名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中本繁実の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中本繁実のプロフィール

中本繁実、なかもと・しげみ。日本の発明家。「発明学会」会長。長崎県出身。工学院大学工学部卒業後、社団法人発明学会に入社。発明学会会長、東京日曜発明学校校長、工学院大学非常勤講師などを務めた。

中本繁実の名言 一覧

試作品ができたら多くの人に見てもらいましょう。批判されてアイデアは磨かれていくのですから。


「これ、不便だな」「なんでこんなに使いにくいのかな」。日常感じる不便はアイデアの宝庫。商品化されやすい特許は多くの人が感じている不便を解消するもの。不平不満ばかり言っている人のほうが発明の才がある。活かさぬ手はありません。


アイデアは仕事や趣味、日常の習慣など身近なところから探しましょう。身近な分野でないと、思いつきが斬新かどうか判別がつきません。


一から新しいものを考えなくても、既存の物に何か付け加えたり、一部を変えたりすると、良い案が浮かぶことがある。「鉛筆+ケシゴム=ケシゴム付き鉛筆」のように、既存の物を組み合わせてみるのも良い。意外な物同士をくっつけてみましょう。


発明のアイデアはなるべく好きな分野・得意な分野で探すべき。どんな商品が喜ばれるか、調べなくても大体わかるだろうし、アイデアを探し続けても苦になりません。そう考えると趣味の分野はおすすめ。実際、スポーツ用品の特許を取った人はたくさんいます。


発明のアイデアが思い浮かんだら、試作品をつくるべきです。出願の際は不要ですが、作ってみるとアイデアの弱点が見えますし、企業にも売り込みやすくなります。完璧に仕上げなくても大丈夫。どんな機能があるかわかればOKです。


ダラダラ長文では企業の担当者も読む気が失せる。企画書は写真や図解を用いて簡潔に。


試作品をつくるとき、材料を100円ショップで探すなど、お金をかけない工夫を心がけると、企業の開発担当者にない発想が生まれる。


一攫千金を夢見てばかりで、一向に手を動かさない人が多い。これでは何も生まれません。


発明のアイデアを閃くための5つのコツ

  1. 日常の中野不便さを見つけて解決策を考える。
  2. 自分の興味のあるものから題材を探す。
  3. 自力で試作できるシンプルな発明にする。
  4. 既存のものに手を加えたり改良したりしてみる。
  5. 第三者の意見を聞いてみる。

「日常生活の不満」に注目する。これが斬新なアイデアを見つけ出す一番の近道です。実際、特許をお金に変えた人の多くはこのパターンなんですよ。誰でも不満は持っていますが、多くの人は見過ごしている。見過ごさない意識を持てばアイデアが見つかるわけです。実体験がともなうと、アイデアが現実的になる。企業に売り込む時も説得力が出てきます。


どんなに素晴らしい発想や思いつきも、頭の中にあるだけではお金にならない。試作品をつくって、企業に売り込みましょう。アイデアを形にして、人に伝えようと行動することで、莫大なロイヤリティをつかむチャンスが広がる。


中本繁実の経歴・略歴

中本繁実、なかもと・しげみ。日本の発明家。「発明学会」会長。長崎県出身。工学院大学工学部卒業後、社団法人発明学会に入社。発明学会会長、東京日曜発明学校校長、工学院大学非常勤講師などを務めた。

他の記事も読んでみる

エレン・クルマン

世界規模で進むメガトレンドを前提に経営方針を設定することは、従業員が目的意識を持って働く原動力にもなります。


小島順彦

国際社会では、まずは自分の考えを持つことが肝要である。自分はどう思い、何をしたいのか。意思表明がなければビジネスは始まりません。言語はあくまでも相手に自分の意志を伝える手段です。いくら正しい発音や文法ができたところで、伝える中身がなければ宝の持ち腐れに終わってしまいます。
【覚書き|30代で2年間サウジアラビアに駐在し、世界中から集まった人々と仕事したとき、発音も文法もめちゃくちゃな英語を使う非英語圏の人たちが活発に意思表示するのを見たときのことを語った言葉】


大原光秦

ノルマがあると協力する気持ちは生まれない。担当営業マンが不在の時にサービスが行き届かないでは非効率。でも、ノルマがないとみんなが協力するため、いつ誰が接してもお客様は心地よい。だから来たくなるし、買いたくなるんです。


水野和敏

モチベーションが上がらない、という人は、まずは「なんのために仕事をしているのか」を問い直してみること。会社というスケールではなく、社会のために仕事をするという原点を思い出すことが大事です。


島津義久

家を治めるほどの者は、また、国を治めることもできる。民を憐む者を、君の器と見なす。


小山昇

正しい情報とは何か。それはお客様に商品やサービスの形で聞いてみないとわかりません。商品やサービスが売れてはじめて「あの情報は正しかった」とわかります。正しいかどうかは後付けでしかわからないのだから、とにかく早く市場に問うたほうがいい。それがもっとも早く正解にたどり着く方法です。


落合寛司

野球少年はお金がもらえるわけでもないのに、毎日真っ黒になって練習する。それは自分の好きなことだから、夢があるから、苦にならない。仕事でも、将来の夢があれば自ら努力します。


横井啓之

「起業・独立をして何かを犠牲にする生き方は、世の中で私で最後にしたい」とさえ思います。会社を辞めようと思っている人がいたら、もっと慎重に考えてほしい。多少の不満はあっても、会社に守られているという状況は、実は幸せではないでしょうか。それでも本当に起業したいというのであれば、なるべく早く始めて、小さい失敗をたくさん経験してほしいですね。


吉岡秀和

水がたまる桶があっても、蛇口をつけなければ仕組化にはなりません。


横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

自分のサイトをつくって宣伝するのは当然ですが、実績のない人には頼みにくいもの。なので、最初は無料キャンペーンでもいいので、いくつかの実績をつくること。それだけで信頼感は格段にアップします。


ウォルト・ディズニー

訴えたいなら訴えてください。特定の株主のためではなく、会社全体の利益のために、私たちはやる必要があると判断したことをやっているのです。<br>【覚書き:ディズニー社の株価が低迷した時、一部の株主が訴訟をちらつかせ、株価対策に新しい事業計画を発表しろと迫った時に語った言葉】


塩原研治

セイコーの研修センターの先生は、「教えられたことをしているだけでは応用してものを考えて実行することができないから、世界では勝てないのだ」という考え方を徹底していたんです。しかも、ただ放任というのではなく、「○○を一時間以内に、○○の精度で」と、こちらに与える課題がとてもハッキリしていて適切なんです。課題を解くために必要な工程を自分で工夫して作るので「やらされるもの」にはならない。おかげで、自分だけの領域を開拓する楽しみにのめりこみました。