名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中曽根康弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中曽根康弘のプロフィール

中曽根康弘、なかそね・やすひろ。日本の政治家。第71・72・73代内閣総理大臣。群馬県出身。東京帝国大学法学部政治学科卒業後、内務省に入省。海軍主計中尉、海軍主計少佐などを務めた後、太平洋戦争後に政治家に転身。要職を歴任。

中曽根康弘の名言 一覧

このことできっと君は、ひとまわりも、ふたまわりも大きくなるよ。
【覚え書き|選挙で落選した人にかけた言葉】


しばらく、時の流れを静かに見つめることだね。これは、天から与えられた試練の場だよ。


二人とも歳を取ったし、昔は仲が良かったじゃないか。仲違いしたまま墓場まで持って行く話ではないだろう。
【覚え書き|仲違いしている知人たちの仲裁をしたときの発言】


これは神が人類にくれた休息の時間だ。いまこそ人類は世界平和を考えるべきだ。
【覚え書き|ベルリンの壁崩壊時の発言】


中曽根康弘の経歴・略歴

中曽根康弘、なかそね・やすひろ。日本の政治家。第71・72・73代内閣総理大臣。群馬県出身。東京帝国大学法学部政治学科卒業後、内務省に入省。海軍主計中尉、海軍主計少佐などを務めた後、太平洋戦争後に政治家に転身。要職を歴任。

他の記事も読んでみる

須磨久善

ビジネスと心臓外科医の仕事の最大の違いは、心臓外科医には「~を糧に」という考え方は、あり得ないということです。心臓手術は失敗すれば患者さんの命が失われてしまう。ですから、とりあえずやってみて、失敗したからそれを糧にして次を頑張ればいい、という考え方は成り立ちません。


藤原健嗣

社長時代、社員にはいつも「目的と手段をはき違えてはいけないよ」と言い続けてきました。


古川享

テレビを例に挙げれば、誰もが同じチャンネルで同じコンテンツを見るのではなく、ひとりひとりの主義・嗜好に合わせてチャンネルとコンテンツを選択する。それによって一人一人の幸せが実現されるんです。見たい時に見たい番組が見られるということは、時間の束縛から解放されることになります。そこに新しいビジネスチャンスが生まれると言っていい。


西野浩輝

段取りを上手くするには「やることを減らす」ことが大切です。単に仕事を減らすのではなく、やらなくても影響のない仕事を見極めることです。仕事に追われている人の多くは、本来しなくてもいい仕事に翻弄されています。


池田欣生

講義や講演をするときは、来ている人たちをよく見て、どんなことに関心があるのかを考えながら講演するようにしています。お客さんの様子を見て、今日は女性が多いからこういう話をしようとか、若い先生が多いからこういう話にしようとか考えて話していくと、「あなたの話は毎回内容が違って面白い」と言われたりもしますね。


茂木友三郎

企業の寿命は30年と言いますが、大体30年に一度くらいは大きな問題が起きるものです。企業が長期間生き延びられるかどうかは、それを乗り越えるかどうかということにかかっています。


清田瞭

一度原点に戻ることが必要。それこそが日本が再生する最大のポイントになる。


泉谷しげる

俺はプロとして音楽をやっている。最初はモテたくて始めたけど、やっているうちに乗り越えなきゃならない壁が出てきた。遊びで続けるのか、プロを目指すのか。そこはやっぱり真剣にならないと、一定のレベルを越えられない。


徳重徹

お勧めの習慣が、「誰かをベンチマークにする」ということです。存命の方でも、歴史上の人物でも構いません。自分が憧れる、かっこいいと思う人をベンチマークにして、ことあるごとに「こんなとき、あの人ならどうするか?」を考えるのです。うちの若手に、日本資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一をベンチマークにしている人がいます。あるとき、彼を含む数名が朝の6時半から勉強会を開くことにしたのですが、彼以外は数回出席しただけで来なくなりました。でも彼は一人になっても勉強会を続けているのです。聞くと、「渋沢栄一なら、一度決めたことはすぐに止めないはず」とのこと。ベンチマークにしている人間がいることが、彼の強さにつながっているわけです。


関谷英里子

成果を左右する最大の要因は集中力だと思います。私は仕事や勉強に取りかかる前に、まずは集中できる状態をつくるようにしています。新聞や雑誌、当面の作業に関係ない仕事の資料などは、目に入るとどうしても気が散るので、机の周囲から排除します。パソコンも開いているとメールをチェックしたくなりますから、すぐ使うのでなければ、電源を落としておきます。そうやってどんどん片づけ、必要なものだけを手元に置くようにします。


ニエンハ・シェ

思考のフレームワークを構築するためには、多くのビジネスの事例に触れることが欠かせない。


玄侑宗久

諦めず、しかも計画通りに遂行できずに暗くなっているのが、最近のビジネスマンではないだろうか。おそらくその最も大きな理由は、彼らが諸行無常の世界を、計画や予定という想定のうちに無理やり押し込め、しかも自分自身のことも想定内の存在として見くびっているからだろうと思える。