名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中本繁実の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中本繁実のプロフィール

中本繁実、なかもと・しげみ。日本の発明家。「発明学会」会長。長崎県出身。工学院大学工学部卒業後、社団法人発明学会に入社。発明学会会長、東京日曜発明学校校長、工学院大学非常勤講師などを務めた。

中本繁実の名言 一覧

試作品ができたら多くの人に見てもらいましょう。批判されてアイデアは磨かれていくのですから。


「これ、不便だな」「なんでこんなに使いにくいのかな」。日常感じる不便はアイデアの宝庫。商品化されやすい特許は多くの人が感じている不便を解消するもの。不平不満ばかり言っている人のほうが発明の才がある。活かさぬ手はありません。


アイデアは仕事や趣味、日常の習慣など身近なところから探しましょう。身近な分野でないと、思いつきが斬新かどうか判別がつきません。


一から新しいものを考えなくても、既存の物に何か付け加えたり、一部を変えたりすると、良い案が浮かぶことがある。「鉛筆+ケシゴム=ケシゴム付き鉛筆」のように、既存の物を組み合わせてみるのも良い。意外な物同士をくっつけてみましょう。


発明のアイデアはなるべく好きな分野・得意な分野で探すべき。どんな商品が喜ばれるか、調べなくても大体わかるだろうし、アイデアを探し続けても苦になりません。そう考えると趣味の分野はおすすめ。実際、スポーツ用品の特許を取った人はたくさんいます。


発明のアイデアが思い浮かんだら、試作品をつくるべきです。出願の際は不要ですが、作ってみるとアイデアの弱点が見えますし、企業にも売り込みやすくなります。完璧に仕上げなくても大丈夫。どんな機能があるかわかればOKです。


ダラダラ長文では企業の担当者も読む気が失せる。企画書は写真や図解を用いて簡潔に。


試作品をつくるとき、材料を100円ショップで探すなど、お金をかけない工夫を心がけると、企業の開発担当者にない発想が生まれる。


一攫千金を夢見てばかりで、一向に手を動かさない人が多い。これでは何も生まれません。


発明のアイデアを閃くための5つのコツ

  1. 日常の中野不便さを見つけて解決策を考える。
  2. 自分の興味のあるものから題材を探す。
  3. 自力で試作できるシンプルな発明にする。
  4. 既存のものに手を加えたり改良したりしてみる。
  5. 第三者の意見を聞いてみる。

「日常生活の不満」に注目する。これが斬新なアイデアを見つけ出す一番の近道です。実際、特許をお金に変えた人の多くはこのパターンなんですよ。誰でも不満は持っていますが、多くの人は見過ごしている。見過ごさない意識を持てばアイデアが見つかるわけです。実体験がともなうと、アイデアが現実的になる。企業に売り込む時も説得力が出てきます。


どんなに素晴らしい発想や思いつきも、頭の中にあるだけではお金にならない。試作品をつくって、企業に売り込みましょう。アイデアを形にして、人に伝えようと行動することで、莫大なロイヤリティをつかむチャンスが広がる。


中本繁実の経歴・略歴

中本繁実、なかもと・しげみ。日本の発明家。「発明学会」会長。長崎県出身。工学院大学工学部卒業後、社団法人発明学会に入社。発明学会会長、東京日曜発明学校校長、工学院大学非常勤講師などを務めた。

他の記事も読んでみる

宗次徳二

一人のケースはみんなのケースです。一店で起きた失敗は全店で起こり得ます。


水谷孝次

僕が自分の事務所を立ち上げたのは、31歳のころです。思えば、それまでの20代は、ひたすらもがき続けた日々でした。もともとの才能も、立派な学歴も人脈も持ち合わせていなかった僕は、ただ「デザインをやりたい」「いい作品をつくりたい」という一心で仕事をしてきました。それが次第に実を結び、企業から「水谷さんに」と指名で仕事がもらえるようになった。それでフリーでやっていく決心がついたのです。


岩崎弥太郎

およそ事業をするには、まず人に与えることが必要である。それは、必ず大きな利益をもたらすからである。


池田清彦

聞く耳を持たない人の典型は、自分の思い込みが激しい人。自分が考えているもの以外の概念が世の中には存在する、ってわからない人がいるんだよ。例えば、「犬」や「猫」みたいに単純な言葉なら、誤解もなくお互いに理解できる。それが「正義」だとか抽象的な言葉になると、人によって考え方は千差万別だろ。にもかかわらず、話が聞けない人はみんなが自分と同じように考えている、と思い込んでいる。多様性が受け入れられないんだな。


白石達

損失を出した分、契約でリスク管理をする重要性を学びました。これからは海外が舞台でも十分に戦えます。
【覚書き|ドバイで受注した都市交通システム建設工事で巨額の損失を計上したことを振り返っての発言】


島田政直

私が入社した1973年にアメリカに工場ができたんです。「これはチャンスがあるかもしれない」と思って、入社5年目のとき「アメリカでしょうゆを売りたい」と上司に申し出た。まさか、それから30年以上も海外勤務を続けるとは思いませんでしたが。


山下和美

40歳を過ぎたら止まっちゃダメです。1日でも休んだら、下手になります。ここでも、崖っぷちの綱渡りですね。もうマンガを書くだけで、精一杯です。


野村和史(経営者)

うちの製品は工場見学に来て1日じーっと眺めても、なかなか真似できないんです。特許情報を見て理屈がわかっても、加工精度と品質、耐久性が違う。


田中邦彦

管理職になって部門を率いる立場になったら、目標達成がその人の評価のすべてですから、努力賞はもらえません。経営の一端をになっているという責任の重さはもちろんのこと、その人の判断ひとつで会社が傾くことだってあり得るからです。


森川陽太郎

心が乱れた自分を受け止めたくないのは、結局は傷つかないようメンタルを管理しているだけなんです。じつは以前の僕がそうだった。緊張や不安から逃げていた。初めての講習会で失態を演じてから、1年間は人前で話す仕事を断っていたほどです。でも、いまはあらゆる感情を真っ正面から受け止めて、OKラインを一つずつクリアして行けるようになった。まだまだ僕のメンタルは弱いけれど、セミナー等は月に10回以上開催しているし、人前で話すことが楽しく感じられるようになったんです。弱くても100%の力を出すことは誰にでもできるんですよ。


竹内清文

自信のなさをモノで埋めているから、捨てることに不安を感じるのではないですか。本当は逆。モノを捨てると、自信、やる気が自然と出てきます。ゆとりがなければ、物理的にも観念的にも新しいものは入って来ない。だから、「現状で満足、ハッピーだ」と思っている人は、捨てる必要はありません。でも新しい自分になりたいと願うなら、使わないモノを捨ててみませんか。


中嶌武夫

「お客様の喜びが自分の喜びになる」という喜びの境地に達するのには時間がかかりました。私は三者鼎立(ていりつ)の原則を毎日唱えて50年になりますけれど、以前はやっぱり、お金を儲けたいという気持ちが先にきました。でも、年齢が80歳を過ぎたころから、そういう気持ちがなくなったのです。金を儲けることよりも、お客様に喜んでいただけるかどうかが本当に大事だと。喜んでいただければ、「人様に迷惑をかけずに済んだ」「ありがたいことだ」という充実した気持ちで人生をまっとうできるのではないかと、そう思っています。