中村友哉(経営者)の名言

中村友哉(経営者)のプロフィール

中村友哉、なかむら・ゆうや。日本の経営者。超小型人工衛星メーカー「アクセルスペース」社長。三重県出身。東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻博士課程修了。在学中から超小型人工衛星の開発に従事。同専攻特任研究員を務めた後、アクセルスペースを設立。

中村友哉(経営者)の名言 一覧

運は多くの人に平等にある。それをチャンスとしてつかめるかどうかが分かれ目だ。ビジネスになると思える瞬間が来たらぜひチャレンジしてほしい。


誰もやったことがないからこそ我々は挑戦している。


お客様と一緒に新しくサービスを作っていくことが必要になる。


世界で初めて、学生が手作りの衛星を作って成功した。この経験を社会に活かしていくためには起業という選択肢しかなかった。実績を積み上げる中で、アメリカで宇宙投資ブームが起き、日本の投資家も気になるタイミングで資金調達できた。


小型衛星50機を飛ばし、1日1回地球上の全陸地の約半分を撮影する地球観測網を構築する。衛星そのものを我々が持ち、リスクも我々が引き受ける。お客様は衛星を持たずにデータだけを使える形にすることで、幅広い顧客にアプローチできるようにする。


できるだけ早く、衛星ビジネスのバリューチェーンの中に、自分たちの場所を確保しなければならない。起業以来、衛星開発の会社だったが、衛星を作るだけでなく、データを持ち、プラットフォームを作るところまでやっていく。


ビジネスという観点では、アップルのようなケースを目指しています。アップルは端末とOSが普及したことで、多くのアプリがリリースされました。同じように、私たちがプラットフォームを作り、それを利用したいと思う企業や個人が乗ってくるビジネスモデルを作りたいです。


お客さんがなぜ一歩踏み出せないかを考えると、衛星を所有するリスクが大き過ぎると判断されることだと思いました。それなら我々がそのリスクを負い、お客さんには衛星から得られる画像や解析データを買ってもらおうと。


衛星画像を使えば植物の生育状況がわかるが、それだけで衛星画像を買おうとはならない。生育情報に加えて、作業ログや気象ログなど、衛星情報からはわからない情報を組み合わせることで、初めて価値ある情報になる。ただ、我々がそこまでやることはできない。その意味でも、各業界のプレイヤーとコラボレーションすることで、ビジネスを作っていく。


(AxelGlobeは)世界中を毎日撮っていくので、地球上で今何が起こっているのかを全部記録しているようなイメージです。最新のデータをとることも価値がありますが、過去から蓄積していることが重要で、地球上で何が起こっていて、それがどういうふうに変わっていくか、つまりトレンドを知ることができ、そこから次に何が起こるのかという未来予測までできる可能性があります。


中村友哉(経営者)の経歴・略歴

中村友哉、なかむら・ゆうや。日本の経営者。超小型人工衛星メーカー「アクセルスペース」社長。三重県出身。東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻博士課程修了。在学中から超小型人工衛星の開発に従事。同専攻特任研究員を務めた後、アクセルスペースを設立。

他の記事も読んでみる

齋藤正勝

現場で作業をしていると、各支店の雰囲気や支店長の仕事ぶりなど、いろいろ見えてくるものがありました。最初は、気づいたことを自分のために書き留めていたのですが、どうせなら会社に役立つ情報にしようと思い、自分なりの情報分析と提言として、40の支店の経営分析レポートを経営企画室に持ち込みました。先方でも現場の情報が不足していたらしく、ずいぶん喜んでもらいました。それ以降、システムの仕事に直接関係のない場合でも、なにかと情報や意見を求められるようになりました。


川又三智彦

人は自分を、わかっているようで、実際は全然わかっていないんだと思います。


菊原智明

人間の心理には「知らない人に冷たくできても、知り合いには冷たくできない」というのがあります。自分の興味のあることと同じことに興味を持つ人間とわかれば、その人間をもう知らない人と思えなくなる。


