名言DB

9413 人 / 110706 名言

中曽根康弘の名言

twitter Facebook はてブ

中曽根康弘のプロフィール

中曽根康弘、なかそね・やすひろ。日本の政治家。第71・72・73代内閣総理大臣。群馬県出身。東京帝国大学法学部政治学科卒業後、内務省に入省。海軍主計中尉、海軍主計少佐などを務めた後、太平洋戦争後に政治家に転身。要職を歴任。

中曽根康弘の名言 一覧

このことできっと君は、ひとまわりも、ふたまわりも大きくなるよ。
【覚え書き|選挙で落選した人にかけた言葉】


しばらく、時の流れを静かに見つめることだね。これは、天から与えられた試練の場だよ。


二人とも歳を取ったし、昔は仲が良かったじゃないか。仲違いしたまま墓場まで持って行く話ではないだろう。
【覚え書き|仲違いしている知人たちの仲裁をしたときの発言】


これは神が人類にくれた休息の時間だ。いまこそ人類は世界平和を考えるべきだ。
【覚え書き|ベルリンの壁崩壊時の発言】


中曽根康弘の経歴・略歴

中曽根康弘、なかそね・やすひろ。日本の政治家。第71・72・73代内閣総理大臣。群馬県出身。東京帝国大学法学部政治学科卒業後、内務省に入省。海軍主計中尉、海軍主計少佐などを務めた後、太平洋戦争後に政治家に転身。要職を歴任。

他の記事も読んでみる

西山昭彦

35歳頃までは、給料はとことん自分自身への投資に回すべきです。私自身、20代のころから、自分の将来のためになりそうなことにはお金を惜しまない過消費型ポジションををとってきました。だから若いころは、ほとんど貯金がありませんでした。しかし、自己投資をすることで、アウトプットの質は大きく向上し、結果的に社内ベンチャーで会社を経営し、50冊近くの著書を出し、大学教授になることもできましたが、若いころに自己投資をしていなければ、どれも叶わなかったことでしょう。


千本倖生

たしかにイー・アクセスは好調です。でも、固定ブロードバンドの市場規模が約1兆円なのに対し、モバイルには約10兆円の市場があります。しかも、世界標準からみれば通信料金は高いし、端末は使いにくいなど、まだまだ矛盾だらけです。これだけのビジネスチャンスを前にしたら、経営者としては挑戦しないわけにはいきません。
【覚書き|イー・モバイルを創業した経緯について語った言葉】


木暮太一

先日、テレビを見ていたら、星野リゾートの星野佳路社長がTシャツ姿で出演していた。星野リゾートは、ラグジュアリーで寛げる空間を提供している。そのホテルの社長が、堅苦しいスーツ姿で出演しては、星野リゾートのイメージが崩れかねない。つまり星野社長は、外見によってしっかりと星野リゾートのコンセプトをアピールしているのである。


弘兼憲史

絶好のタイミングとはいつなのか。褒めたいと思ったときに直ちにということだと思う。叱るときはぐっとこらえる時間がいるが、褒めるときはすぐに褒める。そうすれば、感情の赴くままに言葉が出てくるはずだ。何を言ったかが問題ではない。それ以上に、自分の感情をどう素直に出すかが大切になる。叱るときと正反対の行動をとればいいと思っていればいいのではないか。


家次恒

パソコンが出てきてタイプライターがなくなったように、全く違うものが出てきて自分たちの技術が不要になってしまう。だからこそ、強迫観念みたいに研究開発をしないといけないのです。当たるかは分からないけれど、それがもう、僕らが一番にやってきたことです。


佐治信忠

経営者は勘を磨くことが大事。トップは、いろいろ情報はあっても、最後は自分で決めなければなりません。将来のことは誰も言ってくれませんし、いくらITやテクノロジーが発達しても答えを出してくれることはないでしょうから、勘を磨くことは大事です。この場合の勘というのは、第六感的な勘ではなくて、やはり自分の知識や経験、あるいは人から聞いたことが蓄積されたもので、それが最後の決断をさせるのだと思います。


ロバート・キヨサキ

臆病な人間は批判をし、勝利を収める人間は分析をする。批判は人の目を見えなくするが、分析は人の目を開いてくれる。言葉が考えを作り考えが現実を作りそして現実が人生になる。勝者は負けを恐れないが、敗者は負けを恐れる。


宮田幸雄

高音質を追求した付加価値の高いヘッドホンと、世界一安いヘッドホンの両方を作れることが当社の強み。


小田順子

受け手からすると一番ありがたいのは、パッと見て数秒で用件が伝わるメール。


鍵山秀三郎

政治家や官僚たちがなぜ成果を出せないか知っていますか。それは物事の対処を何が大事かで決めているのではなく、難易度で決めているからです。むずかしい問題は全部先送りにして、簡単にできそうなことだけをやる。これでは悪くなることはあってもよくならない。


荻原博子

夫婦の話し合いでは、合わせるのではなく、一緒にやろうという意思が大切。


木村惠司(木村恵司)

リーダーシップの条件は様々ありますが、ひとつは単なる知識やノウハウではなく、洞察力、情報力、それらに裏打ちされた直観力も必要です。もうひとつは、人を巻き込む力であり、そのためには人間としての大きさ、あるいは優しさが必要です。加えて意思決定をするための決断力が求められます。最後は実行力でしょう。


石井茂(経営者)

ソニーという会社は収益の変動が大きい面があるので、比較的安定している金融業という座布団があるのはいいことです。ポートフォリオ経営の一部でしょう。


飯島勲

日本の企業は、20代から60代までの社員で構成されているところが多い。この中で対人スキルを向上させるには、どれだけ自分と遠い年代の人間と接点をつくれるかがカギになる。特に年齢が上の人間は、若い人との接点を常に持つような環境をつくる意識を持ったほうがいい。


鶴見尚也

スマホのゲームでどうお客さまに自分たちのゲームを見つけてもらうか。まずは、自社のゲームの間で送客システムを作りました。これを自分たちの中だけでやっていたのでは限界がある。そこで同じ悩みを持っているソフト会社さんにお声掛けし、このシステムを無料開放した。いわばギブ&テイクです。