名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村俊裕の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村俊裕のプロフィール

中村俊裕、なかむら・としひろ。社会起業家。米国NPO法人「コペルニク」共同創設者・CEO(最高経営責任者)。京都大学法学部卒業、ロンドン経済政治学院で修士号取得。マッキンゼー東京支社などを経て国連職員になる。国連開発計画で発展途上国の援助・復興の仕事に携わる。その後、NPO法人コペルニクをニューヨーク市で設立。著書に『世界を巻き込む 誰も思いつかなかった「しくみ」で問題を解決するコペルニクの挑戦』。

中村俊裕の名言 一覧

コペルニクでは、1つのプロジェクトが終わったらそれで満足するのでなく、「コペルニク・フェロー」と呼ぶ調査員を現地に派遣し、人々の生活がどう変わったかが分かる数値データを収集します。数字で活動実績を示すことができなければ、大企業を説得し、コラボレーションを実現させることはできなかったでしょう。


(NPOを立ち上げた理由は国連での)活動の限界というか、もどかしさみたいなものですね。何かしようとする時に、いろんなプロセスが必要で、そこに不必要なお金や時間がかかっていたりする。もっとストレートに、困難にある普通の人たちの生活が改善できる手立てはないものだろうかと。


テクノロジーの開発、生産者と利用者、それに資金提供をする人たちを直に結ぶことで、より効率的でスピーディーな途上国支援ができるようになった。


中村俊裕の経歴・略歴

中村俊裕、なかむら・としひろ。社会起業家。米国NPO法人「コペルニク」共同創設者・CEO(最高経営責任者)。京都大学法学部卒業、ロンドン経済政治学院で修士号取得。マッキンゼー東京支社などを経て国連職員になる。国連開発計画で発展途上国の援助・復興の仕事に携わる。その後、NPO法人コペルニクをニューヨーク市で設立。著書に『世界を巻き込む 誰も思いつかなかった「しくみ」で問題を解決するコペルニクの挑戦』。

他の記事も読んでみる

柳井正

すでに世界はバーチャルとリアルが融合している。リアルもバーチャルもなくなって、とにかくデジタルの世界に変わった会社が勝つ。


中村貞裕

雑誌、書籍、テレビの情報番組、そしてインターネットを通じて、ライフスタイルや流行などについて手当たり次第に情報を仕入れています。海外でも地方でも時間を作っては出掛けて、現地の人気飲食店などの情報を集めています。息を吸うような感覚で、時間があれば情報を集めたり、人に会ったりしています。


高原豪久

先ってなかなか読めないのですが、なんとか自分なりに読んで仮説を立てて、その仮説をもとに、組織・会社をドライブしていく。それがリーダーではないでしょうか。


重久吉弘

仕事をしていく上では、相手から好感を持たれるように努力することが大事。私自身、これまで仕事の上でも、プライベートでも努力してきました。その時に心がけてきたのが「強く、明るく、元気よく、そして品も良く」という言葉。最後の「品も良く」が大事ですね(笑)。


松本洋(コンサルタント)

私達がそれぞれ違う人間である限り認識の違いは必ずあります。それが仕事の円滑な進行の邪魔をするというのも事実。だからこそ、経営者は、常に従業員の向かうべきところを明確にするよう気配りをすることが必要。


大儀見浩介

やる気とは最終目標に向かってプランを立て、具体的なプロセスをつくることで、湧き上がってくる「いけそうだ」「できそうだ」という気持ちのこと。


矢作兼

サラリーマン感覚だったから自分が出演するテレビ番組は「取引先」という認識で接しました。当然、テレビ番組の事前アンケートに回答する時も、最初に「いつもお世話になっております」って書いていたからね(笑)。


織田大蔵

「消費は美徳」などという言葉は、所詮、俺には無縁の言葉だ。
「貧乏性こそ美徳」これが俺の事業家としての金言だ。


江崎勝久

「昔懐かしい」というのはヒット商品じゃない。


立川敬二

規制機関は昔はきわめて慎重だったでしょう。独占ということは失敗が許されないわけだから、入れるにあたっては、本当に石橋を叩いて渡らなければいけなかったんです。そういう時代背景もあります。規制機関は、だめでも自分たちの責任にならないからいい。だけど、いまは競争でしょう?出してダメならつぶれるだけ。業者が勝手にやって、利用者からウケなければなくなるだけ。選別要素が利用者側にできてしまった。自由に発想できるようになったと言えます。


三國清三

素材本来の味に近づく料理をつくろうと感じはじめたのは40代です。ひとつひとつの食材の生産過程にも目を向け、素材を表現する料理こそが、オリジナルの三國料理だと自信をもっていえるようになったのは、30代を終えて、しばらく経ってからである。


黒木渚

書けば書くほど面白くなってくるし、書けば書くほど悩むし、それはすごくスリリングで、楽しいこと。書くことと一緒に冒険したい。