中村充孝(経営者)の名言

中村充孝(経営者)のプロフィール

中村充孝、なかむら・みつたか。日本の経営者。「JSOL」社長。京都府出身。京都大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTTデータ東海社長、NTTデータヨーロッパ社長、NTTデータEMEAチェアマン、JSOL社長などを務めた。

中村充孝(経営者)の名言 一覧

社員が前向きになり、社員にいい仕事をしてもらう環境を一生懸命作ることこそが、社長である自分の役割。


企業経営においては、自分が前面に出て自我を押し通すようなことをすると、ロクな結果にならない。


私自身は営業タイプではありませんし、お客様にアピールすることが上手なわけでもありません。だからこそ、社員にそれぞれ得意な分野で上手に仕事をしてもらうことが大切。


組織のトップの役割は方向づけを行い、組織に浸透させること。実行するのは社員です。そういう意味では、自我・自己と自らを主として考えると、結果はいいものにならない。


中村充孝(経営者)の経歴・略歴

中村充孝、なかむら・みつたか。日本の経営者。「JSOL」社長。京都府出身。京都大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTTデータ東海社長、NTTデータヨーロッパ社長、NTTデータEMEAチェアマン、JSOL社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

髙橋ツトム(高橋ツトム)

俺、絵を上手いと思ったことが1回もなくて、自分で。だから色々なこと(絵の手法)をやっちゃうのかもしれないですね。たぶん、ずっとこの旅は続くんだろうなと思っていますね。


ケン・テリオ

日本での業績は右肩上がりに伸びています。広告は一切していません。すべてクチコミです。高級品の商品を安く提供することで、楽しんでもらえる店舗にしています。そうすれば、お客様がお客様を呼んでくれるのです。


ランディ・ジョンソン

気が付いたらこうだったんだ。このフォームが一番自分に自然だし、フィットしている。


端羽英子

自分が持つ情報を価値だと認識し、コンサルタントという職業に就くとお金が発生する。でも、コンサルタントじゃない人の情報に価値がついてもいいと思うんですね。その価値を見出すのがビザスクなんです。


澤田秀雄

私は、世界が驚くようなものを作りたいのです。3~4割はまだ夢の段階ですが、実現の可能性は十分あります。私は事業家ですから、問題点があったり、失敗を経験したりしても、いずれは利益を出せる事業にする。それが、私の仕事なのです。決して夢だけでは終わらせません。


松尾豊

この7年ほどは基本的に国の研究費をもらわないというスタンスで取り組んできました。この理由は、日本の財政は徐々に厳しくなりますから、研究費はこの先削られる可能性が高いと考えました。もう一つは、年功序列があり、研究費がどのくらいもらえるかは年齢の関数になっています。そう考えると、私が進めているAIの世界で大きな研究費をもらえるようになるのは、私が50歳になってからになってしまいます。しかし、そこまで待っていたら、私はおそらく勝負できませんから、今の仕組みではないところで勝負しないといけない、と。


吉原義一

自分らしさを出すには、基本を忠実に行うことが条件。


米濱和英(米浜和英)

野菜の国産化を役員に提案したとき、出てきたのは懸念ばかりでした。野菜を国産に変えることに伴って増加するコストを試算すると、約10億円。当時の業績からすると、かなりの負担です。しかし、10億円分のコストを別に削減すればよいと、最後は独断で決めました。


辻野晃一郎

リーダーになる人はビジョンを持ち、ブレないことが大事です。いつもブレていたら人はついてきません。そして同時に臨機応変でなければいけません。ブレないということは、頑迷とは違うのです。


丸幸弘

新規事業を始めるのに社内の人材ではできないから外部から有能な人材を引っ張ってくればいいと考えるのは誤解です。20世紀的なリーダーの素質や経験はなくとも、知性や特徴を持った研究者たちがゴールを見定め、そこに向かうプロセスの中で関係性を強化し、感性を磨き、信頼し合い、それぞれがリーダーシップを発揮して、チームの集合知を使って新規事業を生み出していく。最も重要なのはこのプロセスです。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

商品デザインとは、商品と顧客の間をつなぐものです。つなぐべき商品はもうすでにあるので「僕がつなぎました」と大声で主張する必要はない。自分こそが何かをしなければダメであるという強迫観念は抜けばいいんですよ。


井川幸広

会社の成長に合わせて本来やりたいことに近づいていった。


梅原勝彦

ほぼ9割まで仕上げた半完成品を多種類用意しています。コレットチャック製造には約25もの工程がありますが、その最終工程のみ注文後に行なうわけです。だから最後の工程にきちんと時間をかけても圧倒的短納期で対応できる。他社が30分で仕上げるところをうちでは40~50分かけますよ。作るのが早いわけではなく、取りかかるのが早いわけです。だからお客様が飛び込みで来ても大丈夫だし、大手メーカーが嫌がる形状、太さなどの規格外品にも自在に素早く対応できます。


苦瓜達郎

常に半歩先を行こうとするとどんどん世界を狭めなくてはいけない。ミクロなところで、たとえば微妙な統計数字の上下とか、気にするようになるのは何か違うんじゃないか。それよりはちょっと、一歩引いて、人が何もしていないところで、何かしていたら、何かが起こった時必ず先にやったことになるから、という方向性ですね、ずつと。


スティーブ・ソレイシィ

これからの日本企業は、ドイツやスウェーデンの企業のように、上手にビジネスの場で母語に基づいた英語を話せるような社員を育てるべきだろう。多少なまりがあったり、言葉の選び方がネーティブと異なったりしても、説明能力が高く、相談や説得などが上手なコミュニケーション能力の高い日本人は多い。このような能力を発揮できる人材を育てることが、ネーティブのような英語を習得させることよりも重要ではないか。


ページの先頭へ