名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村一樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村一樹のプロフィール

中村一樹、なかむら・いつき。日本の教育者、資格取得アドバイザー。「クイック教育システムズ」社長。三重県出身。東京大学卒業、東亜大学大学院総合学術研究科法学専攻修了。ビーグッド教育企画社長、文化女子大学講師、拓殖大学商学部講師、日本プロスポーツ協会キャリアサポート委員会委員、クイック教育システムズ社長、文部科学省「検定試験の評価の在り方に関する有識者会議」委員などを務めた。800以上の資格を取得した。

中村一樹の名言 一覧

自分の経歴と照らし合わせて、ビジネスと結びつけて考えられない資格は、注目の資格だったとしても、苦労して取得しても役に立たない可能性がある。


社内で専門的な知識が求められるときに、自分が関連する資格を持っていて、他に詳しい人がいなければ、その分野での唯一無二の存在、専門家の地位を確立できる。


資格のニーズは景気の動向や社会情勢と連動します。資格で稼ぎたいなら、必要とされている資格に目を向けることも大切です。建築・不動産系の資格のニーズは景気のバロメーターといわれており、景気が上向いていけば、さらに需要は高まっていくでしょう。


私は800以上の資格を取得しましたが、手当たり次第に試験を受けたわけではありません。自分のビジネスに関係が深く、専門知識として必要だと思った資格を勉強して取得してきた結果にすぎないのです。たとえば、私自身、お化粧はしないので、「メイク検定(メイクアップ技術検定試験)」は持っていませんし、今後も取る予定はありません。ですが、「メイクセラピー検定」は取得しました。それはなぜか? 心理カウンセリングによってメンタルサポートすることを目的としたメイクセラピー検定は、私が就活中の女子学生に面接のアドバイスをするのに必要な知識だと感じたからです。


中村一樹の経歴・略歴

中村一樹、なかむら・いつき。日本の教育者、資格取得アドバイザー。「クイック教育システムズ」社長。三重県出身。東京大学卒業、東亜大学大学院総合学術研究科法学専攻修了。ビーグッド教育企画社長、文化女子大学講師、拓殖大学商学部講師、日本プロスポーツ協会キャリアサポート委員会委員、クイック教育システムズ社長、文部科学省「検定試験の評価の在り方に関する有識者会議」委員などを務めた。800以上の資格を取得した。

他の記事も読んでみる

安形哲夫

5年後のあるべき姿を考えるとき、さらに先の未来から自社を振り返る視点も重要です。そこで当社では、10年、15年後の自社の未来像についても検討を行っています。


鈴木喬(経営者)

結局、自分の頭で考えるしかない。どこかからコピー&ペーストしてきたようなアイデアでは、競争相手と同じなので、勝てるわけがない。もう一手、二手、三手先を読んで、競争相手がやらないことを考えないといけない。


高城幸司

聞くべきことは過去の業績ではなく「これからは何をやりたいんですか」という未来への展望です。相手が自信満々で話しているときには、なかなか距離が詰まりません。しかし明確でないこと、決まっていないことを考えているときは、相手も揺らいでいる。距離を縮めるチャンスです。


林總

ざっくりと材料費、外注費、ロイヤルティー以外は固定費と見なせばよい。まず着目すべき問題は固定費で、付加価値を上げるために会社が用意した費用。直営の不採算店が多いのは、用意した費用が十分な付加価値を生んでいない状態。であれば不採算店を閉めて、新しいメニュー開発などに振り向けたほうがいい。


伊藤邦雄

自分が未熟であることを知っているということが本物に通ずる。


大八木成男

米国留学で得た大きな収穫のひとつは、10のうち8の力を準備に使うくらいの覚悟がないと、交渉の席についてもらえないということを学んだことです。そのころのアメリカでは、アジア人は常に身分証明書を5種類携帯することが義務付けられていました。ひとつでも足りないと両替もしてくれず、どんなに頼み込んでも絶対に首を縦に振ってくれません。アメリカというのは万事がこの調子でした。


永守重信

大事なのはコミュニケーション。無駄はどこに生まれるか、利益率の高い製品はどうやったらつくれるか。基本のところをわかってもらえば、海外企業も改革できる。


山本良一(経営者)

いまはこちらが何も言わなくても、ムダがあれば現場が自ら直してくれる。そういう文化が形成されてきている。何年も同じことを言ってきたからだ。スムーズに改革が進んでいるのを肌身で感じている。


田島弓子

部下個々人の能力や適性を見極め、本人の得意な仕事を任せるようにしました。そのとき「こういう仕事なら君に頼むのが一番でしょ?」など、部下の意欲を刺激する一言を添えていました。


矢野香

「スピーチやプレゼン、会議が話し方の本番で、雑談はおまけ」と考えている人が多いようですが、私は、雑談も本番だと考えています。ビジネスシーンでの雑談は、取引先や上司・部下との心の距離を縮める手段であり、場合によってはプレゼンそのものよりも相手の印象に残るからです。


荻田伍

不況や経済環境が悪いときは、競争優位性を発揮できれば、逆に企業間格差がつくチャンスでもある。知恵と汗を絞って努力していくとき。


岩田聡

ときには踏み鳴らされた道を離れ、新しい道に入ってみる。そこで出会った偶然を活かせば非連続的な変化を起こせる。人と違うことをするのは常にリスクを伴いますが、不可能だと思ったことを可能にできる自信がつけば、みんなが新しい道に進もうとする。