中村充孝(経営者)の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

中村充孝(経営者)のプロフィール

中村充孝、なかむら・みつたか。日本の経営者。「JSOL」社長。京都府出身。京都大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTTデータ東海社長、NTTデータヨーロッパ社長、NTTデータEMEAチェアマン、JSOL社長などを務めた。


中村充孝(経営者)の名言 一覧

1 / 11

社員が前向きになり、社員にいい仕事をしてもらう環境を一生懸命作ることこそが、社長である自分の役割。


企業経営においては、自分が前面に出て自我を押し通すようなことをすると、ロクな結果にならない。


私自身は営業タイプではありませんし、お客様にアピールすることが上手なわけでもありません。だからこそ、社員にそれぞれ得意な分野で上手に仕事をしてもらうことが大切。


組織のトップの役割は方向づけを行い、組織に浸透させること。実行するのは社員です。そういう意味では、自我・自己と自らを主として考えると、結果はいいものにならない。


中村充孝(経営者)の経歴・略歴

中村充孝、なかむら・みつたか。日本の経営者。「JSOL」社長。京都府出身。京都大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTTデータ東海社長、NTTデータヨーロッパ社長、NTTデータEMEAチェアマン、JSOL社長などを務めた。

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 11

ページの先頭へ