中村剛也の名言

中村剛也のプロフィール

中村剛也、なかむら・たけや。日本のプロ野球選手(内野手)。大阪府出身。大阪桐蔭高等学校卒業後、ドラフト2巡目で西武ライオンズに入団。本塁打王6回、打点王3回などのタイトルを獲得。

中村剛也の名言 一覧

練習に関しては、しっかり考えながら取り組んでいます。昔は量をこなしてましたけど、シーズンに入れば、やり過ぎると疲れを残す。だから、考えながら練習することを意識しています。


バッティングは1日1日変わるのが当たり前。コンディションも違う。だから、毎回いい時のバッティングを追い求めても難しい。その日の調子に合わせればいいんです。


僕は4番という打順で打たせてもらってるので、チームの勝ちにつながるようなバッティングをしたい。昨年は、最下位に沈んだ時期もありましたから、とにかくチーム状態を良くしようと必死でした。


素振りは、自分のフォームを確かめるだけではなくて、相手投手がボールを投げているイメージをして振ってます。実際に投げてもらうわけじゃないので、どんなピッチャーでもイメージできる。右投げ、左投げどちらもOK。ボールも変化球、まっすぐとかね。その球を全部ホームランにするつもりでバットを振っています。


試合で調子が出ない時もあります。その時の僕の対処法は、気にしないこと(笑)。調子が悪い時期に細かいことを意識しすぎると、変な知識が頭に入るんです。それを実践しようとすると、余計なところに力が入るし、普段しないようなことをして、打撃フォームが余計におかしくなる。


打てない時は単純に「体調が悪い」と割り切るようにしてます。考えすぎてもドツボにハマるだけ。今日は体調が悪いんだなと思えばいい。昔はメチャメチャ悩みましたよ。打てなくなると、好調時の映像をたくさん見ましたし。バットの位置とか、タイミングの取り方とかいろいろ試しましたけど、結局うまくいきませんでした。


ホームランバッターは全力でスイングしていると思われがちですが、僕は打席でフルスイングしません。7~8割の力で打つことを心がけています。じつは、目一杯の力で振っても飛距離は変わらない。それどころか力一杯だと身体にブレが生じて、バランスを崩してしまう。だから、軽く振ったほうがしっかりと打て、バットの操作もしやすくなるんです。3~4年前までは、気づかずにフルスイングしていました。でも、ある試合で当てにいった軽いスイングをした時、それがホームランになった。そこで、「力」よりも、うまく「ミート」することが大事だと気づいたんです。それからは、もうフルスイングしていません。


中村剛也の経歴・略歴

中村剛也、なかむら・たけや。日本のプロ野球選手(内野手)。大阪府出身。大阪桐蔭高等学校卒業後、ドラフト2巡目で西武ライオンズに入団。本塁打王6回、打点王3回などのタイトルを獲得。

他の記事も読んでみる

諸富祥彦

なぜ叱られているのかをきちんと説明しないと、子供にはわかりません、わからないから子供なのです。そして、「してはいけない理由」「しなければいけない理由」を粘り強く教えるのが躾であり教育なのです。


河野英太郎

部下であれ、顧客・上司であれ、自分の考えや思いを伝えたくて話をしています。これから話の核心というところで、話をかぶせられたり、遮られたりすると、非常に腹立たしくなります。そうなると、うまくいく話や商談も、感情のもつれによって、誤解を呼んだりご破算になったりすることが少なくありません。


矢部浩之

芸人は、絶対に家族へ迷惑をかける仕事です。矢部家はもちろんですけど、彼女にも。そこを含めて笑ってもらえたらいいですけどね。


菊間ひろみ

英字新聞でもウェブサイトでも、英語ができればインターネットを通じて、世界中の情報が手に入る時代です。あなたが興味を持って毎日読めるジャンルを見つけ出し、ひたすら読みましょう。このとき、「音読」もセットで行なうとより効果的です。


横田尚哉

新人や初心者に指示する場合は、明示的な指示が適しています。明示的な指示とは、具体的な手法を事細かに提示するやり方です。たとえば、翌日の会議の資料の作成を指示する場合、「ひとつの項目はこのデータを使って、このようなグラフにまとめてください。ふたつ目の項目は……」というように、資料作成にあたって必要な情報をすべて伝えるのです。このように指示すれば、相手は言われたとおりにやるだけでいいので、作業がスムーズに進みます。


塚越寛

お客様は会社を好きになれば、値段が高い、安いに関係なく、その会社の製品を買うようになる。だから会社のファンを増やそう。


地井武男

高校のころには「俳優になろう」と決めていましたね。もっともそのころからスターというのは僕がなっちゃいけないとわかってました。この程度の顔、この程度の身体ではとてもなれないと。ただ、スターは無理でも、味のある脇役ならなれると思ってたんです。


矢野香

会話で大切なのは自分の発言のあとに「間」を空けること。大手企業の経営者も、コミュニケーション上手な方は、じっくりと間を取る方が多いと感じます。


堀場雅夫

組織を変え、マンネリが出てきたらまた変える。縦割りから横割りへ、横から縦へという具合に繰り返せば、職場が沈滞するようなことはない。


宇治則孝

私は常に本流というより新たに展開する部署で仕事をしてきましたし、それをとてもありがたく思っています。


川上徹也(パナソニック)

CFO(最高財務責任者)として冷静に数字を見るのはもちろん大事ですが、数字の背後で必死に働いている人たちの気持ちを決して忘れてはなりません。


杉山金太郎

昭和二年の金融恐慌のため、鈴木商店(戦前の財閥のひとつで豊年製油の親会社)は一敗地にまみれ整理を余儀なくされた。その結果、豊年製油の株式はすっかり台湾銀行の所有に帰してしまった。「杉山君、ぜひ適当な資本家を探して、これ(豊年製油株)を引き受けてくれるよう交渉してくれないか」と台湾銀行から再三頼まれた。日本の主な財閥にこの事業を引き受けてもらえないだろうかと依頼して回ったが、いずれも断られた。いよいよこれは自分自身の手で、全責任を負って立つより方法がないと思い、杉山個人が譲り受けることになった。


松野晴夫

当社はテスターメーカーという位置づけですが、装置を売るだけでなくテスト技術を通して社会に貢献することが使命と考えています。


鎌田恭幸

日本は、子供がお金や経済について触れる機会、勉強する機会などをもっと増やすべきだ。お金って何なのか。より会社の経営者はどんな発想をするのか。企業との接点を増やすのはよいことだ。当社の説明会には、高校生や子ども連れの親もやってくる。小さいけれども、こんな企業も日本には存在していることを知ってほしい。


金川千尋

仕事に誇りを持ち、将来に夢を抱いて生きてほしい。若い人が積極的に仕事に取り組むことが会社の成長にもつながる。


ページの先頭へ