名言DB

9419 人 / 110788 名言

中川越の名言

twitter Facebook はてブ

中川越のプロフィール

中川越、なかがわ・えつ。日本の生活手紙文研究家。東京都出身。中央大学文学部卒業後、雑誌・書籍編集者を経て独立。古今東西の手紙を調査研究。著書に『名文に学ぶこころに響く手紙の書き方』『手紙・はがき書き方事典』『すべての仕事で使える文書大事典』。

中川越の名言 一覧

手紙がいかに自由で楽しいものかを知るには、『漱石書簡集』や、『文豪たちの手紙の奥義』のような本で、言葉の達人たちの残した実例に触れるのが一番。誰かに手紙を書こうと思った方やこれから年賀状を書く方は、ぜひ手に取ってみてください。


年賀状でも大事なのは相手を思う気持ち。「あけましておめでとう」だけでは味気ないと思ったら、長文で近況を伝えてみるのもおすすめです。見栄えがいいだけのものよりも、気持ちが伝わる年賀状になるはずです。


「手紙を書きましょう」というと、「書き始めは拝啓でいいのかな?」「時候の挨拶はどうしよう」などと悩む方も多いことでしょう。ところが、夏目漱石をはじめとする文豪たちは、そうした決まりにとらわれることなく、もっと自由に手紙を書いていました。


平安時代から変わらない、手紙を書く上でのマナー、それは「出だしと締めで相手を敬うこと」、ただそれだけです。依頼文でも、謝罪文でも、近況報告でも、敬意で本文をサンドウィッチできれば、中身が多少暴れていても問題ありません。また、書きたいときに思いのままに書くことも、手紙を書く上で大切なこと。きまりやルールを気にし過ぎるあまり、書くのをためらってしまうのは、もったいない気がします。


メールやLINEなどで、メッセージをパッと送るのも悪くはありませんが、返事が遅いとなんとなく苛立ちが募りませんか? 私だけかもしれませんが手紙だと割と気長に返事を待てる気がします。返事が来るのを待つ間も、相手と同じ時間を共有しているような気分に。そんな風に、手紙は人生を豊かにしてくれる存在だと思います。


中川越の経歴・略歴

中川越、なかがわ・えつ。日本の生活手紙文研究家。東京都出身。中央大学文学部卒業後、雑誌・書籍編集者を経て独立。古今東西の手紙を調査研究。著書に『名文に学ぶこころに響く手紙の書き方』『手紙・はがき書き方事典』『すべての仕事で使える文書大事典』。

他の記事も読んでみる

森川亮

失敗したから今がある。失敗したからこそ、チャレンジできた。


竹下雄真

体のリカバリーが早い人は、メンタルのリカバリーも早い。メンタルのリカバリーを促進させるのに、フィジカルの鍛錬は有効。


オグ・マンディーノ

逆境はあなたにとっての最も偉大な教師でもある。勝利から学べるものは少ないが、追い詰められ、苦しめられ、打ち負かされている時、あなたは大いなる知恵を得る。なぜなら、その時あなたにへつらう者は去り、それによってついに真の自分自身を知るからである。


佐々木経世

日本をオーケストラに例えて言えば、超一流の楽器プレーヤーはたくさんいますが、そのプレーヤーを指揮して、どのような作曲をしたらいいか、どのように未来に向けた新しい曲ができるかを考える人がいないということでしょう。


小倉広

私がこれまでやってこられたのは、メンターともいうべき先輩方との出会いのおかげです。たとえば、5年前に始めた「人間塾」という勉強会は、今や全国規模となっていますが、きっかけは、コンサルタントの先輩・古川裕倫先生に勧められたからです。私が30代向けの本を多く出していたこともあり、「あなたは日本を変えなければならん! (若い人向けに)勉強会をやりなさい!」と。塾は大きくなり、いままでにない職種や多くの人と出会うことができ、私の人生は大きく変わりました。


茂木友三郎

かつて経営者はゼネラリストでなければならないといわれた時期があるが、現在のように地球規模の激しい競争が展開されている時代において、あちらこちらの分野について少しずつ知識や経験を持った人では全く役に立たない。企業グループや企業を経営するプロ、すなわち経営のプロでなければならない。


室伏広治

最初は、ハンマー投げの日本の第一人者であり、コーチである父の手ほどきを受けました。父は、このタイミングを逃しては将来伸びていかないだろうという重要な局面では徹底的に教え込みますが、基本的に「指導者とは何を言うかではなく、何を言わないかが大事」といった忍耐強い心の持ち主だと思います。選手自身が自らの乗り越える力を向上させるようなアドバイスの仕方が特徴です。そんな指導者が身近にいたので、私も自分で考えて練習することが身についていました。


西川光一(経営者)

創業者と勝負をしたいのであれば、継がなければいい。息子さんも起業をすればいいのです。継いだのならばおこがましいことは考えず、先代から預かったものを自分の代でさらに大きくし、バトンを次に渡すことを考えなくてはなりません。そうすればあまり無茶なことはしないでしょう。


張本邦雄

営業時代に自分なりに考え、人間関係は訪問回数と時間に比例するはずだと、用がなくても担当先に足を運び続けました。当時は(オイルショックで)売る商品がありませんから、世間話だけして帰ってくる。でも、何度も通い続けているうちに、「お客様と営業」の関係から「人と人」の関係に変わったと感じる瞬間がくるのです。すると、「近くまで来たので寄りましたが、お茶でもどうですか?」と誘って、いろいろな話ができるようになります。まあ大半は「最近仕事どうです?」といった他愛もない話でしたが、相手がぽろっと重要な情報を教えてくれることも増えました。


森澤篤

論理思考(ロジカルシンキング)の本来の目的は、与えられた状況の中で誰もが正しいと納得できる答えを見つけることにある。しかし、競争環境や競争ルールが次々と変わっていく時代には、与えられた状況そのものが変化していくので、論理思考だけでなく、継続的に創造力を発揮して「非連続的に」考えていくことが不可欠になっている。