名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村勇吾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村勇吾のプロフィール

中村勇吾、なかむら・ゆうご。日本のプログラマー、ウェブデザイナー、映像ディレクター。東京大学大学院工学系研究科修士課程終了後、橋などを設計する会社に入社。同社在籍中に自身がデザインしたウェブサイトを発表し始める。その後独立し、デザインスタジオ「tha ltd.」を設立。大手企業を顧客とし、ウェブサイトや映像アートディレクションなどの分野で活躍。主な受賞に毎日デザイン賞、カンヌ国際広告フェスティバルグランプリ、OneShowインタラクティブグランプリ、アルス・エレクトロニカ入賞ほか。多摩美術大学客員教授なども務めた。

中村勇吾の名言 一覧

僕が仕事をしていて「そうなると怖いな」と思うのは、目の前の雑務に追われ、同じ方法を繰り返してしまうことです。そこで、長いときには半年ぐらいはあえて仕事をなくして、表現方法の開発だけをやる時期をつくるようにしています。


仕事でクライアントとやりとりをするときには、先方からの要望を形にしながら、その要望を包み込むようにして自分のアイデアをどんどん足していくことにしているんです。アイデアのデモ画面はなるべく早い段階で、ときには話をいただいた一週間後に先方に見せることもあります。核になるイメージだけでもサッと作って、まずは実物を見せなければならないと考えています。


僕にとってのデザインの完成形は、コンピュータの画面の上で何度もいじっているうちに、偶然見つけたという場合が多いと思います。だから、時間をかければ、基本的な質も高くなる上に偶然に出会うチャンスも高まるというわけです。


「ここまもっとフワッとしたほうがいいな」とか、人がたくさん集まる会議の場であれば、つい自分から「まぁ伝えるほどのことでもないか」と引っ込めてしまうようなアイデアやバランス感覚こそ、大切にして詰めていっています。とくにウェブデザインでは、そういう個人的な雰囲気のものに人気が集まることも多いですし。


プロジェクトに時間をかけるとはいえ、あくまで個人的に時間をかけるようにはしています。この「個人的に時間をかけて質をあげていく」という点はわりと大切にしています。ハリウッド映画の製作に代表されるような「たくさんのスタッフで」というチームワークではやりません。そうすると、誰かに「こうやっておいて」とハッキリ言葉で伝えられないところをいじることができるんです。


ひとつのプロジェクトを完成させるまでには、結構ウンザリするほど試行錯誤を繰り返すタイプです。だいたいひとつのサイトをつくるのに2ヶ月ぐらいかけています。まずは誰でもやれるところから時間をかけてつくり込みます。そういう単純な努力でやれることって、やられているようでやられていないですから、そこで人より時間をかければ、まずベーシックな部分での質の高さは確保できるわけです。


僕は「ユニクロUSA」のような割と凝ったサイトをつくっているので、大勢で仕事をしていると創造される方もいますが、常に3人以内で作品をつくることにしています。ビジュアルイメージを決める時点からは、画面の動き方、操り方、プログラムを組むところまで数人ですぐにやれる、というところにウェブデザインならではの「やりくち」があるように思いますので。


最近は、この仕事(ウェブデザイン)をやりたいと思っている人も多いようだけど、いまウェブデザイナーになりたいと思う時点で危ないかもしれない。就職の時点での人気企業ランキングの上位の会社に入りたがるようなものですから。職種ではなく、ウェブデザインを手段に何をやりたいのかがなければ意味がないでしょう。


一人前になるまでには、たぶんかなりの時間がいるのではないでしょうか。


メモも手帳も、書くと思考が整理されるとよく言いますよね。でも僕は、思考を文字に書いた途端、それはもう外界のものになるというか、矮小化されるというか……。常に思考は頭の中で泳がしたくて、そこから考えや可能性が広がると思っている。


手帳を楽しんでいる人が書く姿は、独特のリズム感があって観察に値するぐらい面白いですよ。「ほぼ日手帳」のプロモーション動画では、そんな書く楽しさを映像で最大限に伝えて、見ている人に手帳を書いて楽しんでいる気分になってもらえればと考えました。