角野卓造

私が『渡る世間は鬼ばかり』のようなとても長く続いたドラマに出演できたのは、それまで積み重ねてきた仕事がつながったからだと考えています。


おちまさと

私はヒットに法則はなくても「共通項」はあると思うのです。たとえば「クマ」。「くまモン」も「リラックマ」もクマ。他の動物キャラクターに比べて圧倒的にヒット率が高い。


ピーター・ドラッカー

原因は何十年かのちに学者が明らかにするだろうが、行動する経営者としては待っていられないだろう。使えるもの、分かったことはどんどん使いなさい。


石川康晴

僕は現代アートに触れて20年以上経ちますが、楽しむコツは「概念で見る」ことだと考えています。例えば、写真作品ならば、構図や被写体の良し悪しではない。作品を前に、「どんな概念で作られたのか」を妄想するのです。視点を「A」から「B」に変えると物事が変わり、新しい発見がある。こんな視点の転換力が、新規事業の立ち上げや社内改革にもつながる。現代アートは難解だと敬遠されがちですが、ビジネスパーソンは転換力を鍛えるイノベーションの筋トレとして、アートを活用するのがお勧めです。


カーリー・フィオリーナ

あるとき取材で「一番好きなビジネス書は」と聞かれ、ヘーゲルと答えて驚かせたことがある。弁証法は、完璧に理論的であると同時に実用的だ。これはビジネスでも応用している。テーゼ、アンチテーゼ、ジンテーゼは、ルーセント・テクノロジーでも、ヒューレット・パッカードでも有効だった。


八谷和彦

確実に飛ぶことが最初から分かっていて、コストや性能で競争するのなら私たちがやる意味はありません。2次元の世界の中の飛行機という、普通は実現不可能じゃないかと思う機体をつくることに、手がける面白さ、意義がある、というわけです。


植田辰哉

なぜ私が選手を徹底的に叱れるかというと、事前に選手たちと「確認」と「約束」をしているからなんです。選手も自分が約束を破ったことがわかっていますから、叱られても納得ができます。ところが、確認も約束もしてないことで叱られたとしたら、選手はその場で謝罪したとしても、心の底から納得することはできません。


坂之上洋子

誰と付き合うかを意識することも重要です。学生のころ、CNNの番組で「Look at your closest 8 friends, they are who you are.(あなたの一番身近な友人を8人思い浮かべてください。実は彼らがあなたなのです)」という言葉が流れてきて、衝撃を受けたことがあります。人は友人の存在で大きく左右されます。しかし当時、私は身近に偶然いた友人となんとなく楽しんでいただけで、意識して友人を選ぶということをしていませんでした。


篠原欣子

私のモットーは、「人には必ず良いところがある」です。女性の良いところ、男性の良いところ、個々人の良いところ、それらが融合し成果を出すのが良い組織だと考えています。


岡島悦子

私は年収2000万~5000万円レベルの経営人材を日常的に目利きしています。彼らのキャリアを振り返ってみると、30代で勝負の大方はついているように感じます。もちろん、大逆転もありますが、インプットの時期はこの年齢までに終わり、40代になると、もうポテンシャルでは評価してもらえなくなる。


包行均

「農機具にネーミングやデザインなんて関係あるかい」と思う人もいるだろうけど、それは現場を見てないだけ。皆さんが知らないだけで、今は農業に携わる方だって「隣の田んぼのおっさんとは違う、格好いい農機を使いたい」と思う時代になってる。


伊庭正康

休暇を取るコツは、まず、半ば強引にでも、休む日程を決めてしまうこと。多くの人は、仕事の状況を見ながら、「余裕があるときに休もう」と考えがちですが、それではいつまで経っても休めません。余裕があるかどうかわからなくても、休むと決めてしまい、旅行の予約などをすれば、仕事を前倒しせざるを得なくなります。すると、どうすれば限られた時間内に仕事を終わらせることができるか、必死で考えるようになります。結果、どうにかなるし、仕事を素早く終わらせる方法も見つかるものです。


ページの先頭へ