名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中川越の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川越のプロフィール

中川越、なかがわ・えつ。日本の生活手紙文研究家。東京都出身。中央大学文学部卒業後、雑誌・書籍編集者を経て独立。古今東西の手紙を調査研究。著書に『名文に学ぶこころに響く手紙の書き方』『手紙・はがき書き方事典』『すべての仕事で使える文書大事典』。

中川越の名言 一覧

手紙がいかに自由で楽しいものかを知るには、『漱石書簡集』や、『文豪たちの手紙の奥義』のような本で、言葉の達人たちの残した実例に触れるのが一番。誰かに手紙を書こうと思った方やこれから年賀状を書く方は、ぜひ手に取ってみてください。


年賀状でも大事なのは相手を思う気持ち。「あけましておめでとう」だけでは味気ないと思ったら、長文で近況を伝えてみるのもおすすめです。見栄えがいいだけのものよりも、気持ちが伝わる年賀状になるはずです。


「手紙を書きましょう」というと、「書き始めは拝啓でいいのかな?」「時候の挨拶はどうしよう」などと悩む方も多いことでしょう。ところが、夏目漱石をはじめとする文豪たちは、そうした決まりにとらわれることなく、もっと自由に手紙を書いていました。


平安時代から変わらない、手紙を書く上でのマナー、それは「出だしと締めで相手を敬うこと」、ただそれだけです。依頼文でも、謝罪文でも、近況報告でも、敬意で本文をサンドウィッチできれば、中身が多少暴れていても問題ありません。また、書きたいときに思いのままに書くことも、手紙を書く上で大切なこと。きまりやルールを気にし過ぎるあまり、書くのをためらってしまうのは、もったいない気がします。


メールやLINEなどで、メッセージをパッと送るのも悪くはありませんが、返事が遅いとなんとなく苛立ちが募りませんか? 私だけかもしれませんが手紙だと割と気長に返事を待てる気がします。返事が来るのを待つ間も、相手と同じ時間を共有しているような気分に。そんな風に、手紙は人生を豊かにしてくれる存在だと思います。


中川越の経歴・略歴

中川越、なかがわ・えつ。日本の生活手紙文研究家。東京都出身。中央大学文学部卒業後、雑誌・書籍編集者を経て独立。古今東西の手紙を調査研究。著書に『名文に学ぶこころに響く手紙の書き方』『手紙・はがき書き方事典』『すべての仕事で使える文書大事典』。

他の記事も読んでみる

三浦淳寬(三浦淳宏)

天才である必要はない。負けない気持ちを持って、勝つために必死で考え、努力を続ける姿勢を忘れなければ、あなたの挑戦はいつか必ず花開く。


梅原勝彦

私どもが高い利益を出してきた要因のひとつに、創業時を除いて「仕事をください」という営業をしてこなかったことがあります。製品の評判が口コミで広がって注文が来るから、不況でも値下げを要請されにくい。だから過去何度となくあった不況でも価格を守れたのです。


大島さくら子

英語ができれば仕事の幅だけでなく、視野も広がります。すぐに結果が出ないからといって諦めず、コツコツと続けていってください。


臼井由妃

仕事上マイナスになる人間関係なら捨てた方がいいでしょう。マイナスになるとは、そのつながりを持っているために自分の評価が下がってしまうというものです。たとえば、居心地がいい、気心が知れているからという理由で付き合いを続けるのは、プライベートならともかく、事仕事においては自分の成長を阻害する要因になります。


すはらひろこ

スッキリ片づいたかどうかは、なかなか自分では判断しにくいもの。デジカメや携帯電話のカメラで、自分のデスクを上の方から引き気味に撮影してみよう。レンズを通すと、「他人目線」で見ることができ、思っていた以上にアラが見つかる。画像を見て初めて気づいた部分から手をつけ、再度撮影すると効果が体感できる。小さな成功体験の積み重ねでモチベーションを上げよう。


齋藤孝(教育学者)

多くのビジネスマンの方は、自分がどれくらいの時間でひとつの仕事をしているかを、きちんと把握していない。なんとなく時計を見ながら、「15時くらいまでに終わらせよう」と思いつつ、時間どおりに終わらずに焦る。こんなことを繰り返していても、仕事の速度は上がりません。


三須和泰

カンロの成長が頭打ちなのは、あめの国内市場の現状を如実に表していると思います。ただ、悲観してはいません。ミントタブレットに代表される錠菓や、グミといったカテゴリーが伸びています。当社でも主力商品である「ピュレグミ」や「ジュレピュレ」に力を入れており、あめの売上げの落ち込みをカバーする稼ぎ頭となっています。


大江英樹

私は「定年起業」を提唱しています。起業といっても、大きな事業を成せ、と言うわけではありません。月3万円でも5万円でも、好きなことで収入を得る仕事を作るだけ。本業で生計を立てなければならないプレッシャーがないため、心にゆとりが生まれ、楽しく働くことができます。社会とのつながりもできるので、定年後に孤立するリスクも減らせるでしょう。


櫻田武(桜田武)

偉い人は死ぬまで夢に向かって挑戦し続けたようだ。私もそうしたい。


犬養岬太

上意下達で「やれ」といっても効果は上がりません。社員それぞれが自主性を持って取り組まなければなりません。現在、共通認識として、今以上に良い仕事をしようという意識が高まっていると思います。


田宮俊作

アメリカのプラモデルメーカーがなぜだめになったかというと、創業者が会社を売ってしまうからなんですね。新しい社長は新しい開発については知識があまりありませんから、アメリカのプラモデルメーカーは面白い製品ができないんです。私の場合、父親もそうでしたが、儲けは後からついてくるという考え方なんです。


さいとうたかを

ぼくは絵を描くのが速いと思われているけど、ちっとも速いことない。一工程(下書きを)抜いているから速くなる。