名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中村シュフの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中村シュフのプロフィール

中村シュフ、なかむら・しゅふ。日本のお笑い芸人。埼玉県出身。東北生活文化大学家政学部卒業。家庭科教員免許、保健教員免許、整理収納アドバイザーなどの資格を取得。主夫芸人として活動。

中村シュフの名言 一覧

トイレ掃除がビジネスの成功につながるという話も、あながちウソではないと思いますよ。僕の場合は、家事をしている時に仕事のアイデアが思いつくことも多いですし。生活感覚を身につけることは、ビジネスパーソンとしても大切なことなんじゃないかなって思います。


普段、「仕方なく」やる掃除や洗濯も、積極的な「リフレッシュ」と捉えてみてください。モノを片づけたり、きれいにした時の「スッキリ感」は、そのままメンタルのスッキリ感につながります。


自分や家族に厳しくしすぎないことも、家事のモチベーションをキープするポイント。予定通りにいかなくても、「まあ、いいか」と「いいかげん」になることも大切ですよ。


家事の最終的な目的は、自分や家族が「健康」で「快適」に暮らすこと。明日への活力を再生産するのも、家事の役目です。だから正直、家事はもっと評価されていいと思うし、僕は家事って、「義務」じゃなく「権利」だと考えているんです。生活をデザインする権利、とでも言いますか。


どういう生活をしたいかという具体的・現実的なイメージを持つことによって、おのずとやるべきことが見えてくるはず。僕の場合は、なるべくモノを増やさず、シンプルに暮らすのが理想なので、備えつけの収納に収まらないものは買わない、買うなら今ある何かを処分する。収納スペースにも家賃は発生しているんだと思うと、馬鹿馬鹿しいですもんね。ただ、奥さんが「北欧家具が欲しい」と言ったりすることもあるので、そこは話し合いで、譲れるところは譲ります(笑)。夫婦が仲良しでいることも、家事の大事な目的の一つですから。


当時男性が入学可能な家政学科のある大学は限られていたので、進路はすぐに決まりました。もちろん8~9割の学生は女子でしたが、「思ったよりも男子がいる!」と思いましたね。ちょっとホッとしました。大学では、「家庭生活と、その周辺も含めて家事である」ということで、それこそ調理健康管理、家族関係学、住居学、消費生活論などを幅広く学びました。結局、教職には就きませんでしたが、今の生活に役立つことは多いです。


家事については、子供の頃から興味がありまして、料理や収納、模様替えなんかも積極的にやる子でした。だから、もともと主夫の適性は高かったのかもしれませんね。高校は男子校だったんですが、ちょうど男子も家庭科が必修になった年で、家庭科の先生に「これからは女性も男性と同じように働く社会になるから、男性が家庭科を習得することはとても大切。みんなはその先駆者になってほしい」といった教えを受けました。それで一層、その世界に興味を持つようになったんです。


中村シュフの経歴・略歴

中村シュフ、なかむら・しゅふ。日本のお笑い芸人。埼玉県出身。東北生活文化大学家政学部卒業。家庭科教員免許、保健教員免許、整理収納アドバイザーなどの資格を取得。主夫芸人として活動。

他の記事も読んでみる

井上礼之

パラダイムシフトの時代では、M&Aや提携、連携の重要性はますます高まります。すべて自前で賄いながら市場を攻略しようとすれば、それを担う人材の育成や確保に時間がかかり、手遅れになることが往々にしてあるからです。


福沢諭吉

どんなに貧しく賤(いや)しい者でも、なぜ貧乏で賤しいか、その原因を知り、それが自分にあるということが分かれば、決して、やたらに他人を怨望したりはしません。


ロバート・キヨサキ

「経営が良ければ金はついてくる」というビジネス格言を肝に銘じることだ。私もよく自分に問いかけている。私の会社を精査しようとしている他社が、注目する点はどこだろうか。私の会社とビジネスをしたいと思っているパートナーや投資家が、私の経営チームのメンバーや、チームとしての強さを検証したとしたら、どのような結論を下すだろうか、と。


安齋政信

私が仕事を始めて1年ほど経ったころ、私の姉の夫、つまり義理の兄が亡くなってしまいました。義兄は、私の勧めにしたがってお客さんになってくれていたのです。その義兄の死亡保険金の手続きは、私がしなければなりません。自分の仕事とはいえ、人の悲しみを商売にしているような感じがして、それは本当にショックでした。保険の仕事を辞めようかとも考えました。そんなとき「あなたが手続きやアドバイスをしてくれたおかげで、本当に助かった。保険があったから子供を路頭に迷わすこともないし、悲しみをリセットできる時間ももてた。ありがとう」。姉はそういってくれたのです。保険と聞くと、不必要なものを押し売りするようなイメージを持つ人もいます。でも、本当は必要で、確実に人様のお役に立てるもの。だから、自分の仕事にもっと自信をもっていいんだと、そう確信できたんです。姉をはじめ、いままで保険が役立ったお客さんの顔を思い浮かべると自然とやる気が出てくるんです。


山崎元

投資とは、取れるリスクの範囲内において、金融資産を適切な場所に置き、経済に参加させて稼ぐこと。勝算の低い勝負は避けるべき。


濱松誠

やはり経営トップと入社数年の若手や新入社員の思いを一つにすることが大事。


さかなクン(宮澤正之)

「どうしても聞きたい!」「あの先生に会って話してみたい!」となると止まらない。好奇心とワクワクで飛び込んでいくと、皆様が受け入れてくださいます。それが結果的に、お魚を通じた人の輪を広げてくれているのかもしれません。


鈴木敏文

過去の延長で物事を考えていると判断を誤る。


渡瀬謙

「買ってください」とお願いするから、「嫌です」と断られる。そうではなく、「この商品はこんな特徴がありますが、買いますか?」と選択肢を与えてあげれば、顧客は買うか買わないかを選ぶことになるので、買わないとしても断られることにはなりません。結果は同じかもしれませんが、自分を否定されたわけではないので、立ち直れないほどの落ち込みは感じません。


太田彩子

毎回同じ名刺を置いて帰るのもつまらないので、1回目は普通の名刺、2回目にはシールを貼った名刺、3回目はメッセージを書くなどして、毎回名刺に変化をつけていました。普通は名刺や手紙は捨てられますが、毎回変化をつけるとお客様も捨てづらくなり、10回目くらいになると「仕方がないから、話を聞いてあげるよ」となりました。


青木定雄(兪奉植)

いま、日本人の間から、かつての質素や勤勉、自立心といった美徳が失われかけている気がしてなりません。不況から抜け出せないのは政治や行政、金融機関が悪いからだというのは簡単です。しかし、資本主義の下で、日本が元気になるにはそれぞれの企業が良いモノやサービスを生み出して競争に勝つしかありません。そのためには苦しみ抜くしかないんです。「苦労は買ってでもしろ」。そんな精神をもう一度、取り戻してもらいたいと私は切に思います。


岡崎富夢

お客さんに喜んでもらえる家を売るという理由を共有できずにお金儲けのためだけに僕らと組んでいるところは、やっぱり口だけで動かない。理念を共有できるパートナーと出会うのは難しいです。