名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

中村勇吾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村勇吾のプロフィール

中村勇吾、なかむら・ゆうご。日本のプログラマー、ウェブデザイナー、映像ディレクター。東京大学大学院工学系研究科修士課程終了後、橋などを設計する会社に入社。同社在籍中に自身がデザインしたウェブサイトを発表し始める。その後独立し、デザインスタジオ「tha ltd.」を設立。大手企業を顧客とし、ウェブサイトや映像アートディレクションなどの分野で活躍。主な受賞に毎日デザイン賞、カンヌ国際広告フェスティバルグランプリ、OneShowインタラクティブグランプリ、アルス・エレクトロニカ入賞ほか。多摩美術大学客員教授なども務めた。

中村勇吾の名言 一覧

僕が仕事をしていて「そうなると怖いな」と思うのは、目の前の雑務に追われ、同じ方法を繰り返してしまうことです。そこで、長いときには半年ぐらいはあえて仕事をなくして、表現方法の開発だけをやる時期をつくるようにしています。


仕事でクライアントとやりとりをするときには、先方からの要望を形にしながら、その要望を包み込むようにして自分のアイデアをどんどん足していくことにしているんです。アイデアのデモ画面はなるべく早い段階で、ときには話をいただいた一週間後に先方に見せることもあります。核になるイメージだけでもサッと作って、まずは実物を見せなければならないと考えています。


僕にとってのデザインの完成形は、コンピュータの画面の上で何度もいじっているうちに、偶然見つけたという場合が多いと思います。だから、時間をかければ、基本的な質も高くなる上に偶然に出会うチャンスも高まるというわけです。


「ここまもっとフワッとしたほうがいいな」とか、人がたくさん集まる会議の場であれば、つい自分から「まぁ伝えるほどのことでもないか」と引っ込めてしまうようなアイデアやバランス感覚こそ、大切にして詰めていっています。とくにウェブデザインでは、そういう個人的な雰囲気のものに人気が集まることも多いですし。


プロジェクトに時間をかけるとはいえ、あくまで個人的に時間をかけるようにはしています。この「個人的に時間をかけて質をあげていく」という点はわりと大切にしています。ハリウッド映画の製作に代表されるような「たくさんのスタッフで」というチームワークではやりません。そうすると、誰かに「こうやっておいて」とハッキリ言葉で伝えられないところをいじることができるんです。


ひとつのプロジェクトを完成させるまでには、結構ウンザリするほど試行錯誤を繰り返すタイプです。だいたいひとつのサイトをつくるのに2ヶ月ぐらいかけています。まずは誰でもやれるところから時間をかけてつくり込みます。そういう単純な努力でやれることって、やられているようでやられていないですから、そこで人より時間をかければ、まずベーシックな部分での質の高さは確保できるわけです。


僕は「ユニクロUSA」のような割と凝ったサイトをつくっているので、大勢で仕事をしていると創造される方もいますが、常に3人以内で作品をつくることにしています。ビジュアルイメージを決める時点からは、画面の動き方、操り方、プログラムを組むところまで数人ですぐにやれる、というところにウェブデザインならではの「やりくち」があるように思いますので。


最近は、この仕事(ウェブデザイン)をやりたいと思っている人も多いようだけど、いまウェブデザイナーになりたいと思う時点で危ないかもしれない。就職の時点での人気企業ランキングの上位の会社に入りたがるようなものですから。職種ではなく、ウェブデザインを手段に何をやりたいのかがなければ意味がないでしょう。


一人前になるまでには、たぶんかなりの時間がいるのではないでしょうか。


メモも手帳も、書くと思考が整理されるとよく言いますよね。でも僕は、思考を文字に書いた途端、それはもう外界のものになるというか、矮小化されるというか……。常に思考は頭の中で泳がしたくて、そこから考えや可能性が広がると思っている。


手帳を楽しんでいる人が書く姿は、独特のリズム感があって観察に値するぐらい面白いですよ。「ほぼ日手帳」のプロモーション動画では、そんな書く楽しさを映像で最大限に伝えて、見ている人に手帳を書いて楽しんでいる気分になってもらえればと考えました。


