名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

中川邦夫(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川邦夫(コンサルタント)のプロフィール

中川邦夫、なかがわ・くにお。日本のコンサルタント。「エーテン」代表。神奈川県出身。東京大学工学部化学工学科卒業後、スタンフォード大学工学部大学院で2つの学位を取得。王子製紙、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て独立。著書に『ドキュメント・コミュニケーションの全体観』『問題解決の全体観』。

中川邦夫(コンサルタント)の名言 一覧

自分の「型」を持たず、その場その場で切り抜けていると、たまたまうまくいくことはあっても、コンスタントに良い仕事を続けていくのは難しい。


机上の空論にしないために忘れてはいけないポイントは、たどりついた問題解決策を、実行イメージ、「誰がいつまでにどうやるか」までをしっかり考えておくこと。


最短かつ確実な道で解決策まで連れて行ってほしいのに、道筋が妙に曲がりくねっていたり、途中で切れたり、ひたすら長かったり、ひどい時は解決案が示されていなかったりする。こうした「ストーリーなき思考」は、仕事の時間の無駄。


プレゼンであれ、報告や会議資料であれ、ビジネスの現場で語られる物事には、必ず「問題解決というゴールと、そこに至る道筋」=「ストーリー」があるべき。


どんな思考術でもそうですが、考え方を「知っている」だけではダメです。「ストーリーシンキング」を実際に使えるようにするには、そのストーリーを書いてみる、すなわちドキュメント化するトレーニングを強く推奨します。書き出すとアラが見えやすくなるからです。


中川邦夫(コンサルタント)の経歴・略歴

中川邦夫、なかがわ・くにお。日本のコンサルタント。「エーテン」代表。神奈川県出身。東京大学工学部化学工学科卒業後、スタンフォード大学工学部大学院で2つの学位を取得。王子製紙、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て独立。著書に『ドキュメント・コミュニケーションの全体観』『問題解決の全体観』。

他の記事も読んでみる

塚原哲(ファイナンシャルプランナー)

あなたは自分の今日時点の資産合計額を即答できるだろうか。即答できれば、お金が上手く回っている可能性が高い。逆に即答できなければ確実に上手くいっていないはずだ。


大泉洋

よく読者から、「どうしていつもそんなに面白いことが起きるんですか?」って聞かれることがあるんです。でも正直、体験自体は皆さんとそれほど変わらないと思うんです。ただ、僕は、「これ、ちょっと変だよね?」っていうことに気付くことが人よりも敏感なんだと思う。みんなが見逃してしまうような矛盾やおかしさに対して、そこに理路整然とツッコむことで話が膨らんでいく。


竹島一彦

東大とはいえ私は経済学部出身。大蔵省へ入省を決めた頃、周りから「法学部出身者に先を越され、うだつが上がらんぞ」と言われましたが「そうであれば、それはそれでしょうがないじゃないか」と。以来、難しい課題から逃げずに取り組むよう心掛けてきました。


竹田恒泰

私は「勉強する意味」は、『教育勅語』に書いてあることに尽きると思っています。教育勅語は「人としてどうあるべきか」「近代国家の市民としてどうあるべきか」「国に対してどうあるべきか」と、大きく三つのブロックに分かれていますが、二つ目のブロックには、「勉強しなさい。職業を身につけなさい。知能を啓発して、徳のある人間になりなさい」ということが書かれています。そして、それは何のためかというと「世のため、人のために使え」とあるのですね。これこそまさに、勉強する意味だと思います。


平強

文化の違いで商品の売れ筋が大きく変わる。また、独特な文化が外来からの市場参入に対する大きな壁となっている。


織畠潤一

現場の声にどこかでフィルターがかかってしまわないようにしないといけない。


小川仁志

漠然と思いを巡らせても思考は進みませんし、闇雲に思い詰めても袋小路に迷い込んでしまうでしょう。自分の中にきちんと「思考のノウハウ」を持って、着実に実践していくことが大事なのです。そのノウハウとは、次に挙げる「3つのアプローチ」です。

  1. 批判的に考えること。世の中で信じられていることを鵜呑みにせず、疑う姿勢を持ちましょう。
  2. 根源的に考えること。私たちはつい、「答えが出た」と思うとそこで思考を停止させがちです。でも、そこからさらに踏み込んで考えることが大切です。
  3. 創造的に考えること。すでにあるセオリーに頼らず、自分の中で新しい答えを生み出す気持ちを持ちましょう。

稲盛和夫

他人に良かれと動き、仲間のために汗をかくとき、売上は爆発的に伸びる。


出井伸之

組織というのは、ある目的を達成するのに最善の仕組みとして出来上がっているのです。だから目的をすり替えてしまうと上手く機能しません。イチローだって、ヒットを打つことに特化しているからすごいのであって、時代が変わったから泳いでみろ、と言ったって泳げないですよね。


浅野忠信

僕は小さい頃から前向きでしたけど、この仕事を始めて、さらに前向きになりました。過酷な撮影現場にいることが多いからですかね。以前、モンゴルでの撮影では、日本語が通じない環境で「落馬したら死ぬよ」なんて怒鳴られながら、馬に跨がって草原を走らされたことも。だから、想定外の事態にもオタオタしなくなりました。どんなシーンでも、その状況が役として来たってことは、自分にできることなんだと思ってます。


田口佳史

私は企業民度が劣化しているということは、規範形成教育の無さということに行きつくと思っています。規範とは人間の判断や行動の基準となるものです。儒家思想には「四端(したん)と五常(仁義礼智信)」という簡潔かつ普遍的な規範があり、古くから日本社会の基底を形成してきました。江戸期の日本には「四端形成教育」という幼年教育がありました。四端というのは、困っている人を見て気の毒に思う「惻隠(そくいん)の心」、自分の不善を恥じ他者の悪を憎む「羞悪(しゅうお)の心」、謙遜して他に譲る「辞譲の心」、道理に基づき善し悪しを判断する「是非の心」の4つです。


林文子

市長と言えども完ぺきな人間ではないのですから、「これはわからない、だから教えてくださいね」と言う気持ちを持つべきです。私はわからないことはわからないと言うし、助けてもらったら本心から部下の方々にありがとうございますとお礼を言います。ところがリーダーシップをとる人は完璧でなくてはならないと思い込み、弱みは見せられないと虚勢を張りがちです。