名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中村一樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村一樹のプロフィール

中村一樹、なかむら・いつき。日本の教育者、資格取得アドバイザー。「クイック教育システムズ」社長。三重県出身。東京大学卒業、東亜大学大学院総合学術研究科法学専攻修了。ビーグッド教育企画社長、文化女子大学講師、拓殖大学商学部講師、日本プロスポーツ協会キャリアサポート委員会委員、クイック教育システムズ社長、文部科学省「検定試験の評価の在り方に関する有識者会議」委員などを務めた。800以上の資格を取得した。

中村一樹の名言 一覧

自分の経歴と照らし合わせて、ビジネスと結びつけて考えられない資格は、注目の資格だったとしても、苦労して取得しても役に立たない可能性がある。


社内で専門的な知識が求められるときに、自分が関連する資格を持っていて、他に詳しい人がいなければ、その分野での唯一無二の存在、専門家の地位を確立できる。


資格のニーズは景気の動向や社会情勢と連動します。資格で稼ぎたいなら、必要とされている資格に目を向けることも大切です。建築・不動産系の資格のニーズは景気のバロメーターといわれており、景気が上向いていけば、さらに需要は高まっていくでしょう。


私は800以上の資格を取得しましたが、手当たり次第に試験を受けたわけではありません。自分のビジネスに関係が深く、専門知識として必要だと思った資格を勉強して取得してきた結果にすぎないのです。たとえば、私自身、お化粧はしないので、「メイク検定(メイクアップ技術検定試験)」は持っていませんし、今後も取る予定はありません。ですが、「メイクセラピー検定」は取得しました。それはなぜか? 心理カウンセリングによってメンタルサポートすることを目的としたメイクセラピー検定は、私が就活中の女子学生に面接のアドバイスをするのに必要な知識だと感じたからです。


中村一樹の経歴・略歴

中村一樹、なかむら・いつき。日本の教育者、資格取得アドバイザー。「クイック教育システムズ」社長。三重県出身。東京大学卒業、東亜大学大学院総合学術研究科法学専攻修了。ビーグッド教育企画社長、文化女子大学講師、拓殖大学商学部講師、日本プロスポーツ協会キャリアサポート委員会委員、クイック教育システムズ社長、文部科学省「検定試験の評価の在り方に関する有識者会議」委員などを務めた。800以上の資格を取得した。

他の記事も読んでみる

朝倉義景

勝つべき合戦、取るべき城、攻めの時を選び、方角を考え、時日を移すことはなはだ口惜しく候。いかに良き日なるとて、大風に船をだし、大勢に一人向かわばその甲斐なかるべく候。【覚書き|当時、戦前に占いや風水で日時や攻め込む方角を決めていた。その風潮に異を唱えた言葉。どんな吉日でも、状況が悪化しているのであれば意味がなく、タイミングを計って攻め込んだ方が勝つ確率がずっと高くなるという意味】


出口治明

働き方は自分で決めればいい。でも、休んだ方が健康のためにはいいでしょうね。サステイナブルでなければ、いい仕事はできません。20代、30代は、たまに無理もきくとは思いますが。


寺田直行

社長就任後すぐに、午後8時以降の残業禁止を全社に通達した結果、残業は大幅に減りました。それだけではなく、社長直轄の業務改革室を作り、無駄な仕事を見直しました。仕事の生産性を高めることは、収益構造改革にもつながっています。


樋口廣太郎

いい数字はありがたく聞くけど、それは要するにそれだけのことです。異常値をどう発見するか、異常値がどうやって吸い上がってくるかということが一つのポイントになるのです。企業は常に健康でなければなりません。健康診断が必要です。それを診断するには、バッド・インフォメーション(自社にとって悪い情報)を途中で消音することなく集音する装置を持っていなければいけない。


ハワード・シュルツ

私たちはコーヒーやペイストリー(小さなケーキ)、現金、損失などを綿密に記帳し、何が良く売れているか把握するために個々の商品について追跡調査した。そのおかげで、常に資金繰りを明確にすることができたのだ。こうした情報の蓄積によって、新製品を売り出す際に明確な目標を設定することも可能になった。


今井雅人

過信・慢心による過剰リスクは崩壊を招く。


小路明善

過去を振り返ることなく前に進むのが私の経営であり戦略。


森喜朗

ラグビーでリバウンドしたボールが自分の手元に戻る確率は、100分の1以下と言われている。人生がどのように展開していくか、分からないのに似ている。


岡本太郎

今日の社会では進歩だとか福祉だとかいって、誰もがその状況に甘んじてしまっている。システムの中で、安全に生活することばかり考え、危険に本当に体当たりして生きがいを貫こうとすることは稀である。自分を大事にしようとするから、逆に生きがいを失ってしまうのだ。


高田明(ジャパネットたかた)

チャレンジ精神がなければ人生つまらない。良い人生だと思って死ぬためには、チャレンジ精神は欠かせない。


二宮尊徳(二宮金次郎)

世人は蓮の花を愛して泥を嫌がり、大根を好んで下肥を嫌がる。私はこういう人を半人前という。蓮の花を養うものは泥である。大根を養うものは下肥である。蓮の花や大根は、泥や下肥を好むことこの上なしではないか。世人の好き嫌いは、半面を知って全面を知らない。これまさに、半人前の見識ではないか。どうして一人前ということができよう。


野村克也

叱られて燃えるか、褒められたら頑張ろうとするか。自信のない自分に共感して欲しい、そっとして欲しいかも違う。性格や習性によって、欲しい言葉もタイミングも違うってことだよ。裏返せば、上滑りの言葉や間の悪い言葉はむしろ「俺なんて見てくれていないんだ」と自信をなくさせてしまう。だから相手がどんなタイプか見極めることが、重要なんだよ。