中村勇吾の経歴・略歴

中村勇吾、なかむら・ゆうご。日本のプログラマー、ウェブデザイナー、映像ディレクター。東京大学大学院工学系研究科修士課程終了後、橋などを設計する会社に入社。同社在籍中に自身がデザインしたウェブサイトを発表し始める。その後独立し、デザインスタジオ「tha ltd.」を設立。大手企業を顧客とし、ウェブサイトや映像アートディレクションなどの分野で活躍。主な受賞に毎日デザイン賞、カンヌ国際広告フェスティバルグランプリ、OneShowインタラクティブグランプリ、アルス・エレクトロニカ入賞ほか。多摩美術大学客員教授なども務めた。

他の記事も読んでみる

武藤潤(経営者)

世界中の製油所を見て感じるのは、文化や習慣は国ごとに異なっても石油精製現場が抱えている課題は極めて共通性が高いということ。


小山龍介

いろんなところにスキマ時間や勉強ができる時間が眠っているはず。とくに通勤は誰もが毎日取られてしまう時間。そこで、ここを最大限活用する。満員電車で何もできないと言うかもしれませんが、お勧めなのが耳を使った勉強です。最近では教本にCDなどが付いてきますが、それをiPodなどに入れればいくらでも聞けます。


川村隆

異例の人事で本社に戻ったときは、私は企業再生について「やればできる」と思っていた。ただの楽観ではない。リーダーは「慎重なる楽観主義」であるべきだとの持論からだ。この一見矛盾した言い方は「幸福論」で有名なフランスの哲学者アランの「楽観は意志に属す」という言葉に由来する。未来の筋道を示し、みんなを引っ張っていくリーダーは強い意志を持たなければならない。


小林一三

誰にも夢がある。それはたとえ小さくともその夢がふくらみ花を咲かせ、立派に実るのを見るのは楽しい。


永瀬昭幸

あれがダメ、これがダメ、と短所ばかり指摘して矯正させる教育は、人間を萎縮させます。褒めて伸ばす「長所伸長型教育」が、次世代人材を育てる教育のあるべき姿だと僕は思っています。


尾山基

一般社員向けの研修も強化しています。いまの日本は、10~20年間のデフレと経済停滞で、本当に元気がない。そこに軽いコンペティション(競争)を起こしたいと思いました。そのためには、誰かがフッと息を吹きかけてやらないといけません。それが研修なんだと思うんです。


永持孝之進

血の小便を出すような努力をして、窮しても通ずることができる人間かどうか。経営者にはその資質が求められます。


安田順

じわじわと売り上げが下がり続ける「ジリ貧」は、銀行から最も警戒される。しかし、好調な製品や得意先がある、あるいは安定して売れている製品があると説明すれば、銀行の警戒心も薄れる。


平井伯昌

選手の信頼を得るには何が必要か。それは結果を出させること。


尾平泰一

近年は、グローバル化の進展やネットワークの進化で、事業の幅が広がり、いままでよりも多くのプレイヤーが参入してきています。経営トップが事業のすべてを掌握することが難しくなってきました。そこで求められているのが、部門ごとの迅速な対応能力です。今後はミドル層(中間管理職)の人材を強化しないと、成長を継続していくのは難しいと見ています。


二村俊一郎

欧米人は、会社や職場を狩猟・放牧の場所であり稼いだら去るところと考えているのに対し、日本人は定住の場所と考えているのかもしれません。


益子修

最初の計画では、岡崎工場を閉鎖する予定でした。大変な議論を重ね、いろいろな意見が飛び交ったあと、作業長に「自分たちは最後の1台まで品質のいいクルマをつくる。そして会社が復活するのを待っている。復活の暁には、ぜひ岡崎工場を再開させてほしい」と言われたんです。最後の最後まで仕事をやり遂げるという、彼らの仕事に対する誇りと決意を前に、言葉が出ませんでした。