中村克己(経営者)の名言

中村克己(経営者)のプロフィール

中村克己、なかむら・かつみ。日本の経営者。「カルソニックカンセイ」会長。東京大学工学系大学院航空学科修士課程修了。日産自動車に入社。企画室主管、商品企画商品戦略室主管、常務プログラムダイレクター、東風汽車(中国)総裁、ルノー執行副社長、カルソニックカンセイ会長などを務めた。

中村克己(経営者)の名言 一覧

企業にとっては、仕事を通じてしか、人は育てられない。そして製造業には大小様々な工場・現場がある。マネジメントを訓練する場がたくさんあるということ。


私はエンジニアたちに言うんです。「会社の経営の90%は論理的で分析的な仕事の進め方。君たちは経営者になる上で有意義な経験をしているんだよ」と。残り10%は人を動かす力量です。


会社は人で動くもの。人の行動は簡単には変えられません。正しいやり方をするようにいかに導くか。柔軟で臨機応変な対応を取る必要があります。自分が思っていることをちゃんと分かってもらうことが基本です。とにかくきちっと説明する。そのうち、全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。その2~3割のキーパーソンを見つけることが大事なのです。


これからの日本の製造業を考えたとき、いまの若い技術者が「経営者」としての経験や訓練を積んでいってほしいと思っています。技術の専門家として生きる道があってももちろんいい。その一方で、「経営をする」という意識付けを技術者にもっと早くからしてもいいのではないかと思うのです。


日産自動車で車体の設計をやってきた技術者だった私は経営企画部門に異動となり、初めて経営という視点で会社を見ることになりました。当時の日産は多額の借金を抱え、大変厳しい時代だった。それまでは技術者として自分の担当する分野だけの「最適解」だけに目を向けていましたが、経営の視点が入ることで、「全体最適」を考えるようになった。そして、その答えの出し方そのものが、実はこれまで技術者としてやってきたことと変わらないと思うようになった。


会社の性能を測る尺度が利益といえます。なぜ、利益が出ないのか。どこの部門に問題があるのか。細かく分析していくと、例えば、ある部門の固定費が高いことが分かってくる。では、その理由は何なのか。手戻りが多く無駄が多いのか、そもそもやれる力量がないのか。そうやって問題の根本的な原因を探り、打つべき手を考える。こうしたやり方は、技術者が論理的に分析した結果をベースに議論するやり方そのものです。


会社経営はクルマづくりと似ている。技術者がいいクルマをつくろうとすれば、いいエンジンやタイヤなど部品を集めますね。もちろん、集めただけでは駄目。思うような性能が出ないとき、どの部品にどんな問題があるのかを徹底的に調べ、解決策を見つけます。経営だって同じなんです。会社が赤字に陥った。品質問題が発生した。顧客先でトラブルが絶えない。こうした問題も、会社全体をクルマという「製品」として捉えれば、各事業部門を「部品」とみなして考えることができます。つまり、ある部門が規定の性能を発揮していないから、問題が出てくる、と。


中村克己(経営者)の経歴・略歴

中村克己、なかむら・かつみ。日本の経営者。「カルソニックカンセイ」会長。東京大学工学系大学院航空学科修士課程修了。日産自動車に入社。企画室主管、商品企画商品戦略室主管、常務プログラムダイレクター、東風汽車(中国)総裁、ルノー執行副社長、カルソニックカンセイ会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

吉田松陰

人には賢い人、愚かな人がいるとはいえ、それぞれひとつやふたつの才能がない人はいない。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

家計に余裕がないと、目の前のハードルを越えることに気をとられ、先を見通せず、それが不安につながる。多く貯めたいから無駄な支出は削ろう、ここは使いたいからもっと収入を増やそうなど、目標値を高くすることでエネルギーが生まれる。


