名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中川淳一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川淳一郎のプロフィール

中川淳一郎、なかがわ・じゅんいちろう。日本の編集者、PRプランナー。東京出身。一橋大学商学部卒業後、大手広告代理店の博報堂に入社。CC(コーポレート・コミュニケーション)局で企業PRの業務に従事。その後退社し、『テレビブロス』の編集者などを経て、インターネット・ニュースサイトの編集者となる。ネット上での情報発信に関するコンサルティング、プランニングなども行っている。主な著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ウェブを炎上させるイタい人たち 面妖なネット原理主義者のいなし方』『今ウェブは退化中ですが、何か? クリック無間地獄に落ちた人々』『お金持ちになる新聞の読み方』など。

中川淳一郎の名言 一覧

ネット上には新しい発見は滅多にありません。ネットニュース編集者の私が断言します。ネットを効率的に仕事に活かしている人は「自分が興味を持っていることについてどんな報道がなされているか、ほかの人はどう考えているか深く知るためのツール」であると心得ている人です。


ネットで企画のネタを探そうとしても、そう簡単にはいかないのが現実です。むしろネットを仕事に役立てる一番いい方法は、「都合のいい数字」を取るために使うことです。


重要なのは何を選ぶかです。多くの人が読む記事からアイデアを考えても、すでに誰かが思いついている可能性が高いでしょう。ヤフーニュースを見るなら、思い切って主要トピックを捨てましょう。狙うのは「その他」です。


投資する際には経営者のツイートを注視した方がいいかもしれません。普段から不用意な発言をする人の場合、ひょんなことから株価暴落、さらには不買運動を起こされたりすることにもなりかねません。ネット上の発言は投資判断材料のひとつになる、という認識でいた方がいい。


紙の雑誌とインターネットでもつけるタイトルは変わります。ターゲットメディアである紙の雑誌はいつもの読者が手に取る「会報誌」と言えますが、「いつもの読者」ではない人の目にも触れるのがインターネット。


私が考える「目立つタイトル」を作るためのポイントは、「読み手を楽しませる」「効果的なキーワードを使う」「怒られない」の3つ。ウェブ編集者の経験則から編み出した法則ですが、根本的な考え方はすべてのタイトル作りに通じるでしょう。


10年以上ウェブ編集者として活動してきましたが、「会心のタイトルをつければ記事へのアクセス数は30~50%ほど伸びる」と感じています。それほどタイトルの影響は大きいわけです。


タイトルを作るときにまず考えるべきは、読み手を楽しませること。感心したりクスッと笑ったりといった、ポジティブな反応を引き出すことを心がけます。サービス精神を発揮し、「この属性の人は面白がってくれるだろう」と読み手の反応を想像することが大切。


記事のタイトルには本文中の言葉を使うのが基本ですから、内容を面白くする必要があります。そのために重要なのが「65対35の法則」。これは、読み手の「読みたい情報」が65%、発信者側の「伝えたい情報」が35%になるように意識せよ、ということです。企業のウェブサイトに特に言えることですが、この比率が少しでも「企業寄り」になると、面白さが欠け興味を持たれ猶いものになってしまいます。


中川淳一郎の経歴・略歴

中川淳一郎、なかがわ・じゅんいちろう。日本の編集者、PRプランナー。東京出身。一橋大学商学部卒業後、大手広告代理店の博報堂に入社。CC(コーポレート・コミュニケーション)局で企業PRの業務に従事。その後退社し、『テレビブロス』の編集者などを経て、インターネット・ニュースサイトの編集者となる。ネット上での情報発信に関するコンサルティング、プランニングなども行っている。主な著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ウェブを炎上させるイタい人たち 面妖なネット原理主義者のいなし方』『今ウェブは退化中ですが、何か? クリック無間地獄に落ちた人々』『お金持ちになる新聞の読み方』など。

他の記事も読んでみる

クリス・アンダーソン

米国では、自社のデザインを公開して、それを外部の人々に改善してもらうといったオープンイノベーション的な実験をする企業が増えている。ゼネラル・エレクトリック(GE)やフォード、インテルなどハイテク企業にもこうした動きは広がっている。これが将来の主力事業にならなくても、オープンイノベーション的な取り組みはメイカーズ革命に参加するよい機会になるだろう。


