名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中村シュフの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村シュフのプロフィール

中村シュフ、なかむら・しゅふ。日本のお笑い芸人。埼玉県出身。東北生活文化大学家政学部卒業。家庭科教員免許、保健教員免許、整理収納アドバイザーなどの資格を取得。主夫芸人として活動。

中村シュフの名言 一覧

トイレ掃除がビジネスの成功につながるという話も、あながちウソではないと思いますよ。僕の場合は、家事をしている時に仕事のアイデアが思いつくことも多いですし。生活感覚を身につけることは、ビジネスパーソンとしても大切なことなんじゃないかなって思います。


普段、「仕方なく」やる掃除や洗濯も、積極的な「リフレッシュ」と捉えてみてください。モノを片づけたり、きれいにした時の「スッキリ感」は、そのままメンタルのスッキリ感につながります。


自分や家族に厳しくしすぎないことも、家事のモチベーションをキープするポイント。予定通りにいかなくても、「まあ、いいか」と「いいかげん」になることも大切ですよ。


家事の最終的な目的は、自分や家族が「健康」で「快適」に暮らすこと。明日への活力を再生産するのも、家事の役目です。だから正直、家事はもっと評価されていいと思うし、僕は家事って、「義務」じゃなく「権利」だと考えているんです。生活をデザインする権利、とでも言いますか。


どういう生活をしたいかという具体的・現実的なイメージを持つことによって、おのずとやるべきことが見えてくるはず。僕の場合は、なるべくモノを増やさず、シンプルに暮らすのが理想なので、備えつけの収納に収まらないものは買わない、買うなら今ある何かを処分する。収納スペースにも家賃は発生しているんだと思うと、馬鹿馬鹿しいですもんね。ただ、奥さんが「北欧家具が欲しい」と言ったりすることもあるので、そこは話し合いで、譲れるところは譲ります(笑)。夫婦が仲良しでいることも、家事の大事な目的の一つですから。


当時男性が入学可能な家政学科のある大学は限られていたので、進路はすぐに決まりました。もちろん8~9割の学生は女子でしたが、「思ったよりも男子がいる!」と思いましたね。ちょっとホッとしました。大学では、「家庭生活と、その周辺も含めて家事である」ということで、それこそ調理健康管理、家族関係学、住居学、消費生活論などを幅広く学びました。結局、教職には就きませんでしたが、今の生活に役立つことは多いです。


家事については、子供の頃から興味がありまして、料理や収納、模様替えなんかも積極的にやる子でした。だから、もともと主夫の適性は高かったのかもしれませんね。高校は男子校だったんですが、ちょうど男子も家庭科が必修になった年で、家庭科の先生に「これからは女性も男性と同じように働く社会になるから、男性が家庭科を習得することはとても大切。みんなはその先駆者になってほしい」といった教えを受けました。それで一層、その世界に興味を持つようになったんです。


中村シュフの経歴・略歴

中村シュフ、なかむら・しゅふ。日本のお笑い芸人。埼玉県出身。東北生活文化大学家政学部卒業。家庭科教員免許、保健教員免許、整理収納アドバイザーなどの資格を取得。主夫芸人として活動。

他の記事も読んでみる

古川武士

仕事を効率的にして、早く帰宅して、家族との時間や個人的な趣味の時間を増やしたい。ほとんどの人がそう願っています。しかし現実問題、それを実現できている人は少数派です。なぜかというと自分がなんらかの理由で仕事に集中できない。まず、これがひとつ。もうひとつは第三者によって仕事の邪魔や横取りをされるケース。付き合い酒は、後者にあたります。


阿部譲

いくら教育しようとしても勉強する気のない人間はしないわけですからね。企業でも最近は社員教育に力を入れていますが、あれだって本人次第なんです。ああいった研修というのは副次的なもので本当の生きた勉強は仕事中ですよ。


ファンキー加藤

僕は日本で一番名前負けしているミュージシャンなんです。性格的に何か物事が始まる前はネガティブな目線で見えてしまうし、ライブの前はいつもガクブル。全然、ファンキーじゃないんですよ。ソロになった直後、この不安や劣等感をどうにか拭い去ってやろうと足掻いてもみたんです。でも、どうにもならなかった。だったら、前に進んでいく力にしてしまおう、と。不安を正面で抱きかかえず、背中に背負いながら、でも、振り切ってやろうと前に進んでいく感じです。


松橋良紀

ジャンケンと同じく、会話も後出しすれば、絶対に勝ちます。こちらから先に意見を言うのではなく、まずは相手の言い分を聞き、それを認めてから話を始めましょう。言い分を認められた上での反対意見は、相手も納得しやすくなっています。


田中仁(経営者)

人との関係においては、積極的なアプローチをするとむしろ相手は逃げてしまうのではないでしょうか。自然体でいれば、いずれ「時」が来るものです。


溝口勇児

私は「ギバーズゲイン(与える者は与えられる)」という言葉が好きで、自分が満たされているのであれば、それを多くの人に還元するのが正しい生き方であろうと。欧米で成功している企業はみな寄付や慈善活動をしていますし、お陰様で当社も順調に事業が成長してきているので、そういう意味では、社会に還元することも大事であり、弊社の世界中の人の健康をサポートするというビジョンに適っていると考えています。


ジェローム・シュシャン

正しいプロセスをきちんと踏めば、自ずと「的」に当たる。偶発的な要因によって、売上げや利益が上がらないこともあります。コントロールできないことに意識を向けていると、つらくなる。しかし、プロセスは自分でコントロールできる。


樋口武男

健康であれば仕事を継続しようと思っています、80歳まではね。そう考えるようになったのは、健康だからです。そもそも創業者から「75歳まではやってくれ」と言われたのですが、それは元気でやれる間はやってくれという意味ですから。ただし、創業者は81歳で亡くなっており、さすがにその歳を超えてまで取締役を続けるのは控えようかなと思っています。どうしても残ってくれと周りから言われれば、第一線からは完全に引いた形で社友などとして関与することはあり得ます。


長谷川和廣

真のプロ社員とは、ミニ社長型の人材です。会社全体の仕事を俯瞰して、自分の行動を考えることができる人。「こんな場面では、社長ならどう判断するか」と常に思考をする人です。逆に上司に命じられた仕事をただこなしている人は、いつまでたってもプロにはなれません。


林雄司

「相手と直接会って頼む」というのは、想像以上に大きな効果があります。たとえば同じ昇進祝いを伝えるのでも、メールで書いても「儀礼的に送ってきたんだな」と思われかねません。でも、対面で笑顔で「おめでとうございます!」といえば、「本当に祝ってくれてる!」と伝わります。直接会うほうが微妙なニュアンスが伝わるし、伝えられる言葉の量も断然多い。だから同じ「予算は少ないですが、なんとかお願いできれば……」とお願いするのでも、メールで書くのと直接会って話すのでは、親近感や心の距離が段違いなのです。


山下俊彦

人間をつくるということは、仕事を任せるということ。


泉谷しげる

別の角度から見てみたらいいんだよ。絶対違うやり方が見つかるって。