中川翔子の名言

中川翔子のプロフィール

中川翔子、なかがわ・しょうこ。日本のタレント、歌手、アイドル、声優、イラストレーター、漫画家。東京都出身。子役として芸能活動を開始。その後、様々な分野で活躍。「しょこたん」の愛称で親しまれた。

中川翔子の名言 一覧

楽しいことを見つけたり、新しい発見をすることに手遅れってないんだ。取り戻せるんだ。


人は変われるし、過去のつらかったことも愛せるように生きられるよって伝えたい。


コンサートという空間からは本当に力をもらっていて。武道館では「空色デイズ」という大切な曲を、住んでいる場所も毎日の過ごし方も違うみんなが合唱してくれたんです。あの瞬間は、私にとって魔法みたいで。奇跡的なひとときで。「次元も空間も年齢も性別も飛び越えて、みんなと貪欲に好きなことでつながってる。今、この1秒ずつを生きてる!」って実感している自分を発見できた。


本当にここまで続けさせていただけたことにすごく感謝だなと思っています。世の中に桜ソングは数あるなか、あえて挑戦してみる勇気が出たのも、5年間積み重ねた経験があったからです。別れがテーマの切ない歌詞だけど、あえてパワフルに歌って、自分が生きた証として残るすばらしいもので宝物だから。今、自分の出せるパワフルさをすべて出して歌いました。


中川翔子の経歴・略歴

中川翔子、なかがわ・しょうこ。日本のタレント、歌手、アイドル、声優、イラストレーター、漫画家。東京都出身。子役として芸能活動を開始。その後、様々な分野で活躍。「しょこたん」の愛称で親しまれた。

他の記事も読んでみる

桂三枝(6代目桂文枝)

恥をかくことに慣れると、相手の失敗にも寛大になれます。それは人間力を高めることにもつながっていくのです。


大坪文雄

わかりやすい指標を目標にする方が、組織の効率は上がると思います。ROEといわれても、分母の株主資本というのはドメインの努力で実現できることはほとんどありません。配当を増やすか、自己株を取得する、といったことは本社の役割だと思います。そうすると、分子の方が純利益ですから、営業利益を上げることが純利益を増やすことにつながります。


畑村洋太郎

首都直下や東海、束南海、南海地震の発生が近い将来起こるといわれている。地震学者は、それを予測できるとかできないとか議論しているが、重要なのは覚悟を決めて、きちんと準備をしておくことである。大きな地震が起これば津波が押し寄せてくるのは十分想定できる。そのときはどこかで諦めて逃げるしかない。それが災害の多い日本に暮らす私たちの宿命なのだから、先人の知恵、過去の事例に学ぶべきだ。それをせずに、運が悪かったという一言で片付けるのは、私に言わせれば敵前逃亡のようなもの。


柳井正

お世辞なんか、部下は見抜いていますから、そんな「褒め」はムダです。本当にすごいなと思ったときに、「おまえ、これすごいな」と言ってあげる。本心から褒める。そうすると、言われた人も素直に喜び、その得意なことに磨きがかかります。


高田明(ジャパネットたかた)

やらなかった失敗はあっても、一生懸命にやった失敗はない。毎日300%の力で取り組んでいるという自負がありますから、他人から失敗に見えても、私には試練と映る。


中山讓治(中山譲治)

ナンバーツーのポジションにいると、どうしてもナンバーワンに追随していこうという意識を持ちがちです。これでは駄目です。常に、自分がナンバーワンのつもりで環境の変化を先読みし、課題を洗い出し、それを解決していかなければいけません。ナンバーワンをベンチマークするのではなく、自分たちはどうするのかを、自分たちの頭で考える必要があります。


吉山勇樹

行動管理の工夫として、着手日も設定しています。英国の歴史政治学者のシリル・ノースコート・パーキンソンは「仕事は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまでは膨張する」と指摘しました。夏休みの宿題をギリギリまで手を付けない子供がいます。その結果、手に負えないくらいの量の宿題に膨らませてしまうようなことです。そこで、そうならないように締切日から逆算して、着手日を設定します。


高岡浩三

不毛な状況を変えるために、管理職の皆さんには、「そもそも仕事とは何か」を考えてもらいたい。仕事ではないことは単なる「作業」にすぎない。私が考えるホワイトカラーの仕事とは、「顧客の問題解決をすること」だ。


デレク・シヴァーズ

最初のフォロワーは過小評価されているが、リーダーシップの一形態なのである。最初のフォロワーが、ひとりのバカを、リーダーへと変える。


矢頭美世子

食品や健康補助食品を扱う会社なのですから、自分たちの食事にも気を配り、元気に働ける環境にしなければならない。


アルフレッド・アドラー

妻の機嫌が悪いときに、夫が責任を感じてはいけない。不機嫌でいるか上機嫌でいるかは、妻の課題。その課題を勝手に背負うから苦しいのだ。


澤田秀雄

ビジネスはチャレンジそのものです。チャレンジするためには、明確な夢と目標を持つことが不可欠です。つまり、ゴールです。ゴールがあれば人はそれを目指して遠い道のりでも走り続けることができます。夢と目標を目指して、ひとたび走りだせば、どんな方針で経営していくべきか、おのずと見えてきます。


野田俊介

誰もやったことがない組み合わせのシステム提案がうまくいかなかったことがあり、毎週土日にSEと一緒に客先へ通いました。逃げずに誠意を示せば、結果的にはトラブルを起こしたお客さんほど深い付き合いができ、ノウハウも蓄積すると思います。


角居勝彦

馬を壊さないことが大前提ですが、生き物相手なので、何が原因で壊れていくか分かりません。一般的には、その馬の担当者が決まると、その人がもっぱら馬をつくり上げていくのですが、1人の見立てだとひいき目が出るので、どうしても誤差が出ます。現在、うちの厩舎では30頭管理していますが、餌を見る人、調教する人、いろいろな世話をする人、これに担当者と、1日のうちに最低4~5人がいろんな立場から全部の馬を見るようにして情報共有しています。チームで馬をつくり上げていくスタイルに比較的早くから取り組んできたため、誤差の少ない馬づくりができたのだと思います。


小林昇太郎(コンサルタント)

いまの職場や仕事に対する自分の情熱をはかる要素として、「怒りをもって仕事をしているか(現状に満足していない)」、「私生活が充実しているか(仕事が順調なときは、私生活もうまくいっている)」などがあげられる。


ページの先頭へ