中村勘九郎(6代目)の名言

中村勘九郎(6代目)のプロフィール

中村勘九郎(6代目)、なかむら・かんくろう。日本の歌舞伎役者、俳優。東京都出身。2代目中村七之助を経て6代目中村勘九郎を襲名。歌舞伎だけでなく映画やドラマなどでも活躍した。

中村勘九郎(6代目)の名言 一覧

今を生きている作家、そして演出家と出会って、歌舞伎の面白さだったりとか可能性を広げる作業はしていきたい。


出会いだとか、経験だとかというのは、自分自身の栄養になる。


新しいことをやるには基礎というのがとても大切になってくるので、ビジュアルだとか外面の面白さだけでなく、ちゃんと中身を伴ったものをしていかなければいけない。


これは、父が与えた最後の試練だったのかなと思います。
【覚え書き|18代目中村勘三郎の死により30代で中村屋を引き継いだことについて】


中村勘九郎(6代目)の経歴・略歴

中村勘九郎(6代目)、なかむら・かんくろう。日本の歌舞伎役者、俳優。東京都出身。2代目中村七之助を経て6代目中村勘九郎を襲名。歌舞伎だけでなく映画やドラマなどでも活躍した。

他の記事も読んでみる

小山薫堂

僕は縁あって、日光金谷ホテルでは顧問として、京都の下鴨茶寮では経営者として、プロデュースに携わっています。ホテルと料亭という違いはありますが、事業の根本は同じです。まずはそこで働いている人たちが、自分の職場と仕事に誇りを持ち、それぞれの立場でお客様をいかに幸せにするかを考えて、それに最善を尽くせるようにするだけです。


日覺昭廣

劇的に生産コストを下げるためには、あえて生産プロセスを作り替える必要がある。


松村誠一(経営者)

半年、ナイトクラブに通って、現地の言葉を学びました。なるべく日本語は使わない環境をつくるために日本人とはできるだけ付き合わないようにしました。
【覚書き|シンガポール駐在員時代を振り返っての発言】


畠山惠(塾経営者)

実家の一室を改造して子供向け英会話塾を立ち上げました。ところが始めてみたら日中が暇なんです。小中学生向けレッスンは夕方以降が基本なので。じゃあ余った時間で生活基盤を安定させようと、保育園に勤め始めました。正社員で採用されましたが朝8時~15時の時短勤務を希望して、日中は保育園、夕方から塾で教える毎日です。「ダブルワークって疲れない?」ってよく聞かれますけど疲れませんよ。やりたくてやっていることなので楽しいだけ。


アリストテレス

幸福は人生の意味および目標、人間存在の究極の目的であり狙いである。


川上誠(経営者)

ゼロからインテルジャパンを立ち上げた傳田(信行)さんのように、自分も若いうちにゼロから会社を立ち上げる経験をしてみたかった。
【覚え書き|インテルを辞め、米ザイコーの日本法人設立に参画したことについて】


高原豪久

シェアについて語るのも、中国やインドのような成長市場においては、あまり有用ではないと思っています。今の段階では、マーケットサイズをいかに大きくしていくのかということが重要です。中国の母親の紙おむつ使用枚数は、日本の母親の3分の1程度。まだ紙おむつを使っていない層が全体として7割近くも存在するのです。そこをいかに健全に開拓していくのかということの競争なので、これはむしろユニ・チャーム1社でやるよりも、全体で大きくしていく方がいい。ステージとしてはゼロサムの競争よりはプラスサムの競争をしているつもりでいます。


安倍晋三

日本は戦後、民主主義と自由を守り、平和国家としての道を歩んできました。この姿勢を貫くことに一点の曇りもありません。


吉山勇樹

リマインドメール(お知らせのメール)に事前に1分の手間をかけることによって、1時間のロス=ムダ時間を軽減することができます。


戸塚隆将

日本では提案と提案者が一体のものとみなされて、「こんな提案をするお前はダメなやつだ」と個人攻撃が起こりがちです。しかし、向こうでは「このファクトが弱い」「もっと別のファクトはないのか」とファクトに集中するので、個人攻撃に発展せずに議論が建設的に進んでいきます。突っ込みは厳しいのですが、人格まで否定されることはないので、かえって安心して議論ができます。


渡辺謙

今の世の中はポジティブ過ぎる気がする。前に進まなきゃいけない、上がっていかなきゃいけない、とか。でも、それだけが人生じゃない。今、足踏みしていても、前に進むための準備だと考えればいい。


松本幸夫

ビジネスマンの仕事の多くはチームで進められます。上司の了解が必要な場合は、自分の段取りが整った時点で上司の予定を聞いておけば、上司の時間待ちというムダを防ぐことができます。さらに、同僚の大まかな仕事の流れを把握しておけば、自分の都合がつかない場合、後回しにせずに同僚に手伝いを頼むことができます。社外の取引先のスケジュールまで書き込んでおけば、あなたの仕事は飛躍的にスピードアップできるでしょう。


吉田照幸

会話を弾ませることと、その場を盛り上げることは全く違います。弾むというのは、相手が楽しくおしゃべりをするということ。自分一人が一方的に楽しく話しても、実は会話は全く弾んでいないんです。たとえば、「お仕事は何ですか」と聞いたとします。よくあるのが、その仕事について自分が知っていることを一生懸命話してしまうケース。相手はその仕事のプロなのに、プロに対して説明しちゃっているわけです。よく考えたらおかしな話です。


家次恒

不具合が発生してお客様が電話をしたら、単なるオペレーターではなくてすぐに専門知識を持つ担当者が出ます。そして即座にコールセンターからサービスマンに指示する。サービスマン全員が、どこにいるか把握していますから、一番近いやつが行けと。このサービスが非常に強い。お客様に安心を与えているわけです。うちは世界各地で代理店ではなく直販のネットワークを構築しているので、海外でも同様のサービスを提供できているのが大きな強みです。


大久保真一

いい会社の条件は多々ありますが、なんだかんだ言って社員が元気であること、そしてトップが元気であることが一番。


ページの先頭へ