名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中川路亜紀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川路亜紀のプロフィール

中川路亜紀、なかかわじ・あき。日本のビジネスコーチ(コミュニケーション)。「コミュニケーション・ファクトリー」代表。兵庫県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社を経て独立。ビジネス文書やコミュニケーションについて教えた。著書に『気のきいた短いメールが書ける本』『ビジネスメール文章術』。

中川路亜紀の名言 一覧

内容を省略しすぎて必要な情報が抜けてしまったら、ビジネスメールとして成立しません。また、最低限の丁寧な表現まですべて省くと、相手に不快感を与えてしまいます。短く端的で、ほどよい礼儀正しさを備えたメールを書くこと。これが今、あらゆる人に求められるスキルになっています。


メールを使うべきではない場面もあります。とくに相手に損害を与えるようなトラブルが発生した際は、まず電話で第一報を伝えるのがマナー。どんなに丁寧に書いても「そんな大事なことは、直接伝えるべきだろう」と不快に感じる人が多いものです。コミュニケーションツールが多様化したからこそ、その特性に合わせて上手に使い分けることも、これからの時代に求められるスキルと言えるでしょう。


最近はSNSの影響か、末尾の署名を省く人が増えましたが、これも相手に迷惑をかける可能性があるので要注意。相手に郵送したいものがあるときなど、署名がないとわざわざ名刺を探したり、住所や電話番号を問い合わせる手間がかかります。今はメールのやりとりだけで仕事が進む案件も多いので、署名は名刺代わりと考えて、必要事項をきちんと書きましょう。


提案したいのが、メールの文末の表現を工夫したり、気の利いた一文を添える方法です。たとえば、語尾の「お送りください」を「お送りくださいますようお願いいたします」と変えるだけで、相手が感じるプレッシャーは和らぎます。また、頼みごとをするなら、「お忙しいところ恐縮ですが」「お手数をおかけしますが」などと添えるだけで印象は大きく変わります。


ビジネスメールで何よりも基本となるのは、読む相手のことを思いやることです。対面のコミュニケーションとは違い、メールはお互いの表情や声などがわからないので、相手に冷たい印象や威圧感を与えることがあります。こちらは笑顔で「明日までにお送りください」と書いても、相手は「無理強いされているようで怖い」と感じる可能性もあるのです。かと言って、あまり過剰に丁寧な表現で長文を書くのも、メールのコミュニケーションにはふさわしくありません。


相手との関係性やコミュニケーションの回数によって書き方を調整するのも端的かつ礼儀正しく伝えるコツです。たとえば、初めてメールを送る相手には、文章に最大限の配慮をすべきです。とくに最初のメールが依頼であれば、「不躾なお願いで恐縮ですが」などといった丁寧なひと言を添えましょう。一方、気心が知れた相手ならば、こうした表現は省いて構いません。むしろ頻繁にやりとりする相手にルーティンな連絡をする場合は、簡潔かつワンパターンな文章でOK。「お世話になっております。今月分の請求書をお送りください」といった定型文が毎回届けば、相手も「特別なことはなく、いつもどおりでいい」とわかって効率的です。


ビジネスメールに必要なスキルや心得るべきマナーは、時代とともに変化してきました。メールが仕事で使われ始めた頃は、パソコンのスペックが低かったので、データ容量が大きくならないよう、宛名も挨拶もなしで電報のように用件のみを書くのがマナーでした。しかしIT環境が進化するにつれ、時候の挨拶や丁寧な前置きを書く人が増え、メールは次第に長くなる傾向が続きました。それが最近は、再び短さや簡潔さが求められるようになりました。仕事の効率や生産性の向上が求められるようになったことに加え、LINEやメッセンジャーなどのSNSが普及し、短文でのやり取りが増えたことも大きく影響しています。


中川路亜紀の経歴・略歴

中川路亜紀、なかかわじ・あき。日本のビジネスコーチ(コミュニケーション)。「コミュニケーション・ファクトリー」代表。兵庫県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社を経て独立。ビジネス文書やコミュニケーションについて教えた。著書に『気のきいた短いメールが書ける本』『ビジネスメール文章術』。

