中川淳一郎の名言

中川淳一郎のプロフィール

中川淳一郎、なかがわ・じゅんいちろう。日本の編集者、PRプランナー。東京出身。一橋大学商学部卒業後、大手広告代理店の博報堂に入社。CC(コーポレート・コミュニケーション)局で企業PRの業務に従事。その後退社し、『テレビブロス』の編集者などを経て、インターネット・ニュースサイトの編集者となる。ネット上での情報発信に関するコンサルティング、プランニングなども行っている。主な著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ウェブを炎上させるイタい人たち 面妖なネット原理主義者のいなし方』『今ウェブは退化中ですが、何か? クリック無間地獄に落ちた人々』『お金持ちになる新聞の読み方』など。

中川淳一郎の名言 一覧

ネット上には新しい発見は滅多にありません。ネットニュース編集者の私が断言します。ネットを効率的に仕事に活かしている人は「自分が興味を持っていることについてどんな報道がなされているか、ほかの人はどう考えているか深く知るためのツール」であると心得ている人です。


ネットで企画のネタを探そうとしても、そう簡単にはいかないのが現実です。むしろネットを仕事に役立てる一番いい方法は、「都合のいい数字」を取るために使うことです。


重要なのは何を選ぶかです。多くの人が読む記事からアイデアを考えても、すでに誰かが思いついている可能性が高いでしょう。ヤフーニュースを見るなら、思い切って主要トピックを捨てましょう。狙うのは「その他」です。


投資する際には経営者のツイートを注視した方がいいかもしれません。普段から不用意な発言をする人の場合、ひょんなことから株価暴落、さらには不買運動を起こされたりすることにもなりかねません。ネット上の発言は投資判断材料のひとつになる、という認識でいた方がいい。


紙の雑誌とインターネットでもつけるタイトルは変わります。ターゲットメディアである紙の雑誌はいつもの読者が手に取る「会報誌」と言えますが、「いつもの読者」ではない人の目にも触れるのがインターネット。


私が考える「目立つタイトル」を作るためのポイントは、「読み手を楽しませる」「効果的なキーワードを使う」「怒られない」の3つ。ウェブ編集者の経験則から編み出した法則ですが、根本的な考え方はすべてのタイトル作りに通じるでしょう。


10年以上ウェブ編集者として活動してきましたが、「会心のタイトルをつければ記事へのアクセス数は30~50%ほど伸びる」と感じています。それほどタイトルの影響は大きいわけです。


タイトルを作るときにまず考えるべきは、読み手を楽しませること。感心したりクスッと笑ったりといった、ポジティブな反応を引き出すことを心がけます。サービス精神を発揮し、「この属性の人は面白がってくれるだろう」と読み手の反応を想像することが大切。


記事のタイトルには本文中の言葉を使うのが基本ですから、内容を面白くする必要があります。そのために重要なのが「65対35の法則」。これは、読み手の「読みたい情報」が65%、発信者側の「伝えたい情報」が35%になるように意識せよ、ということです。企業のウェブサイトに特に言えることですが、この比率が少しでも「企業寄り」になると、面白さが欠け興味を持たれ猶いものになってしまいます。


中川淳一郎の経歴・略歴

中川淳一郎、なかがわ・じゅんいちろう。日本の編集者、PRプランナー。東京出身。一橋大学商学部卒業後、大手広告代理店の博報堂に入社。CC(コーポレート・コミュニケーション)局で企業PRの業務に従事。その後退社し、『テレビブロス』の編集者などを経て、インターネット・ニュースサイトの編集者となる。ネット上での情報発信に関するコンサルティング、プランニングなども行っている。主な著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ウェブを炎上させるイタい人たち 面妖なネット原理主義者のいなし方』『今ウェブは退化中ですが、何か? クリック無間地獄に落ちた人々』『お金持ちになる新聞の読み方』など。

他の記事も読んでみる

松岡修造

紙に書き出せば冷静に自分を客観視できる。


リンダ・グラットン

まずは自分のことを内省することです。自分が何をしたいのかについてさらに深く考えることが求められます。人生に対してもっと挑戦的になることも必要です。また、色々な生き方があることを知らなければなりません。そのためには友人との交流などを通じてネットワークを広げていくことが必要になります。そうして自分とは異なる生き方をしている人に会うことで、色々な生き方を学ぶことができるようになります。


飯島勲

決まったことしかしない硬直した会社や組織は潰れてしまう。


山本ケイイチ

多くの人が自分の考え方を変えられず、人と衝突し、ムダなエネルギーを使い、仕事の成果を下げていると思います。そうではなく、本来持っている自分の思考特性に合った仕事の仕方をすべきです。ムダを省けば、成功も近くなることでしょう。


井上礼之

理想的には1週間に1日くらい家でごろごろしている日もつくりたい。仕事のことは考えず、ぼーっとしたり、散歩をしたりする時間というのも絶対に必要です。そこで悩んでいた課題の答えやアイデアがぱっと浮かんだりする。今はなかなか難しいのですが、何もしない時間も少し増やさないといかんとは思っています。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

誠実な言葉を語り、自分のやるべきことを果たして正しく生きる人を、この世界は温かく包み込むでしょう。ですから、人の非難や妨害、お節介な口出しや余計なことでわき道にそれて、時間とエネルギーを無駄にしないことです。自分のエネルギーをパワーに変えて、やるべきことを充分にやり遂げましょう。人生は、シンプルで確かで、素晴らしいものです。あなたもそのことに、気づかずにはいられないでしょう。


成田靖也

普段から経営者が社員に激励の言葉をかけるのは大事。ただ、中長期的な会社の成長を考えたとき、属人的な取り組みでは限界がくる。モチベーションを上げる仕組み自体をつくる必要がある。


南雲吉則

私の場合、朝は4時に起床して、9時に仕事が始まるまでの約5時間を、その日の診察や手術のことを考えたり、情報収集する時間に充てています。


鯵坂司郎

明るく楽しく前向きに働かないと、成果は出ない。


苅谷道郎

考えることに時間をかける一方で、徹底して時間をかけずにスピード化を図るのが情報伝達です。ニコンでは部長クラス以上は毎週、週報を上司、カンパニー長、役員、そしてトップあてに日曜夜までに階層や部門を超えてメールで送らなければならない。月曜日に開かれる経営会議などの定例会議では出席者全員が週報に目を通していることが前提となります。私が読む週報は毎週300通に達します。


尾崎健一(尾﨑健一、臨床心理士)

傾聴では、「相手の気持ち」を聴くことが大切。ビジネスでは事柄を聴く癖がついているので、「相手の気持に焦点を当てよう」という偏った意識で考えでちょうどいい。


高橋大就

私自身はこれまで「公」のために、自分が最大の課題だと思うことを解決しようと働いてきました。


須田将啓

起業にあたって不安はあると思いますが、一度捨ててみましょう。後から振り返ってみれば、実は大したことはなかった、ということばかりです。


中山茂

「いつ来るか?それは神のみぞ知る話だが、必ず来る」(円売りの巨大バブルが膨らみ続けていた時期に、いつバブルが崩壊するかと問われ)


山村幸広

トランスコスモスに入社して最初の2、3年は不遇の時代があったんですよ。まったく実績をあげることができず、相当悩んでいました。それが24歳のとき、ある自動車メーカーに私がプレゼンに行く機会がありました。その自動車メーカーは、これまでも何度かやり手の営業マンが挑戦していたのですが、上手くいかなかった。そこで、新人の私にチャンスが回ってきたわけです。それが受注できたんですよ。それ以降は、まるで違う人間になったみたいに、営業成績が伸びるようになりました。


ページの先頭へ