名言DB

9413 人 / 110706 名言

中川路亜紀の名言

twitter Facebook はてブ

中川路亜紀のプロフィール

中川路亜紀、なかかわじ・あき。日本のビジネスコーチ(コミュニケーション)。「コミュニケーション・ファクトリー」代表。兵庫県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社を経て独立。ビジネス文書やコミュニケーションについて教えた。著書に『気のきいた短いメールが書ける本』『ビジネスメール文章術』。

中川路亜紀の名言 一覧

内容を省略しすぎて必要な情報が抜けてしまったら、ビジネスメールとして成立しません。また、最低限の丁寧な表現まですべて省くと、相手に不快感を与えてしまいます。短く端的で、ほどよい礼儀正しさを備えたメールを書くこと。これが今、あらゆる人に求められるスキルになっています。


メールを使うべきではない場面もあります。とくに相手に損害を与えるようなトラブルが発生した際は、まず電話で第一報を伝えるのがマナー。どんなに丁寧に書いても「そんな大事なことは、直接伝えるべきだろう」と不快に感じる人が多いものです。コミュニケーションツールが多様化したからこそ、その特性に合わせて上手に使い分けることも、これからの時代に求められるスキルと言えるでしょう。


最近はSNSの影響か、末尾の署名を省く人が増えましたが、これも相手に迷惑をかける可能性があるので要注意。相手に郵送したいものがあるときなど、署名がないとわざわざ名刺を探したり、住所や電話番号を問い合わせる手間がかかります。今はメールのやりとりだけで仕事が進む案件も多いので、署名は名刺代わりと考えて、必要事項をきちんと書きましょう。


提案したいのが、メールの文末の表現を工夫したり、気の利いた一文を添える方法です。たとえば、語尾の「お送りください」を「お送りくださいますようお願いいたします」と変えるだけで、相手が感じるプレッシャーは和らぎます。また、頼みごとをするなら、「お忙しいところ恐縮ですが」「お手数をおかけしますが」などと添えるだけで印象は大きく変わります。


ビジネスメールで何よりも基本となるのは、読む相手のことを思いやることです。対面のコミュニケーションとは違い、メールはお互いの表情や声などがわからないので、相手に冷たい印象や威圧感を与えることがあります。こちらは笑顔で「明日までにお送りください」と書いても、相手は「無理強いされているようで怖い」と感じる可能性もあるのです。かと言って、あまり過剰に丁寧な表現で長文を書くのも、メールのコミュニケーションにはふさわしくありません。


相手との関係性やコミュニケーションの回数によって書き方を調整するのも端的かつ礼儀正しく伝えるコツです。たとえば、初めてメールを送る相手には、文章に最大限の配慮をすべきです。とくに最初のメールが依頼であれば、「不躾なお願いで恐縮ですが」などといった丁寧なひと言を添えましょう。一方、気心が知れた相手ならば、こうした表現は省いて構いません。むしろ頻繁にやりとりする相手にルーティンな連絡をする場合は、簡潔かつワンパターンな文章でOK。「お世話になっております。今月分の請求書をお送りください」といった定型文が毎回届けば、相手も「特別なことはなく、いつもどおりでいい」とわかって効率的です。


ビジネスメールに必要なスキルや心得るべきマナーは、時代とともに変化してきました。メールが仕事で使われ始めた頃は、パソコンのスペックが低かったので、データ容量が大きくならないよう、宛名も挨拶もなしで電報のように用件のみを書くのがマナーでした。しかしIT環境が進化するにつれ、時候の挨拶や丁寧な前置きを書く人が増え、メールは次第に長くなる傾向が続きました。それが最近は、再び短さや簡潔さが求められるようになりました。仕事の効率や生産性の向上が求められるようになったことに加え、LINEやメッセンジャーなどのSNSが普及し、短文でのやり取りが増えたことも大きく影響しています。


中川路亜紀の経歴・略歴

中川路亜紀、なかかわじ・あき。日本のビジネスコーチ(コミュニケーション)。「コミュニケーション・ファクトリー」代表。兵庫県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社を経て独立。ビジネス文書やコミュニケーションについて教えた。著書に『気のきいた短いメールが書ける本』『ビジネスメール文章術』。

他の記事も読んでみる

小池淳義

アメフトは極めて論理的で科学的なスポーツ。相手チームの分析や戦略の構築など、試合前の準備が重要な意味を持つ。米国では「アメフトはビジネスそのもの」と言われるが、確かに企業経営に生かせる点は多い。


小林栄三

部下の適所がどこにあるかを知るためには、やはりコミュニケーションが大切です。150人ほどの部の部長をしていた時、こんな方法を実践しました。新入社員を対象に、彼らが興味を持ったこと、それはなぜか、その意味するところは、というテーマで毎週メモを提出させました。「イチローのように何かで秀でた人物になりたい」と希望を語る者もいれば、「アジア通貨危機に際して我が社はこうすべきだ」と論じる者もいました。このやり取りはとても有効でした。彼らの欠点を見つけることにも役立ちました。


