名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村友哉(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村友哉(経営者)のプロフィール

中村友哉、なかむら・ゆうや。日本の経営者。超小型人工衛星メーカー「アクセルスペース」社長。三重県出身。東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻博士課程修了。在学中から超小型人工衛星の開発に従事。同専攻特任研究員を務めた後、アクセルスペースを設立。

中村友哉(経営者)の名言 一覧

運は多くの人に平等にある。それをチャンスとしてつかめるかどうかが分かれ目だ。ビジネスになると思える瞬間が来たらぜひチャレンジしてほしい。


誰もやったことがないからこそ我々は挑戦している。


お客様と一緒に新しくサービスを作っていくことが必要になる。


世界で初めて、学生が手作りの衛星を作って成功した。この経験を社会に活かしていくためには起業という選択肢しかなかった。実績を積み上げる中で、アメリカで宇宙投資ブームが起き、日本の投資家も気になるタイミングで資金調達できた。


小型衛星50機を飛ばし、1日1回地球上の全陸地の約半分を撮影する地球観測網を構築する。衛星そのものを我々が持ち、リスクも我々が引き受ける。お客様は衛星を持たずにデータだけを使える形にすることで、幅広い顧客にアプローチできるようにする。


できるだけ早く、衛星ビジネスのバリューチェーンの中に、自分たちの場所を確保しなければならない。起業以来、衛星開発の会社だったが、衛星を作るだけでなく、データを持ち、プラットフォームを作るところまでやっていく。


ビジネスという観点では、アップルのようなケースを目指しています。アップルは端末とOSが普及したことで、多くのアプリがリリースされました。同じように、私たちがプラットフォームを作り、それを利用したいと思う企業や個人が乗ってくるビジネスモデルを作りたいです。


お客さんがなぜ一歩踏み出せないかを考えると、衛星を所有するリスクが大き過ぎると判断されることだと思いました。それなら我々がそのリスクを負い、お客さんには衛星から得られる画像や解析データを買ってもらおうと。


衛星画像を使えば植物の生育状況がわかるが、それだけで衛星画像を買おうとはならない。生育情報に加えて、作業ログや気象ログなど、衛星情報からはわからない情報を組み合わせることで、初めて価値ある情報になる。ただ、我々がそこまでやることはできない。その意味でも、各業界のプレイヤーとコラボレーションすることで、ビジネスを作っていく。


(AxelGlobeは)世界中を毎日撮っていくので、地球上で今何が起こっているのかを全部記録しているようなイメージです。最新のデータをとることも価値がありますが、過去から蓄積していることが重要で、地球上で何が起こっていて、それがどういうふうに変わっていくか、つまりトレンドを知ることができ、そこから次に何が起こるのかという未来予測までできる可能性があります。


中村友哉(経営者)の経歴・略歴

中村友哉、なかむら・ゆうや。日本の経営者。超小型人工衛星メーカー「アクセルスペース」社長。三重県出身。東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻博士課程修了。在学中から超小型人工衛星の開発に従事。同専攻特任研究員を務めた後、アクセルスペースを設立。

他の記事も読んでみる

中川州男

お前らの気持ちはよくわかる。友軍機も来んかもわからん。だが、軍人は最後まで戦うのが務めだ。百姓がクワを持つのも、兵が銃を握るのも、それが務めであり、最後まで務めは果たさならんのは、同じだ。務めを果たすときは、誰でも鬼になる。まして戦(いくさ)じゃけん。鬼にならんでできるものじゃなか。


池田千恵

たとえば朝走る人は、一生懸命やっているのではなく楽しくてやっているんです。それは、きっと裏で自分の「欲」を満たしているから。欲の中身は、「SNSに記録をアップして自慢したい」かもしれないし、「腹を凹ませて女の子にモテたい」かもしれない。あるいは、頭の中でグラフを作って、「月間100キロ達成した!」とゲーム感覚を楽しんでいるのかもしれない。何かを始めるとき、最初のうちはナマナマしい「欲」があるほど良いのです。その人なりの楽しさを見つけるのが大事です。


大原孝治

とりたてて座右の銘などがないから、変化対応ができると思っています。


木村義雄(政治家)

全国栄養士養成施設協会の名誉会長として感じるのは、日本では栄養や運動の教育に重きを置かれていないということですね。欧米の栄養士は医師と対等のスタッフとして扱われ、健康づくりのために助言を行っています。特に終末期においては、医療を施すよりもいかに栄養管理を行うかが重要です。


小室淑恵

メンバー全員が安心して働ける環境をつくることが管理職の仕事であり、部下と一緒にクライアントを回ったり、資料の作成を手伝ったりすることがメインの仕事ではありません。


村上アシシ

(アクセンチュアを辞めて独立したのは)大きな決断をしたつもりはさらさらなくて、気軽な気持ちで辞めました。6年働いて、マネージャーにまでなっていましたし、実際、会社にいて稼げるお金と、独立して稼げるお金を比べたら圧倒的に独立した方が稼げるんです。辞めることに躊躇はなかったです。


上野和典

相手が初対面の人なら、まずその人がどんなタイプかをよく考えます。相手の人となりを知っている人が身近にいれば、事前に聞いておくということもします。もしその人が論理的に考えを積み上げる人なら、まずは相手の主張をじっくり聞きますし、結論を出してからプロセスを考える人なら、自分の結論に対する意見を聞きたがるので、こちらも結論をすぐに話せるように準備します。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

収入を増やすのはなかなか難しいですが、支出は全て自分にかかっています。支出をコントロールする力は、年金生活に入ってから生活レベルを落とさなければならなくなった時にも威力を発揮しますしね。そういう基礎力が身に付いていれば「老後のために運用しなくては」という強迫観念に駆られる必要はないはずです。普通はね。


ライプニッツ

知性のなかには感覚から引きだされないものはない。ただし知性そのものは例外である。私は2+2=4になることを知るのに、感覚の助けなど借りはしない。


ハリクリシュナ・バート

社員を大切にすることにより従業員がより良い結果を生み出していく。社員を大切にすることで仕事の質が高まり、その結果顧客が付く。


辻慎吾

当社にとって、「森ビルらしさ」は大きな強みです。「~らしい」と言われるのはなかなか難しい。よほど強烈な個性や、独特な世界観がなければ言われない。


東出浩教

モチベーションアップのセオリーは「個人の達成願望×コミットメント」です。「自分はこれを成し遂げたい」という願望と、どれだけ自分が関与するかの掛け算によって、その人のモチベーションの高さが決まる。ですから上司は、「チームでこんな夢を実現しよう」とビジョンを語り、そのために自分は何ができるかを部下一人ひとりに考えさせることが必要です。