名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村健一郎(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村健一郎(経営者)のプロフィール

中村健一郎、なかむら・けんいちろう。日本の経営者。「シャノン」社長。奈良県出身。慶應義塾大学理工学部化学学科卒業。大学在学中、シャノンを設立。

中村健一郎(経営者)の名言 一覧

社会へ出る前に、自分の夢について良く考えてみてください。夢が自分の腹にストンと落ちると、自然と道が拓けてくる。少なくとも私はそうだと信じ、これまで進んできました。


社員たちと夢を共有し、ひたすら走ってきました。人生を共にできる仲間と出会う事が出来るのも、自分自身の夢に共感してもらったからだと思う。


はじめから、起業が成功することに自信があったわけではないけれど、それが出来なければ生きている意味を感じられない。そういう考えで会社をスタートしたので、一心不乱にビジネスの事だけを考えていました。


私は起業を決意するまで、夢を持つことができませんでした。夢や目標を持っている方のエネルギーはときに他を圧倒します。私自身、自分の夢を持った時から、自信のようなものを持てるようになりました。


イベントやセミナーの仕事を手掛けていた最中、そもそもなぜこのようなイベントを開催しているのか疑問に思うようになった。そこで聞いてみると、マーケティング活動の一環だと。セミナーやイベントが全てではないと分かりました。それなら私たちもイベントなどを含めたマーケティング全体のサービスでもっとお役に立てるのではないかと。


マーケティングという分野でいけば、メールやアンケート、キャンペーンといったものがありますが、マーケティングを手掛ける大半の会社は、そのどれか1つしか手掛けておらず、導入する企業もバラバラなサービスを使うしかありませんでした。しかし、私は必ず1つにまとまったサービスを求める時代が来ると。いわゆる逆張りの発想で、統合型を目指した。統合型であれば、スピードが求められる今のビジネスにも対応できるので、その意味でいくと、私たちの考え方の方向感としては間違っていなかったのではないかと思っています。


最初の仕事は、大手出版社が実施する展示会の仕事だったのですが、オンラインで来場申込みや出展書類を受け付けるシステムを作るというものでした。お話を伺っても仕事の内容がよく分からなかったのですが、出版社の方から「できますか?」と言われたので「できます」と啖呵を切りました(笑)。それで帰りの道すがら本屋に寄って米オラクルのデータベースの本を買いました。今でも笑い話ですね。


中村健一郎(経営者)の経歴・略歴

中村健一郎、なかむら・けんいちろう。日本の経営者。「シャノン」社長。奈良県出身。慶應義塾大学理工学部化学学科卒業。大学在学中、シャノンを設立。

他の記事も読んでみる

石川理紀之助

寝ていて人を起こす事なかれ。


ニック・バーリー

多くの日本の方々と仕事をしてきた経験から感じたのは「日本は説得力のある商品を持っているにもかかわらず、その売り方があまり上手ではない」ということ。


本田健

松下幸之助さんは戦争のせいで50歳で70億円の負債を負ってしまいましたが、94歳で亡くなるまでに、日本で一番のお金持ちになられました。そう考えたら、50歳で貯金があるというだけでもすごい。今から亡くなるまでざっくり数えて30年、ずっと働き続けてお金を稼いでもいい。だから今、お金がないだなんて、悲観する必要は全くありません。


小林正明(アートディレクター)

プロカメラマンにも撮れない写真がある。


林信秀

国際業務が長かったこともあり、頭取に就任した時には「現場を知らない」との声を頂きました。そこは否定しませんが、だからこそできる改革があります。


小柴昌俊

カミオカンデの運転を再開した翌月、誰も予期していなかった大マゼラン星雲の超新星爆発のニュースが飛び込んできました。その観測がノーベル賞につながったわけです。「小柴は幸運だ」。よくそう言われます。確かにその通りなんですね。でも、たまに腹が立って、こう言い返すことがあります。「大爆発のニュートリノは、世界の60億人に同じように降り注いだんだ。問題は、それが見えるように準備していたかどうかじゃないか」と。


隅修三

海外企業を買収する際に我々は3つのポイントを見ています。ひとつは、「対象が強いビジネスモデルを持っているか」、ふたつ目は「相手が得意としている分野にはまだ成長性があるか」。そして、最も重視するのは「相手の経営者と我々の相性が合うかどうか」です。それは経営哲学のようなものだったり、企業のカルチャーのような、もっと奥深いものです。


梅野勉

たんに目先のノルマを追い求めるのではなく、中長期の視点をもって仕事に取り組むことが大切です。たとえば販売の現場なら、売上げ目標には到達したけれど、あとにはぺんぺん草も生えないような売り方の人と、目標には届かなくても、確実に見込み客を増やす営業をした人とでは、私は後者のほうを将来の期待値が大きいと評価します。


倉持淳子

3か月続けないと行動の是非は変わりません。そう考えると、最初の3か月は、最初に決めたやり方でひたすら行動すべきです。すぐに成果が出ないからといって方法を変えると、いつまでも成果を出すことができないので要注意です。


福島文二郎

行動指針を持つ企業は少なくない。でも、いろいろ規定したいあまり、長々とした文章になっていないでしょうか。それではスタッフが覚えられない。覚えられないものは守れない。行動指針はシンプルでなければいけません。ディズニーのテーマパークの場合、4つの指針(安全性、礼儀正しさ、ショー、効率)の英語の頭文字を取って「SCSE」。これなら入社初日から覚えられます。


酒井貞彦

私が社長の座を創業メンバーの一人に譲ったのは、経営陣の若返りが主目的です。背景には私なりの信念がありました。それは「格好いいうちに引き継ぐ」です。仕事をこなせる体力がまだ十分にあり、ものごとを的確に判断する能力もあるうちに、自分のほうから一歩下がる。経営者は自分がみじめになっては戦うことができません。それは、政治家やスポーツ選手でも同じことだと思います。


小林大輝(小説家)

本作(小説『Q&A』)で僕が描きたかったのは、ノートに書かれたQと&という者たちの物語でした。けれど、三人称を使って、Qというのはこういう人ですという風に書くのは嫌だった。作者である僕の視点を徹底的に排除し、登場人物たちのなかだけの世界をつくりたかった。ノートに書くという構成にすれば、それができる。するとそれを読む人が必要になる。そこでKとGという読み手を用意しました。