名言DB

9413 人 / 110706 名言

中村一也の名言

twitter Facebook はてブ

中村一也のプロフィール

中村一也、なかむら・かずや。日本のビジネス評論家。京都大学経済学部卒業後、大手金融機関を経て独立。

中村一也の名言 一覧

普通の人は、依頼された仕事をそのまま引き受けるため、どんどん仕事が積み上がっていく。一方、仕事が速い人は、引き受ける時に必ず、仕事の量を減らすための交渉を依頼主としている。


私がサラリーマン時代に実践していた仕事量を減らす交渉術は3つ。後になって切り出すと、「怠けようとしている」という印象を持たれかねないので、仕事を受ける瞬間に交渉します。

  1. 依頼主が重視するポイントをハッキリさせる。
  2. 仕事の期限を延ばしてもらい、今日やる仕事量をセーブする。
  3. 他の人と一緒にやる許可を取って、同僚と仕事を分担する。

中村一也の経歴・略歴

中村一也、なかむら・かずや。日本のビジネス評論家。京都大学経済学部卒業後、大手金融機関を経て独立。

他の記事も読んでみる

竹中宣雄

大切なのは若手に成功体験を積ませることそのものではありません。若い人に成功体験を積ませるためには、当然、先輩社員の手助けが必要です。その、手助けしてくれた先輩の、どこを見るかが重要なのです。ただたんに、「手助けをしくれてありがとうございます」で終わってしまっては、本人の成長にはつながりません。どのポイントをどのように手助けされたかをしっかり見届けることが、成長につながるのです。手助けをされたポイントこそ「仕事のコツ」そのものだからです。


吉田幸弘(コンサルタント)

上司がいつも怒っていると、部下は何か言われたときに「この場をどうやって切り抜けようか」「どうやって逃げようか」と後ろ向きの発想しかしなくなります。「どうすれば改善できるか」という前向きな発想が出て来ないのです。


窪田良

創業後はずっと会議室がなかったので、オフィスのそばのコーヒーショップでよく打ち合わせをしていました。すると、いつも遅くまでワイワイガヤガヤやっていたからでしょうか。ある時、店主が「君たちは何をしているのか」と聞いてきました。そこで、失明を防ぐ治療薬を開発していると説明すると、すごく感激してくれて、その日のコーヒー代をまけてくれました。たった1回のコーヒー代にすぎません。ですが、このような社会の温かい目は、ともすれば壁に突き当たってくじけそうになっているベンチャー企業にとって、大きな心の支えになります。


竹田和平

株に絶対はないし、株価が思惑に反して上下するのは当然のこと。だから誰でも必ず失敗する。問題はそこから先で、失敗から何を学べるか。失敗して、損した結果がすべてを教えてくれる。


金指潔

表の目線または社会の目線を変えて新しい価値の目線で見ると違った価値を見つけ出すことができる。


永持孝之進

後継者選びは社長の一番の仕事。


サミュエル・スマイルズ

歓楽を適度にするのは健康への道である。しかし過度に陥ると、必ず心を惑わし身体を損ずる。


増田正造

信長にしても秀吉にしても家康にしても、どうしてあれほど能に入れ込んだのか。それは-体なぜだろうかと、いつも私は考えています。もしかしたら、能を通して自らの仕事や使命を結びつけ、考察していたのかもしれません。実業の世界も能も相手がいるところが共通するところ。だから互いに学べ合えるのではないでしょうか。


佐々木眞一

1960年代以降、日本の多くのメーカーはQCサークル(小集団改善活動)に力を入れ、登録数は右肩上がりで増えました。しかし90年代初めのバブル崩壊で日本経済が低迷。製造業は新興国に追い上げられ、コスト削減の圧力が高まりました。そんな中、QCサークルをやめる会社が増えてきた。それでも、突然品質が悪くなって、生産性がすぐに落ちるわけではありません。それは5年後、10年後に効いてくる。人材を育てて、プロセスをきちんと管理しないといけません。


松浦弥太郎

生きるとは弱い内面と向き合うこと。


岡田元也

見方の問題じゃないですか。仮に破綻した会社や、破綻しかけている会社があっても、どこを見るか。チャンスがあるのに、そう見ることを知らない会社もある。


菅野寛

学んだら、具体的にアクションをどう変えるのかというところまで考えるクセをつけることが大事です。


原晋

年齢を経て、気力と体力の低下を感じている人にとって、ランニングは自信を取り戻す絶好の機会。ランニングでやりがいと自信を得られれば、仕事も前向きに取り組めます。


荻原博子

インフレに対応するのに慌てる必要はありません。インフレが起きると金利や給料が上がり、物価も上昇します。金融商品を解約し、預け替えしなくてはならなくなるかもしれません。でも、それはインフレが起きてから対応しても十分間に合います。何百億円ものお金を動かしているプロなら、1日対応が遅れると数億円の損になるかもしれませんが、一般家庭では、損といってもそれほどの額にはならないでしょう。


宮沢俊哉

会社設立の当初には、「日本ナンバーワンを目指す!」という大それた目標を掲げてあえなく挫折し、「まずは埼玉西部ナンバーワンから……」と大幅縮小した経験もあります。そう考えると、どんな状況でも目標を設定することが大事ですね。力がみなぎっているときは大きな目標、それに現実性を感じられないときは小さな目標を立てる。そうすれば、逆境にあっても前を向き続けることができます。