中本利夫の名言

中本利夫のプロフィール

中本利夫、なかもと・としお。内装建材の製造販売会社ウッドワンの会長。山口経済専門学校(現:山口大学)を中退後、家業の材木店を継ぐ。フローリング住宅の増加に活路を見出し内装建材の製造販売へと乗り出す。同社を東証一部上場企業へと育て上げた経営者。絵画収集家としても知られ、ウッドワン美術館を開設。ゴッホの「農婦」をオークションで落札したことでも知られている。著書に『木 植えて・育てて・伐る―そして植える』

中本利夫の名言 一覧

駆け引きのことは親父に習ったからわかるようになったけれど、親は子供の性格をよく見ているものだと思った。中学生のころに父が言った通り、駆け引きは嫌。私には無理なんだ。結果的にメーカーへと走った。フローリング材の品質を良くして、ちょっとでも安くすればどんどん売れた。シェアがトップになるのに3年かからなかったから、それだけ他社の品質が悪かったわけ。いつの間にか品質で勝負する会社という形になりました。


親父は僕に商売を仕込もうと思って、僕の前で機会商や材木商との駆け引きを念入りにやる。機会が欲しくてしょうがないのに、いらないという顔をして見せる。以前よりも高値を提示した材木商に、本当は売りたくてかなわないのに「その値段じゃあ得意先を替えるほどの不義理をすることもない」とかやりおる。僕は親父の手口はわかっているけれど、向こうさんはまんまと引っかかる。


中学三年生のとき、親父に大きくなったら何になればいいのか尋ねたことがありました。親父は「お前は人が良すぎる。商売人は無理だな」というんです。「医者にでもなれ」と言うけれど、医者は国家試験があって、「にでも」ではなれない。戦争もありましたが、国家試験のない知事登録で済む材木屋を継ぐことにしました。


中本利夫の経歴・略歴

中本利夫、なかもと・としお。内装建材の製造販売会社ウッドワンの会長。山口経済専門学校(現:山口大学)を中退後、家業の材木店を継ぐ。フローリング住宅の増加に活路を見出し内装建材の製造販売へと乗り出す。同社を東証一部上場企業へと育て上げた経営者。絵画収集家としても知られ、ウッドワン美術館を開設。ゴッホの「農婦」をオークションで落札したことでも知られている。著書に『木 植えて・育てて・伐る―そして植える』

他の記事も読んでみる

本庄大介

(新商品を生み出す)感性は天性のものなのかなと思ったりもするのですが、何よりもチャレンジが好きであるのと同時に、食べ物が好きであるということが大切なのだと思います。美味い食べ物があると聞けば、どこまでも足を運びます。自分の舌にものすごく自信を持っていますから、それが我々の扱う製品にもつながっていると感じています。


井上高志

「日本一働きたい会社」を目指すと宣言して12年取り組んできました。社員が嬉々として働けるフィールドをつくれば、素晴らしい会社になるし、結果として業績は伸び続けるはずだと。


林真理子

以前、一流と言われるホテルに泊まったときに、ひどい目に遭ったことがあるんです。あまりのことに、朝になって「文句言ったれ」と思って、部屋に備え付けてあった苦情カードに書こうと思ったの。でも、「いいや、たぶん、チェックアウトのときに謝ってくれるだろう」と思って書かなかったんですね。ところが謝罪がなくて。私も結局言えなくて、そのままになっちゃったんだけど、以来10年くらい引きずっているの(笑)。そのホテルの「なんとかホテルのおもてなし」とか「心」とかっていう宣伝文句を目にするたびに、「何が心じゃ! おもてなしなんてふざけるな!」と思って腹が立つんです。私はそんなに恨みがましい人間じゃないと思っていたんだけど、なんであのとき言わなかったんだと思うと、今でも悔しい。


畑村洋太郎

運が良かったとか悪かったという言い方をする場合、そこには偶然何かが起こったとい意味合いがこもっているように思う。運が悪かったというのは、何か起きてほしくないことが起こったときに、本来は事前に考えられるあらゆるケースを想定して周到に準備をし、対応策を考えておくべきだったのに怠ったために被害に遭い、それを運が悪かったという言葉を使って説明すると据わりがいいから、そういう言い方をしているのではないだろうか。


井上礼之

少々無理はあっても、これからのダイキンを担う人材を抜擢して買収先の国外企業に送り込むという判断は間違っていませんでした。さらに彼らが抜けた国内の部署では、その役割を引き継いだ次の人材が成長するという効果が得られました。「M&Aで時間と人を買う」と同時に、「人材育成の場を買う」とも言えるかもしれません。


本田宗一郎

我々は、最初から苦しむ方向をとったから、あとは楽になった。真似をして楽をしたものは、その後に苦しむことになる。研究者として大事なところはそこだろうと、私は今でも考えている。一度、真似をすると、永久に真似をしてゆくのである。


村上佳菜子

今、こんなふうに注目されて、ちょっと早いかなって思います。たくさん練習してもっと上手になったら、その時に注目してほしい。


伊藤謙介

社員はリーダーの背中を見ています。リーダーにグレーゾーンがあったら社員は誰もついてきません。モラルが背広を着ているぐらい、自己を律しないといけないと思います。


鎌田薫

今、社会はこれまでとは全く違う社会構造に転換しようとしている時期であり、明治維新、戦後の復興期に続く「第3の変革期」と言うことができます。こうした時期には、優れた人材の育成が最も重要です。


栗原恵

小さいことはどうでもいいんです。大きいことを決めなければいけないときに人の言うことに従って、あとで後悔して、その人の責任にしてしまうのが嫌なんです。


魚谷雅彦

部下の不出来を愚痴る前に、自分は部下にとってどんな上司なのか、コミュニケーションは的確にできているのかどうか、部下が自発的にイキイキ働けるような環境作りを十分にやっているか、自問自答してみてください。


大西賢

一度倒産したという事実は、絶対に忘れてはならない。しつこくしつこく言い続ける必要があると思います。


孫正義

(リーダーが持つべき3つのポイント「理念、ビジョン、戦略」)この3つを持っていないリーダーにはついていくべきでない。これが僕が日本の学生諸君だとか、サラリーマンの人たちに言いたいことです。もちろん政治家でも、経営者でも同じです。


田川博己

余裕を持ってスケジュールを組むやり方は、添乗員時代に学びました。旅行には、飛行機の遅延やお客様のご病気など突然のスケジュール変更がつきものです。これらの不測の事態にも、フリータイムなどバッファとなる時間帯を組み込んでおけば、対応しやすくなります。何事も起きなければその時間帯を情報収集にあてればいいのです。


山崎将志

ビジネスでは曖昧な指示を漠然と受けて仕事が進んでいく場合が少なくないのです。そのような仕事の進め方で、良い結果が出たら奇跡です。仕事を頼んだ上司の思惑とはまるでかけ離れた代物が出来上がってくるということはよくあります。


ページの先頭へ