名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

中村充孝(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村充孝(経営者)のプロフィール

中村充孝、なかむら・みつたか。日本の経営者。「JSOL」社長。京都府出身。京都大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTTデータ東海社長、NTTデータヨーロッパ社長、NTTデータEMEAチェアマン、JSOL社長などを務めた。

中村充孝(経営者)の名言 一覧

社員が前向きになり、社員にいい仕事をしてもらう環境を一生懸命作ることこそが、社長である自分の役割。


企業経営においては、自分が前面に出て自我を押し通すようなことをすると、ロクな結果にならない。


私自身は営業タイプではありませんし、お客様にアピールすることが上手なわけでもありません。だからこそ、社員にそれぞれ得意な分野で上手に仕事をしてもらうことが大切。


組織のトップの役割は方向づけを行い、組織に浸透させること。実行するのは社員です。そういう意味では、自我・自己と自らを主として考えると、結果はいいものにならない。


中村充孝(経営者)の経歴・略歴

中村充孝、なかむら・みつたか。日本の経営者。「JSOL」社長。京都府出身。京都大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTTデータ東海社長、NTTデータヨーロッパ社長、NTTデータEMEAチェアマン、JSOL社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

野田稔

日本の長時間労働は、日本人の気質によるところも大きいと思います。よく言われるのは、日本人は不安に弱いため、完璧主義の傾向が強いということ。ミスを恐れて完璧を目指そうとすることが、ムダな仕事を増やしているともいえます。


鈴木優輔

強固な信念を持っているなら、「諦める」という選択はあり得ない。信念の土台になるのは夢です。だから私は社員に夢を持つことの大切さを、繰り返し説いてきた。夢が「本気」なら、そこに信念が生まれます。そういう人間は絶対に諦めません。


大山健太郎

一般のメーカーは卸値を知っていても、店頭の小売り価格を知りません。自分たちが作っているものが、いくらで売れているかわからないのです。ところがうちの場合は、1万5千アイテムすべての小売りデータがあります。さすがに今日の明日は無理ですが、今週の来週というタイミングで、どの商品がいくらでどれだけ売れているかを把握できるのです。しかも、POSデータ出荷実績をもとに自社工場に発注するので、先週100個売れたら今週100つくる。先週10個しか売れなかったら今週は10個しか作らない。要するに、うちは売れるものしか作らないシステムになっているわけです。


柳沢幸雄

同じ会社の人間とは飲みに行かないこと。昼間も顔を会わせている人間と飲みに行っても、新しい価値は生まれない。「飲みながらじゃないと話せない」という人はリーダー失格。


江口和志

新卒・中途採用にかかわらず、縁あって「サムティ丸」に乗った仲間たちには、長く勤め続けてほしい。そのためには仕事だけでなく、家庭やプライベートを充実させる環境づくりが必要です。そこで当社では、基本的に毎日19時にはPCを自動シャットダウンし、早めの退社を促しています。それが牛澤件の向上を生み、社員にとっても会社にとっても良い結果につながっています。


工藤公康

じつはプロ生活29年目になったいまでも、試行錯誤の繰り返し。試合で打たれた後は、トイレに閉じこもって「今度打たれないためにはどうすればいいか」「次はこのトレーニングを試そうか」とずっと考えています。


ダン・ケネディー

ビジネスの世界でも、感じのいい人物とは言えないのに成功している経営者は珍しくない。他人を怒らせる覚悟がないと、そして実際に反発を買わないと、人を動かすことはできない。


小西利行

未来の自分を信頼しない。それが仕事の質を上げるメモの極意。アイデアを考えるとき、企画を練るときやプレゼンの準備、どんなメモでも自分の記憶を信じず、将来の自分の役に立つように意識するだけで、役立ち率が劇的にあがる。


伊井哲朗

ネットサーフィンをして共感できそうな人のサイトにコメントを書き込むことを習慣にしてきました。意気投合すれば、直接会います。その結果、今回の創業メンバーとも出会えたんです。金融系のベンチャーは初期投資が大きいので、1人では起業が難しかったでしょう。


角田秋生

今後は実績広報のようなことも含めて、公文の神髄を伝えていかなくてはと思っています。創業から半世紀以上が経ち、いま公文のOBやOGが第一線で活躍し始めています。「公文式で学んだことで、集中力が高まった」「作業を進める力が身についた」などとおっしゃる方が増えてきたのです。これは我が社の財産と考えています。


鈴木喬(経営者)

テレビからは毎月4000種類ものCMが流れてくるそうです。その中で自社商品が人々の記憶に残らなかったら、CMを流さなかったのと同じです。同時期にCMを出稿しているすべての商品が、競合相手だと思わないといけません。莫大なCM予算を持つ大手企業に対抗するためにも、エステーのような中堅企業は広告宣伝費を特定の商品に集中投下する必要があります。


相良暁(経営者)

グローバルレベルでの競争力向上のために人材の育成と活性化に取り組んでいます。人材としては、夢を持った人、構想力を持った人、そしてそれに向かって愚直なまでに努力を一歩一歩続けていける人が望ましいと考えています。