他の記事も読んでみる

江上治

挫折で得ることは、とてつもなく大きく、逆境で覚えることは多い。


本田健

幸せなお金持ちになるには、自分の好きなことをまずやることです。お金持ちには様々なタイプがいますが、共通点のひとつは、自分が好きで得意なことをとことんまで究めていることです。それがあまりお金にならなくても、少なくともそれは幸せな人生です。それに、好きなことをやりながらビジネスシステムをつくるということと、多くの人に応援されるということ。この二つさえあれば、大抵そこそこのお金はできるはずなんです。


岩瀬大輔

早く成長したいと思ったら、他人のやり方を盗むのが一番の近道です。それは決して悪いことではありません。むしろ優秀な人たちは、誰もがそうやって自分の能力やスキルを伸ばしているのです。すでに高い成果をあげている人たちが持っている経験や知見を積極的に引き出して、それを真似してみればいいのです。


東国原英夫(そのまんま東)

いつも上着のポケットにA6判の小さなノートを入れています。とくに勉強しようと構えなくても、人と話をしていたり雑誌を読んで興味を持ったことなどを気軽に書きとめることができるから便利です。気づいたことを片っ端から書き続けた雑学ノートは、あとで見返せば、僕にとってすごくいい参考書になっています。


柴田励司

知人同士を引き合わせるときに大事なのは、仕事とはいっさい関係なく、損得勘定を入れないことです。「AさんとBさんは気が合うんじゃないかな?」「共通点が多くて話が弾みそうだ」という純粋な気持ちで、「今度、一緒に飯でも食おうよ」と誘ってみる。引き合わせたら、もちろんAさんとBさんは初対面なわけですから、自分があいだをつなぐ役をする。すると、意外なところで共通の知り合いがいることがわかったりして楽しいものですよ。自分が知人同士を引き合わせていると、自分がそういう場に呼んでもらえる機会も増えていきます。これを繰り返していくと、どんどん世界が広がっていきます。何より楽しいですしね。コツは「人脈を広げて仕事に役立てよう」といった営利目的を絡めないことです。


小池百合子

私自身はいわば東京都の社長さん。「隗(かい)より始めよ」ということで、都庁の働き方の改革を実践しているところです。手始めに20時退庁令を実施していますが、新宿で働く約1万人の職員の9割が20時半までに退庁するようになりました。一歩前進です。


弘兼憲史

組織で働くには、他人と力を合わせて何かを成し遂げなければいけません。いくら1人で頑張っても、大きな仕事であればあるほど達成するのは難しい。


出井伸之

私は「定年」という言葉をなくしたいと考えています。日本人男性の寿命が80歳を超えている今、20歳過ぎから働き始めれば、そこから60年もの時間がある。私はソニーを卒業してから、クオンタムリープを設立しました。若手起業家の支援活動などを行っていて、現在も数多くの進行中プロジェクトを手掛けています。IT系だけでなく製造業やサービス業まで、これから伸びていく企業を幅広く応援しています。これらは社会貢献になるし、私に課せられた役割だと考えています。


佐々木常夫

人間というものは、嫉妬する生き物です。出世をすれば嫉妬されるのは当たり前だし、仕方がない。世の中は、ある意味で敵だらけなのです。いちいち取り合っていたらきりがないので、あなたは何も気にせず、自分のペースで淡々と仕事をやればいい。


野村忠宏

「もう限界です」と細川(伸二)先生に伝えると、「お前はそんなもんか」とくる。休ませてはくれないんです(笑)。世の中にはそこで「はい、僕そんなもんです」と引く人間と、「なめんなよ」と前に出る人間がいます。もしもあの時僕が引いていたら、細川先生に見捨てられていたでしょう。面白いもので、「なにくそ!」と練習を再開したら、結局、次の1本もやり切れる。


森川宏平

研究開発では、他の人が考え実行したことのない方法を選択するようにしてきた。


朝倉千恵子

謝りグセで成功した人はいないということは覚えておいてください。お客様から「いまは忙しいから」と断られると、すぐに「申し訳ありません」と謝る営業マンがいますが、こちらが悪いことをしているわけではないので、謝る必要はありません。「かしこまりました。改めてご連絡申し上げますので、いつがよろしいか教えていただけますか」と聞けば、次の展開につながります。