名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

中村剛也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村剛也のプロフィール

中村剛也、なかむら・たけや。日本のプロ野球選手(内野手)。大阪府出身。大阪桐蔭高等学校卒業後、ドラフト2巡目で西武ライオンズに入団。本塁打王6回、打点王3回などのタイトルを獲得。

中村剛也の名言 一覧

練習に関しては、しっかり考えながら取り組んでいます。昔は量をこなしてましたけど、シーズンに入れば、やり過ぎると疲れを残す。だから、考えながら練習することを意識しています。


バッティングは1日1日変わるのが当たり前。コンディションも違う。だから、毎回いい時のバッティングを追い求めても難しい。その日の調子に合わせればいいんです。


僕は4番という打順で打たせてもらってるので、チームの勝ちにつながるようなバッティングをしたい。昨年は、最下位に沈んだ時期もありましたから、とにかくチーム状態を良くしようと必死でした。


素振りは、自分のフォームを確かめるだけではなくて、相手投手がボールを投げているイメージをして振ってます。実際に投げてもらうわけじゃないので、どんなピッチャーでもイメージできる。右投げ、左投げどちらもOK。ボールも変化球、まっすぐとかね。その球を全部ホームランにするつもりでバットを振っています。


試合で調子が出ない時もあります。その時の僕の対処法は、気にしないこと(笑)。調子が悪い時期に細かいことを意識しすぎると、変な知識が頭に入るんです。それを実践しようとすると、余計なところに力が入るし、普段しないようなことをして、打撃フォームが余計におかしくなる。


打てない時は単純に「体調が悪い」と割り切るようにしてます。考えすぎてもドツボにハマるだけ。今日は体調が悪いんだなと思えばいい。昔はメチャメチャ悩みましたよ。打てなくなると、好調時の映像をたくさん見ましたし。バットの位置とか、タイミングの取り方とかいろいろ試しましたけど、結局うまくいきませんでした。


ホームランバッターは全力でスイングしていると思われがちですが、僕は打席でフルスイングしません。7~8割の力で打つことを心がけています。じつは、目一杯の力で振っても飛距離は変わらない。それどころか力一杯だと身体にブレが生じて、バランスを崩してしまう。だから、軽く振ったほうがしっかりと打て、バットの操作もしやすくなるんです。3~4年前までは、気づかずにフルスイングしていました。でも、ある試合で当てにいった軽いスイングをした時、それがホームランになった。そこで、「力」よりも、うまく「ミート」することが大事だと気づいたんです。それからは、もうフルスイングしていません。


中村剛也の経歴・略歴

中村剛也、なかむら・たけや。日本のプロ野球選手(内野手)。大阪府出身。大阪桐蔭高等学校卒業後、ドラフト2巡目で西武ライオンズに入団。本塁打王6回、打点王3回などのタイトルを獲得。

他の記事も読んでみる

横山光昭

資産形成に必要なのは「節約」と「運用」の二つ。そして、この二つを実行する大前提となるのが、家計の現状を正しく把握すること。


ダンテ・カーヴァー

僕のお父さんは政府の仕事をする一方で、バスケットボールの選手でもあり、コーチでもありました。そんな父から、チームワークについて聞かされたことを覚えています。「バスケットボールでは自分がどんなにうまいプレイヤーだと思っても、ひとりでボールを持つものではない」と。


松沢卓二

「天は自らを助くるものを助く」他人に頼らず、独立独行で奮闘努力する者を、天は助けて幸運をもたらすという意味ですが、若い時から私はこの言葉が好きで、座右の銘としてきました。大学卒業以来、金融畑一筋に歩み続けて40有余年を経ましたが、私がビジネスマンとして常に守ってきたことは、人間の生き方も経済の原則も「自己責任」が重要だという点です。


ショーペンハウエル

障害と闘って勝つことが人間を幸福にする。


堀之内九一郎

私よりも先に会社に来る社員は一人もいませんが、逆の立場だったら絶対に社長よりも早く出社しますよ。「あざといヤツだ」「点数稼ぎしやがって」と同僚からいわれたとしても全然気になりません。出世する、という目的を達成するためですから。仮に早朝出社を1年続けたとすれば、必ず評価されて給料も上がるし、まわりの社員も何もいわなくなります。だって、1年間、誰よりも早く出社するなんて、そう簡単にマネのできることではないですからね。それを見事にやり遂げている人間に対して、上司も同僚も誰もが評価し、一目置くようになるのは当然のことです。


ケリー・マクゴニガル

成功した人は、「常に落ち着いていて、とても自信があって、不安は一切持っていない」と思われがちです。しかし、実際にはそうではない。ストレスを抱え、つらい経験もしている。そこから力を得て成功している人こそ、理想的な成功の体現者ではないかと思います。


見城徹

政治家、スポーツマン、芸能人、どの業種でも、その世界の3人の大物と3人の輝く新人を押さえろ。信用されろ。関係を築け。3人ずつ押さえたら、無理に人脈をつくらなくても、その中間の必要な関わりは自然と広がりますから。


本庄八郎

自分が元気なうちに後継者を育てて、社長を譲らなければいけない。


押切蓮介

僕自身はノスタルジックなものを描こうという意識はとくにないんです。でも、例えば小学生の頃の土曜日の放課後とか自転車に乗って遠くまで来たときとか、知らない町を歩いているときとか、なんとなくワクワクするような感覚ってあるじゃないですか。うまく言葉にするのは難しいんですけどそういう感覚が大好きで、それをマンガに生かしたいということはずっと考えてきました。そうやって自分の好きなことを描くことで読者の皆さんに何か伝わるものがあればいいなと思います。


宋文洲

生活に必要なお金があればいい、あとの時間は自分のために使う、といった自立した価値観を持たないと、やがてお金の差に敏感になってしまう。差が気になり始めると、たとえ豊かに生きていける環境にあっても不幸になる。


鈴木与平(8代目)

鈴与グループの一つひとつの事業会社を見ると、全国や世界に通用する特別なノウハウがあるわけでもありませんし、そう大したことはない。ただ、ローカルでは圧倒的に負けないという部分が今のうちの強みだと思うんです。


宗次徳二

経営者は才能がなければ、努力することで成功できる。