名言DB

9429 人 / 110879 名言

中川越の名言

twitter Facebook はてブ

中川越のプロフィール

中川越、なかがわ・えつ。日本の生活手紙文研究家。東京都出身。中央大学文学部卒業後、雑誌・書籍編集者を経て独立。古今東西の手紙を調査研究。著書に『名文に学ぶこころに響く手紙の書き方』『手紙・はがき書き方事典』『すべての仕事で使える文書大事典』。

中川越の名言 一覧

手紙がいかに自由で楽しいものかを知るには、『漱石書簡集』や、『文豪たちの手紙の奥義』のような本で、言葉の達人たちの残した実例に触れるのが一番。誰かに手紙を書こうと思った方やこれから年賀状を書く方は、ぜひ手に取ってみてください。


年賀状でも大事なのは相手を思う気持ち。「あけましておめでとう」だけでは味気ないと思ったら、長文で近況を伝えてみるのもおすすめです。見栄えがいいだけのものよりも、気持ちが伝わる年賀状になるはずです。


「手紙を書きましょう」というと、「書き始めは拝啓でいいのかな?」「時候の挨拶はどうしよう」などと悩む方も多いことでしょう。ところが、夏目漱石をはじめとする文豪たちは、そうした決まりにとらわれることなく、もっと自由に手紙を書いていました。


平安時代から変わらない、手紙を書く上でのマナー、それは「出だしと締めで相手を敬うこと」、ただそれだけです。依頼文でも、謝罪文でも、近況報告でも、敬意で本文をサンドウィッチできれば、中身が多少暴れていても問題ありません。また、書きたいときに思いのままに書くことも、手紙を書く上で大切なこと。きまりやルールを気にし過ぎるあまり、書くのをためらってしまうのは、もったいない気がします。


メールやLINEなどで、メッセージをパッと送るのも悪くはありませんが、返事が遅いとなんとなく苛立ちが募りませんか? 私だけかもしれませんが手紙だと割と気長に返事を待てる気がします。返事が来るのを待つ間も、相手と同じ時間を共有しているような気分に。そんな風に、手紙は人生を豊かにしてくれる存在だと思います。


中川越の経歴・略歴

中川越、なかがわ・えつ。日本の生活手紙文研究家。東京都出身。中央大学文学部卒業後、雑誌・書籍編集者を経て独立。古今東西の手紙を調査研究。著書に『名文に学ぶこころに響く手紙の書き方』『手紙・はがき書き方事典』『すべての仕事で使える文書大事典』。

他の記事も読んでみる

正力松太郎

いまだからやるのだ。


海老一宏

転職はチャンスでもあるのです。自分のこれまでの経歴を、とにかく思い出せるだけ紙に10枚でも20枚でも書き出します。そうすることで、自分では気づかなかった意外な強みや実績が見えてくる。こんなふうに自分と向き合う機会は、人生でそうそうありません。これを機に、自分の新しい可能性が見つかるかもしれない。


白洲次郎

臭い物は蓋をしないで、いつか始末しなけりやならないんだから、外へ出したらいいんだ。


渡辺良機

業界全体は若干前年割れの状況だが、当社は前期も前年を上回る売り上げ、利益を上げることができた。これはお客様に我々の言い値で買っていただいているから。


末木紳也

資格の勉強で理論を得て、現場の実務で実践を積む。これは車の両輪のようなもので、どちらが欠けてもダメ。2つが揃うことで、ビジネススキルはグンと向上します。


渡邊健太郎(ビジネスプロデューサー)

「絶対欲しい」と思わせるモノを提供できれば、十分勝負できる。


長嶋由紀子

異動のたびに私は、その理由を聞くのですが、現在のリクルートスタッフィングの社長になる時は「前任者に縛られず、先入観なく取り組むから」と言われました。それが私の特性なのだと。


西澤ロイ

自分にダメ出しせず、まずはゆっくりと楽しむペースでいきましょう。「上達」という結果は、英語というマラソンを続けられると実感してから意識すれば十分です。


石倉洋子

あれこれ考えず、思い立ったらすぐ、実行する。「思った以上に面白かった」といった気づきは、やってみて初めて得られるもの。考えるのは、始めてからでも遅くありません。


オリバー・ウェンデル・ホームズ

アイデアというものは、それが生まれた頭の中でよりも、ほかの頭に移植されたほうがよく育つ。