名言DB

9429 人 / 110879 名言

中川翔子の名言

twitter Facebook はてブ

中川翔子のプロフィール

中川翔子、なかがわ・しょうこ。日本のタレント、歌手、アイドル、声優、イラストレーター、漫画家。東京都出身。子役として芸能活動を開始。その後、様々な分野で活躍。「しょこたん」の愛称で親しまれた。

中川翔子の名言 一覧

楽しいことを見つけたり、新しい発見をすることに手遅れってないんだ。取り戻せるんだ。


人は変われるし、過去のつらかったことも愛せるように生きられるよって伝えたい。


コンサートという空間からは本当に力をもらっていて。武道館では「空色デイズ」という大切な曲を、住んでいる場所も毎日の過ごし方も違うみんなが合唱してくれたんです。あの瞬間は、私にとって魔法みたいで。奇跡的なひとときで。「次元も空間も年齢も性別も飛び越えて、みんなと貪欲に好きなことでつながってる。今、この1秒ずつを生きてる!」って実感している自分を発見できた。


本当にここまで続けさせていただけたことにすごく感謝だなと思っています。世の中に桜ソングは数あるなか、あえて挑戦してみる勇気が出たのも、5年間積み重ねた経験があったからです。別れがテーマの切ない歌詞だけど、あえてパワフルに歌って、自分が生きた証として残るすばらしいもので宝物だから。今、自分の出せるパワフルさをすべて出して歌いました。


中川翔子の経歴・略歴

中川翔子、なかがわ・しょうこ。日本のタレント、歌手、アイドル、声優、イラストレーター、漫画家。東京都出身。子役として芸能活動を開始。その後、様々な分野で活躍。「しょこたん」の愛称で親しまれた。

他の記事も読んでみる

佐々木眞一

2010年2月24日。豊田章男社長が米議会の公聴会に出席し、たくさんの厳しい質問に必死になって答えました。「私が社長を辞めることになっても、会社が残ればいい」と覚悟していたと後で聞き、「すごいな」と心から思いました。トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。


橋本圭一郎

私は民間出身でしがらみがない。必要なことは積極的に発言できる。
【覚書き|首都高の経営に携わることになったときの発言。】


鳥越恒一

移動中はともすればボーっとしがちなので、「この時間はこの案件について考える」などと、あらかじめ考えるテーマを決めておくようにしています。こうして移動中に構想を練っておけば、後ですぐに取りかかることができます。


伊達美和子

上場は全く考えていません。資金調達がしやすい時代ですから、上場することが意味を持たないと考えています。グループ本体としては、いろいろな仕事をイノベーティブにやるために、未上場の方がやりやすいと思っています。


秋田正紀

上司に聞く前に、自分がその上司だったらどういう答えを出すか、その答えをあらかじめ自分なりに考えたうえで、上司に聞いてみるといいと思います。もし、上司の答えが想定と違っていれば、なぜ違ったのかを考える。私は、阪急電鉄に勤めていた時代から、つねに、そのように考えることを心がけてきました。上司がどう答えるかを思い巡らせることは楽しいですし、なにより自分の勉強になりますね。言われることをただ聞いて、そのとおりにやっているだけでは、何の成長もありません。


上土達哉

求職者に条件を提示してもらい、企業側にオファーを出してもらうことで、マッチング数が増えるということが起きています。たとえば、火曜日と木曜日の午後のシフトに人がいないという飲食店があったとします。このときは週3日以上で働ける人を募集という求人を出すケースが多い。そうすれば大体火曜と木曜は埋まるだろうと考えてのものだと思います。しかし、火曜だけ、または木曜だけ働けるという人がばらばらにいたら、2人採用してもいいし、火曜と木曜は学校が休校だからバイトは可能という人がいたら、マッチングは成立します。たとえば朝だけの仕事など1つの仕事を切り分けるといったことも一法でしょう。双方の条件をすり合わせることで、機会損失を減らすことが可能となるのです。


重田みゆき

「この人はできる!」と思ってもらえる人と、そうでない人の違いは、相手の心をくみ取れるか否かに表れます。いかに相手を尊重できるかがキーポイントなのです。


宮内義彦

私には「オリックスをこうしたい」というような、目指している最終形はありません。あえて言えば、今日よりいい会社にしたい。だから、10年後のオリックスは全く違うビジネスを展開しているかもしれません。


金川千尋

他の人が決断したのではなく、シンテックは他ならぬ私自身が企画立案して設立した会社です。従って、とにかく自分で開拓するしかないと、営業で世界中を飛び回りました。作った製品は全部売り切ってきました。ただ、そう簡単に売れるものではありません。売れたというより、懸命に売っていったのです。


田中仁(経営者)

悩み抜いていたからこそ、人の話を真摯に受け入れる準備ができていたのでしょう。大事なのは、本当に謙虚になって、アドバイスを受け入れる準備ができているかどうか。