名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中本利夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中本利夫のプロフィール

中本利夫、なかもと・としお。内装建材の製造販売会社ウッドワンの会長。山口経済専門学校(現:山口大学)を中退後、家業の材木店を継ぐ。フローリング住宅の増加に活路を見出し内装建材の製造販売へと乗り出す。同社を東証一部上場企業へと育て上げた経営者。絵画収集家としても知られ、ウッドワン美術館を開設。ゴッホの「農婦」をオークションで落札したことでも知られている。著書に『木 植えて・育てて・伐る―そして植える』

中本利夫の名言 一覧

駆け引きのことは親父に習ったからわかるようになったけれど、親は子供の性格をよく見ているものだと思った。中学生のころに父が言った通り、駆け引きは嫌。私には無理なんだ。結果的にメーカーへと走った。フローリング材の品質を良くして、ちょっとでも安くすればどんどん売れた。シェアがトップになるのに3年かからなかったから、それだけ他社の品質が悪かったわけ。いつの間にか品質で勝負する会社という形になりました。


親父は僕に商売を仕込もうと思って、僕の前で機会商や材木商との駆け引きを念入りにやる。機会が欲しくてしょうがないのに、いらないという顔をして見せる。以前よりも高値を提示した材木商に、本当は売りたくてかなわないのに「その値段じゃあ得意先を替えるほどの不義理をすることもない」とかやりおる。僕は親父の手口はわかっているけれど、向こうさんはまんまと引っかかる。


中学三年生のとき、親父に大きくなったら何になればいいのか尋ねたことがありました。親父は「お前は人が良すぎる。商売人は無理だな」というんです。「医者にでもなれ」と言うけれど、医者は国家試験があって、「にでも」ではなれない。戦争もありましたが、国家試験のない知事登録で済む材木屋を継ぐことにしました。


中本利夫の経歴・略歴

中本利夫、なかもと・としお。内装建材の製造販売会社ウッドワンの会長。山口経済専門学校(現:山口大学)を中退後、家業の材木店を継ぐ。フローリング住宅の増加に活路を見出し内装建材の製造販売へと乗り出す。同社を東証一部上場企業へと育て上げた経営者。絵画収集家としても知られ、ウッドワン美術館を開設。ゴッホの「農婦」をオークションで落札したことでも知られている。著書に『木 植えて・育てて・伐る―そして植える』

他の記事も読んでみる

村尾和俊

書類ケースの中にある書類も四半期に1回は整理して捨てます。捨てないとどんどん陳腐化していき、引き出しの開け閉めがスムーズでなくなります。引き出しをすっきりさせておくと頭の中もクリアになるから不思議ですね。


浜田宏一

大勢の人を率いていこうとすると対立も起きますから、ただアグレッシブにリーダーシップを発揮すればいいわけではありません。そこで外交能力も鍛えられる。


山崎武也

洞察力のある人は、自分自身の利益だけでなく、自分の所属組織や国の利益にまで、考えをめぐらせている。だからこそ、視野狭窄(しやきょうさく)に陥ることなく、的確に物事をつかむことができる。


田中啓一(経営者)

当社の強みは、お客様の業務に関心を持ち、追求するDNAです。お客様の業務内容を知ることで、本業強化まで視野に入れた支援に努めています。


小山田隆(銀行家)

貸し出しを通じた円滑な資金供給は当然として、経営者やご家族の資産運用など金融サービスに対する多様な需要にどれだけお応えできるかも重要なポイントです。


牛島信

「買われたくなければ上場しなければいい」と言ったのは村上ファンドの村上世彰氏ですが、上場しているということは誰でもその株が買えるということです。蛇の目ミシン株主代表訴訟の最高裁判決では「証券取引所に上場され、自由に取引されている株式について」は「会社にとって好ましくないと判断される者がこれを取得して株主になることを阻止することはできない」と言い切りました。好ましくなくても株は買えるし、過半数の株を押さえれば経営権が取れる。それが上場していることの意味です。


ジョン・D・ロックフェラー

事業の成功には、奇跡はない。永遠の成功は自分を信ずることだ。


田母神俊雄

組織の細部まで全部自分で掌握するのは無理です。私の経験から言うと、直接掌握できる部下はせいぜい10人まで。それ以上は、その10人の部下が、さらにその部下に10人の部下を掌握してもらい……というかたちにしないといけない。つまり、部下に任せることです。


マジック・ジョンソン

いい選手というのは、最初にコートに来て最後に帰るものだ。


カント

苦悩は活動への拍車である。そして活動の中にのみ我々は我々の生命を感ずる。


中埜和英(八代目・中埜又左衛門)

私が結婚した当時、義理の父とよく話す機会がありました。そのときに聞いた彼の家業についての話に影響を受けたのです。江戸時代に藍商人として活躍していた8代目の話です。当時、藍商人は阿波藩(のちの徳島県) と密接なつながりで商売をしていたのですが、その8代目は阿波藩との関係で、ほかの地に行かなくてはならなくなった。そこで琴平(香川県)の酒造会社を買ったそうです。当時としては、リスクを分散しながら、色々なことを考えてやっていたんですね。その話を聞いて、私が思ったのは、資産をどう分散化して、資産から収益を上げていくかということです。


長友佑都

椎間板ヘルニア、腰椎分離症、肩の脱臼、僕のサッカー人生はケガとの戦い。世界で戦い続けるにはケガをしない体作りが必須。