名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中村一也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村一也のプロフィール

中村一也、なかむら・かずや。日本のビジネス評論家。京都大学経済学部卒業後、大手金融機関を経て独立。

中村一也の名言 一覧

普通の人は、依頼された仕事をそのまま引き受けるため、どんどん仕事が積み上がっていく。一方、仕事が速い人は、引き受ける時に必ず、仕事の量を減らすための交渉を依頼主としている。


私がサラリーマン時代に実践していた仕事量を減らす交渉術は3つ。後になって切り出すと、「怠けようとしている」という印象を持たれかねないので、仕事を受ける瞬間に交渉します。

  1. 依頼主が重視するポイントをハッキリさせる。
  2. 仕事の期限を延ばしてもらい、今日やる仕事量をセーブする。
  3. 他の人と一緒にやる許可を取って、同僚と仕事を分担する。

中村一也の経歴・略歴

中村一也、なかむら・かずや。日本のビジネス評論家。京都大学経済学部卒業後、大手金融機関を経て独立。

他の記事も読んでみる

酒巻久

「オレは知らなかった、早く言えばオレが何とかできた」と怒るのは自分の不甲斐なさに言い訳をしているだけ。優秀と言われる人が集まる会社でもこういう上司は多い。普段から部下の人間性をよく理解し、コミュニケーションがとれていれば、そんな言葉は出ませんし、そもそも降ってわいたようなトラブルも起きないはず。一流の上司は常に「こんな問題が起きる可能性がある」「問題が起きたときは一緒に考えよう」と部下に声をかけていますから。


レイ・クロック

大企業の上に立つ者には、背負わなければならない十字架がある。そこに上りつくまでに、多くの友人を失うことになる。


元祖爆笑王

人と会う場合、最初は謙(へりくだ)ったほうがいい。勝手に自分が年上だと思って「上から」入ってはいけない。また、実際に相手が年下の場合は、説教調にならないように注意すべきです。


堀公俊

理想の会議への3つの質問

  1. 限られた時間の中で、成果と参加者の満足感の両方を満たせたか。
  2. 問題を表面的にとらえず、本質についての深い議論ができたか。
  3. たんなる理想論に終わらず、実行につながる結論を出せたか。

坂根正弘

日本が強いのは開発力と生産力の組み合わせです。開発と生産が一体になってコンスタントに改善を積み重ねることによって、製品の特長を作ってきた。その意味で、開発は日本でやるけれど、作るのはコストが安いところでというのはおかしいわけです。本当にそうなったら、果たして日本に勝ち目はあるのか。


鈴木敏文

トップ以下、現場に至るまで、日々問題を明確にすることで、誰もが数字に関心を持ち、敏感に反応するようにする。私が指示を出さなくても、担当部門は対応に動くでしょう。


村川勉

私が心掛けてきたことは結論を先送りにしないこと。一社員であれば、少し立ち止まることも許されますが、経営トップは必ず結論を出さねばなりません。なぜなら、企業は止まってはならないからです。


武田双雲

僕らの生活をもう一度、冷静に見直してみると、あらゆる便利なものに囲まれている。どれだけ恵まれているか、ちょっと書き出してみませんか。水道、電気、布団、携帯、テレビ、インターネット、家具、洋服、コンビニ、スーパー、食材……すぐに100を超えると思います。書くだけで心が洗われると思います。これらは、当たり前ですがどこかの企業が作っています。つまり、一人一人の日々の働きの上に、僕らの便利な生活が成り立っている。だから、一人一人が、どういう経緯で、どのような努力の上に今の便利な生活が成り立っているかを「想像」すること。想像すればするほど自然と、感謝の心がこみあけてくるはずです。感謝の心がこみあげてくれば、自然と行動が変わります。行動が変われば結果が変わります。


坂根正弘

日本企業の間接部門の生産性が低いという議論がありますが、それは個人の能力の問題ではなく、例えば経理にしても、日本では自前のソフトウェアを作り、きめ細かくやっており、人が入れ替わると仕事にならない。一方、アメリカはERP(統合型ソフトウェア)を導入して多くの会社が業務を共通化し労働移動を容易にしている。


御手洗冨士夫

原価に占める労働コストの比率を下げるということが一番大事なのであって、一人ひとりの賃金を下げることではない。働く人の一人ひとりの賃金は高くてもいいんです。むしろ、これからは高くしていかないといけない。


村西とおる

苦しいときほど、自分の本当に欲しいもの、やりたいことを考えるナイスなチャンスなのです。不況だ、金融不安だと騒がれますが、マスコミなんぞに惑わされてはなりません。不安を抱えて縮こまるか、不況や金融不安が何ほどのものだと思うかが分かれ目になり差が出てきます。


大西紀男

会社というのは取引先であり、社員であり、協力会社であり、関係者の信頼でできている。