名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中村勇吾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村勇吾のプロフィール

中村勇吾、なかむら・ゆうご。日本のプログラマー、ウェブデザイナー、映像ディレクター。東京大学大学院工学系研究科修士課程終了後、橋などを設計する会社に入社。同社在籍中に自身がデザインしたウェブサイトを発表し始める。その後独立し、デザインスタジオ「tha ltd.」を設立。大手企業を顧客とし、ウェブサイトや映像アートディレクションなどの分野で活躍。主な受賞に毎日デザイン賞、カンヌ国際広告フェスティバルグランプリ、OneShowインタラクティブグランプリ、アルス・エレクトロニカ入賞ほか。多摩美術大学客員教授なども務めた。

中村勇吾の名言 一覧

僕が仕事をしていて「そうなると怖いな」と思うのは、目の前の雑務に追われ、同じ方法を繰り返してしまうことです。そこで、長いときには半年ぐらいはあえて仕事をなくして、表現方法の開発だけをやる時期をつくるようにしています。


仕事でクライアントとやりとりをするときには、先方からの要望を形にしながら、その要望を包み込むようにして自分のアイデアをどんどん足していくことにしているんです。アイデアのデモ画面はなるべく早い段階で、ときには話をいただいた一週間後に先方に見せることもあります。核になるイメージだけでもサッと作って、まずは実物を見せなければならないと考えています。


僕にとってのデザインの完成形は、コンピュータの画面の上で何度もいじっているうちに、偶然見つけたという場合が多いと思います。だから、時間をかければ、基本的な質も高くなる上に偶然に出会うチャンスも高まるというわけです。


「ここまもっとフワッとしたほうがいいな」とか、人がたくさん集まる会議の場であれば、つい自分から「まぁ伝えるほどのことでもないか」と引っ込めてしまうようなアイデアやバランス感覚こそ、大切にして詰めていっています。とくにウェブデザインでは、そういう個人的な雰囲気のものに人気が集まることも多いですし。


プロジェクトに時間をかけるとはいえ、あくまで個人的に時間をかけるようにはしています。この「個人的に時間をかけて質をあげていく」という点はわりと大切にしています。ハリウッド映画の製作に代表されるような「たくさんのスタッフで」というチームワークではやりません。そうすると、誰かに「こうやっておいて」とハッキリ言葉で伝えられないところをいじることができるんです。


ひとつのプロジェクトを完成させるまでには、結構ウンザリするほど試行錯誤を繰り返すタイプです。だいたいひとつのサイトをつくるのに2ヶ月ぐらいかけています。まずは誰でもやれるところから時間をかけてつくり込みます。そういう単純な努力でやれることって、やられているようでやられていないですから、そこで人より時間をかければ、まずベーシックな部分での質の高さは確保できるわけです。


僕は「ユニクロUSA」のような割と凝ったサイトをつくっているので、大勢で仕事をしていると創造される方もいますが、常に3人以内で作品をつくることにしています。ビジュアルイメージを決める時点からは、画面の動き方、操り方、プログラムを組むところまで数人ですぐにやれる、というところにウェブデザインならではの「やりくち」があるように思いますので。


最近は、この仕事(ウェブデザイン)をやりたいと思っている人も多いようだけど、いまウェブデザイナーになりたいと思う時点で危ないかもしれない。就職の時点での人気企業ランキングの上位の会社に入りたがるようなものですから。職種ではなく、ウェブデザインを手段に何をやりたいのかがなければ意味がないでしょう。


一人前になるまでには、たぶんかなりの時間がいるのではないでしょうか。


メモも手帳も、書くと思考が整理されるとよく言いますよね。でも僕は、思考を文字に書いた途端、それはもう外界のものになるというか、矮小化されるというか……。常に思考は頭の中で泳がしたくて、そこから考えや可能性が広がると思っている。


手帳を楽しんでいる人が書く姿は、独特のリズム感があって観察に値するぐらい面白いですよ。「ほぼ日手帳」のプロモーション動画では、そんな書く楽しさを映像で最大限に伝えて、見ている人に手帳を書いて楽しんでいる気分になってもらえればと考えました。


中村勇吾の経歴・略歴

中村勇吾、なかむら・ゆうご。日本のプログラマー、ウェブデザイナー、映像ディレクター。東京大学大学院工学系研究科修士課程終了後、橋などを設計する会社に入社。同社在籍中に自身がデザインしたウェブサイトを発表し始める。その後独立し、デザインスタジオ「tha ltd.」を設立。大手企業を顧客とし、ウェブサイトや映像アートディレクションなどの分野で活躍。主な受賞に毎日デザイン賞、カンヌ国際広告フェスティバルグランプリ、OneShowインタラクティブグランプリ、アルス・エレクトロニカ入賞ほか。多摩美術大学客員教授なども務めた。

