名言DB

9419 人 / 110788 名言

中川淳一郎の名言

twitter Facebook はてブ

中川淳一郎のプロフィール

中川淳一郎、なかがわ・じゅんいちろう。日本の編集者、PRプランナー。東京出身。一橋大学商学部卒業後、大手広告代理店の博報堂に入社。CC(コーポレート・コミュニケーション)局で企業PRの業務に従事。その後退社し、『テレビブロス』の編集者などを経て、インターネット・ニュースサイトの編集者となる。ネット上での情報発信に関するコンサルティング、プランニングなども行っている。主な著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ウェブを炎上させるイタい人たち 面妖なネット原理主義者のいなし方』『今ウェブは退化中ですが、何か? クリック無間地獄に落ちた人々』『お金持ちになる新聞の読み方』など。

中川淳一郎の名言 一覧

ネット上には新しい発見は滅多にありません。ネットニュース編集者の私が断言します。ネットを効率的に仕事に活かしている人は「自分が興味を持っていることについてどんな報道がなされているか、ほかの人はどう考えているか深く知るためのツール」であると心得ている人です。


ネットで企画のネタを探そうとしても、そう簡単にはいかないのが現実です。むしろネットを仕事に役立てる一番いい方法は、「都合のいい数字」を取るために使うことです。


重要なのは何を選ぶかです。多くの人が読む記事からアイデアを考えても、すでに誰かが思いついている可能性が高いでしょう。ヤフーニュースを見るなら、思い切って主要トピックを捨てましょう。狙うのは「その他」です。


投資する際には経営者のツイートを注視した方がいいかもしれません。普段から不用意な発言をする人の場合、ひょんなことから株価暴落、さらには不買運動を起こされたりすることにもなりかねません。ネット上の発言は投資判断材料のひとつになる、という認識でいた方がいい。


紙の雑誌とインターネットでもつけるタイトルは変わります。ターゲットメディアである紙の雑誌はいつもの読者が手に取る「会報誌」と言えますが、「いつもの読者」ではない人の目にも触れるのがインターネット。


私が考える「目立つタイトル」を作るためのポイントは、「読み手を楽しませる」「効果的なキーワードを使う」「怒られない」の3つ。ウェブ編集者の経験則から編み出した法則ですが、根本的な考え方はすべてのタイトル作りに通じるでしょう。


10年以上ウェブ編集者として活動してきましたが、「会心のタイトルをつければ記事へのアクセス数は30~50%ほど伸びる」と感じています。それほどタイトルの影響は大きいわけです。


タイトルを作るときにまず考えるべきは、読み手を楽しませること。感心したりクスッと笑ったりといった、ポジティブな反応を引き出すことを心がけます。サービス精神を発揮し、「この属性の人は面白がってくれるだろう」と読み手の反応を想像することが大切。


記事のタイトルには本文中の言葉を使うのが基本ですから、内容を面白くする必要があります。そのために重要なのが「65対35の法則」。これは、読み手の「読みたい情報」が65%、発信者側の「伝えたい情報」が35%になるように意識せよ、ということです。企業のウェブサイトに特に言えることですが、この比率が少しでも「企業寄り」になると、面白さが欠け興味を持たれ猶いものになってしまいます。


中川淳一郎の経歴・略歴

中川淳一郎、なかがわ・じゅんいちろう。日本の編集者、PRプランナー。東京出身。一橋大学商学部卒業後、大手広告代理店の博報堂に入社。CC(コーポレート・コミュニケーション)局で企業PRの業務に従事。その後退社し、『テレビブロス』の編集者などを経て、インターネット・ニュースサイトの編集者となる。ネット上での情報発信に関するコンサルティング、プランニングなども行っている。主な著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ウェブを炎上させるイタい人たち 面妖なネット原理主義者のいなし方』『今ウェブは退化中ですが、何か? クリック無間地獄に落ちた人々』『お金持ちになる新聞の読み方』など。

他の記事も読んでみる

吉田洸二

勢いというものは曖昧で漠然とした印象にすぎないんですが、それがないと優勝できなかったりします。確実に言えるのは、勢いをつけるには全員の参加が欠かせないということです。


増田昌子(セットデザイナー)

