名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村克己(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村克己(経営者)のプロフィール

中村克己、なかむら・かつみ。日本の経営者。「カルソニックカンセイ」会長。東京大学工学系大学院航空学科修士課程修了。日産自動車に入社。企画室主管、商品企画商品戦略室主管、常務プログラムダイレクター、東風汽車(中国)総裁、ルノー執行副社長、カルソニックカンセイ会長などを務めた。

中村克己(経営者)の名言 一覧

企業にとっては、仕事を通じてしか、人は育てられない。そして製造業には大小様々な工場・現場がある。マネジメントを訓練する場がたくさんあるということ。


私はエンジニアたちに言うんです。「会社の経営の90%は論理的で分析的な仕事の進め方。君たちは経営者になる上で有意義な経験をしているんだよ」と。残り10%は人を動かす力量です。


会社は人で動くもの。人の行動は簡単には変えられません。正しいやり方をするようにいかに導くか。柔軟で臨機応変な対応を取る必要があります。自分が思っていることをちゃんと分かってもらうことが基本です。とにかくきちっと説明する。そのうち、全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。その2~3割のキーパーソンを見つけることが大事なのです。


これからの日本の製造業を考えたとき、いまの若い技術者が「経営者」としての経験や訓練を積んでいってほしいと思っています。技術の専門家として生きる道があってももちろんいい。その一方で、「経営をする」という意識付けを技術者にもっと早くからしてもいいのではないかと思うのです。


日産自動車で車体の設計をやってきた技術者だった私は経営企画部門に異動となり、初めて経営という視点で会社を見ることになりました。当時の日産は多額の借金を抱え、大変厳しい時代だった。それまでは技術者として自分の担当する分野だけの「最適解」だけに目を向けていましたが、経営の視点が入ることで、「全体最適」を考えるようになった。そして、その答えの出し方そのものが、実はこれまで技術者としてやってきたことと変わらないと思うようになった。


会社の性能を測る尺度が利益といえます。なぜ、利益が出ないのか。どこの部門に問題があるのか。細かく分析していくと、例えば、ある部門の固定費が高いことが分かってくる。では、その理由は何なのか。手戻りが多く無駄が多いのか、そもそもやれる力量がないのか。そうやって問題の根本的な原因を探り、打つべき手を考える。こうしたやり方は、技術者が論理的に分析した結果をベースに議論するやり方そのものです。


会社経営はクルマづくりと似ている。技術者がいいクルマをつくろうとすれば、いいエンジンやタイヤなど部品を集めますね。もちろん、集めただけでは駄目。思うような性能が出ないとき、どの部品にどんな問題があるのかを徹底的に調べ、解決策を見つけます。経営だって同じなんです。会社が赤字に陥った。品質問題が発生した。顧客先でトラブルが絶えない。こうした問題も、会社全体をクルマという「製品」として捉えれば、各事業部門を「部品」とみなして考えることができます。つまり、ある部門が規定の性能を発揮していないから、問題が出てくる、と。


中村克己(経営者)の経歴・略歴

中村克己、なかむら・かつみ。日本の経営者。「カルソニックカンセイ」会長。東京大学工学系大学院航空学科修士課程修了。日産自動車に入社。企画室主管、商品企画商品戦略室主管、常務プログラムダイレクター、東風汽車(中国)総裁、ルノー執行副社長、カルソニックカンセイ会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

坂尾晃司

大事なのは、「指導」と「育成」を分けて考えること。指導とは各業務の手順を説明したり間違いを修正したりすることで、育成とは本人の長所短所の分析や助言といった、長いスパンの対応です。部下の熟達度とチームの状況とを考えつつ、両者を使い分ける必要があります。


井岡一翔

怖さや不安を解消するために、対戦に向けて練習をやりこむ。そうやって不安がなくなるまで練習をしますから、試合当日は「絶対に負けるわけがない」っていうくらいの自信になっている。


把瑠都(カイド・ホーヴェルソン)

日本に来た当時、考えていたのは、とにかく稽古に打ち込んで早く強くなることでした。最初は学生相撲の人にも負けていたんですよ。そんな自分が許せなかった。だから、寝る直前まで練習していましたね。


西多昌規

人によってですが、6~7時間が妥当でしょう。8時間は寝たいという人もいるでしょうが、睡眠は少し足りないぐらいがちょうどいい。パーフェクトに取ると、逆に寝つきが遅くなってしまいます。


森辺一樹

日本企業もかつてはリスクを取っていたはずである。戦後、リスクを取り続けた結果が今の豊な日本を創ったのだから。


江上治

とてつもなく稼ぐ人とは、ミスのない完璧な人間ではない。前向きに物事をとらえ、間違ったらすぐに謝り、反省し次の行動を変える。それを繰り返しているだけなのだ。


藤井孝一

本の内容を要約しただけでは、魅力的なアウトプットとは言えません。それはあくまで著者の考えであって、自分の考えではないからです。大切なのは、「その本をどう読んだのか」「なぜ、感銘を受けたのか」を自分の言葉に置き換えて発信することなのです。たとえば、本の内容を自分なりのひと言でまとめてみたり、自分で見出しやキーフレーズを作ってみる。理解した内容を再構成し、アウトプットするからこそ、知識が血肉になるのです。このように、本に対する独自の見方を加えて発信するには、自身の経験や思想を深掘りしながら読み進める必要もあります。骨の折れる作業ですが、それによって自分に対する理解も深まります。自ずと、得た知識をどう活かすかを意識して本を読むようになるはずです。


柳弘之

現場に対していいモノを作れというプレッシャーはかけています。しかし私自身、モノ作りの出身ですから、現場の大変さも十分理解しているつもりです。あまりコストのことをうるさく言って、現場の苦労を思いやる風土が失われてしまうと、いいモノを作ろうという気概までなくなってしまうおそれがあると思います。


赤塚保正

BSEを乗り切れたのは、「ピンチをチャンスに」を合言葉にこの危機をいかに好機と捉えるかを考えたからです。そして牛肉依存から脱却すべく、お総菜事業にシフトしました。


村上太一

「アイデア」と「徹底」という言葉は、ビジネスの現場ではどこか相反する響きがあります。あるいは「挑戦」と「継続」といった2つの言葉でもいいでしょう。こうした相反する要素を両方持っている人、さらには相矛盾する要素を同時に自分の中に取り込んでいける人が、「あたりまえ(いまはそうでなくても将来あたりまえになる商品・サービス)」をつくり出していく。


岡田圭右

お笑い界における僕のポジションは会社でいえば、万年係長でしょうね。たまたま最初の頃の出世は早かったけれども、そこからはなかなか上に行けず、長年にわたって、上下にはさまれ続けている。肝心なことは相談されないけれども、その場を明るくすることはできる、いじられ係長。


小野田寛郎(小野田少尉)

(ブラジルに移住して)最初はイライラすることもありました。たとえば、こちらの人は時間を守らない。だから、二段構えで予定を立てるようにしていったんです。もし来なかったら何をすると予定を立てておけば、すっぽかされてもやることがあるから気にしないで待っていられる。町に行っても、相手が現れなかったら別のやることをやって戻ってくる。いつも副目的を持っていれば、相手に振り回されずに済むんです。