中川邦夫(コンサルタント)の名言

中川邦夫(コンサルタント)のプロフィール

中川邦夫、なかがわ・くにお。日本のコンサルタント。「エーテン」代表。神奈川県出身。東京大学工学部化学工学科卒業後、スタンフォード大学工学部大学院で2つの学位を取得。王子製紙、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て独立。著書に『ドキュメント・コミュニケーションの全体観』『問題解決の全体観』。

中川邦夫(コンサルタント)の名言 一覧

自分の「型」を持たず、その場その場で切り抜けていると、たまたまうまくいくことはあっても、コンスタントに良い仕事を続けていくのは難しい。


机上の空論にしないために忘れてはいけないポイントは、たどりついた問題解決策を、実行イメージ、「誰がいつまでにどうやるか」までをしっかり考えておくこと。


最短かつ確実な道で解決策まで連れて行ってほしいのに、道筋が妙に曲がりくねっていたり、途中で切れたり、ひたすら長かったり、ひどい時は解決案が示されていなかったりする。こうした「ストーリーなき思考」は、仕事の時間の無駄。


プレゼンであれ、報告や会議資料であれ、ビジネスの現場で語られる物事には、必ず「問題解決というゴールと、そこに至る道筋」=「ストーリー」があるべき。


どんな思考術でもそうですが、考え方を「知っている」だけではダメです。「ストーリーシンキング」を実際に使えるようにするには、そのストーリーを書いてみる、すなわちドキュメント化するトレーニングを強く推奨します。書き出すとアラが見えやすくなるからです。


中川邦夫(コンサルタント)の経歴・略歴

中川邦夫、なかがわ・くにお。日本のコンサルタント。「エーテン」代表。神奈川県出身。東京大学工学部化学工学科卒業後、スタンフォード大学工学部大学院で2つの学位を取得。王子製紙、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て独立。著書に『ドキュメント・コミュニケーションの全体観』『問題解決の全体観』。

他の記事も読んでみる

佐瀬守男

僕らの商売は元々お祭りビジネス。必要に応じたところに必要に応じたものを持って行く。これからはそういう商売になるのではないかと思います。


松本大

100のことを7割伝えても、ビジネスにはなりません。求められているのは、70のことを10割伝えられる英語力です。ここを勘違いしていると、いつまでたってもビジネス英語はモノにならないといっていいでしょう。


鈴木喬(経営者)

日本の皆さんに会社を育ててもらった恩義がある。日本人が困ったときにお役に立とうとするのは当然のこと。ときにはソロバン勘定よりも心意気が大事なこともある。


久保正行

犯罪者には必ず泣きどころがあるので、そこを探し、それを基点に相手を理解してあげる。この人になら話しても大丈夫だ、これ以上黙っていても意味がない、と相手に自然に思わせることが重要。


エレン・クルマン

高機能化学品には私もかって4年間携わっていました。個人的にもとても思い入れのあるビジネスです。しかし、市況に左右される分野になっているのが現実です。現実には正面から向き合わねばなりません。イノベーションで生きていこうという私たちの道とは違います。思い入れのある事業をスピンアウト(分離独立)するのは悲しいことですが、デュポンが持つ能力を最大限活用していくためには必要だと思い、決めました。


宮坂学

社長の仕事の半分以上は「聞く時間」です。このパフォーマンスをいかに高めるか。ひとつの工夫は「一対一」で話を聞くこと。新体制では「ワン・オン・ワン」という制度を導入しました。部下のいる上長は、週一回必ず、部下と一対一で30分間ミーティングをする。私を含む役員全員も参加しています。


土合朋宏

マーケティング的な視点では、まず「客(相手)の立場」からニーズや新しさを見つけるといい。こんな時にこそ、自分にない考えを持つ人の意見が力になる。


勅使河原茜

私は家元を継ぐ前に、幼稚園教諭として4年間勤めたことが今とても役に立っているので、息子たちにもやりたいことをやってもらいたい。うちはそういう教育方針なんです。私も自由に育てられて、すごく助かった。ですから2人にも社会勉強をして経験を積んで、客観的に草月流を見られるようになってから、今後を決めればいいと思っています。


荒井正昭

私は、学生には「うちの会社は厳しい。けれども、給料も高い」と正直に話します。どうしても企業のほうが学生よりも強い立場にあるわけですから、学生に対して正直に何でも開示しなくてはフェアではない。


枡野俊明

自分と合わない部分があると思うなら、それはそれでいいのです。合わない部分は真実として受け止め、合う部分に焦点を当てて接するだけでも、苦手意識は軽減するはずです。


相原輝夫(経営者)

先日発表した新製品がありまして、画面上に表示されたテキストを高速かつ正確に認識する新技術なんです。言葉で説明するのが難しいんですけど、例えば、異なるメーカーのシステムをつなげるために、これまでは莫大な費用をかけて互換性をとるようにしていたんですね。本当に大雑把に言えば、それをものの数分でつなげてしまうんです。これは世界で初めての技術です。もう医療の世界では引き合いが来ていますが、これを医療以外の世界にも応用できないか考えています。そうやって世の中に無いモノをつくり、世の役に立っていきたい。


家守伸正

「目標必達」「率先垂範」「克己復礼」という経営信条を常に考えていたことが、危機対応で私を助けてくれました。自分の行動が間違っていないか、照らし合わせて考えるための基準やよりどころを持つことは、経営者にとって非常に重要。


森川亮

進捗報告のメールでは、パッと見てすぐわかることが大事です。僕自身もそういう書き方をしています。


堀江貴文

興味があることは全部やりたいじゃないですか。いまにかぎらず、ライブドアのときからそうでした。ライブドアはインターネットの会社でしたけど、証券会社や銀行もしていたし、保険会社もつくろうとしていました。あとは不動産の仲介とか、車のオークション、テレマーケティングのコールセンター、会計ソフトの会社とか、もう数えきれないくらい。


ミシュラ・マニッシュ

日本企業が失敗しがちなことは、日本と同じようにマネージメントをしてしまうこと。日本企業は海外に出るとコミュニケーションをうまく取れるかどうかを、一番不安視します。日本的にコミュニケーションを取ろうとして、現地のトップに日本人を置いて日本風にしようとしてしまうのです。


ページの先頭へ