名言DB

9429 人 / 110879 名言

中川裕(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

中川裕(経営者)のプロフィール

中川裕、なかがわ・ひろし。日本の経営者。「NTT都市開発」社長。京都大学経済学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTT東日本総務人事部長、取締役経営企画部長、常務、副社長、NTT東日本プロパティーズ社長、エヌ・ティ・ティ・ベトナム社長、NTT都市開発副社長・社長などを務めた。

中川裕(経営者)の名言 一覧

東日本大震災当時はNTT東日本の経営企画部長でしたが、被災した社員も自らインフラ復旧のために率先して動いてくれました。企業にとって最も重要なのは人。それを本当の意味で学びましたね。


我々不動産事業の場合は、ホテルの運営会社や、外食事業者など、様々な分野の方々とつながりを持ち、価値を見いだしてもらえる取り組みを進める必要があります。時には、他の不動産会社やゼネコンとも連携する。その分、大きな責任があると思います。


NTT都市開発には、NTTグループの各事業会社から来ている通信やITに精通した社員も含め、多様な人材が集まっています。そうした能力と、もともとの不動産事業に関わる社員の知見とを組み合わせることで、独自の強みを最大限に発揮させるのが私の役割です。ダイバーシティーを今後もさらに推進していきます。


NTT都市開発はグループでは唯一の不動産デベロッパーです。民営化でNTTが発足した直後に立ち上げた事業会社で、30年余りの歴史がある。技術の革新によって余裕ができた通信関連施設の土地や建物を活用するという役割を担っていますが、それは単にNTTのビジネスのためだけではありません。街やそこに住む人、そこで働く人達のために、どのような価値が提供できるかが重要です。


社会インフラを支えているNTTグループは、土壇場で社員たちが底力を発揮する会社です。それを私は誇りに思っています。特に感じたことが2度あります。まず東西の地域会社の業績調上に対応するために構造改革を実行した時。私は持ち株会社でその件を担当していました。もう1回はNTT東日本にいた時に経験した、2011年の東日本大震災です。


中川裕(経営者)の経歴・略歴

中川裕、なかがわ・ひろし。日本の経営者。「NTT都市開発」社長。京都大学経済学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTT東日本総務人事部長、取締役経営企画部長、常務、副社長、NTT東日本プロパティーズ社長、エヌ・ティ・ティ・ベトナム社長、NTT都市開発副社長・社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

鳥居祐一

億万長者がとくにお金を惜しまないのは人脈づくり。人助けには出費を惜しみませんし、高級住宅街に住むのも、資産家人脈をつなぐため。人脈=金脈とよくわかっているんですね。


浜矩子

賢い質問とは、ひとことでいえば発見につながる質問です。単に自分の知らないことを質問するだけなら、それほど難しいことではありません。頭の良い人は、自分のわからないことを訊くというより、議論を前に進めるために、相手の賢い答えを引き出すような質問をします。


山本梁介

昨年、人口3万人に満たない市にスーパーホテルを開業しました。おそらく、通常のホテルチェーンでは収支が合わないでしょう。しかしスーパーホテルは、ローコスト運営ができるので、客室数を100以下に抑えても採算が合うのです。お陰様で、稼働率は88パーセントくらいに達しており、観光目的のお客様が増えています。


赤尾昭彦

米国は長年の取引が信用のベースになる国。取引先に儲けさせる関係を築くのが大事。


松岡修造

挫折や敗北の受け止め方は、自分の心次第で変わる。捉え方によって自ら変えることができる。


大山健太郎

メーカーは通常、原料代や加工費を計算して原価を割り出すことから価格設定を始めますが、当社では先に「いくらなら売れるか」を考えて価格を設定します。ユーザーにとって商品の原価など関係ありません。消費者の納得のいく価格=「値ごろ価格」はどのくらいか、から考えるべきなのです。


山本良一(経営者)

思い出に残っている仕事は、奥田(務)前CEO(最高経営責任者)のもとで営業改革を担当したこと。自分自身も一番勉強したし、仕事自体もチャレンジングなものだった。当初「最大の顧客満足を最小のコストで実現しなさい」「仕事の業務運営はゼロから見直して、効率的な方法を考えなさい」というミッションを与えられた。ただ具体的な問題はわからないし、答えもない。自分で問題を探して、答えを書く。そこでどうするか。現場の分析から始まって、百貨店がどんなコスト構造になっているのか、どんな仕事のやり方なのかを徹底的に研究しました。


橘玲

一部には日本円が紙屑になると主張する人もいるが、金融知識のない人がそれを鵜呑みにして投資に走るとおかしな商品をつかまされるだけなので、当面は普通預金で十分だろう。ギリシャを見ればわかるように、国家破産とは「目が覚めたら通貨が紙屑になっていた」ということではない。国債価格の下落で金利が上昇し、地価の下落や企業の倒産で金融危機が起こり、資産の大半を国債で持っているゆうちよ銀行やかんぽ生命が破綻して国有化されるというプロセスを踏んで状況が悪化していく。どれほど財政赤字が巨額でも、日本のような経済大国が1カ月や2カ月の短期間に破産することはありえないのだから、「国の財政破産を前提に円資産をすべて外貨に換えよう」という行動は意味がない。


東原敏昭

グローバルで勝つために、グループ内で統合可能なものは、できるだけ一緒にしていくべきだと考えている。事業やカンパニーごとに設立してきた販社も、近隣地域にあるのであれば間接コストを下げるために、大胆に統合していく発想が当然必要になる。


印南敦史

「本を速く読める人」と「遅くしか読めない人」がいるのではありません。「熟読の呪縛から自由な人」と「それにまだとらわれている人」がいるだけなのです。