中村勇吾の経歴・略歴

中村勇吾、なかむら・ゆうご。日本のプログラマー、ウェブデザイナー、映像ディレクター。東京大学大学院工学系研究科修士課程終了後、橋などを設計する会社に入社。同社在籍中に自身がデザインしたウェブサイトを発表し始める。その後独立し、デザインスタジオ「tha ltd.」を設立。大手企業を顧客とし、ウェブサイトや映像アートディレクションなどの分野で活躍。主な受賞に毎日デザイン賞、カンヌ国際広告フェスティバルグランプリ、OneShowインタラクティブグランプリ、アルス・エレクトロニカ入賞ほか。多摩美術大学客員教授なども務めた。

他の記事も読んでみる

トニー・レオン

本当に必要なものは、情熱だけです。情熱がなければ、仕事を続けることも成長しようとする意欲もわきません。自分をしっかりと愛して、仕事にも情熱を注いであげる。それができる人は、プロフェッショナルといえるのではないでしょうか。


三ツ木孝

社員が経営者的な感覚で自分の仕事にあたることは、会社のためというよりもむしろ、自分自身の成長に大変役に立つこと。


関山和秀

大切なのは、ロジカルに考えられるかどうか。それができれば、文系も理系も関係ない。


坂本孝

焼き鳥屋で失敗したのは誰でも簡単に出来て他店との差別化が出来なかったのが原因です。やはり他店が出来ない特徴をいくつか持つことが大切。それでこそ10年間は向かうところ敵なしと言えます。


泉谷直木

自分のキャリアビジョンを持ち、経験を積んでも常に新しい知識を吸収することを怠らない。どんなに役職が上がっても、机上で考えるのではなく、現場や街に出て、肌で感じたことを大切にする。そうした人が成長を続けられる人です。そして、会社を成長させる原動力になるのです。


ジョージ・ルーカス

2時間の間すべてを忘れられる映画をつくろうとした。
【覚え書き|スター・ウォーズの制作意図について語った言葉】


小池百合子

違う言語を学ぶことは、世界をみる次元を増やすことになります。日本語だけでは、日本の中の情報しか入ってきません。しかし日本の外では凄いスピードで変化が起きています。英語が苦手だと、結局、「見ざる、言わざる、聞かざる」状態になります。それは、ビジネスパーソンにとって、重大な機会損失です。


堺屋太一

受験の影響というのは、本当に強くなっていると感じます。もちろん、すべての東大生がそうとは言いませんが、「私は東大入試に合格しました。だから同世代で最高に優秀だ」というように、受験による基準がすべてになっています。こういう人たちでは、何も新しいものは生み出せません。


出口治明

以前、ふたつの銀行を統合した欧州の金融機関の経営トップがこう言っていました。「ひとつのポストにふたりの責任者がいたら、優劣を決めてどちらかひとりを選べばいいだけのこと。簡単な作業だ。選ばれなかった人間は残さず解雇して、労働市場に出してあげる。そうして、他社で活躍してもらう。この方が当社にとっても本人にとっても幸せだろう」。こうした考え方に学ぶ点は多いと思います。


ジェフ・ベゾス

(多くの企業が上手くいかないのは)各地域の担当者がローカルのお客さんではなく、本社の上司を喜ばせようとするからです。


ハンス・アンダーソン

失敗を許す姿勢をはっきり示すことは、どんなリーダーにも必要だと思います。私は、「もし、今年、10のアクションを起こして、2つ失敗したとしよう。それなら、来年はその失敗を活かして、20のアクションを起こし、かつ失敗を3つに留めなさい」と言っています。


益本康男

グループ全事業所を対象に「技能コンテスト」をスタートさせました。それは、退職年齢を迎える技術者が増加し、技能を伝えることができる人が激減している現状からです。このような技能コンテストを一生懸命やってもらって、現場を指導できる人材を育成しようとしているのです。