名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村充孝(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村充孝(経営者)のプロフィール

中村充孝、なかむら・みつたか。日本の経営者。「JSOL」社長。京都府出身。京都大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTTデータ東海社長、NTTデータヨーロッパ社長、NTTデータEMEAチェアマン、JSOL社長などを務めた。

中村充孝(経営者)の名言 一覧

社員が前向きになり、社員にいい仕事をしてもらう環境を一生懸命作ることこそが、社長である自分の役割。


企業経営においては、自分が前面に出て自我を押し通すようなことをすると、ロクな結果にならない。


私自身は営業タイプではありませんし、お客様にアピールすることが上手なわけでもありません。だからこそ、社員にそれぞれ得意な分野で上手に仕事をしてもらうことが大切。


組織のトップの役割は方向づけを行い、組織に浸透させること。実行するのは社員です。そういう意味では、自我・自己と自らを主として考えると、結果はいいものにならない。


中村充孝(経営者)の経歴・略歴

中村充孝、なかむら・みつたか。日本の経営者。「JSOL」社長。京都府出身。京都大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTTデータ東海社長、NTTデータヨーロッパ社長、NTTデータEMEAチェアマン、JSOL社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

武長太郎

お客様に笑ってもらって元気になってもらって感動して帰っていただく。これからはおもてなしに関わる様々な事業を視野に入れ、「日本一のおもてなし集団」を目指していきます。


渡辺秀明

防衛省・防衛装備庁で働いた38年間で最も力を入れたのは、防衛装備に応用可能な民生技術、デュアルユース技術の重要性について認識を広めることです。このライフワークも、誰に言われたわけでなく、私自身がやりがいを感じて取り組みました。米国は、民生技術を防衛装備品に応用することの重要性を早くから認識していたようですが日本はそうではなかった。しかしこの国は、材料技術など他国に比較して高い技術力を持つ民生分野を多く抱えている。デュアルユース技術を防衛装備に生かすのは適切な政策であり、加えて、日本企業のビジネス拡大につながります。


松井忠三

私たちは投資回収が非常に早い。日本は8~9ヶ月で全ての初期投資を回収する。中国では1年、ヨーロッパでも1年か1年半あれば回収できます。


浜田広

製品のイノベーションのために最適地生産の段階に入ると、グローバリゼーションがさらに複合的な意味を持つようになります。最も効率的な生産、最先端のテクノロジーの獲得、時代を先取りするニーズの把握など、さまざまな観点からグローバリゼーションを考えていく必要性が生まれます。最大の効率で、最強のモノができる仕組みをつくり上げていかなければ、グローバルな競争力を持てない時代に入っていうのです。


ロバート・キヨサキ

中流以下の人間はお金のために働く。金持ちは自分のためにお金を働かせる。


海老原嗣生

働き方改革について議論する際、欧米を理想とする人が多い。ただ、私は欧米の会社も数多く見てきましたが、実際には数々の問題があります。たとえば日本では人事部に配属され、給与を手がけることになったとしても、その後は労務や教育など、自然と仕事の幅が広がっていくものです。一方、欧米では企業主導の異動はないからポストは変わらず。だからこそ、自らポストを取りにいける人はいいけれど、そうでない人はずっと一労働者のまま。普通の人は年収も日本よりもかなり低い。それが、欧米の現実です。一方、日本では黙っていてもいろいろな仕事を与えてもらえますし、仕事は少しずつ難しくなり昇給もする。つまり、自然とキャリアアップしていける仕組みがある。それは日本企業の強みだと思います。


観世清和

古くから、「かわいい子には旅をさせよ」と言いますが、私もそう思います。国内でも海外でもいいから、若い人には自分の知らないところに足を運んで、沢山の経験を積んで欲しいと思います。目的は、観光でも買い物でも何でもよいのです。その時に現地の人とできるだけ話をして、自分が無知であることを知る。そして、日本に帰ってきたら勉強しようと思う。それだけでも非常に意味があると思いますね。


マイケル・ポーター

経営が高度化し洗練されていく中で、単純なことが見落とされています。おそらく、経営者の多くが従来型の経営の慣習にとらわれ、事業の根本的な目的や社会との結びつきといった観点を失いつつあるからでしょう。


西脇俊二

人間関係のストレスを減らすため大切なことは、他人に期待しないこと。


花村仁八郎

利害が絡む問題を解くときほど、自らを公平無私に保っておく必要がある。真実一路であると、自らの心に不安がない。そうなれば健康も維持できるというものである。


板尾創路

流れに身を任せて進みながらも、30代に入ったくらいから「自分がやらんでもええやろ」ということは自然に捨ててきた気がします。僕の個性は、余分なものを省いてできているんですね。


井上高志

心底「伝えたい」と思う内容を自分の中で明確化することが何より重要。思いが込められた話は、たとえ訥々(とつとつ)としていても相手の心に響くもの。