中村修二の名言

中村修二のプロフィール

中村修二、なかむら・しゅうじ。日本出身の電子工学者、工学博士。ノーベル物理学賞受賞者。愛媛県出身。徳島大学工学部電子工学科卒業、同大学院修了後、日亜化学工業に入社。開発課で研究を行い、青色発光ダイオードの開発に成功。その後、カリフォルニア大学サンタバーバラ校・材料物性工学科教授に就任。赤崎勇、天野浩とともにノーベル物理学賞を受賞。

中村修二の名言 一覧

チャレンジを恐れず、リスクをとりなさい。

中村修二の名言|チャレンジを恐れず、リスクをとりなさい。

自分の好きなことを見つけ、それを追究して欲しい。

中村修二の名言|自分の好きなことを見つけ、それを追究して欲しい。

勇気を持って非常識なことにトライすることが大切。

中村修二の名言|勇気を持って非常識なことにトライすることが大切。

常識でないことをやれば、誰もやっていないので当たればすごいことになる。

中村修二の名言|常識でないことをやれば、誰もやっていないので当たればすごいことになる。

リスクの高いものを選ぶ精神がないと、大きなブレイクスルーやノーベル賞級の発明は出来ない。

中村修二の名言|リスクの高いものを選ぶ精神がないと、大きなブレイクスルーやノーベル賞級の発明は出来ない。

世界には沢山の人がいて、インターネットでつながっているんですから、発信すれば誰かが見つけてくれる。

中村修二の名言|発信すれば誰かが見つけてくれる

日亜化学の先代社長・小川信雄氏には感謝している。彼の研究支援がなかったらこのノーベル賞はなかった。

中村修二の名言|先代社長の研究支援がなかったらこのノーベル賞はなかった

「世界標準」は公式の会合ではなく、その裏で開かれる雑談から生まれてきます。立食パーティーとかでお酒を飲みながら「今度、企画会議で標準化を議論しよう」とか盛り上がって、その場にいる企業や研究者などに声をかけて話が大きくなっていくわけです。公式の場に出て議論する段階では、もう決まっています。

中村修二の名言|世界標準は公式の場に出て議論する段階では、もう決まっている

よく「オールジャパン」という言葉が好まれますが、日本人だけで作ったものは日本市場だけを念頭に置きがちです。最初から世界を見据え、発明に取り組むべきです。

中村修二の名言|最初から世界を見据え、発明に取り組むべき

中村修二の経歴・略歴

中村修二、なかむら・しゅうじ。日本出身の電子工学者、工学博士。ノーベル物理学賞受賞者。愛媛県出身。徳島大学工学部電子工学科卒業、同大学院修了後、日亜化学工業に入社。開発課で研究を行い、青色発光ダイオードの開発に成功。その後、カリフォルニア大学サンタバーバラ校・材料物性工学科教授に就任。赤崎勇、天野浩とともにノーベル物理学賞を受賞。

ページの先頭へ