土川健之

私の信条は「自分に忠実であれ」です。


ジム・ロジャーズ

退職金を投資して拙した人たちは、口をそろえてこう言う。「銀行員や証券会社の営業担当者に言われた通りの金融商品を買ったら損をした」と。そもそも投資は、自分の頭で考えてやるべきことだ。だから銀行や証券会社の人などに頼らず、自分で理解できるものだけに投資すべきなんだ。


古舘伊知郎

僕はF1実況を任された当初はモータースポーツに全然詳しくなかったんです。だから、ホンダエンジンのメカニックの方々、外国のチームのスタッフの方々を取材する場面でも、話についていけてなかったんですよ。用語も、車のメカニズムもチンプンカンプン……。悲しかったし、悔しかったけれども、辞めたいとは思いませんでした。これは新しいものに着手しているがゆえの苦労だし、最初は望んでいなくても自分がゼロから立ち上げている辛さでしたからね。F1に関して、必死で猛勉強して、少しずつ専門家の会話がわかるようになった喜びは忘れられません。ああいう苦労こそが、最終的には、その人の人生や仕事の基礎体力になっていくと僕は信じてやまないですよ。


羽生善治

無難な判断ができるようになってきたと思ったら、安全運転ではなく、意識してアクセルを踏み込むようにすべきです。そうやってアクセルの踏み加減とリスクの按配を覚えていくのが本当の成長であり、正しい判断ができるということにもつながるのだと思います。


平山郁夫

いまのスポーツ選手は体格がいいのに昔ほど強くないのは、野放しにせずはじめから手とり足とり理屈で形を覚えさせるからでしょう。理屈には限界があって、その能力でしか力が出せないんです。絵でもそうです。知識で描くと個性的な主張がなくなります。


久米一正

資料作りで手を抜くと、すべてが台無しになります。交渉の現場に出てくる相手は当然、交渉することに慣れている。片手間で作った資料は、一目で見抜かれてしまいます。だから、「どうすれば交渉をうまく運べるか?」を日々考え続け、そのためにはどんな提案の仕方がいいのか、徹底的に考えを巡らせます。


宗次徳二

会長時代の私が店におもむいて接客を見るとき、まずは働いているスタッフの数を見ました。私は「ゆとりシフト」を組めと指導していたのです。お客様が店に入ったとき、その瞬間に、いらっしゃいませと言えないような従業員の配置では駄目だからです。値下げをしたり、こだわりの味を出すよりも、飲食店は基本的なサービスをきちんと守らなくてはなりません。


辻本憲三

ヒット商品を生み出す秘訣は、見る側、遊ぶ側の立場に立って商品を開発するということです。『ストリートファイター』には登場人物が日本人だけでなく、米国人もいるし、中国人もいる。だから世界中で遊ぶことができるんです。我々のマーケットのターゲットは世界中ですから、世界中で売れる商品を開発している。日本向けの商品は1割ぐらいではないでしょうか。


福島保

福武(哲彦)社長は「赤字分の3億円を返すのなら辞めていい」。辞表を出せば失敗の責任を取ったことになるという考え方を否定されました。「おまえはただ逃げているだけだ」と。仕事に対する姿勢や執念について改めて考える機会になりました。


陰山英男

仕事で一番大事なのは、情熱や熱意よりも、「要領が良い」ことです。この言葉にネガティブな印象を持つ人も多いでしょうが、そういう人は価値観の転換をしていただきたい。一定の時間内で多くの仕事量をこなし、質の高いアウトプットを出すために必要なのは、要領の良さに他ならないのですから。


三崎優太

実はEC事業へシフトするまで、約2年間余り株式投資もやっていまして、投資家としてひたすら企業の業績分析をしました。収益性が高く、我々のようなベンチャー企業でも参入しやすく、短期間で成長できる事業は何か。その答えが美容関連の通販事業だったんです。