中村利江の名言

中村利江のプロフィール

中村利江、なかむら・りえ。日本の経営者。宅配ポータルサイト「出前館」などを運営する「夢の街創造委員会株式会社」社長・会長。富山県出身。関西大学文学部卒業後、リクルート、ハークスレイに勤務。その後、キトプランニング設立などを経て夢の街創造委員会社長に就任。

中村利江の名言 一覧

失敗し、苦労を重ねても、それを乗り越えたら、ひと回り大きな人間に成長できる。


中村利江の経歴・略歴

中村利江、なかむら・りえ。日本の経営者。宅配ポータルサイト「出前館」などを運営する「夢の街創造委員会株式会社」社長・会長。富山県出身。関西大学文学部卒業後、リクルート、ハークスレイに勤務。その後、キトプランニング設立などを経て夢の街創造委員会社長に就任。

他の記事も読んでみる


熊倉貞武

自分では後継者の育成を実践したことはありません。社長の座を譲るとなったときに、一番旬の人を選べばいい。


小田豊(経営者)

私は、「食」とは一過性の流行ではないとの信念を持っています。例えばマルセイバターサンドは、発売から36年が経ちました。「大平原」という商品名のマドレーヌは50年、モナカの「ひとつ鍋」は61年です。製品を発売してからも製法や材料の分量を変えるなどの改良を加えて、時間の経過とともに完成度を高めています。


岡本太郎

僕はいつでも最低の悪条件に自分を突き落とす。そうすると逆にモリモリッと奮い立つ。自分が精神的にマイナスの面をしょい込むときこそ、自他に挑むんだ。駄目だ、と思ったら、じゃあやってやろう、というのが僕の主義。最大の敵は自分なんだ。


樋口泰行

会社というものは財務的にどれだけ余力があるかによって、そのあとどれくらいの期間続いていくかが決まります。ただ、悪い情報がトップに上がらない文化、正しいことを言いたくても口に出して言えない文化のもとでは、遅かれ早かれ確実に悪化していきます。取引先を見ていても、ミーティングに覇気がない、意思決定者が誰か分からないような会社は、やはりダメになっています。


和地孝

「人に優しく、仕事に厳しく」が私の方針です。


武田双雲

人を好きになる力。これは誰より強いと思う。とにかく人を喜ばせたい。


松本晃(経営者)

働き方の改革は上からだ。


ページの先頭へ