名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中村健一郎(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村健一郎(経営者)のプロフィール

中村健一郎、なかむら・けんいちろう。日本の経営者。「シャノン」社長。奈良県出身。慶應義塾大学理工学部化学学科卒業。大学在学中、シャノンを設立。

中村健一郎(経営者)の名言 一覧

社会へ出る前に、自分の夢について良く考えてみてください。夢が自分の腹にストンと落ちると、自然と道が拓けてくる。少なくとも私はそうだと信じ、これまで進んできました。


社員たちと夢を共有し、ひたすら走ってきました。人生を共にできる仲間と出会う事が出来るのも、自分自身の夢に共感してもらったからだと思う。


はじめから、起業が成功することに自信があったわけではないけれど、それが出来なければ生きている意味を感じられない。そういう考えで会社をスタートしたので、一心不乱にビジネスの事だけを考えていました。


私は起業を決意するまで、夢を持つことができませんでした。夢や目標を持っている方のエネルギーはときに他を圧倒します。私自身、自分の夢を持った時から、自信のようなものを持てるようになりました。


イベントやセミナーの仕事を手掛けていた最中、そもそもなぜこのようなイベントを開催しているのか疑問に思うようになった。そこで聞いてみると、マーケティング活動の一環だと。セミナーやイベントが全てではないと分かりました。それなら私たちもイベントなどを含めたマーケティング全体のサービスでもっとお役に立てるのではないかと。


マーケティングという分野でいけば、メールやアンケート、キャンペーンといったものがありますが、マーケティングを手掛ける大半の会社は、そのどれか1つしか手掛けておらず、導入する企業もバラバラなサービスを使うしかありませんでした。しかし、私は必ず1つにまとまったサービスを求める時代が来ると。いわゆる逆張りの発想で、統合型を目指した。統合型であれば、スピードが求められる今のビジネスにも対応できるので、その意味でいくと、私たちの考え方の方向感としては間違っていなかったのではないかと思っています。


最初の仕事は、大手出版社が実施する展示会の仕事だったのですが、オンラインで来場申込みや出展書類を受け付けるシステムを作るというものでした。お話を伺っても仕事の内容がよく分からなかったのですが、出版社の方から「できますか?」と言われたので「できます」と啖呵を切りました(笑)。それで帰りの道すがら本屋に寄って米オラクルのデータベースの本を買いました。今でも笑い話ですね。


中村健一郎(経営者)の経歴・略歴

中村健一郎、なかむら・けんいちろう。日本の経営者。「シャノン」社長。奈良県出身。慶應義塾大学理工学部化学学科卒業。大学在学中、シャノンを設立。

他の記事も読んでみる

古森重隆

上司も口先だけでなく、現場で一緒に戦わなければならない。


原礼之助(禮之助)

初めて米国の地を踏んだ私に、彼の地の大学は手取り足取り米国での暮らし方を教えてくれました。そこで学んで以来ずっと実践していることのひとつは、人と話すときには目の位置と自分の意志を相手に伝えようとするエネルギーのレベルが大切だ、そしてリラックスしてユーモアを忘れるなということです。相手の目をまっすぐに見てエネルギーを傾け、しかもくつろいで話すこと。


川上量生

「着メロ」にせよ「ニコニコ動画」にせよ、経営者になってから作った新しいサービスの動機は何かというと、「このままだと(日本のコンテンツ業界は)本当にやばい」という危機感なんですね。危機感が僕に命令を与えたというか、もう義務感ですね。


山内雅喜

クールもスキーもゴルフもすべて現場から上がってきたお客様の「声」がベースになっていますし、時間帯お届けサービスも、やはり東北地方のある地域から上がってきた「声」がサービスの基本スペックになっています。部分的な現象をみて、「こうじゃないだろうか?」と仮説を立てて新しいサービスを提案する方法に比べると、現実の「声」をベースにするほうがはるかに強い確信をもって取り組むことができる。それが、我々のやり方なのです。


大塚勝久

場所と建物、商品と社員がついてこなければ商売としてはうまくいかない。どれ一つ欠けてもうまくはいきません。


守屋淳

『老子』には「ちぢめんと欲すれば、かならずしばらくこれを張る」とあります。これは縮めようとするなら、まず伸ばしてやる、つまり、勢いに乗っているライバルは増長させてから叩き潰せばいい、という意味です。


北山顕一

人は、感動した瞬間に変われる。


ホセイン・ヤサイ

業界全体が大きな移り変わりの時を迎えていると感じています。ポジティブな変化とネガティブな変化の両方が混在している状態が今のエレクトロニクス業界の特徴といえるでしょう。


二宮雅也

地域の特殊性やニーズに対応していくことが、お客さまの評価を高め、事業拡大につながっていく。


北尾吉孝

論語には「死生命あり、富貴天にあり」とあります。生きるか死ぬかは、これまさに天命。金持ちになるか貴くなるか、これもまた天の配剤だという意味です。このように、天の配剤だと解釈すれば気が楽になります。私も最近では、仕事がうまくいかなかったとき、「これは天命だろう。お前は修養が足りないから天が苦難をわざわざ与えてくれているんだ。ありがたい」と思えるようになりました。投げやりとは違います。準備計画、やるべきことは十分にやったうえで、その先は天に任せるということです。


大𣘺俊夫(大橋俊夫)

厳しい時代だからこそ経営者は時流を読み、決断し変わらなければならない。


安藤百福

管理職は部下に指示を与えれば仕事が終わったように思っていないか?率先、陣頭に立つ。口先だけで人は付いてこない。社員の結束を図るために、トップは先頭に立って旗印を掲げる必要がある。