名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中川翔子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川翔子のプロフィール

中川翔子、なかがわ・しょうこ。日本のタレント、歌手、アイドル、声優、イラストレーター、漫画家。東京都出身。子役として芸能活動を開始。その後、様々な分野で活躍。「しょこたん」の愛称で親しまれた。

中川翔子の名言 一覧

楽しいことを見つけたり、新しい発見をすることに手遅れってないんだ。取り戻せるんだ。


人は変われるし、過去のつらかったことも愛せるように生きられるよって伝えたい。


コンサートという空間からは本当に力をもらっていて。武道館では「空色デイズ」という大切な曲を、住んでいる場所も毎日の過ごし方も違うみんなが合唱してくれたんです。あの瞬間は、私にとって魔法みたいで。奇跡的なひとときで。「次元も空間も年齢も性別も飛び越えて、みんなと貪欲に好きなことでつながってる。今、この1秒ずつを生きてる!」って実感している自分を発見できた。


本当にここまで続けさせていただけたことにすごく感謝だなと思っています。世の中に桜ソングは数あるなか、あえて挑戦してみる勇気が出たのも、5年間積み重ねた経験があったからです。別れがテーマの切ない歌詞だけど、あえてパワフルに歌って、自分が生きた証として残るすばらしいもので宝物だから。今、自分の出せるパワフルさをすべて出して歌いました。


中川翔子の経歴・略歴

中川翔子、なかがわ・しょうこ。日本のタレント、歌手、アイドル、声優、イラストレーター、漫画家。東京都出身。子役として芸能活動を開始。その後、様々な分野で活躍。「しょこたん」の愛称で親しまれた。

他の記事も読んでみる

武藤潤(経営者)

足元の課題解決をとことん追求することが、将来への布石になる。


岡崎慎司

負けは次の成長の糧になる。他人から見れば順風満帆かもしれないけど、常に負け続けてきた人生。勝ちきったあとの満足感を知らないんですよ。


鈴木喬(経営者)

規模が小さいことは、むしろ強み。特に先行きの不透明な現代は、身軽で、小回りが利く会社こそ、強さを発揮できる。


土屋裕雅

雑談で一番大事にしているのは「上機嫌で話す」こと。無表情な人や暗い顔の人に話されても嫌ですよね。ですから、誰かと話す時はたとえ嫌なことがあった直後でも必ず、上機嫌になるように気持ちを仕向けています。


小川仁美

女優と会社員をやっていると、女優として学んだことを会社員生活に適用でき、その逆もできる。


船間隆行

弊社は「売って終わり」にしたくない。お客様が30年、40年と、安心して家賃をお受け取りいただくために、売上高をむやみに増やさず、安心できる商品を供給することを目指しています。ですから、あえて株式上場もせず、ここまできました。


八郷隆弘

ホンダはいつの時代も一般大衆に喜んでもらえる製品をつくってきた。競合メーカーの後追いではなく先発で出してきた。この原点はこれからも変わらない。


川島高之

私自身、妻がフルタイムで働いていたので家事・育児を分担しなければならないイクメンでした。妻の仕事が忙しい時や、出張の時は保育園のお迎えにもよく行っていました。息子の小・中学校のPTA会長、副会長なども計7年務めました。イクメンという言葉すらなかった時代の話です。家族のための時間を増やしている分、時間に制限のない社員と同じ働き方をしていたら、彼らと同じ成果は出せません。だから「仕事時間が非イクメンの60%ならば、成果は彼らと比較して120%は出さなければ差を埋められない」と考えていました。少ない時間で大きな成果を出すにはどうすればいいか、常に自分で試行錯誤してきました。


森澤篤

驚くだけでは不十分だ。「おや」と思ったことをそのままにせず、何かに結び付けて考えてみよう。例えば「インターネットはすごい」と思ったら、これが何に使えるかを考える。近くの店がいつの間にかに閉店していたことに気付いたら「自分がいまこのスペースを手に入れたら何をするか」を考えてみる。実はこの「新しい結び付け方」こそビジネスで最も必要な能力かもしれない。


小笹芳央

あなたのいる部署の業績がどれだけ良くても、会社はそれだけで成り立っているわけではありません。その好業績も、特定の部署だけの力で成し遂げられるものではない。製造・開発部門も、連携している販売や宣伝などの関連部署の活動や、働きやすい環境を作る管理部門の貢献に支えられているのです。


横田雅俊

営業マンには売れ出すきっかけがある。そのことが今回、1000人のトップセールスマンを対象にしたアンケート調査から明らかになった。数多くのトップセールスと接してきた私の経験からいうと、どんなに優秀な人でも、入社後いきなり売上トップに立つということはありえない。同期入社組の成績は、最初の数カ月は横並びだが、一年ほどたつと、売れている人と売れていない人との差がはっきりしてくるという傾向にある。


塚越寛

社員一人一人の成長の総和が、会社の成長である。