小堺一機

『いただきます』が『ごきげんよう』になって、いろいろと番組が変わっていく間、30代、40代の僕は何回か、辞めたいな。ムリだなと感じた瞬間がありました。その都度、プロデューサーの三宅恵介さんに、「僕もうめいっぱいです」「きついです」「器の中、水がいっぱいでもう何も入らないです」と伝えていたんです。そんなとき、あなただったらどう応えます? 三宅さんはいつもいいセリフを返してくれたんですよ。普通は言ってしまいそうになる、「小堺さん頼むよー」「ダメだよ、頑張ろうよ」といった引き止める言葉は口にしないんですね。その代わり、「あれれれ! どうしよう? 困っちゃうなぁ……、俺」「ちょっと待ってて、企画考えるから」って。そうやって生まれたのが、サイコロトークで、なにより長く一緒に仕事をしていて、好きな人が素直に「困っちゃう」と言ったら、困らせたくないと思うでしょう。好きな人が困っているところは見たくないから。そう思えるのは、相手が真剣にこちらのことを考え、心を動かしてくれたとわかるからです。


ロバート・キヨサキ

お金について賢くなるために、今すぐあなた自身のファイナンシャル教育を始めたまえ。それが、あなたがこれからの世界を生き延び、繁栄する唯一の方法だ。あなたの成功を祈ってやまない。


荒木壽一

私も昔は、部下に物事を強要するタイプでした。会社を支える人材を育てようとの意識もあり、モデル作りの専門家を管理職に引き上げたりしました。でもある時、とんでもない勘違いをしているのではないかと気がつきました。管理職に就かされた本人は、実はずっとモデルを作っていたかったのではないか。そう思うようになって、自主性を重んじる経営に改めました。


野村克也

うちは貧乏だった。ある日、母が言うんだ。「かっちゃん、学校の成績は兄ほどでもないし、中学を出たら就職して、私を助けてくれないか」。ショックだったよ。望みをかけていたプロ野球への道もすぐに消えるのかと。ただ、人生は面白いものでな。夢が夢として消えかけたとき、必ず誰かが支えてくれるんだ。最初は兄だった。3つ上の兄は俺と違って成績優秀。オール5の秀才だった。その兄が母親に言うんだよ。「俺は大学に行かず就職する。克也を高校に行かせてくれ」。嬉しかったな。兄のおかげで母は折れ、俺を高校に行かせてくれた。プロ野球選手への道は閉ざされずに済んだわけだよ。


勝間和代

人は、やればできるんですよ。全部を一気に変えようとせずに、昨日より今日、今日より明日がほんのちょっとよくなったらいい。


ケヴィン・ダットン

サイコパスの人は、集中力を妨げる膨大な情報があってもそれに影響されず、集中することができる。株式市場で成功する人にはサイコパスの人が多いですが、それは重要な情報だけを取り入れてパニックにならず、冷静さを保ち、集中することができるからです。金融界にサイコパス度が非常に高い人が多いことは別に驚きではないのです。


東哲郎

いかに10年先を見通せるか、ということも大事。2~3年先だけ見て動いていたら保守的な手しか打てません。


ビル・ゲイツ

今日の情報社会では、人間の知性と技術、そしてリーダーシップが重要な資源だ。これらの資源は、世界中に豊富に存在する。だからこそ、人類の歴史の次の章はとりわけ面白いものになるはずだ。


水野和敏

仕事はお客さんに尽くすことだけを考えればいい。


清水亮

エバーノートに何を保存するかについては、考えすぎず、関心のある情報すべてを保存することをお勧めします。「エバーノートは第二の脳」という表現があります。興味を持った事柄すべてを記録できるツールだからですが、生身の脳との違いは、時間が経っても忘れないこと。何かを見て「面白いな」と思うだけでは、いつか記憶が薄れます。しかし、エバーノートに保存したものは、削除しない限り消えません。つまり、脳の「忘れる」という性質を補完できるツールなのです。


出井伸之

失敗しても危機ではなく、次のチャンスだと考える。ネガティブに捉えて悪い方向に進むのと、どちらが良いかは明らかでしょう。


澤田道隆

極端に言うと、これまでのすべてを否定したい。やり方、あり方、考え方を全否定しよう。すべてを変える必要はないかもしれませんが、それぐらいの気持ちでやらないといけない。


畑正憲(ムツゴロウ)

最近は「ひとつの正義」といいますか、自分の考えを一方的に押しつけようという人が目立つように思います。その正義を自分の中にしまっておくならいいのですが、「俺が信じていることをあいつはやっていない、だからおかしい」と考える人が増えていますよね。私はそれを「民主主義の害毒」と呼んでいます。