名言DB

9419 人 / 110788 名言

中村修二の名言

twitter Facebook はてブ

中村修二のプロフィール

中村修二、なかむら・しゅうじ。日本出身の電子工学者、工学博士。ノーベル物理学賞受賞者。愛媛県出身。徳島大学工学部電子工学科卒業、同大学院修了後、日亜化学工業に入社。開発課で研究を行い、青色発光ダイオードの開発に成功。その後、カリフォルニア大学サンタバーバラ校・材料物性工学科教授に就任。赤崎勇、天野浩とともにノーベル物理学賞を受賞。

中村修二の名言 一覧

チャレンジを恐れず、リスクをとりなさい。


自分の好きなことを見つけ、それを追究して欲しい。


勇気を持って非常識なことにトライすることが大切。


常識でないことをやれば、誰もやっていないので当たればすごいことになる。


リスクの高いものを選ぶ精神がないと、大きなブレイクスルーやノーベル賞級の発明は出来ない。


世界には沢山の人がいて、インターネットでつながっているんですから、発信すれば誰かが見つけてくれる。


日亜化学の先代社長・小川信雄氏には感謝している。彼の研究支援がなかったらこのノーベル賞はなかった。


「世界標準」は公式の会合ではなく、その裏で開かれる雑談から生まれてきます。立食パーティーとかでお酒を飲みながら「今度、企画会議で標準化を議論しよう」とか盛り上がって、その場にいる企業や研究者などに声をかけて話が大きくなっていくわけです。公式の場に出て議論する段階では、もう決まっています。


よく「オールジャパン」という言葉が好まれますが、日本人だけで作ったものは日本市場だけを念頭に置きがちです。最初から世界を見据え、発明に取り組むべきです。


中村修二の経歴・略歴

中村修二、なかむら・しゅうじ。日本出身の電子工学者、工学博士。ノーベル物理学賞受賞者。愛媛県出身。徳島大学工学部電子工学科卒業、同大学院修了後、日亜化学工業に入社。開発課で研究を行い、青色発光ダイオードの開発に成功。その後、カリフォルニア大学サンタバーバラ校・材料物性工学科教授に就任。赤崎勇、天野浩とともにノーベル物理学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

エラン・カッツ

我々の脳は、意味がわかるものしか覚えていません。すでに行っておられる方も多いと思いますが、ネットや銀行口座番号、暗証番号を簡単に覚えるには、ひとつひとつの文字を何かの頭文字に置き換え、意味づけするのが有効です。


木村信司

私はずっと精神的に裸でいますね、とくに演出家として役者に接するときは。隠しても自分の状態は相手に意外と伝わるもんだと気づいたので。


大川隆法

トップは常に能力の限界との闘いをしなければ駄目。


荘司雅彦

記憶の定着を図るためにしていた3回の確認作業は、毎回自分がいかに忘れてしまっているかを知らされる辛いものでした。記憶力は鍛えれば鍛えるほど発達します。司法試験に合格したのは30歳でしたが、覚えれば覚えるほど記憶力がよくなっていくのがわかりました。


藤田晋

会社や上司に恵まれない人は、頑張って働いても、ねぎらってもらえなかったりするかもしれません。そんな時は、自分で自分をねぎらいましょう。短期間で達成できる分かりやすい目標を立て、それをクリアしたら自分へちょっとしたプレゼントをあげる。「少し高級なワインを飲む」とか、「一人旅で羽を伸ばす」などでいいでしょう。こういった工夫を自分ですることも、モチベーションを維持しながら働くうえで必要です。


カール・ルイス

誰かがやるはずだった。自分がその誰かになりたかった。


川村隆

OBのことは考えませんでした。考えられない。そこまで考えていると何もできない。


安河内哲也

お勧めの英会話教材は、「カラオケ」です。英語の歌をカラオケで歌うという行為には、英会話の上達に必要なトレーニング要素がすべて含まれています。歌詞カードを見ながら意味を確認し、何度も繰り返しお手本の音を聴くことで、「精聴・多聴」を実践できます。途中で音楽を止め、フレーズを繰り返し口に出すことで、「リピーティング」の訓練になります。お手本の声と一緒に歌えば「オーバーラッピング」、お手本の音を追いかければ「シャドーイング」、歌詞を見ずに歌えば「リプロダクション」のトレーニングになります。さらに、日本人が苦手とする「音声変化」もマスターしやすい。教科言で「リエゾン」の説明を読んでもピンときませんが、ビートルズの『Let it Be』を聴き、音を真似れば、すぐに「レリビー」と発音できるようになる。しかも普通の音読と違い、カラオケは何度繰り返しても飽きないのがメリット。続けるにはとても適した素材なのです。


湯木貞一

工夫して、心くだくる思いには、花鳥風月みな料理なり。
【覚書き:荒波に岩が当たるように心がくだけても、工夫することを怠ってはいけないという意味の言葉】


田中孝司(経営者)

私にとって一番心配なのは、ユーザーの要望がコロコロと変わることです。当社にとってのライバルはNTTでもソフトバンクでもなく、ユーザーだと思っています。きれいごとを言っているように聞こえるかもしれませんが、私は真剣にそう考えています。