名言DB

9413 人 / 110706 名言

中川晶の名言

twitter Facebook はてブ

中川晶のプロフィール

中川晶、なかがわ・あきら。日本の心療内科医。「なかがわ中之島クリニック」院長。京都出身。大阪府立大学農学部卒業、奈良県立医科大学医学部卒業。大阪赤十字病院内科で研修。近畿大学東洋医学研究所を経て「なかがわ中之島クリニック」院長に就任。また、大阪産業大学人間環境学部教授、各種大学で非常勤講師を務めた。著書に『心療内科医のメルヘン・セラピー ココロの重荷が軽くなる11の物語』『やすらぎが見つかる心理学 5つの物語で読む心のコリのほぐし方』『嫌われるのが怖い!がなくなる本』ほか。

中川晶の名言 一覧

夫婦間ではお互いに言い分や愚痴を言い合い、聞き合うことが大事です。即効性のあるアドバイスは必ずしも必要ありません。相手が「言えた」「表現できた」ことで満足する場合が多いので、「聞いてあげる」ことで十分なのです。


親は子供のためを思って「あれをしなさい」「これはしちゃダメ」「あなたのためだから」と指導します。親の意見が違うと感じることが出てきても、子供としては「従いたくない自分は親不孝なのではないか」と悩み、従ってしまうのです。これを繰り返し、子供は「親にとって都合のいい子」となり、不満とストレスが蓄積されます。それが元で精神的な病気にかかってしまうこともあれば、ある日突然爆発して、修復不可能な関係になってしまうケースもあります。それを防ぐために、家族であっても「ちょっと遠め」の距離感でいましょう。親としては、子供が悩みを相談したいと言ったら聞いてあげ、何かを教えて欲しいと言ったらアドバイスをする。そうでない限りは見守る、というくらいでちょうどいい。


何でも相手の言うことを聞いてしまうのは、相手からの攻撃を避ける一種の防衛です。しかし、相手の要求や言い分を一方的に聞き入れ続けていると、マグマのようにストレスが溜まっていきます。


人間は相手との「詰まった距離を開ける」のは苦手です。一般的に、詰まり過ぎてしまった距離を開けたいときは、わざと敬語を使うなど、相手との「他人性」を強調することが有効です。しかし、家族の場合はこれがなかなか難しい。とくに、親子関係で子供のほうが親を遠ざけるのは難しいのですが、成人して独立している場合は、お互い大人同士ということを意識した態度を取るべきです。


夫婦間においては、夫よりも妻がストレスを溜めているケースが圧倒的に多いと感じます。男性は、仕事など外でのストレスが大きいものの、飲みに行くなど気晴らしをして発散するため、家庭内でストレスを溜めることはあまりないのです。ですから、妻が不満を溜めて爆発しそうになっていないか、少し気をつけてあげてください。爆発して修復不可能になってからでは遅いからです。


中川晶の経歴・略歴

中川晶、なかがわ・あきら。日本の心療内科医。「なかがわ中之島クリニック」院長。京都出身。大阪府立大学農学部卒業、奈良県立医科大学医学部卒業。大阪赤十字病院内科で研修。近畿大学東洋医学研究所を経て「なかがわ中之島クリニック」院長に就任。また、大阪産業大学人間環境学部教授、各種大学で非常勤講師を務めた。著書に『心療内科医のメルヘン・セラピー ココロの重荷が軽くなる11の物語』『やすらぎが見つかる心理学 5つの物語で読む心のコリのほぐし方』『嫌われるのが怖い!がなくなる本』ほか。

他の記事も読んでみる

アンドリュー・カーネギー

諸君の精力と思考とを、自分の使命に集中させよ!なすべきことを、とことんまでやりぬけ。あらゆる改善をし、あらゆることに精通し、なすべき仕事を完璧にマスターせよ!


鈴木眞理

地縁のつながりは薄れ、地域の問題は役所に任せれば良いという無関心な層も少なくありません。今のままでは20年、30年後、日本は成り立たなくなってしまうでしょう。この状況を変えるには「地域の課題は自分が解決する」という意識と能力を備えた人材が不可欠です。


楠木建

企業でも公共セクターの事業でも、本来一体であるべきものがバラバラになっていて、それが当たり前だと思い込んでいるケースがあると思います。


佐藤綾子(心理学者)

初対面で、その人が「本当に人脈に値するかどうか」、そこを見抜くことこそが、この厳しい時代の勝ち残り作戦の第一です。


中尾浩治

私は長く米国に駐在していましたが、米国人の社員は現地法人のトップでも私を「コウジ」と呼んできます。自由に議論し、アイデアをぶつけてくるのです。ですが、日本に戻ると「会長」。こちらはやはり、上下関係を固く持ったうえで話すわけです。一方はコウジ、一方は会長と呼ぶ風土にある社員同士が、闊達な議論をできるでしょうか。私は以前から、企業がグローバル化して、世界で一体の組織として力を発揮するには、そんなところを変えないと本当の力は出せないのではと思っていました。


杉浦誠司

仕事というのは楽しんでいたら、楽しませてもらえるようなことが、次から次へとやってくる。


松坂晃太郎

思いやりのある人材を一人でも多く増やし、全社でチームワークを高めていくのが、社長である私の役割。


ヘラクレイトス

同じ流れに二度入ることはできない。


望月衣塑子

本書(『新聞記者』)では、少し恥ずかしいが、自分の生い立ちも含めて著す機会に恵まれた。記者生活での失敗や、母親としても失格のところもたくさんあること、そんな等身大の私を知ってもらうことで、壁に突き当たって悩んでいる人に共感を持ってもらえるのではないか。政治や社会がおかしいと思ったら、自分たちが一歩でも二歩でも踏み出して世の中を変えてみようという気持ちに働きかけができるような本になればいいなと思っている。


阿部俊則

営業に限らず、組織というのはリーダー次第でがらりと変わります。どんな障害があっても、ブレることなく前向きに愚直にやっていく、そうしたリーダーの育成・教育も強化します。


クリストフ・ウェバー

違いを認め合い、私の方から近づき、みんなが理解できる目標設定をしていこうと思っている。


佐藤優

政治的に敵であると認識することと、相手を憎み断罪するということは、まったく別の話だ。外交の世界では、国家間の利害が敵対しているときにこそ、外交交渉に従事する外交官の人間的信頼関係が重要になる。


山口多賀司(経営者)

伸びる人は、やはり前向きに仕事に取組み、ぼやいたりしない人。学歴の有無や頭のいい、悪いは二の次。健康で前向きで、周りの人たちへの思いやりの心を持った人は伸びています。


古森重隆

一生のうちに何度かは、120%の力を発揮しなければならない局面が誰にも必ず訪れる。そのとき、一度でも限界まで働いたことがあれば、自分はここまでできると自信を持って立ち向かうことができるはずだ。


高岡壮一郎

企業再生ファンドも投資家の利益を最優先させざるを得ません。あくまでもビジネスですから。しかしながら、「100%お金がすべて」という考えでは、企業再生は上手くいきません。社会の役に立つ落としどころが求められます。つまり、投資家側も企業側やその社員もハッピーになれるWin-Winの関係をつくることが大切なのです。