中村勇吾の名言

中村勇吾のプロフィール

中村勇吾、なかむら・ゆうご。日本のプログラマー、ウェブデザイナー、映像ディレクター。東京大学大学院工学系研究科修士課程終了後、橋などを設計する会社に入社。同社在籍中に自身がデザインしたウェブサイトを発表し始める。その後独立し、デザインスタジオ「tha ltd.」を設立。大手企業を顧客とし、ウェブサイトや映像アートディレクションなどの分野で活躍。主な受賞に毎日デザイン賞、カンヌ国際広告フェスティバルグランプリ、OneShowインタラクティブグランプリ、アルス・エレクトロニカ入賞ほか。多摩美術大学客員教授なども務めた。

中村勇吾の名言 一覧

僕が仕事をしていて「そうなると怖いな」と思うのは、目の前の雑務に追われ、同じ方法を繰り返してしまうことです。そこで、長いときには半年ぐらいはあえて仕事をなくして、表現方法の開発だけをやる時期をつくるようにしています。


仕事でクライアントとやりとりをするときには、先方からの要望を形にしながら、その要望を包み込むようにして自分のアイデアをどんどん足していくことにしているんです。アイデアのデモ画面はなるべく早い段階で、ときには話をいただいた一週間後に先方に見せることもあります。核になるイメージだけでもサッと作って、まずは実物を見せなければならないと考えています。


僕にとってのデザインの完成形は、コンピュータの画面の上で何度もいじっているうちに、偶然見つけたという場合が多いと思います。だから、時間をかければ、基本的な質も高くなる上に偶然に出会うチャンスも高まるというわけです。


「ここまもっとフワッとしたほうがいいな」とか、人がたくさん集まる会議の場であれば、つい自分から「まぁ伝えるほどのことでもないか」と引っ込めてしまうようなアイデアやバランス感覚こそ、大切にして詰めていっています。とくにウェブデザインでは、そういう個人的な雰囲気のものに人気が集まることも多いですし。


プロジェクトに時間をかけるとはいえ、あくまで個人的に時間をかけるようにはしています。この「個人的に時間をかけて質をあげていく」という点はわりと大切にしています。ハリウッド映画の製作に代表されるような「たくさんのスタッフで」というチームワークではやりません。そうすると、誰かに「こうやっておいて」とハッキリ言葉で伝えられないところをいじることができるんです。


ひとつのプロジェクトを完成させるまでには、結構ウンザリするほど試行錯誤を繰り返すタイプです。だいたいひとつのサイトをつくるのに2ヶ月ぐらいかけています。まずは誰でもやれるところから時間をかけてつくり込みます。そういう単純な努力でやれることって、やられているようでやられていないですから、そこで人より時間をかければ、まずベーシックな部分での質の高さは確保できるわけです。


僕は「ユニクロUSA」のような割と凝ったサイトをつくっているので、大勢で仕事をしていると創造される方もいますが、常に3人以内で作品をつくることにしています。ビジュアルイメージを決める時点からは、画面の動き方、操り方、プログラムを組むところまで数人ですぐにやれる、というところにウェブデザインならではの「やりくち」があるように思いますので。


最近は、この仕事(ウェブデザイン)をやりたいと思っている人も多いようだけど、いまウェブデザイナーになりたいと思う時点で危ないかもしれない。就職の時点での人気企業ランキングの上位の会社に入りたがるようなものですから。職種ではなく、ウェブデザインを手段に何をやりたいのかがなければ意味がないでしょう。


一人前になるまでには、たぶんかなりの時間がいるのではないでしょうか。


メモも手帳も、書くと思考が整理されるとよく言いますよね。でも僕は、思考を文字に書いた途端、それはもう外界のものになるというか、矮小化されるというか……。常に思考は頭の中で泳がしたくて、そこから考えや可能性が広がると思っている。


手帳を楽しんでいる人が書く姿は、独特のリズム感があって観察に値するぐらい面白いですよ。「ほぼ日手帳」のプロモーション動画では、そんな書く楽しさを映像で最大限に伝えて、見ている人に手帳を書いて楽しんでいる気分になってもらえればと考えました。


