名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村俊郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村俊郎のプロフィール

中村俊郎、なかむら・としろう。日本の経営者。義肢装具メーカー「中村ブレイス」創業者。島根県出身。高校卒業後、京都とカリフォルニアで義肢装具製造を学ぶ。その後、故郷で中村ブレイスを創業。そのほか石見銀山資料館理事長、日本義肢装具学会理事などを務めた。

中村俊郎の名言 一覧

「できない」というのは、みんな頭の中で思っているだけで、本当にそうなのかどうかは、やってみないとわからない。


26歳のとき、自宅前の納屋を改装し起業しました。中村ブレイスという看板をただ一人で掲げての夢多きスタートでした。スタート月の顧客は1人だけ。それでも縁あって入社してくれた若者たちの協力や成長もあって「カタツムリ」のような歩みでしたが、私たちの仕事は国内にとどまらず、海外へと広がっていきました。


とにかく多くの方に支えられ、かわいがられて、ここまで来ることができました。その恩を返すためにも、若い人たちに夢と希望を与えるようなことをしていきたい。これは私のライフワークになっています。


「まだ生きているし、これからは良いことがある。誰にもできない経験をさせてもらったと思えばいい」と思いました。
【覚え書き|米国での修業時代、交通事故に遭い、間違って霊安室に担ぎ込まれてしまったときを振り返っての発言】


中村俊郎の経歴・略歴

中村俊郎、なかむら・としろう。日本の経営者。義肢装具メーカー「中村ブレイス」創業者。島根県出身。高校卒業後、京都とカリフォルニアで義肢装具製造を学ぶ。その後、故郷で中村ブレイスを創業。そのほか石見銀山資料館理事長、日本義肢装具学会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

山内溥

企業においては、確かに冒険精神は必要不可欠のものだが、なにも現在、小は小なりにうまく暮らせているものを、わざわざヤケドしに行くことはないという気持ちも、私にはあります。任天堂の場合、どこへ行っていいかわからなかった。だが、現実に何かしなければ会社がなくなってしまう。そういう危機意識が非常に強かったんです。


吉山勇樹

スケジュールやタスク管理において、ムダな仕事を省くのは必須です。ただ、その前にやるべきことがあります。それは「ムダの定義」です。同じ立ち話でも、ある人は「人間関係を円滑にするコミュニケーション」と定義し、ある人は「ムダ話」と定義する。この認識がズレていたら、組織内のムダはなくなりません。まずは自分のチームだけでもいいので、「ムダの定義」を明確にしましょう。立ち話でも「15分以上はムダ」と決めれば、客観的な目安ができて、全員がそれを削減しようと意識します。


島正博

最初から「世界一になるぞ」と言っていました。そうしたら「大きなことを言うのもほどほどに」と皆に言われた。


谷田千里

「整理整頓」と「ダイエット」は似ているところはありますね。整理が苦手な人は、ダイエットに踏み切れない人と同じで、どうにかしたいと思っていても、「現実を直視したくない気持ち」が働き、最初の一歩を踏み出せない。そんな人は、「今の乱雑な机の状況を、本当に放っておいていいか?」と自分に問いかけてみてください。そこで「ダメだ。整理しなきゃ」と決断できないのなら、整理しない方がいい。「やる!」という決断がとても大事だからです。ムリに整理しようとすると、ストレスを感じてかえって仕事の効率が落ちます。


高杉晋一

世の中の人はそれぞれ思想も好みも違う。部下の意見を好んで聞く人もあれば、聞くのを嫌がる人もいる。人間というものは自分の個性を殺してまで人に迎合する必要はなかろう。なにごとも私心を挟まない限り、正々堂々と自分の意見を述べるのに遠慮はあるまいと思う。


セオドア・ルーズベルト

栄誉とは実際に闘技場にいた人々のものである。価値ある人とは批評家ではない。強い者がいかにつまずいたか、あるいはもっとうまくできたかを指摘する者でもない。


菊間千乃

バレー部が練習している体育館に行くと、いつも父が生徒さんに同じことを言っていたんです。「努力なくして成功なし」「練習あってこその勝利」って。それを聞いて育った影響は大きいですね。


名越康文

人間は本来、成長しながら世界を広げていくもの。見える世界が広がれば、感情に振り回されにくくなる。


川越達也

店で接客をするとき、お話をしている方の年齢層、性別といった属性はもちろんですが、僕がとくに気にかけるのは声のボリューム、スピード、間、そして声のキーです。その四点から相手の話し方の波長、リズムを観察したうえで、それに合わせていく。スピーディに話す人にはこちらもスピーディに返し、低いトーンでゆっくり話す方ならこちらの話し方のリズムもゆっくり、穏やかに。これが基本です。


鈴木貴博(コンサルタント)

現代の仕事の現場では、(新しい)事業や業務の勝ちパターンを設計し、それを横展開できるようにすることが正社員の仕事だ。そしてこのようなことを行なう業務こそが事業開発である。この事業開発の仕事を「人工知能を武器にして遂行する」ことができる人材は、まだ世の中には圧倒的に不足している。これが文系のビジネスパーソンが目指すべき、これからの十年間で一番成功できるビジネス領域なのである。


丸谷智保

地域というものを深く掘り下げていくと、様々なニーズが出てくる。大きな利益は望めないかもしれないが、必要とされる限りにおいては、地域とともに存続が可能なのではないか。


松本晃(経営者)

本社移転を機に、個人のデスクをなくしました。毎朝、出勤すると、その都度、コンピュータがランダムに座る席を指定します。その席に座っていられるのも最長で5時間。それを過ぎると移動しなくてはならないシステムです。すると、どうしたって書類を置く場所がない。必然的に書類が減るわけです。書類のみならず、余計なモノはいっさい置けない環境ですから、オフィスは常にキレイな状態。整理された空間では思考も活発になる。これも、仕事を速くするのに役立っています。