名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村剛也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村剛也のプロフィール

中村剛也、なかむら・たけや。日本のプロ野球選手(内野手)。大阪府出身。大阪桐蔭高等学校卒業後、ドラフト2巡目で西武ライオンズに入団。本塁打王6回、打点王3回などのタイトルを獲得。

中村剛也の名言 一覧

練習に関しては、しっかり考えながら取り組んでいます。昔は量をこなしてましたけど、シーズンに入れば、やり過ぎると疲れを残す。だから、考えながら練習することを意識しています。


バッティングは1日1日変わるのが当たり前。コンディションも違う。だから、毎回いい時のバッティングを追い求めても難しい。その日の調子に合わせればいいんです。


僕は4番という打順で打たせてもらってるので、チームの勝ちにつながるようなバッティングをしたい。昨年は、最下位に沈んだ時期もありましたから、とにかくチーム状態を良くしようと必死でした。


素振りは、自分のフォームを確かめるだけではなくて、相手投手がボールを投げているイメージをして振ってます。実際に投げてもらうわけじゃないので、どんなピッチャーでもイメージできる。右投げ、左投げどちらもOK。ボールも変化球、まっすぐとかね。その球を全部ホームランにするつもりでバットを振っています。


試合で調子が出ない時もあります。その時の僕の対処法は、気にしないこと(笑)。調子が悪い時期に細かいことを意識しすぎると、変な知識が頭に入るんです。それを実践しようとすると、余計なところに力が入るし、普段しないようなことをして、打撃フォームが余計におかしくなる。


打てない時は単純に「体調が悪い」と割り切るようにしてます。考えすぎてもドツボにハマるだけ。今日は体調が悪いんだなと思えばいい。昔はメチャメチャ悩みましたよ。打てなくなると、好調時の映像をたくさん見ましたし。バットの位置とか、タイミングの取り方とかいろいろ試しましたけど、結局うまくいきませんでした。


ホームランバッターは全力でスイングしていると思われがちですが、僕は打席でフルスイングしません。7~8割の力で打つことを心がけています。じつは、目一杯の力で振っても飛距離は変わらない。それどころか力一杯だと身体にブレが生じて、バランスを崩してしまう。だから、軽く振ったほうがしっかりと打て、バットの操作もしやすくなるんです。3~4年前までは、気づかずにフルスイングしていました。でも、ある試合で当てにいった軽いスイングをした時、それがホームランになった。そこで、「力」よりも、うまく「ミート」することが大事だと気づいたんです。それからは、もうフルスイングしていません。


中村剛也の経歴・略歴

中村剛也、なかむら・たけや。日本のプロ野球選手(内野手)。大阪府出身。大阪桐蔭高等学校卒業後、ドラフト2巡目で西武ライオンズに入団。本塁打王6回、打点王3回などのタイトルを獲得。

他の記事も読んでみる

鈴木謙介

学生の多くは安定的に長く働ける企業に勤めたいと望んでいます。それにも関わらず離職するのは、働き方に多様性がないからではないでしょうか。たとえば多様なスキルが求められるフルタイム職だけでなく、一定の事務仕事を限定的にこなす非スキル職や地元採用で転勤のない地域限定職などです。長期雇用を前提として、これらの職種とフルタイム職の流動性を高める。働き方のバリエーションが増えれば、辞めずに済む社員は多いはずです。


益本康男

技術革新は新たな付加価値をつける点では大事ですが、競争相手を間違っているのではないでしょうか。技術者は機械が売れなくなるから付加価値をつけると言いながら、自分の過去と競争して「勝った、負けた」と騒いでいる。それが成功体験の恐ろしさです。ビジネスの勝敗は、「ライバル企業」と、「使う人」で決まるものです。私は、この二つを見てどうすべきかをいつも考えろと言っています。


植西聰

人から何かをもらう「テイク」ばかりを考えると、得られないときに不満がつのる。相手に何かをしてあげる「ギブ」を基準に行動すれば、自然と心がうるおい、折れない心が育つ。


石田淳(コンサルタント)

失敗する人に共通しているのは、最初から高いゴールを設定すること。いきなりフルマラソン完走を目標にされても、そこに至るまでのステップが示されなければ、モチベーションは上がらないし、継続できなくても無理はない。


立川理道

試合には15人しか出られませんが、スピアーズには選手が50人ほどいます。出場できない選手の辛さは分かりますから、出られない選手の存在意義を見いだしてあげれば、その選手もチームのために頑張れると思うので、いつも出場する選手よりも、そうした縁の下の力持ち的な存在の人に気を配っています。その方がチームとしても機能すると思いますね。


戸塚隆将

評価項目が明確なら、その評価が成果につながっているかどうかのチェックも容易です。たとえば中間指標として顧客訪問回数を設定しているものの、訪問回数の多さが成果に結びついていないとわかれば、中間指標を見直すことができます。


小山昇

部下とコミュニケーションして情報を取ってくることが幹部社員の重要な仕事のひとつ。


江見朗

世界一を目指すのは当たり前、世の中の役に立ててこそ自分たちの存在価値がある。


リンダ・グラットン

私は社会学、心理学、人類学、経済学など幅広いジャンルの本を1年間におよそ100冊読んでいます。本選びの基本は、「書評を読んで興味の湧く本」「本に出ている面白そうな参考文献」「世界中の友人から聞いて興味を持った本」の3つです。関心を持っている著者の本はすべて読むようにしています。


川崎秀一

商談では商品アピールをうまく話すことよりも、いかにお客様の気持ちや考えを聞き出すかが重要です。


草場滋

「普通」とは何なのかを知ることが、企画や提案をする時に役立つ。マクドナルドがテスト販売を静岡で行うのもその一例。都会と田舎の中間で所得も中位の静岡を「売れる」基準にしているのです。


秋山利輝

ものづくりは、お客さんの思っている以上のことをしてびっくりさせ、喜ばせてなんぼの商売です。