中村一也の名言

中村一也のプロフィール

中村一也、なかむら・かずや。日本のビジネス評論家。京都大学経済学部卒業後、大手金融機関を経て独立。

中村一也の名言 一覧

普通の人は、依頼された仕事をそのまま引き受けるため、どんどん仕事が積み上がっていく。一方、仕事が速い人は、引き受ける時に必ず、仕事の量を減らすための交渉を依頼主としている。


私がサラリーマン時代に実践していた仕事量を減らす交渉術は3つ。後になって切り出すと、「怠けようとしている」という印象を持たれかねないので、仕事を受ける瞬間に交渉します。

  1. 依頼主が重視するポイントをハッキリさせる。
  2. 仕事の期限を延ばしてもらい、今日やる仕事量をセーブする。
  3. 他の人と一緒にやる許可を取って、同僚と仕事を分担する。

中村一也の経歴・略歴

中村一也、なかむら・かずや。日本のビジネス評論家。京都大学経済学部卒業後、大手金融機関を経て独立。

他の記事も読んでみる

冨安徳久

我々はやり直しのきかない仕事をしています。たった一度の人生で、最初で最後の儀式をやっているのです。覚悟を持って入社してきてもらわなくては困ります。その覚悟を、最初の研修のみならず、配属されてから呼び戻してでもまた伝える。何のために働くのか、何のために生きるのかを、毎回、角度を変えて話しています。


鎌田薫

高校までは、必ず正解がある問題を解いているわけですが、実社会にはなかなか正解が見つからない問題が多い。そういうことに対して、どうやって解決策を見出していくのか。解決策を見出すための手順を身に付け、一生難題に向かい続けるための足腰をどれだけ鍛えていくのかが、これからの大学には求められている。


杉本真樹

パートナーを選ぶときの基準は、一緒に何かやって楽しかった思い出を共有している人や、知り合って日が浅くても、同じポイントに感動できるなど、自分と感覚が近く、シナジーを生む可能性を感じた人。想定外の力を引き出しあえたら最高ですね。


若松秀夫

日本らしさに対するこだわりは自分なりに持っているつもりです。日本らしさというと、たとえば「生地に和柄を使う」といったことがすぐに思い浮かびますが、私はそれを日本らしさだとは思いません。私は日本らしさとは、機能美に対する飽くなき探求心だと考えています。


岡本太郎

人間はマイナス面の方も多く持っている。マイナス面があればあるほど逆にファイトを燃やして、目の前の壁と、面と向かって対決するわけだ。


鵜澤静

新規事業を行なっていくにも、事業性を見極めることが非常にむずかしい。我々も「時代の要請に応える」という言い方をよくするが、商品投入のタイミングが早すぎるとマーケットがなく、反対にわずかでも遅れたら、勝負は負けである。


鎌田實

行動パターンを変えることでも、人は変わることができる。手っ取り早いのは起床と就寝時間を変えること。早起きを習慣化するのもひとつの方法。


鈴木純(経営者)

川上だけじゃなくサプライチェーン全体の中で一番付加価値が付けられる部分に軸足を移すことを重視しています。社内でも勘違いをしている人が多いんですが、必ずしも川中、川下に出るというわけでなく、一番儲けられる部分をやる。


室伏広治

はじめてハンマーを投げたとき、父が「お前にはセンスがある。しっかりやる気があるのならば、日本記録は超えられる」と言ってくれました。ですから、記録を超えることに悩むよりも、超えてからが自分の競技生活で本当の勝負になるんだと思ってやってきたんです。


高橋和志(造船技師)

祖父も父も、船大工の棟梁でした。うちは江戸時代から続く船大工の家だった。その二人の背中と、家に住みこんでいた100人以上の職人の背中を見て育ったんです。だからいまでも、何かあると祖父や父ならどうしていたかなと思うし、そこに答えがあるような気がする。


上昌広

自分や家族の生命を安心して預ける病院を、どうやって選べばいいのか。それは病院の財務諸表をチェックすればいい。大学病院は現在、財務諸表を公開するようになっており、会計の知識があるビジネスパーソンであれば、これを活用しない手はない。財務諸表は、よく「企業経営者の通信簿」といわれるが、それは病院経営者にとっても同じことだ。経営が健全な病院は、医療の質も高いと見て間違いない。利益が上がっていれば、人材や医療設備、医療施設への再投資も可能になる。逆にいえば、病院も「貧すれば鈍する」のである。赤字続きの病院は、医師や看護師の人件費カットに走り、それが安全性の低下を招く。大学病院からの給与だけで生活できない医師は、アルバイトに精を出し、その結果、病院は「無医村」になる。近年、私立の大学病院で起きている医療事故を見ていると、起こるべくして起こったと感じる。


箭内道彦

肝心なのが腰の低さと礼儀正しさです。「こんな外見なのに、案外、しっかりしているんだな」と思ってもらうことです。第一印象と第二印象のギャップですね。こういう場合もこの外見が役立つんです。


田中角栄

結局、努力、勉強だ。こういったものが、運をとらえるキッカケになる。そのうえで、運を変えて見せるという気概も不可欠だ。


岩渕拓也

私も以前はかなりのハードワーカーでした。でも人って、時間の管理をされなくなると逆に規則正しくなるんだと分かったんです。体の生理的リズムから、自然に一日の流れができるんですね。朝、目が覚めます、お腹が空きます、夜眠くなります……、全て自分のリズムによって規定化されてくるということを実体験しました。そこに逆らうことがオーバーワークということになります。


加賀見俊夫

満足度を高めるには、ゲスト(お客様)が不満や不快、不便に思う要因をひとつひとつ取り除くことも重要です。代表例が混雑や夏場の暑さへの対策でしょう。


ページの先頭へ