名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村俊裕の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村俊裕のプロフィール

中村俊裕、なかむら・としひろ。社会起業家。米国NPO法人「コペルニク」共同創設者・CEO(最高経営責任者)。京都大学法学部卒業、ロンドン経済政治学院で修士号取得。マッキンゼー東京支社などを経て国連職員になる。国連開発計画で発展途上国の援助・復興の仕事に携わる。その後、NPO法人コペルニクをニューヨーク市で設立。著書に『世界を巻き込む 誰も思いつかなかった「しくみ」で問題を解決するコペルニクの挑戦』。

中村俊裕の名言 一覧

コペルニクでは、1つのプロジェクトが終わったらそれで満足するのでなく、「コペルニク・フェロー」と呼ぶ調査員を現地に派遣し、人々の生活がどう変わったかが分かる数値データを収集します。数字で活動実績を示すことができなければ、大企業を説得し、コラボレーションを実現させることはできなかったでしょう。


(NPOを立ち上げた理由は国連での)活動の限界というか、もどかしさみたいなものですね。何かしようとする時に、いろんなプロセスが必要で、そこに不必要なお金や時間がかかっていたりする。もっとストレートに、困難にある普通の人たちの生活が改善できる手立てはないものだろうかと。


テクノロジーの開発、生産者と利用者、それに資金提供をする人たちを直に結ぶことで、より効率的でスピーディーな途上国支援ができるようになった。


中村俊裕の経歴・略歴

中村俊裕、なかむら・としひろ。社会起業家。米国NPO法人「コペルニク」共同創設者・CEO(最高経営責任者)。京都大学法学部卒業、ロンドン経済政治学院で修士号取得。マッキンゼー東京支社などを経て国連職員になる。国連開発計画で発展途上国の援助・復興の仕事に携わる。その後、NPO法人コペルニクをニューヨーク市で設立。著書に『世界を巻き込む 誰も思いつかなかった「しくみ」で問題を解決するコペルニクの挑戦』。

他の記事も読んでみる

林田正光

意識的にメモをとるようになったのは40代に入ってからです。ある勉強会で「メモ魔になろう」という話を聞いたのです。1日にひとつ、気づいたことや感じたことを書き留めると、1年経てば365ものアイデアの種ができる。その積み重ねで人生が大きく変わりますよ、と。さっそく実行してみると、まさにそのとおりで、私のサービスの内容も向上しました。人に対してのホスピタリティが高まり、その結果、人脈が大きく広がったのです。


林野宏

私は、何事にも好奇心を抱き、どんなことでもタブー視せず、自分で体験してみることが大事だと考えて、面白がって様々なことに取り組んできました。


ウォーレン・ベニス

ジャック・ウェルチ並みとはいかなくても、良い指導者には心がけ次第でなれます。たまたま私がいま相談に乗っているハイテク企業の経営者は、見識・人格とも素晴らしい。しかし他者を巻き込む要素にかけています。技術者だからついキーボードを叩いて、部下にメールで指示しているんです。だから、「おいどうだい。受話器を取って話そうよ」と私は言いました。


山下勝(経営学者)

部下が上司の無茶なガミガミに対処するために一番効果的なのは、ひとつ上の上司に頭越しに直訴する方法です。自分の課長が無茶を言うようなら部長に言いつけてしまう。ただこれは、組織論から言えばご法度に近い最終手段です。なるべく避けた方がいいでしょう。そこで重要になってくるのがインフォーマルな「斜交い(はすかい)のコミュニケーション」です。組織上の正式な上下関係ではなく、斜めの関係を利用するのです。たとえば自分の課長に問題がある場合、よその課の優秀な課長に相談して口添えしてもらうのです。


高岡浩三

顧客の問題について考えるときは、まずはできるだけ大きく問題を捉えるとよい。一般的に、マーケティングにおいてはターゲティング(顧客層の絞り込み)が重要だと言われるが、最初から問題を絞り込む必要はない。少なくとも私は、ターゲティングから入ることはない。それよりも、今、世の中で起こっていることを俯瞰で捉え、大きな問題設定から入ることがほとんどだ。たとえば現代の日本なら、「高齢化社会の問題とは何か」を考えてみる。


安田隆夫

多事多難から学んだ最大の教訓は「社会と共に生きる企業でなければならない」ということ。


泉谷直木

よく「R&D」と言いますが、私は「R&D&M」と社内で言っています。Rは顧客ニーズ実現の可能性、Dは技術要素によってそれを製品化すること。しかし、そこで止まってしまってはダメで、Mのマーケティングで顧客満足を最大化していかなくてはいけません。


大塚寿

苦手な作業や困難な仕事でも、そこに自分を奮い立たせる要素があれば、モチベーションを高めることができる。


宇佐美進典

組織を動かすマネジメントには2つのことが必要。1つ目は、会社としてこういう方向性で事業をしますと伝えること。2つ目は、社員は一人ひとり当然ながら個性があって考え方も違うと知ること。その前提を理解し、会社の方向性とその人がやりたいことを共有するかという翻訳が重要なポイント。


小幡績

「基礎力」と「実践力」が、日本のビジネスマンから、いつの間にか、失われてしまったのではないでしょうか。とくに、「基礎力」の衰退は目に余ると思います。近ごろは、その「基礎力」のなかでも、国語教育の弱さが目立ちます。乱れた日本語が氾濫しているのが気がかりです。正しい、美しい、日本語を使ってもらいたい。英語も同様です。


菊原智明

ちょっとした態度や身なりの崩れで、「やる気がない」「だらしがない」という印象を与えてしまいます。それが結果として上司や取引先からの評価を下げている可能性がある。


佐藤龍馬

私たちはブローカーになる気はありません。ブローカーはマージン(仲介手数料)を上乗せして商材を流通させますが、私たちの場合は、扱う商材に関してどういう価値があるか、顧客が求めているものを見定め、必要なものを提供する、あたかも一流ホテルのコンシェルジュのような対応を心掛けています。