名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村友哉(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村友哉(経営者)のプロフィール

中村友哉、なかむら・ゆうや。日本の経営者。超小型人工衛星メーカー「アクセルスペース」社長。三重県出身。東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻博士課程修了。在学中から超小型人工衛星の開発に従事。同専攻特任研究員を務めた後、アクセルスペースを設立。

中村友哉(経営者)の名言 一覧

運は多くの人に平等にある。それをチャンスとしてつかめるかどうかが分かれ目だ。ビジネスになると思える瞬間が来たらぜひチャレンジしてほしい。


誰もやったことがないからこそ我々は挑戦している。


お客様と一緒に新しくサービスを作っていくことが必要になる。


世界で初めて、学生が手作りの衛星を作って成功した。この経験を社会に活かしていくためには起業という選択肢しかなかった。実績を積み上げる中で、アメリカで宇宙投資ブームが起き、日本の投資家も気になるタイミングで資金調達できた。


小型衛星50機を飛ばし、1日1回地球上の全陸地の約半分を撮影する地球観測網を構築する。衛星そのものを我々が持ち、リスクも我々が引き受ける。お客様は衛星を持たずにデータだけを使える形にすることで、幅広い顧客にアプローチできるようにする。


できるだけ早く、衛星ビジネスのバリューチェーンの中に、自分たちの場所を確保しなければならない。起業以来、衛星開発の会社だったが、衛星を作るだけでなく、データを持ち、プラットフォームを作るところまでやっていく。


ビジネスという観点では、アップルのようなケースを目指しています。アップルは端末とOSが普及したことで、多くのアプリがリリースされました。同じように、私たちがプラットフォームを作り、それを利用したいと思う企業や個人が乗ってくるビジネスモデルを作りたいです。


お客さんがなぜ一歩踏み出せないかを考えると、衛星を所有するリスクが大き過ぎると判断されることだと思いました。それなら我々がそのリスクを負い、お客さんには衛星から得られる画像や解析データを買ってもらおうと。


衛星画像を使えば植物の生育状況がわかるが、それだけで衛星画像を買おうとはならない。生育情報に加えて、作業ログや気象ログなど、衛星情報からはわからない情報を組み合わせることで、初めて価値ある情報になる。ただ、我々がそこまでやることはできない。その意味でも、各業界のプレイヤーとコラボレーションすることで、ビジネスを作っていく。


(AxelGlobeは)世界中を毎日撮っていくので、地球上で今何が起こっているのかを全部記録しているようなイメージです。最新のデータをとることも価値がありますが、過去から蓄積していることが重要で、地球上で何が起こっていて、それがどういうふうに変わっていくか、つまりトレンドを知ることができ、そこから次に何が起こるのかという未来予測までできる可能性があります。


中村友哉(経営者)の経歴・略歴

中村友哉、なかむら・ゆうや。日本の経営者。超小型人工衛星メーカー「アクセルスペース」社長。三重県出身。東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻博士課程修了。在学中から超小型人工衛星の開発に従事。同専攻特任研究員を務めた後、アクセルスペースを設立。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

知るだけではなく、行動を起こす力も必要です。「今を知る」ことに加えて、実際に「できる」ことが大切なのです。スマートフォンさえあればどんな情報も入手できる時代ですから、なおさらです。


水口和彦

中間管理職が休みを取りづらいのは、「仕事のことが心配で休めない」という理由が大きいと思います。仕事のことが心配になるのは、タイムマネジメントができていないことが一番の原因です。もし、仕事が順調に進んでいて、「このペースなら期限までに終わるだろう」とわかっていれば、安心して休みを取ることができます。


青木美知子

女性上司で男性部下の扱いに比較的苦労していない人は、権威のパワーを上手に行使しています。社内のパワーバランスもわかっていて、さらに上の上司との調整もできるようであればいいですね。和気藹々と目の前の人間関係や仕事だけに終始してしまうと、男性部下は「もっと社内でうまく立ち回ってくれ」というフラストレーションを抱えてしまいます。


三戸政和

サラリーマン人生を人に仕えて定年で終えたならば、第2の人生は、オーナーとして、資本家として生きてみる。100年時代を生きるには本当の生きがいが必要ですし、株主配当などの資産収入は、長生きリスクへの安心感につながります。


藤原智美

数字というのは客観的なものなので、文章に入れ込めば説得力が増す。そう考えてデータを並べるのは実は逆効果です。文章は、数字で飾り立てるほど説得力を失います。世の中には、数字の嫌いな読み手がいます。たんに数字が苦手だというケースばかりではありません。数字が嘘つきであることを経験的に知っていて、数字を並べたてた文章を見ると、一歩引いてしまうのです。


田中良和(GREE)

インターネット業界一般に言えるのは、様々なネットワーク効果を使ってそこにしかない場の価値を打ち出して、二度と同じものを作れなくすることが新興企業の参入障壁を作る定石だと思います。


堤清二

職制上の縦のルートがあるだけでは、経営者にとって都合の悪い話は上がってきません。労組ルートを別に設けることで、横からの情報が入りやすくなり、会社の実態がつかめるに違いないと考えました。堕落を防ぐためには、意識的に批判者をつくろうとしたのです。
【覚書き|西武百貨店に入社する前に、入社の条件として労働組合をつくることを提案したことについて語った言葉】


毛利衛

宇宙飛行士の場合は、想定内のことはやれるのが当然で、想定外のことをどれだけやれるかが面白い部分です。宇宙空間では小さなミスでも命取りになりかねませんから、地上ではありとあらゆる事態を想定してトレーニングします。それでも想定外のことが起きます。そんなときいかに対処するかが一番ワクワクするところです。なぜそんなふうに考えるのかといえば、訓練で散々失敗させられるからです。いい意味で失敗に慣れ、それを糧に新たに挑戦する気持ちを持てるからだと思います。


村岡恵理

良いアイデアや言葉というのは、思いがけないときに、突然ぽっと浮かんでくる。


小林健(三菱商事)

信頼されると、ビジネスも自ずと舞い込んでくる。あの人と一緒に仕事をしたいと思われなさい。


鈴木修

振り返ってみれば1980年をはさむ数年間に、いまのスズキの原型をつくったと言ってもよいでしょう。とにもかくにも、がむしゃらに前だけを見て走ってきたのです。30年後のスズキを考える余裕などまるでありませんでした。クルマに例えてみれば設計図があったわけでもありません。明確な経営戦略や戦術が当時の私にあったはずもありません。それこそ我流というか、無手勝流でした。


澤田道隆

社長就任後も、できるだけ異業種のトップの方とお会いして意見交換するようにしています。「こういうやり方もあるのか」と感心させられることが多いですね。そうしたアイデアは経営にどんどん取り込んでいます。