


社員に向けた文書だと、意図的に感性に訴える表現をしたり、生活感のある言葉を選んだりしています。文字数を少なくしたり、ときにはイラストを入れたりして、見た目が堅苦しくならないようにする工夫もしています。同じ内容の文章でも、銀行向けに書く場合は数字や文字を多くし、少し堅い感じにします。銀行に対してはそのほうが伝わりやすいからです。文書の味付けは相手によって変える必要があります。


情報を盛り込みすぎた文章では、結局、何が言いたいのかわからないことがあります。これは、書き手が必要以上に枝葉にこだわっているからです。あれもこれもと情報を盛り込みたくなる気持ちはわかるのですが、これでは伝わりにくい文章になってしまう。


文章を書くうえで最も重要なのは構造です。私の場合、机に向かって考えるよりも、移動中や街中を歩いているときに構造を考えることが多いですね。この段階を経てから、実際に文書を書き始めます。書き始めたら、いったんサッと書き上げてしまいます。それから、じっくりと推敲していくのです。以前はこのようなプロセスを経ず、いきなり考えながら書いていたのですが、いまは「考える段階」と「書く段階」を分けています。


文書は相手にアクションを起こしてもらい、こちらが望む状態になってもらうためのものです。ですから、相手にどういうアクションを起こしてもらい、どういう状態になってもらいたいのかを考えることで、伝えるべきことの本質が見えてきます。


コンサルタント時代に、伝えたいことの本質を捉え、それをいかに相手に伝えるかの訓練をかなりしました。文言で伝えるだけで高額な対価をいただくサービスですから、文言の書き方は非常に重要なスキルだったのです。上司や同僚に徹底的にダメ出しをされ、鍛えられました。このときの経験が今も活きています。


中村史朗の経歴・略歴

中村史朗、なかむら・しろう。日本の経営者。USENの社長。三菱商事、ボストン・コンサルティング・グループ、レインズインターナショナル取締役、コスト・イズ取締役、レインズインターナショナル専務・COO、レインズシンガポール法人社長、東京牛角董事長、レックス・ホールディングス取締役などを経て、USENに入社し、顧問を務めたのち社長に就任。

他の記事も読んでみる

京師美佳

オフィスの最新セキュリティに守られている男性は、実感がないかも知れませんが、防犯の必要性を一番感じているのは、自宅で留守を任されている妻や子供、高齢者の方です。でも、防犯設備を扱う業者は完全な男社会。これまでの防犯システムは、女性の意見、家族の気持ちが反映されてこなかったのです。そこで、快適性や癒し、外観を犠牲にしない防犯システムを女性目線から提案したいと思い、防犯設備士の資格を持つ防犯アドバイザーになったのです。


井上礼之

世界で通用するリーダーを育てるには、とにかく「修羅場を多く踏ませる」ことに尽きると思っています。


アレックス・ゴルスキー

ただ闇雲に事業を広げていても、意味がありません。どこに重点を置いて競争していくのかということは、しっかりと見定める必要があります。そこで、いくつかの明確な基準を決めました。


吉田直人(経営者)

(再起できたのは)もう本当に株主さんのおかげです。破産経験がありますし、ザッパラスも会社を作ってすぐ「やはり自分でやりたい」といって飛び出してしまったので、正直、多くの方からは「何を考えているんだ」と思われていたと思います。破産経験があるので金融機関との取引きは難しかったのですが、20数名の株主の方から7000万円を超える出資をしていただいてイオレを起業することができました。「世の中を応援する会社をつくりたい」という思いから、サッカーの応援の掛け声「オーレ」にちなんで「イオレ」という社名をつけたのですが、応援するより、自分がずっと応援されている立場です(笑)。


鈴木喬(経営者)

トップが「誰がなんと言おうと売ってやるんだ」という思い入れがあるから石だって木だって売れるんです。


鈴木敏文

何かにしがみつかず、自分でやるべきだと思ったことは、考えの合わない上司を説得してでも挑戦し、実績を出していく。そうすれば、逆に上が下に合わせるという形に持っていくこともできるように思います。


田原総一朗

健康の秘訣があるとしたら、脳天気なとこですね。好きなことをやっているだけという気持ちが強いから、悩まない。昔からストレスとは無縁なんです。


スティーブ・ジョブズ

創造的な人生を送りたいと思うなら、あまり過去を振り返るのはよくない。自分がしてきたこと、自分という人間をそのまま受け入れ、それを捨て去らなければならない。


遠藤功

小さな予算に合わせた片手間の仕事しかしていなかったら、大きな仕事をもらえるチャンスはこなかっただろう。


御手洗冨士夫

企業人も自らある程度のリスクをとりつつ、市場を切り拓いていく覚悟が求められている。


髙村正人(高村正人)

仕事の上で、あまり自分自身を精神的に追い込むことつもりもないのですが、常に自制し、己に勝つことができるように、ストイックに仕事をしていきたい。


孫正義

弱音は吐くものではない。呑み込むものである。