中村勇吾の経歴・略歴

中村勇吾、なかむら・ゆうご。日本のプログラマー、ウェブデザイナー、映像ディレクター。東京大学大学院工学系研究科修士課程終了後、橋などを設計する会社に入社。同社在籍中に自身がデザインしたウェブサイトを発表し始める。その後独立し、デザインスタジオ「tha ltd.」を設立。大手企業を顧客とし、ウェブサイトや映像アートディレクションなどの分野で活躍。主な受賞に毎日デザイン賞、カンヌ国際広告フェスティバルグランプリ、OneShowインタラクティブグランプリ、アルス・エレクトロニカ入賞ほか。多摩美術大学客員教授なども務めた。

他の記事も読んでみる

漆紫穂子

学校では10教科ほどの成績だけで評価されがちですから、成績がパッとしないとなんとなく自信を失ってしまいます。ですが、大人になれば評価の軸はもっと多くなって、学校では評価されない才能でも、社会では評価されることも出てきます。


坂本龍馬

土佐で生まれた者が他藩に仕え、そしてまた土佐藩に仕えたとしても、天下のためを考えればおかしなことではありません。女性が二君に仕えることを否定されるのと同じように、志士まで二君に仕えることを非難されたら、自分の考え方を貫くことができません。そのため、浪人するにせよ、土佐藩を助けるにせよ、二君に仕えるか否かという論理を捨てなければ自分の考えを実行することはできません。


マルクス・アウレリウス・アントニヌス

名声を追う者は、他人の行動に己自身の善を置く。快楽を追う者は、善を己の官能に置く。賢者は己の行いに善を置く。


篠田麻里子

AKBオープニングメンバーのオーディションに落選したとき、若さゆえの得体の知れない自信のようなものがあったので、ショックや挫折というよりも、なんで落ちたんだろう、という受け入れきれない気持ちのほうが強く残りました。その後、落選したメンバーによるカフェっ娘(AKB劇場内のカフェ勤務)を経て、追加メンバーとしてAKBに加わることになりました。最初は転校生みたいな感じで、なかなかメンバーに溶け込めなかったんですが、「もらったチャンスは逃さないぞ」と心に決めて精一杯に頑張りました。


杉野正博

女性の活躍という問題を考えるとき、たんに制度を整備することを目標にするのではなく、また短期的な成果を求めるのではなく、中長期的に女性が活躍できるようにしていくことが企業を大きく発展させることにつながると考えています。


入山章栄

最近の優れた経営者は、どんどん現場に出ていって、社員と話をします。決断するのは自分だから、自分で見たいんですね。


高宮敏郎(髙宮敏郎)

これからは論理的に考え、表現し、人を動かしていく力が大事になってくる。


ゴードン・ムーア

私はこの失敗(インテルがデジタル腕時計事業を起こし、1500万ドルの赤字を生み出し撤退した失敗)の後、教訓としてかなり長い間、このデジタル腕時計を身に着けていました。最近でも折に触れて電池を入れ替えては使っています。ただし、誤解されやすいのですが、私がこの腕時計をするのは、こんな失敗を二度としないようにという思いからではありません。逆に、こんな失敗だってできたじゃないか、私たちはいま、ちゃんとリスクを取って挑戦しているだろうかと、だんだんリスクを取らなくなる自分たちを戒める思いの方が強いのです。


南部靖之

ものすごく忙しい人は何を頼まれてもこなしてしまうように、忙しく働けば働くほど、不思議とゆとりがみえてくるものです。「忙しい」ばかり口にして、時間に振り回されている人は、働き方が中途半端になりがちですね。


小山昇

多くの人が勘違いしているのは、スピードの概念。スピードとは、瞬間的に「速く」動くことだと思っている人が多いけど、本当に大事なのは「早く始める」こと。そのほうが仕事は早く片づく。


松井忠三

企業体質が悪ければ商品の品質も悪くなる。


渡辺秀一(経営者)

医療業界に入ってくる人って、もともと、人の役に立ちたい、人の命に貢献したいという気持ちが少なからずあるんですよ。だから、合併してもギスギスしないんです。


ロバート・キヨサキ

知識はあなたを仕事から解放する。なぜなら、お金をあなたのために働かせる方法を学ぶことが出来るからだ。


ジャック・ドーシー

大事なのは、自分がこの世界で何をできるか、そしてそれを可能にする労働倫理と欲望だ。


大須賀正孝

分解して物事を考えると、それまで意識しなかった様々なことも見えてきます。例えば、人生80年と考えるか、3万日と捉えるか。3万日と思うと、一日一日をもっと大事に使おうと思えてきませんか。私はそう考えるようになってから、休みなんかいらんと思うようになりました。毎日全力で仕事をして全力で楽しむ。あの世に行ったら、ずっと休めるんですから。


ページの先頭へ