名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中川邦夫(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川邦夫(コンサルタント)のプロフィール

中川邦夫、なかがわ・くにお。日本のコンサルタント。「エーテン」代表。神奈川県出身。東京大学工学部化学工学科卒業後、スタンフォード大学工学部大学院で2つの学位を取得。王子製紙、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て独立。著書に『ドキュメント・コミュニケーションの全体観』『問題解決の全体観』。

中川邦夫(コンサルタント)の名言 一覧

自分の「型」を持たず、その場その場で切り抜けていると、たまたまうまくいくことはあっても、コンスタントに良い仕事を続けていくのは難しい。


机上の空論にしないために忘れてはいけないポイントは、たどりついた問題解決策を、実行イメージ、「誰がいつまでにどうやるか」までをしっかり考えておくこと。


最短かつ確実な道で解決策まで連れて行ってほしいのに、道筋が妙に曲がりくねっていたり、途中で切れたり、ひたすら長かったり、ひどい時は解決案が示されていなかったりする。こうした「ストーリーなき思考」は、仕事の時間の無駄。


プレゼンであれ、報告や会議資料であれ、ビジネスの現場で語られる物事には、必ず「問題解決というゴールと、そこに至る道筋」=「ストーリー」があるべき。


どんな思考術でもそうですが、考え方を「知っている」だけではダメです。「ストーリーシンキング」を実際に使えるようにするには、そのストーリーを書いてみる、すなわちドキュメント化するトレーニングを強く推奨します。書き出すとアラが見えやすくなるからです。


中川邦夫(コンサルタント)の経歴・略歴

中川邦夫、なかがわ・くにお。日本のコンサルタント。「エーテン」代表。神奈川県出身。東京大学工学部化学工学科卒業後、スタンフォード大学工学部大学院で2つの学位を取得。王子製紙、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て独立。著書に『ドキュメント・コミュニケーションの全体観』『問題解決の全体観』。

他の記事も読んでみる

原田隆史

自分なりの「ルーティーン」を作って、仕事前に実践しよう。机の周辺を整理する、コーヒーを飲むなど簡単なことでOKです。決まりきった動作をすることで、雑念が振り払われ、仕事に集中できます。


茂木友三郎

スペシャリストになると仕事のコツや勘所が見えてきます。これは、どんな仕事にも応用が利くのです。40歳以降は、それまでに培ってきた自分なりの仕事の仕方を、全部の仕事に応用していけばいい。そうすれば、結果としてどんなジャンルの仕事もこなせる人間になれます。


宋文洲

仕事の優先順位を決める過程で、同時に行うべきなのが「やらない仕事」を見極め、そぎ落とすことです。たとえば何十年も前に始めた行事が形骸化しているなら、それはやめていい。やらなくても済む仕事、やっても成果に結びつかない仕事なども切り捨てるべきです。これらから手を引くことは、回りまわってっ利益を生むはずです。


レイ・クロック

経営書を読む場合、漠然と活字を追うのではなく、読みながらこの会社を自分が経営するならどうするか、登場する経営者を自らに置き換えて考える。著者が書いたことと自分の想像を突き合せながらページをめくる。


佐治敬三

夢大きく膨らませてみい! 膨らますことしか、これからの将来はない。21世紀は君たちのものだ。ガンバレ!


村田晃嗣

私はいつも学生に言うんですが、これから君たちが相手にするグローバル社会には、偏差値を問題にしている人なんて一人もいないよと。ニューヨーク、ロンドン、香港のビジネス街で、日本の予備校が出す偏差値を知っている人なんて、誰もいないですよ。国際的に通用しない偏差値に縛られながら、グローバルな人材になれと言われている若者の不幸は、非常に大きいと思いますね。


小池百合子

私が主唱した「クールビズ」でもそうでしたが、上から「せーの」で変わらなければ、日本の企業や組織は動かない。


重永忠

情報は詳細なほど記憶に残りやすいもの。ですから私は積極的に質問します。とくに聞くのは「相手が興味を持っていること」。その人の興味の所在を知るのが、その人自身を知る一番の近道だからです。


梶原潤一

私は数字だけで判断するのは極力、避けることにしています。現場を自分で見る。それをやっておかないと、大きな間違いをする恐れがありますから。


糸木公廣

外国人の部下に対しては、丁寧に話を聞き、文化の違いやマネジメントに役立つ部下の性格や能力、意識などを知ること。また、真摯に耳を傾ける上司の姿を見た外国人は、「自分や自分の国に興味がある」と思い、心を開いてくれやすくなります。


高橋克徳

あの人の仕事のほうが面白そう、と多くの人がいいますね。でも本当にそうだろうか?実は見えない苦労や葛藤があるかもしれない……。そうした想像力を持つことは、イライラ解消にとどまらず、職場の連携を強くする布石にもなります。


水野泰三(経営者)

自分で体験したスポーツ分野でなければ、自信を持ってお客さんに商品を薦められないでしょう。