名言DB

9412 人 / 110637 名言

中村勘三郎・18代目(5代目 中村勘九郎)の名言

twitter Facebook はてブ

中村勘三郎・18代目(5代目 中村勘九郎)のプロフィール

18代目・中村勘三郎、なかむら・かんざぶろう(5代目・中村勘九郎、なかむら・かんくろう)。歌舞伎役者。東京都出身。映画、ドラマでも活躍した。

中村勘三郎・18代目(5代目 中村勘九郎)の名言 一覧

悩むのは家の中だけでいい。稽古場ではとにかくやれ、動物的に動け。


これまで「型破り」なことをたくさんやってきたけれど、それは型があったからできたこと。過去から学ばずに新しいことをやるのは、「型なし」っていう。あっちにふらふら、こっちにふらふらして、お客様にウケそうなものだけやっているのは型なしなんだ。


幸運にも、これまでの創意工夫がお客様に受け入れられてきたから、今も伝統芸能として認められているだけであって、ただ同じことを繰り返してきていたら、今頃、歌舞伎はなくなっていたと思う。


歌舞伎とは、しょせん、お客様をいかに喜ばせられるか。時代とともに、お客様の価値観は変わるから、私たちは常に新しいものを歴史の上に塗り重ねていかなければいけない。


中村勘三郎・18代目(5代目 中村勘九郎)の経歴・略歴

18代目・中村勘三郎、なかむら・かんざぶろう(5代目・中村勘九郎、なかむら・かんくろう)。歌舞伎役者。東京都出身。映画、ドラマでも活躍した。

他の記事も読んでみる

吉野佳秀

思い込みをなくし、世の中の仕組みを見直してみよう。


田坂広志

利益にはこだわるべきです。利益がなければ企業は存続できない。社員や家族の生活も支えられない。しかし、社会貢献の事業を成し遂げようとの強い想いがあれば、かならずお客様が支えてくれるし、利益を追求することで社員の心が蝕まれることはない。


高原慶一朗

生理用品事業を立ち上げた当時、無我夢中でした。国内で先行していたアンネ(日本初の生理用品メーカーで、のちにライオンに吸収合併された)の工場見学をなんとか実現させてもらい、自分たちが攻めるべきところを分析しました。質の高い生産設備や全国の薬局をカバーする販売網など感心した点もありましたが、高コストな体質や改善の余地が大きい製品の品質など弱点もありました。決して勝てない相手ではないと確信しました。


塚本昌彦

モバイル(携帯)の次の段階であるウェアラブル(着用可能な)の時代はすぐそこですよ。パソコンを着るようになると仕事が変わり、生活が変わるんです。夢物語と思われるかもしれない。でも、携帯電話も初期のころは背負う時代があったでしょ。いまのようにゲームをしたり、買い物をしたりする世の中を10年前にみなさんが予想できたでしょうか。


鈴木茂晴

昔は同じものを同じ形でどんどんつくり、時間と人を投入すれば業績が上がる時代でした。しかし今は、いろいろな工夫をしなければ生き残ることができない時代。


サマセット・モーム

金だけが人生ではないが、金がない人生もまた人生とは言えない。十分な金がなければ、人生の可能性の半分は締め出されてしまう。
【覚書き|70歳頃の発言】


北尾吉孝

自分の能力を自分で限定し自らの限界を自ら規定しないためにも、夢は出来るだけ大きく持ち続けるということが大事だと思います。


佐藤航陽

経済システムの研究を重ねてわかったのが「よくできた企業やサービスの共通点は、個人に依存せず仕組みで動く」ということ。会社組織にしても仮想通貨と同じで、管理者がいなくても、そこで働く社員が勝手に考えて勝手に動いている状態が理想です。だから私が社員に指示したり、注意したりするのであれば、それはシステムが甘い証拠。システムの設計者はその一部に組み込まれることなく、システムを俯瞰してチューニングするべきです。


上西京一郎

人間というのは自分の行動を誰かに見てもらい、認めてもらうということは、明日への活力になる。


南部靖之

新規事業のための営業も毎日のようにしていますし、役員会や経営会議にも出席します。それからなんといっても、社員と触れ合う時間を多くとるようにしていますね。


吉野佳秀

上場とは企業情報を公開することで資本を受け入れ、情報や出資が得られるわけです。10年以上かけてIPOしましたが、とんでもない新しい世界に入ったと思いました。情報や資金だけでなく、人材の集まりや信用の度合いが全く違う。市場が評価して認めてくれているわけですから、恵まれた環境をバックにまた戦えます。


川鍋一朗

お客様が(タクシーに)望む要件は牛丼の吉野家さんと同様、「うまい、はやい、やすい」。この一刻も早いマッチングを進めていかなければならない。


川邊健太郎

インターネットの技術や世の中のトレンドは、目まぐるしく変化する。失敗してもいいから、スピード感を持って新しいチャレンジをしていかないといけない。


本田有明

病気・介護など自分や家族のネガティブな事情は、原則、オープンにすべきと考えます。隠していると、それだけで心理的なストレスがかかります。ただでさえ負担があるのに、かさねて重荷を負えば、うつ病を発症することになりかねません。また、秘密にしていたところで、周囲の人はちょっとしたことから気がつくものです。だったら、同じ職場の人たちに事情を打ち明け、会社に申告するほうがやりやすいでしょう。


藤田晋

企画書を作る前にひたすら頭を絞り、「これだったら大丈夫」というところまで考え抜く。そこまですると、企画書を作るために時間をかけられなくなります。ですから、作ることに時間をかけている時点で、その企画書は通らない可能性が高いですね。