名言DB

9413 人 / 110706 名言

中村勘三郎・18代目(5代目 中村勘九郎)の名言

twitter Facebook はてブ

中村勘三郎・18代目(5代目 中村勘九郎)のプロフィール

18代目・中村勘三郎、なかむら・かんざぶろう(5代目・中村勘九郎、なかむら・かんくろう)。歌舞伎役者。東京都出身。映画、ドラマでも活躍した。

中村勘三郎・18代目(5代目 中村勘九郎)の名言 一覧

悩むのは家の中だけでいい。稽古場ではとにかくやれ、動物的に動け。


これまで「型破り」なことをたくさんやってきたけれど、それは型があったからできたこと。過去から学ばずに新しいことをやるのは、「型なし」っていう。あっちにふらふら、こっちにふらふらして、お客様にウケそうなものだけやっているのは型なしなんだ。


幸運にも、これまでの創意工夫がお客様に受け入れられてきたから、今も伝統芸能として認められているだけであって、ただ同じことを繰り返してきていたら、今頃、歌舞伎はなくなっていたと思う。


歌舞伎とは、しょせん、お客様をいかに喜ばせられるか。時代とともに、お客様の価値観は変わるから、私たちは常に新しいものを歴史の上に塗り重ねていかなければいけない。


中村勘三郎・18代目(5代目 中村勘九郎)の経歴・略歴

18代目・中村勘三郎、なかむら・かんざぶろう(5代目・中村勘九郎、なかむら・かんくろう)。歌舞伎役者。東京都出身。映画、ドラマでも活躍した。

他の記事も読んでみる

藤田晋

逆境を迎えた時、私はいつも、「答えは必ずある」と考えます。「そう思うのはなぜ?」「どんな答えがある?」と、後から根拠や解答を探していけばいいのです。どのような難問でも答えはあるからです。


村上太一

はじめは求人広告を無料で載せて、アルバイトを探している人から応募があるたびにお金をもらう仕組みでした。しかし、その仕組みでは反応が悪くて、応募ではなく採用が決まった後にお金をもらう成功報酬型に変更しました。成功報酬型にしたら、お客さんから「本当にそれでいいの?」と聞かれるくらいに反応があって。いままでお客さんのところに説明に行っても5件に1件くらいしか掲載させてもらえなかったのですが、採用ごとの報酬にしたらほぼ100%、掲載させてもらえるようになりました。


佐藤優

いろんなことにビビっちゃう人は、「自分はなぜビビるのか」を分析するだけでも変わってくるはず。現実から目をそらし逃げるのが一番良くない。


江川昌史

デジタルテクノロジーが飛躍的に進展するにつれ、近い将来には現在の職業の半分がなくなるともいわれており、企業の意思決定の大半がデジタルテクノロジーに置き換えられても、何ら不思議ではない。ただ、日本の労働力不足の現状を鑑みると、デジタル化をマイナス面だけで捉えてはいけない。


内田和成

大量の仕事をさばいて成果をあげるには、仕事の目的を確認して、その目的を成し遂げるために必要な仕事だけに絞ってやっていくことが重要です。


保木将夫

私の言うことを理解して、その通りにやって成功した人はいます。しかし、たいていの人は自分の考えを持っていますから、教えても言う通りにはしない。それで失敗するのです。


川鍋一朗

お客様が(タクシーに)望む要件は牛丼の吉野家さんと同様、「うまい、はやい、やすい」。この一刻も早いマッチングを進めていかなければならない。


三木田國夫

上司は命令するのが仕事ではない。昔から、「穴を掘れではダメ。水が必要だから井戸を掘ろう」が正しい。目的を示して指示を出すことです。「俺が言うからやれ!」はいけません。


松本晃(経営者)

カルビーにはもともと力がありました。売上高は踊り場で、利益も低迷していましたが、もとの力を引き出してあげれば、良くなることはわかっていました。


上山信一

私は最初に、このプロジェクトの成果をいつ、どこで、誰に向かって発表するかをはっきりと決め、さらにそこから逆算した改革工程表を一枚の図にまとめ、関連するすべてのメンバーに共有してもらいます。あとは2週間ごとに内部の連絡会を開いて、進捗状況を確認しながら微調整をしていく。そうすれば、予定通りに終わらせるのは、それほど難しいことではありません。


樋口廣太郎

SLのようにトップが引っ張るのはもう無理ではないでしょうか。みんなに気持ち良く楽しく仕事をしてもらうためには、引っ張るのは良くないということです。ひところの企業の経営は、社長が引っ張らなければならない、あるいはトップのマネジメントが必要という過酷な時代でした。これからの経営は全車両、つまりあらゆるセクション、あらゆる部、あらゆる工場、あらゆる配送センターなどに、発言権のある徹底的な権限を与え、それぞれがその地域、環境に応じて最善と思われるものをやるようでなければ成り立たないと思います。


高田明(ジャパネットたかた)

会社がつぶれるかもしれない。本気でそう思うほどつらい経験でしたが、会社のあり方を根本から見直す良いきっかけになりました。組織を強化しなければ、会社は存続できないことを教えてくれたからです。
【覚書き|2004年に51万人の顧客情報を流出させてしまった事件を振り返っての発言。ジャパネットは1か月半にわたり販売自粛を行い、存亡の危機に瀕した】


孫正義

どんな素晴らしいビジョンを持っていても、命がけで闘わなくては実現には至らない。


安渕聖司

決断はその日のうちに行います。翌日に持ち越すようなことはめったにしません。その理由は、世の中の変化のスピードに対応するためです。


西多昌規

人によってですが、6~7時間が妥当でしょう。8時間は寝たいという人もいるでしょうが、睡眠は少し足りないぐらいがちょうどいい。パーフェクトに取ると、逆に寝つきが遅くなってしまいます。