他の記事も読んでみる

小宮一慶

すぐに結果を生まないにせよ、人間性を涵養(かんよう)する読書もまた、非常に有意義です。松下幸之助は、成功したければ「人間観」を持て、と語っています。人が何に喜び悲しみ、何を欲するのか――、本は「人間」を理解する入り口でもあるのです。


古森重隆

私が営業部長になった1980年代半ば頃はVHSとベータマックスによる家庭用ビデオの規格争いの最終局面でした。ビデオデッキの普及とともに、ビデオテープも爆発的に売れるようになりましたが、価格競争もすさまじく、毎日店頭価格が下がるような状態でした。このときの経験から、特徴のある製品を売っていかなければならないと肝に銘じました。製品は必ず差別化し、単なる価格競争を防ぐ。でなければ、オンリーワン製品、ナンバーワン製品がよいのです。


植木義晴

会話の話題はやはり本から仕入れるよりも、自身の経験に即したものにこそ説得力があります。それでも会話が途切れたらどうするか……、ペットもいいでしょう。例えば猫。わが家にも3匹いますから、相手がその話に乗ってきたらしめたものです。


弘兼憲史

まとまった量の仕事を引き受けた時、すべてのページの構成が練りきれていない段階でも、僕はまず「手を着ける」ことが大切だと思っています。最初の4ページの構成しか固まっていなくても、とにかく始める。手を動かしていくうちに「残りのページはこうしよう」とアイデアが湧いてくることが、往々にしてあるんです。


宮内義彦

中核になるのは人間の能力です。ただ、この能力には100点の人もいれば60点の人もいる。上司というのは100点の人ばかり使いたがるものですが、これは一番効率が悪い。そうではなく、誰もが120%の能力を発揮できるように仕事を与えるんです。100点の人には120点の仕事、60点の人には72点の仕事。2割アップの仕事をやってもらえれば組織の「熱量」は最大になるはずです。なおかつ一人ひとりの能力は向上しますから、ある日気付いたら60点だった人が72点になっている。そうしたらさらに120%の仕事をしてもらう。そうやって仕事を与えるのがマネジャーの役目だと思います。


ハロルド・ジェニーン

経営者は経営しなくてはならない!経営者は経営しなくてはならない!経営者は経営しなくてはならない!何度言ったら、ほんとうにわかってもらえるのだろう?
経営者とは企業なり何なりを運営するマネジャーのチームを言う。経営するとは何かをなし遂げること。しなくてはならないとは、それをやり遂げなくてはならないということだ。


アダム・スミス

大財産があれば、必ず大不幸がある。ひとりの富者があるためには、500名の貧者がなくてはならない。


坂東眞理子

異動や留学など社内で自身の希望を通そうとする際、女性がやってしまいがちなのが「自爆型行動」です。有能な女性ほど個人の希望を溜め込んで、我慢できなくなったところで「認めていただけないなら辞表を出します!」などと爆発してしまうのです。相手にしてみれば、それほど思い詰めていたことを知らないために驚いてしまいます。「将来こんなことをしたいと夢見ています」と、いろんな機会にやんわりと伝えておくのがよいでしょう。


太田英昭

「中身はともかく勝てばいい」ということになれば、視聴者から見向きをされなくなってしまう。2匹目、3匹目のドジョウではなく、きちんと目指すべき方向で勝ってほしい。


ゲーテ

自分にできること、あるいは夢に思い描いていることは、すべて実行に移すことだ。大胆であれば、非凡な能力と不思議な力を発揮できる。


岡野雅行(岡野工業)

いまの日本のモノづくりを見ていると、大丈夫かなと思うところはたくさんあるけれど、トヨタは凄いと思う。あの会社はものの考え方が違うからね。うちには難しい仕事ばかり持ってくる。それで失敗してもいいからっていって、本当に失敗してもちゃんと対価を払ってくれる。ただし、失敗の過程を全部レポートにしてくれと言うんだ。


田中直樹(ココリコ)

特に大きいのは『ココリコ黄金伝説』と『ココリコA級伝説』ですね。当時は全然テレビのことをわかっておらず、必死で、体当たりでした。最近、DVDになったので見返しましたけど、20代半ばから後半の自分たちが本当に生々しく映っていて……。形にしていただくのはうれしい反面、恥ずかしくもありという複雑な気持ちになりました。