名言DB

9490 人 / 112001 名言

中本利夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中本利夫のプロフィール

中本利夫、なかもと・としお。内装建材の製造販売会社ウッドワンの会長。山口経済専門学校(現:山口大学)を中退後、家業の材木店を継ぐ。フローリング住宅の増加に活路を見出し内装建材の製造販売へと乗り出す。同社を東証一部上場企業へと育て上げた経営者。絵画収集家としても知られ、ウッドワン美術館を開設。ゴッホの「農婦」をオークションで落札したことでも知られている。著書に『木 植えて・育てて・伐る―そして植える』

中本利夫の名言 一覧

駆け引きのことは親父に習ったからわかるようになったけれど、親は子供の性格をよく見ているものだと思った。中学生のころに父が言った通り、駆け引きは嫌。私には無理なんだ。結果的にメーカーへと走った。フローリング材の品質を良くして、ちょっとでも安くすればどんどん売れた。シェアがトップになるのに3年かからなかったから、それだけ他社の品質が悪かったわけ。いつの間にか品質で勝負する会社という形になりました。


親父は僕に商売を仕込もうと思って、僕の前で機会商や材木商との駆け引きを念入りにやる。機会が欲しくてしょうがないのに、いらないという顔をして見せる。以前よりも高値を提示した材木商に、本当は売りたくてかなわないのに「その値段じゃあ得意先を替えるほどの不義理をすることもない」とかやりおる。僕は親父の手口はわかっているけれど、向こうさんはまんまと引っかかる。


中学三年生のとき、親父に大きくなったら何になればいいのか尋ねたことがありました。親父は「お前は人が良すぎる。商売人は無理だな」というんです。「医者にでもなれ」と言うけれど、医者は国家試験があって、「にでも」ではなれない。戦争もありましたが、国家試験のない知事登録で済む材木屋を継ぐことにしました。


中本利夫の経歴・略歴

中本利夫、なかもと・としお。内装建材の製造販売会社ウッドワンの会長。山口経済専門学校(現:山口大学)を中退後、家業の材木店を継ぐ。フローリング住宅の増加に活路を見出し内装建材の製造販売へと乗り出す。同社を東証一部上場企業へと育て上げた経営者。絵画収集家としても知られ、ウッドワン美術館を開設。ゴッホの「農婦」をオークションで落札したことでも知られている。著書に『木 植えて・育てて・伐る―そして植える』

他の記事も読んでみる

小山田隆(銀行家)

7割失敗してもいい。成功確率3割を目指せ。新しい、ビジネスは、トライ&エラーを繰り返さない限り、生まれてこない。


本田宗一郎

私は、他人の真似をするのが大嫌いである。私は真似が嫌いだから、うちはうちの作り方でやろうということで苦労をしたわけである。しかし、かれらに追いつくまでに時間をかけて努力したことが、追いついてからのちの技術力の差になった。


福嶋康博

一般的なことをずっと続けているようでは、進歩しません。


森田仁基

もともと僕は社員たちとランチをしたり飲みに行ったりするのが好きで、何気ない会話の中から「この人にはこんな強みがあるんだな」ということを頭に刻んでいました。だから比較的すぐに、適性のある社員の情報を引き出せたのです。実は、「モンスト」の初期メンバーも、こうした日頃のコミュニケーションから常々目をつけていた人たちでした。


岩田松雄

人を治める前に自分を修める。まずは自分自身の徳を高め、まわりから信頼を得ることが大切。小さな約束を守っていくことで信頼関係はつくられていく。


アルフレッド・アドラー

やる気がなくなったのではない。やる気をなくすという決断を自分でしただけだ。


C・W・ニコル

人間にとって、夢中になれるもの、好きなものほど大切なことはありません。


宮津純一郎

NTTにとっては技術の流れを読むことが最も重要なのですが、実際にはそれだけでは済まない。日本の通信業界のリーダーとしての立場がある。ユーザーからの注文も厳しい。巨大な組織ですから雇用問題も避けて通れない問題です。こうした複雑な要素を解く方程式を編み出すことなど土台無理で、自分なりの歴史観を持たなければ経営判断などひとつも下せなかったというのが本音です。


森正文(経営者)

僕の目標の立て方は短期型です。何年もコツコツと時間をかけてひとつのことを追い求めていくタイプではありませんが、それでいいと思っています。いまは3年後、5年後が読めない時代ですし、短期的な目標の積み重ねが、結局は長期的な目標になりますから。


織田信長

人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり
一度生を享け、滅せぬもののあるべきか
【覚書き|上記は幸若舞の『敦盛』の一節。敦盛は源平合戦での平敦盛と源平方の熊谷直実との一騎打ちを描いた舞曲。信長は同舞曲を好んで歌い舞ったといわれている】


久米豊(経営者)

うちでは「主管」というポストにいる者に、車の企画段階から、最後の値付けまで、つまりインプットからアウトプットまで、全部任せきっているんです。これが良かったと思います。バラバラにやるとどうしても寄せ集めで、一貫性に欠けてしまいますから。


成毛眞

自分にとって読む価値がある本はそう多くはありません。読み始めてみたがどうも面白くない、文章が下手で読みづらいと感じる。あるいは、通読するより資料として棚に置いておくことに意味がある本だと気づいた。そんなときにはすぐに次の本に移ればいいのです。