今井賢一

日本では米国のベンチャーキャピタルを金融機関の範疇に入れていますが、そもそもそこからして違うのです。ベンチャーキャピタルが創業まもない小さな企業にリスクマネーを供給して、その企業が成功したら大きなリターンを得るというのは、ベンチャーキャピタルのほんの一面にすぎません。彼らは20年以上も新しい企業に融資だけでなく人的、技術的な支援を続けてきました。


浅野いにお

いかにキャラにキャラをつけさせないか。たとえばキャラクターの名前ですら本当は決めたくない。


渡辺由美子

最初は、どこかでお手伝いをと思って相手を探したのですが、子供の貧困問題に取り組む団体はほとんどなかったのです。でも問題意識は強かったので、自分で始めてみようと。


内永ゆか子

論理力を鍛えるには、普段から「なぜ?」と考える必要があります。自分自身が物事を本質的に理解できていなければ、相手に論理的に説明できませんし、メッセージも届かないからです。結論や目標を明確にしたうえで、そこまでの「なぜ?」がきれいにつながると、相手の高い理解が得られます。


清水勝彦

日本企業は反発や対立というものに慣れていないから、波風の立たないつまらないアイデア、他社もやっている無意味な戦略で終わっているのではないでしょうか。


寺脇康文

もともと僕は舞台の役者ですから、たぶん映像だけやっているとスカスカになるのかもしれません。映像の演技は自分の引き出しからすばやく出していく作業。限られた時間の中で、次々に引き出しから、あれをやろう、これがいいかなと持っているものを出すしかない。逆に、舞台は引き出しに詰め込んでいく作業です。毎日、稽古場でひとつの台詞をホントに何十回とくり返す。本番に入ってからもね。その積み重ねで、この台詞はこの言い方のほうがいいやとか、こういう意味も含まれてたのかなと気づいたり……。引き出しを増やしていける。この作業が自分の成長にもつながるんですね。


福嶋康博

私は、事業を起こす際は必ず「ナンバーワンになろう」と思い、行動していました。それによって「どうしたらナンバーワンになれるか」という事業企画を考えるからです。単に会社を経営するのと、ナンバーワンを目指すのとでは、結果が大きく異なります。


佐藤可士和

どんなに良い商品でも、知ってもらわなければ意味がない。


山田直美(社会起業家)

家賃はもちろん、フードや生活用品費、ワクチン接種や薬の費用、去勢手術費用……運営にはたくさんの資金が必要になります。寄付集めや街頭募金活動も必死ですよ。加えて、行政や信頼できる団体と連携しながら譲渡会や写真展などのイベントを開催したり、併設しているペットホテルとトリミングサロンの売り上げをシェルター運営に充てたりして、何とか費用を捻出しています。「かわいそう」「助けてあげたい」という感情だけでは、決して続きません。持続可能にするための仕組みをきちんと考えること、そして、何としてでもやり抜くという覚悟。それが重要だと思っています。


今村久美

私は部下に尊敬されていると思ったことはありません。私の経験からいえることは、特定の個人が尊敬を集める組織よりも、スタッフ全員が理念や活動を理解し、志を共有している組織の方が強いということです。


中原淳

企業研修はもっぱら、仕事の現場と切り離した施設などで行われています。しかし最も効果が高いのは、実際の仕事の現場で自分の仕事を振りかえる場や機会の存在だと私は考えます。仕事場と切り離しての研修は、社員の意識が「仕事は仕事、研修は研修」と分けられてしまいがちで、研修で得たスキルが実際の仕事に活かされにくくなってしまいます。


塚原哲(ファイナンシャルプランナー)

定年後の生活を支えるのは金融資産だけではありません。例えば健康。医療費がかからなければその分、蓄えたお金を別なことに使えます。住宅や自動車も適切なメンテナンスを怠らなければ修繕や買い替えまでの時期を延ばせます。定年後も働けば、働いた分だけ老後資金を補填できます。こういった人的資産や現物資産は、豊かなセカンドライフを考える上で欠かせない資産です。


安本隆晴

会社がどのような規模であってもその時点で組織図をきっちり作れば、どの機能がどの程度足りないかが分かります。


ページの先頭へ