名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村克己(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村克己(経営者)のプロフィール

中村克己、なかむら・かつみ。日本の経営者。「カルソニックカンセイ」会長。東京大学工学系大学院航空学科修士課程修了。日産自動車に入社。企画室主管、商品企画商品戦略室主管、常務プログラムダイレクター、東風汽車(中国)総裁、ルノー執行副社長、カルソニックカンセイ会長などを務めた。

中村克己(経営者)の名言 一覧

企業にとっては、仕事を通じてしか、人は育てられない。そして製造業には大小様々な工場・現場がある。マネジメントを訓練する場がたくさんあるということ。


私はエンジニアたちに言うんです。「会社の経営の90%は論理的で分析的な仕事の進め方。君たちは経営者になる上で有意義な経験をしているんだよ」と。残り10%は人を動かす力量です。


会社は人で動くもの。人の行動は簡単には変えられません。正しいやり方をするようにいかに導くか。柔軟で臨機応変な対応を取る必要があります。自分が思っていることをちゃんと分かってもらうことが基本です。とにかくきちっと説明する。そのうち、全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。その2~3割のキーパーソンを見つけることが大事なのです。


これからの日本の製造業を考えたとき、いまの若い技術者が「経営者」としての経験や訓練を積んでいってほしいと思っています。技術の専門家として生きる道があってももちろんいい。その一方で、「経営をする」という意識付けを技術者にもっと早くからしてもいいのではないかと思うのです。


日産自動車で車体の設計をやってきた技術者だった私は経営企画部門に異動となり、初めて経営という視点で会社を見ることになりました。当時の日産は多額の借金を抱え、大変厳しい時代だった。それまでは技術者として自分の担当する分野だけの「最適解」だけに目を向けていましたが、経営の視点が入ることで、「全体最適」を考えるようになった。そして、その答えの出し方そのものが、実はこれまで技術者としてやってきたことと変わらないと思うようになった。


会社の性能を測る尺度が利益といえます。なぜ、利益が出ないのか。どこの部門に問題があるのか。細かく分析していくと、例えば、ある部門の固定費が高いことが分かってくる。では、その理由は何なのか。手戻りが多く無駄が多いのか、そもそもやれる力量がないのか。そうやって問題の根本的な原因を探り、打つべき手を考える。こうしたやり方は、技術者が論理的に分析した結果をベースに議論するやり方そのものです。


会社経営はクルマづくりと似ている。技術者がいいクルマをつくろうとすれば、いいエンジンやタイヤなど部品を集めますね。もちろん、集めただけでは駄目。思うような性能が出ないとき、どの部品にどんな問題があるのかを徹底的に調べ、解決策を見つけます。経営だって同じなんです。会社が赤字に陥った。品質問題が発生した。顧客先でトラブルが絶えない。こうした問題も、会社全体をクルマという「製品」として捉えれば、各事業部門を「部品」とみなして考えることができます。つまり、ある部門が規定の性能を発揮していないから、問題が出てくる、と。


中村克己(経営者)の経歴・略歴

中村克己、なかむら・かつみ。日本の経営者。「カルソニックカンセイ」会長。東京大学工学系大学院航空学科修士課程修了。日産自動車に入社。企画室主管、商品企画商品戦略室主管、常務プログラムダイレクター、東風汽車(中国)総裁、ルノー執行副社長、カルソニックカンセイ会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

谷田千里

社員からも年賀状をもらいます。社長だから出すという部分もあるかもしれませんが、わざわざそういうところに気を配ることに、私は意味があると思います。事実、年賀状を出してくれる社員の顔ぶれを見ると、仕事をきちんとこなしている人が多い。


宮本彰

他社が得意なことをキングジムがやる必然性はない。むなしいですから、そういうことはやりません。


井上英明

僕には社長として考えるべき施策が五つほどあって、大きく分けると「スピリット」「パートナー・ショップ」「カスタマー」「ファイナンス」です。


林野宏

私が幼い頃から夢中になったものと言えば、賭け事や落語です。メンコやビー玉などを賭けて勝負をすれば、勝つためにはどうすればいいのだろうと考えます。ほかの人と同じことをしていては勝てませんから、知恵を絞って考える。そうして夢中になって遊ぶ中で、運とツキを引き寄せる法則を学びました。これは今、変革が求められている経営環境に立ち向かい、生き残っていくための知恵にも通じています。


高山幸治(髙山幸治)

お客様と顧客は大きく違います。顧客とは「顧みるお客様」です。その顧客に不安と悲しさをもたらすような会社なら閉めた方がいいと思っています。


小山田浩定

私どもは、医師が「何のために開業するか」を徹底的に聞きます。相手を知らずに支援するのは非常に無責任です。


堀江貴文

東大に合格したという実績は、ベンチャーを起業するうえでも大いに役に立ちました。僕は在学中に起業しましたが、東大生であるというだけで、少なくともいかがわしい人間ではないと認識してもらうことはできました。これは得でした。もしも、僕が名もない大学の卒業生だったら、起業するのは難しかったでしょう。もっと言ってしまえば、人間の能力は平準化すれば、学力とほぼ比例します。つまり、学歴が低い人がベンチャーを起業しても、失敗するケースが多いと思います。


青木高夫

日本人は、「ルールはお上がつくるもの。自分たちは粛々と従えばいい」と思っている。ルールを変更することは、フェアではないとすら感じているのではないだろうか。しかし、それでは「ルールは随時変えるもの」というスタンスの欧米人には太刀打ちできない。


植村直己

必ず壁はあるんです。それを乗り越えたとき、パッとまた新しい世界がある。だから厳しく自分を鞭打ってやってきたときは、振り返ってみたとき実にさわやかです


岩田聡

お客様に、いまだかつてない驚きや喜びを感じていただけるかどうかがすべて。未知の魅力を出さなければ受け入れてもらえない。


張富士夫

私も若いころは先輩から大いにしごかれました。中でも現場の神様と言われた大野耐一さんには、よく叱られました。あるとき「お前は駄目だ。己のために部下を育てている」と指摘され、ハッとしました。自分ではなく、会社のために部下を育てろ。つまり、私利私欲を捨てろという教えです。


石川康晴

起業間もない頃はとにかく必死で、生きるか死ぬかの瀬戸際という気持ちでした。執念ですよね。