中村史朗の名言

中村史朗のプロフィール

中村史朗、なかむら・しろう。日本の経営者。USENの社長。三菱商事、ボストン・コンサルティング・グループ、レインズインターナショナル取締役、コスト・イズ取締役、レインズインターナショナル専務・COO、レインズシンガポール法人社長、東京牛角董事長、レックス・ホールディングス取締役などを経て、USENに入社し、顧問を務めたのち社長に就任。

中村史朗の名言 一覧

高い成果を挙げるにはどうしたら良いのか、ということを考えていくと、「生涯収益を最大化する」という言葉に行き着きました。成果を挙げようとすると、どうしても目先の成果を追ってしまいがちだからです。しかし、契約までのハードルが高くても、長くおつき合いをしていただけるお客様と契約ができれば、当社の長期的な収益を高めることになります。


本質的に重要なことを伝える言葉の力は強い。その言葉の力を信じて、同じことを繰り返し伝えるほうが良い。もちろん同じことを伝えるにしても、表現の仕方はいろいろとありますから、表現を変えながらも同じことを繰り返し伝えるようにしています。


経営者としては5年10年先をゴールにした晴れ晴れしいビジョンを掲げたいところですが、いまはそれを控えています。社員向けの所信表明では、将来の飛躍に向けた成長の土台を築こうと呼びかけました。顧客と正面から向き合って常に必要とされる企業になることが、再生に向けた全社員共通の目標です。


USENは過去数年にわたり経営的に難しい時期がありました。私に課された命題は「USENをいかに再生するか」この一点にあります。


私は軸がぶれない経営をしたいと強く思っています。社員をはじめとするステークホルダー(利害関係者)との約束を守るためには、単なる思い込みに頼らず、常に客観性を保つことが必要だと信じています。


通勤や出張などの移動時間には、過去の自分と会話するような感覚でノートを読み返しています。いったん整理した情報を一定の時間がたった後に読み返すと、以前の自分の考えが正しかったかどうかをより冷静に見つめ直すことができるためです。


ビジネスの現場では、日々入ってくる様々な情報の中で何が重要なのかを見極める作業が欠かせません。脈絡なく入ってくる一次情報を自分の中で咀嚼し、消化し、互いの関連性などを理解したうえで、最終的に何かをアウトプットしていく。端的に言えば、我々の活動はこの繰り返しです。


主軸の有線放送事業の営業戦略について自分なりの仮説を持っていました。それを社内での議論を通じて検証を重ね、現場に落とし込みやすいようファインチューニング(微調整)を行い、全国展開しています。


パワーボイントで綺麗なスライドを作ることにこだわる人がいますよね。そのこと自体はとても良いことだと思いますし、私もパワーポイントでビジネス文書を書くことが多いです。ただし、パワーポイントでスライドを作るのは「味付け」だということは意識しておくべきです。それによって伝えたいメッセージの本質は何かをきちんと捉えておかなければなりません。そうでなければ、綺麗だけれども何を伝えたいのかわからないスライドになってしまいます。


社員に向けた文書だと、意図的に感性に訴える表現をしたり、生活感のある言葉を選んだりしています。文字数を少なくしたり、ときにはイラストを入れたりして、見た目が堅苦しくならないようにする工夫もしています。同じ内容の文章でも、銀行向けに書く場合は数字や文字を多くし、少し堅い感じにします。銀行に対してはそのほうが伝わりやすいからです。文書の味付けは相手によって変える必要があります。


情報を盛り込みすぎた文章では、結局、何が言いたいのかわからないことがあります。これは、書き手が必要以上に枝葉にこだわっているからです。あれもこれもと情報を盛り込みたくなる気持ちはわかるのですが、これでは伝わりにくい文章になってしまう。


文章を書くうえで最も重要なのは構造です。私の場合、机に向かって考えるよりも、移動中や街中を歩いているときに構造を考えることが多いですね。この段階を経てから、実際に文書を書き始めます。書き始めたら、いったんサッと書き上げてしまいます。それから、じっくりと推敲していくのです。以前はこのようなプロセスを経ず、いきなり考えながら書いていたのですが、いまは「考える段階」と「書く段階」を分けています。


文書は相手にアクションを起こしてもらい、こちらが望む状態になってもらうためのものです。ですから、相手にどういうアクションを起こしてもらい、どういう状態になってもらいたいのかを考えることで、伝えるべきことの本質が見えてきます。


コンサルタント時代に、伝えたいことの本質を捉え、それをいかに相手に伝えるかの訓練をかなりしました。文言で伝えるだけで高額な対価をいただくサービスですから、文言の書き方は非常に重要なスキルだったのです。上司や同僚に徹底的にダメ出しをされ、鍛えられました。このときの経験が今も活きています。


