名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村俊郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村俊郎のプロフィール

中村俊郎、なかむら・としろう。日本の経営者。義肢装具メーカー「中村ブレイス」創業者。島根県出身。高校卒業後、京都とカリフォルニアで義肢装具製造を学ぶ。その後、故郷で中村ブレイスを創業。そのほか石見銀山資料館理事長、日本義肢装具学会理事などを務めた。

中村俊郎の名言 一覧

「できない」というのは、みんな頭の中で思っているだけで、本当にそうなのかどうかは、やってみないとわからない。


26歳のとき、自宅前の納屋を改装し起業しました。中村ブレイスという看板をただ一人で掲げての夢多きスタートでした。スタート月の顧客は1人だけ。それでも縁あって入社してくれた若者たちの協力や成長もあって「カタツムリ」のような歩みでしたが、私たちの仕事は国内にとどまらず、海外へと広がっていきました。


とにかく多くの方に支えられ、かわいがられて、ここまで来ることができました。その恩を返すためにも、若い人たちに夢と希望を与えるようなことをしていきたい。これは私のライフワークになっています。


「まだ生きているし、これからは良いことがある。誰にもできない経験をさせてもらったと思えばいい」と思いました。
【覚え書き|米国での修業時代、交通事故に遭い、間違って霊安室に担ぎ込まれてしまったときを振り返っての発言】


中村俊郎の経歴・略歴

中村俊郎、なかむら・としろう。日本の経営者。義肢装具メーカー「中村ブレイス」創業者。島根県出身。高校卒業後、京都とカリフォルニアで義肢装具製造を学ぶ。その後、故郷で中村ブレイスを創業。そのほか石見銀山資料館理事長、日本義肢装具学会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

駒村純一

熱意があると人は勉強する。技術の進歩はもちろん、価値観すら変わり続ける現代では、学習意欲があるかどうかが組織を率いる人にとって必須の条件。


梶川貴子

私は適正価格であれば、相手の言い値を受け入れます。海外と違って階級社会とはいえない日本では、現場の従業員も教育レベルが高く、意識も高い。取引先も同様で、良い仕事をする原動力は、お金よりも尊敬してもらっているという思いです。「高い料金はコンサルタントのプライドだ」というのは堀紘一さんの名言ですが、まさに価格はプライドです。そういう形で尊敬されていないと、関係は長く続かないと思います。


横川竟

商売の基本は、10年前も、30年前も、50年前も同じです。


是川銀蔵

相場は天井において最も強く見え、底において最も弱く見えるもの。


齋藤孝(教育学者)

逃げると決めたら即実行。相手を傷つけるのではないかとか、途中でやめるのは恥ずかしいとか、あれこれ考えるとなかなか行動に移せなくなります。自分のセンサーが「これはだめだ」と感じたら、無理をせずに逃げる。そんな選択肢もある。


出雲充

人は明るくて楽しくて前向きな人と一緒にいると、明るくて楽しくてやる気になる。だからトップである私自身が明るくて楽しくて前向きになることが重要。これは人数に関係なく組織運営で大切なこと。


太宰治

幸福の便りというものは、待っているときには、決して来ることはない。


高島徹治

いきなり難関資格にチャレンジするのではなく、無理なく取れる資格でまず一勝することが挫折しない秘訣です。また30日くらいの勉強期間で取れる資格からスタートして、ステップアップしていくのがよいでしょう。


芦田昭充

知行合一の「行」のために大切なのは、試練を乗り越えた体験です。当社の場合も、2000年以降に入社した若手は右肩上がりのマーケットに乗っかってきた苦労知らずの世代です。その意味で、今回の苦境は若手社員を鍛えるいいチャンスだととらえています。


反田恭平

小さな頃から「人と同じ」が大嫌い。小学生の時も、他の子と洋服が被ることさえ嫌だった。高校のピアノの授業を、Tシャツにビーチサンダルで受けた時は、さすがに先生に怒られました(笑)。クラシックの楽譜は作曲家の「遺品」。これを読み解いて演奏することは誰でもできる。それをどう表現するかが大事。人間の数だけ性格や顔があるように、その数だけ音楽があると思う。


丸山茂樹(プロゴルファー)

ほとんどの人が誘惑や妥協に負けます。いわばその「人間らしい部分」を超えられる人が、勝ち続けられる。


田中仁(経営者)

もちろん空振りすることもあります。しかし、自分なりに必死に考えて決断をした末に失敗をしたのであれば、その決断のプロセスと結果を分析することで、次に活かすことが可能になる。