ターニング・ポイントとなったのは、駆け出しの頃に仕事をもらった『ジュラシック・パーク』。私の担当は、ジュラシック・パークの象徴「ビジターセンター」内の大階段だったのですが、当時はまだパソコンは使われておらず、階段のカーブや中二階との連結など、どう実現するかはすべて手計算でした。高校で習った三角関数やら円周率を駆使し、手すりのデザインもあわせて試行錯誤。あまりに面倒なので、最終的に、まだ勉強中だったパソコンを使い、背水の陣で仕上げました。私の設計図をもとに、コンストラクション(建造)担当の人たちが階段を創り上げ、それにペインターの人たちが色を塗って、完成です。不安だった私は、完成した階段を見て、「エンジニアもいないのに、できちゃった!」と感心しました。もちろん皆、経験はあったし、元建築士のデザイナーもいましたが、そのときは、全員が専門家でもないのに立派なセットが出来上がることが、とても面白かったのです。完成試写会では、スタジオで見てもリアルだった樹脂製の恐竜たちも本物さながらに動き回っており、それは感動しました。その後、挫折しそうなことも多々ありましたが、『ジュラシック・パーク』で味わった興奮と感動が、私を前に進ませました。


益子修

部門間のローテーション人事を行い、各部門の苦しみを分かり合おうと考えました。商品開発が販売店に行く。そして、自分の手でクルマを売ってみる。つまり、販売の視点、お客様の視点を取り入れた商品開発ができる仕組みにしました。


津川友介

もし正しいと感じる説に行き当たったら、少し待ってみるのがいい。新説は新聞やブログなどで順次、評価、吟味が行われ時間と共に正しい方向が見え始める。それまでの常識が変わり、世界の専門家が同じことを言い始める。明日テレビで「実は、天動説が正しかった」と発表しても誰も信じないでしょう。今の健康ブームで起こっているのは、それを信じてしまうのと同じことなのです。


石田淳(コンサルタント)

上司がイライラしがちな職場では、上司と部下のコミュニケーション量が少ない傾向にあります。コミュニケーションが少ないと、部下は「自分は上司に嫌われている」「ダメな部下だと思われている」と感じ、仕事に対して後ろ向きになります。それを見て、上司はまたイライラする。そんな悪循環に陥っている職場は非常に多いのです。


山内奏人

いまの金融機関は何でもできて量も重すぎるから、若い人にはかえって使いづらいんです。たとえば夏休みだから遊びにいくのに5万円借りたいと言っても、銀行は貸してくれません。そんなとき、僕らの世代の人がどうするかと言えば、メルカリでバッグを売ったりするわけです。同じような感覚で若い人が身近に感じられる金融機関をつくるのが僕の夢です。


小宮一慶

日本の企業は目標を掲げるときに、こうありたい姿ばかりにとらわれがちです。本当に大切なのはそれに至るプロセスです。そこが戦略、戦術です。具体的に取り組むことがなければ、戦略が成功することは、まずありえません。その最初のステップが数字だと私は思っています。何でも数値化する。ビジネスにおいてはほとんどすべてのものが数値化できます。


大西洋

重要なのは、仮説を持って接客にあたり、潜在的なニーズを掘り当てることができる販売員を育てること。人と人の絆をつくれるのはリアル店舗の強みである。


星野佳路

仕事も実はあんまり好きじゃないんです。私は仕事が自分の手を離れれば離れるほど嬉しい。でも、敵が現れると急にやる気になるんです。逆に、敵の存在をいつも意識していないとサボりたくなってしまう(笑)。


広浜泰久

とにかく(中同協の)セミナーでは「何のために経営をやっているのか」が問われる。私も受講生と一緒になって考えるのですが、なかなかこれといった答えが出ない。悩んでいるときに、今は上場企業に成長している同友会の先輩に、「そもそも人間というのは、相手のことを思って何かをしてあげれば、相手に喜んでもらえるだけでなく、自分もまた喜べるものですよ。しかもそのことを会社という組織で実行すれば、一人ではやれない規模のことを、分業で効率的にできるじゃないですか」といった意味のことをアドバイスされて、目からうろこではないけれども、気づきを得ることができたのです。