中村史朗の経歴・略歴

中村史朗、なかむら・しろう。日本の経営者。USENの社長。三菱商事、ボストン・コンサルティング・グループ、レインズインターナショナル取締役、コスト・イズ取締役、レインズインターナショナル専務・COO、レインズシンガポール法人社長、東京牛角董事長、レックス・ホールディングス取締役などを経て、USENに入社し、顧問を務めたのち社長に就任。

他の記事も読んでみる

大串哲史

経営に数字を活用し始めるときは「数字は粗探しの道具ではなく、みんなの努力を結果につなげるための道具」ということを理解してもらうことが、何よりも重要です。


宗岡正二

需給が改善しないうちに買収しても、今度は自分たちが弱ってしまう。これだけ需給バランスが崩れた現状で、単純に鉄源の供給能力を増やすという判断は難しい。沈思黙考しつつ様子を見ているところだ。


松本洋(コンサルタント)

目標は絶対に達成しなけれはなりません。それを課すことができるのは、経営者の目線の高さと心意気です。従業員の成長を阻害する要因をなくして、管理者のマネジメント能力を高め、従業員に自責の意識を持たせる。この3つの変化を推し進めれば、会社の底上げが必ずできます。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

私の描くこの人体は、君の目の前にまるで本人がいるようにはっきりと見えるだろう。もし君が人間の体の各部位を解剖学的に完全に知りたいと思うなら、君あるいは君の目は、下から、前から、横から、また、回してみたり、どこに起点があるか調べたりしながら、いろいろ異なった面から観察しなければならない。私の絵は、どんな部位でも君にはっきりわかる。体の各部位を三つの視点から見て表現することが大切なのだ。


ジャック・マー(馬雲)

株主がどうであろうとも、私たちの企業の成功を左右するのは最終的には企業であり、顧客であると思っています。


ニーチェ

樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、それは果実だと誰もが答えるだろう。しかし、実際には種なのだ。


前田育男

嫌われないクルマにはなっている。だけど、好かれるクルマにはなっていない。
【覚書き|デミオのデザインの実物大クレイモデル(粘土模型)を見たときの発言。このあとデザインを最初からやり直すことを決めた】


近藤宣之

普通、海外の展示会に出張するのは2~3人。しかし、当社では10人くらいで出かけて、朝食時に打ち合わせをしたあとは、「勝手に良いパートナー(取引先)を見つけてこい」と別行動をとらせます。一人で海外企業と商談をすることで、社員は一気に成長するからです。人材育成のために増える出張費は無駄ではありません。


丹羽宇一郎

世界情勢が目まぐるしく変わる中で、不合理・非常識なことに時間を費やしている余裕はない。


枡野俊明

終わったことは断ち切り、失敗の原因を自分なりに明らかにすることを大事にする。その経験を積み重ねれば、同じようなお題を突きつけられた時に、判断を見誤らなくなる。


佐藤優

深刻な問題を解決するためには何が必要なのは、仲間たちと問題を共有すること。普遍的な問題は、自分ひとりが直面しているわけではなく、みな同様に心に抱えているんです。だからこそ深刻な問題をわかち合える仲間がいるかどうかが、ひいては、その人の問題解決力となっていく。


佐藤健一(フィットネストレーナー)

筋肉量は加齢によってどんどん減ります。一般に、25歳から30歳をピークに、以後、毎年0.5~1%ずつ減ると言われています。40歳近くなると「痩せにくくなった」と感じる理由がこれです。最近の研究で、極限まで追い込まなくても筋肉がつくことがわかっています。将来の寝たきり防止にもなりますし、ぜひこの機会に筋肉量アップに取り組んでみてください!


上阪徹

インタビュー対象者の話をメモに取るのは当然ですが、取材をしながら思いついた別の本のアイデアなど、なんでもメモしています。普段でも、思いついたこと、頼まれた用事、不意に思い出したことなどを、すぐにiPhoneでメールの「下書き」にメモしています。昔からメモ魔でしたが、今はiPhoneのおかげでメモの整理がしやすくなりましたね。


大塚周一

テキサス・インスツルメンツからソニーに移ったときも、一番難しい仕事をさせてくれと頼んで、家庭用ゲーム機に使う映像処理半導体の生産立ち上げを任せてもらいました。私はそれを鹿児島県内の工場でやり遂げて2年で本社に戻り、半導体事業部門の幹部に名を連ねることができました。すごくハードルの高いことをやり遂げない限り、ソニーのような大企業で中途入社した私が認知されることはなかったでしょう。私はそれを初めから虎視眈々と狙っていたんです。


ジェイ・エイブラハム

自ら行動しなくては、チャンスが向こうから勝手に玄関先までやってくることはありません。あなた自らが動き、自分の環境を変えていくこと。


ページの先頭へ