中村俊裕の名言

中村俊裕のプロフィール

中村俊裕、なかむら・としひろ。社会起業家。米国NPO法人「コペルニク」共同創設者・CEO(最高経営責任者)。京都大学法学部卒業、ロンドン経済政治学院で修士号取得。マッキンゼー東京支社などを経て国連職員になる。国連開発計画で発展途上国の援助・復興の仕事に携わる。その後、NPO法人コペルニクをニューヨーク市で設立。著書に『世界を巻き込む 誰も思いつかなかった「しくみ」で問題を解決するコペルニクの挑戦』。

中村俊裕の名言 一覧

コペルニクでは、1つのプロジェクトが終わったらそれで満足するのでなく、「コペルニク・フェロー」と呼ぶ調査員を現地に派遣し、人々の生活がどう変わったかが分かる数値データを収集します。数字で活動実績を示すことができなければ、大企業を説得し、コラボレーションを実現させることはできなかったでしょう。


(NPOを立ち上げた理由は国連での)活動の限界というか、もどかしさみたいなものですね。何かしようとする時に、いろんなプロセスが必要で、そこに不必要なお金や時間がかかっていたりする。もっとストレートに、困難にある普通の人たちの生活が改善できる手立てはないものだろうかと。


テクノロジーの開発、生産者と利用者、それに資金提供をする人たちを直に結ぶことで、より効率的でスピーディーな途上国支援ができるようになった。


中村俊裕の経歴・略歴

中村俊裕、なかむら・としひろ。社会起業家。米国NPO法人「コペルニク」共同創設者・CEO(最高経営責任者)。京都大学法学部卒業、ロンドン経済政治学院で修士号取得。マッキンゼー東京支社などを経て国連職員になる。国連開発計画で発展途上国の援助・復興の仕事に携わる。その後、NPO法人コペルニクをニューヨーク市で設立。著書に『世界を巻き込む 誰も思いつかなかった「しくみ」で問題を解決するコペルニクの挑戦』。

他の記事も読んでみる

横山光昭

子供がある程度成長したら、家計の状況を話して協力を促すことはぜひとも必要です。節約の効果があがるだけでなく、やりくりが身につけば、それは子供にとっても財産になります。


西成活裕

正反対の物事の見方を論理的に学べば、発想の幅は格段に広がる。


小林弘幸

ここ一番というプレゼンや会議では、意識的にゆっくりと行動して、大きく息を吐く。それだけで、周りを見渡す余裕が生まれ、あなたの印象も説得力も大きく変わってくるはず。


井上高志

社内にはクレームやトラブル情報といった悪い話は「速攻でもってこい」と伝えてあります。その際、最も重要なのはファクト、事実です。とくにクレームを受けたという場合には、何が事実なのかをきちんと冷静に報告することを求めます。その件について部下がどう考えるか、つまり主観については、事実の報告を受けたあとに話し合っています。


糸井重里

今年は残すところ2か月ちょっとだけれど、特別な年だったからこそ、書くことを義務にしてみてもいいんじゃないかな。毎日10分手帳と向き合うとかね。白紙と対面すると「あ、俺って意外と何も考えてないな」って思うかもしれない。それも気づきなんですよ。白紙を見ている自分は白紙の自分なんです。1日ずつ日々をしっかり相手にすることを素晴らしいと思える、そんな年になるかもしれません。


鈴木敏文

新しい価値を生み出すため、発案したのが「こだわりおむすび」でした。これはヒット商品になりました。200円近い常識破りの価格のおにぎりをコンビニで買うかと事前に調査したら、誰もがノーと答えたでしょう。それが現物が登場し、従来のおにぎりと一緒に並んでいると価値を感じて手を伸ばす。矛盾していますが、これが消費の飽和時代の価格に対する顧客心理です。


ケリー・マクゴニガル

一般的に、人が緊張し「闘争・逃走反応」モードに入ったときは、呼吸が速くなり、心拍数や血圧が急上昇します。そういうときにするべきことは、まずそのときに得られる最高の結果に思いをいたすことです。何が欲しいのか、どこを目指しているのか、それを完了すればどのように世界がよくなるのか、という前向きな思考にしていくことです。2つ目にすべきことは、そういった場面で感じるストレスは、実はあなたのエネルギー・原動力になるのだと知ることです。ここを乗り越えればさらに一段上に行けると認識すること、ストレスそのものがあなたを強くする力があるのだと知っておくことです。


豊田章男(モリゾウ)

私にはこうすればいいという明快な回答はない。でも、もっと多くの笑顔が欲しいとか、昨日より今日を良くしようという意志は強い。絶えずベター、ベター、ベターで会社が動かなければ、持続的成長はできません。そう言い続けてきたことで、現場のリーダーたちが自分で考え、悩み、案を出す。回答を言わないが故に、私が考えるより優秀なアイデアが「リーダ一ズ」から出てくるので、それを活用する。そのスパイラルを増やした方が、これだけの規模の会社にはいいのです。


タモリ(森田一義)

大切なこと、それは引きずらないことだ。乾杯すれば、それで仲良し。やったことはすぐ忘れる。それが大事。人間なんてそんなものだ。


藤田晋

反骨心はとても大事。ビジネスではそれが強い競争力になる。真面目で優秀な人でも、強い反骨心を持った人に負けてしまうことが多々ある。


三木谷浩史

MBAの講義はビジネスの思考能力を高めるための筋力トレーニングで、まさに職業訓練所。禅問答の繰り返しにうんざりすることもありましたが、世界各国から集まるエリートと机を並べた経験は大きな糧になりました。


ジョン・キム(法学者)

成功するためには成功するまでやめないことである、という言葉があります。素敵な言葉ですが、私の考え方は違います。一カ所に根を生やすのではなく、学びの材料を吸収しきったら、いまいる環境から離れる。その繰り返しによって、人は自分というものになっていくのだと思います。


エルバート・ハバード

批判されたくなければ、何もせず、何も言わず、何者でもなくなればいい。


川田修(ライフプランナー)

ほとんどの営業マンは、お客様の問題を把握しないまま、商品説明をしたり、見積書を出そうとしたりします。「話し方」はテクニックで上達できますが、「聞き方」はテクニックが通用しないので、何をどう聞いていいかわからないのでしょう。


ウィリアム・A・コーエン

儲けが出ているのだからそれでいいと思いがちですが、実際には間違っている場合もあるのです。戦略的決定が間違っていても売れていることによって、その優秀な販売担当者が会社全体を誤った方向に導きかねません。


ページの先頭へ