名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中本利夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中本利夫のプロフィール

中本利夫、なかもと・としお。内装建材の製造販売会社ウッドワンの会長。山口経済専門学校(現:山口大学)を中退後、家業の材木店を継ぐ。フローリング住宅の増加に活路を見出し内装建材の製造販売へと乗り出す。同社を東証一部上場企業へと育て上げた経営者。絵画収集家としても知られ、ウッドワン美術館を開設。ゴッホの「農婦」をオークションで落札したことでも知られている。著書に『木 植えて・育てて・伐る―そして植える』

中本利夫の名言 一覧

駆け引きのことは親父に習ったからわかるようになったけれど、親は子供の性格をよく見ているものだと思った。中学生のころに父が言った通り、駆け引きは嫌。私には無理なんだ。結果的にメーカーへと走った。フローリング材の品質を良くして、ちょっとでも安くすればどんどん売れた。シェアがトップになるのに3年かからなかったから、それだけ他社の品質が悪かったわけ。いつの間にか品質で勝負する会社という形になりました。


親父は僕に商売を仕込もうと思って、僕の前で機会商や材木商との駆け引きを念入りにやる。機会が欲しくてしょうがないのに、いらないという顔をして見せる。以前よりも高値を提示した材木商に、本当は売りたくてかなわないのに「その値段じゃあ得意先を替えるほどの不義理をすることもない」とかやりおる。僕は親父の手口はわかっているけれど、向こうさんはまんまと引っかかる。


中学三年生のとき、親父に大きくなったら何になればいいのか尋ねたことがありました。親父は「お前は人が良すぎる。商売人は無理だな」というんです。「医者にでもなれ」と言うけれど、医者は国家試験があって、「にでも」ではなれない。戦争もありましたが、国家試験のない知事登録で済む材木屋を継ぐことにしました。


中本利夫の経歴・略歴

中本利夫、なかもと・としお。内装建材の製造販売会社ウッドワンの会長。山口経済専門学校(現:山口大学)を中退後、家業の材木店を継ぐ。フローリング住宅の増加に活路を見出し内装建材の製造販売へと乗り出す。同社を東証一部上場企業へと育て上げた経営者。絵画収集家としても知られ、ウッドワン美術館を開設。ゴッホの「農婦」をオークションで落札したことでも知られている。著書に『木 植えて・育てて・伐る―そして植える』

他の記事も読んでみる

中村聡

学びには、痛みが伴うもの。厳しい意見や仕事帰りの平日の夜に学ぶハードな経験が生きてくる。


松岡修造

いきなり大きな達成感が来るのを待っていても、たぶん、いつまでたっても来ない。でも、小さな達成感を味わうことは、毎日の生活の中でできます。日々、小さな達成感を見つけていけば、いまの仕事がもっともっと好きになれるのではないでしょうか。その小さな達成感は、池に投げ入れた小石が水面に穏やかに波紋を広げていくように、人生をじわじわと楽しい方向へ変えていく。僕はそう信じています。


小山昇

内定者を対象とした飲み会で会計のときに会社の名前で領収書をもらってはダメです。それは、経費で落ちることを内定者が知ると、ありがたみが半減するからです。上司が自腹を切るからこそ社員は喜ぶ。そこを履き違えてはいけません。


パスカル

隠れた高潔な行ないは、最も尊敬さるべき行為である。


樺島弘明

日本のIT業界には2~3万社ありますが、大手・準大手と呼ばれるのは1000社ほどです。そのうち200社近くがアサインナビの会員になっています。それ以外に中堅・中小企業の2600社が会員になっており、アサインナビを通じて新しいクライアント開拓が実現できることで、会員企業の事業成長に貢献しています。たとえば4年前にアサインナビの会員になったある企業さんは、当時社員数10名ほどでしたが、今は100名近くに成長しています。アサインナビを通して営業が効率化され、大手企業などに直接つながることができるようになりました。魅力的な仕事があると採用力も上がるのです。


星野佳路

自分たちのサービスが顧客の満足を生んでいるという実感こそが、この仕事を続ける原動力になる。顧客視点を養うことにもつながる。


鍵山秀三郎

いま、多くのビジネスマンが活躍しています。それぞれ自分なりの目標を持って仕事をしていることでしょう。ただ、仕事の真の価値は何かを明確にできているかどうかで、大きな差が出ます。一定の仕事ができて一定の収入が得られたらいいという考え方も否定はしません。しかしそれが目的の人は、すぐに満足してしまう。で、今度はどうするかというと、今の自分を失いたくないと保身に走るわけです。


魔裟斗

闘うのはあくまで自分のため、家族のためです。会社員の方だって同じじゃないですか。会社のために働けなんていわれても力が出ないでしょう。自分のために頑張って結果を出せば、結局はそれが全体のレベルアップにもつながります。


工藤公康

大事なのは、選手一人ひとりと話をして、理解すること。練習中でも「これどう思う?」と声を掛けたりしています。


井内卓嗣

品揃えとクイックデリバリーで同業他社を圧倒し、トップシェアを誇っています。日々の消耗品の取扱いが多いことから景気変動に大きく左右されず、継続的・安定的な収益が期待できるのが強み。


上野陽子

聞き手は、プレゼンの内容が自分にもたらすメリットを考え、納得のいく答えを探します。話し手がシンプルで分かりやすい表現を使うほど、メッセージは正確に伝わるのです。


八塩圭子

私はひとつのことをじっくりやるより、いろんなことを同時にやるのが好きですね。ひとつのことに絞り込むと、それを失ったら突然、行き場がなくなってしまう怖さがありますけど、いくつかやるべきことを抱えていると、かえってバランスがとれている気がします。