名言DB

9412 人 / 110637 名言

中川晶の名言

twitter Facebook はてブ

中川晶のプロフィール

中川晶、なかがわ・あきら。日本の心療内科医。「なかがわ中之島クリニック」院長。京都出身。大阪府立大学農学部卒業、奈良県立医科大学医学部卒業。大阪赤十字病院内科で研修。近畿大学東洋医学研究所を経て「なかがわ中之島クリニック」院長に就任。また、大阪産業大学人間環境学部教授、各種大学で非常勤講師を務めた。著書に『心療内科医のメルヘン・セラピー ココロの重荷が軽くなる11の物語』『やすらぎが見つかる心理学 5つの物語で読む心のコリのほぐし方』『嫌われるのが怖い!がなくなる本』ほか。

中川晶の名言 一覧

夫婦間ではお互いに言い分や愚痴を言い合い、聞き合うことが大事です。即効性のあるアドバイスは必ずしも必要ありません。相手が「言えた」「表現できた」ことで満足する場合が多いので、「聞いてあげる」ことで十分なのです。


親は子供のためを思って「あれをしなさい」「これはしちゃダメ」「あなたのためだから」と指導します。親の意見が違うと感じることが出てきても、子供としては「従いたくない自分は親不孝なのではないか」と悩み、従ってしまうのです。これを繰り返し、子供は「親にとって都合のいい子」となり、不満とストレスが蓄積されます。それが元で精神的な病気にかかってしまうこともあれば、ある日突然爆発して、修復不可能な関係になってしまうケースもあります。それを防ぐために、家族であっても「ちょっと遠め」の距離感でいましょう。親としては、子供が悩みを相談したいと言ったら聞いてあげ、何かを教えて欲しいと言ったらアドバイスをする。そうでない限りは見守る、というくらいでちょうどいい。


何でも相手の言うことを聞いてしまうのは、相手からの攻撃を避ける一種の防衛です。しかし、相手の要求や言い分を一方的に聞き入れ続けていると、マグマのようにストレスが溜まっていきます。


人間は相手との「詰まった距離を開ける」のは苦手です。一般的に、詰まり過ぎてしまった距離を開けたいときは、わざと敬語を使うなど、相手との「他人性」を強調することが有効です。しかし、家族の場合はこれがなかなか難しい。とくに、親子関係で子供のほうが親を遠ざけるのは難しいのですが、成人して独立している場合は、お互い大人同士ということを意識した態度を取るべきです。


夫婦間においては、夫よりも妻がストレスを溜めているケースが圧倒的に多いと感じます。男性は、仕事など外でのストレスが大きいものの、飲みに行くなど気晴らしをして発散するため、家庭内でストレスを溜めることはあまりないのです。ですから、妻が不満を溜めて爆発しそうになっていないか、少し気をつけてあげてください。爆発して修復不可能になってからでは遅いからです。


中川晶の経歴・略歴

中川晶、なかがわ・あきら。日本の心療内科医。「なかがわ中之島クリニック」院長。京都出身。大阪府立大学農学部卒業、奈良県立医科大学医学部卒業。大阪赤十字病院内科で研修。近畿大学東洋医学研究所を経て「なかがわ中之島クリニック」院長に就任。また、大阪産業大学人間環境学部教授、各種大学で非常勤講師を務めた。著書に『心療内科医のメルヘン・セラピー ココロの重荷が軽くなる11の物語』『やすらぎが見つかる心理学 5つの物語で読む心のコリのほぐし方』『嫌われるのが怖い!がなくなる本』ほか。

他の記事も読んでみる

高岡浩三

自分のことを嫌っているからといって、その相手を遠ざけるのは並の上司がやること。自分を嫌っている人や周囲から仕事ができないと思われている人を率いて成果を出してこそ一流のリーダー。


前田晃伸

私は、企業のステークホルダー(利害関係者)に優先順位をつけるならば、やはり1番目はお客様。次に株主、最後に従業員になると思うんです。サービス業は、お客様があってこそ成り立っています。


弘兼憲史

漫画家として駆け出しの頃は、未経験のテーマを編集者に提案し、描かせてもらっていました。最初の連載は、喧嘩シーンの多い学園もの。宇宙船でいろいろな星に行き、異星人と戦うSF漫画や野球漫画、恐竜が登場する漫画も描きました。苦手な分野を作らず、何でもやってみようという気構えで仕事に取り組んでいた。そうしていろいろ描いているうちに、「少年漫画は向いてないな」「色気のある話の方が向いているのかも」「国際的な組織やビジネスの話がもっと描きたい」などと、核となる方向性が定まってきたのです。


住谷栄之資

自分で自分の幅を狭くしてしまっている人が多い気がします。失敗を恐れてチャレンジしない。商社マンも、昔は海外勤務希望が当たり前でしたが、最近の若手の中には希望しない人が結構いると聞きます。


元谷外志雄

私が書いた『理論近現代史学Ⅱ』も中国から非難され、ずいぶん物議をかもしました。しかし、私には負けない自信があった。本の内容は、決して思い込みではなく、史実をくわしく調べ、理論武装していました。攻撃されても反論できるように備えていたんです。


深田和範

つまらないと感じている会社の仕事でも、一人で自由にやるならこんな売り方がある、と考える癖をつけましょう。いまの仕事に活きるかもしれないし、リストラにあっても潰しが利くかもしれませんから。誰かが何とかしてくれる、という思考の人はダメですよね。「40歳定年制」の話題はキャリアを見直すいい機会、と捉える強(したた)かな人が生き残るのではないでしょうか。


斉藤定一

時代や社会の変化に対応し、絶えず前進することが必要なのです。(経営再建終了後)すべてのステークホルダーのために、常に成長を続ける会社を目指しました。


野口孝広

ノミはあんなに小さい生き物なのに、3mもの跳躍力があるそうですが、しばらくコップをかぶせておくと、外してもその高さまでしか飛べなくなるそうです。上司はつねに成長していかないと、部下にとっての「コップ」になってしまいます。


天野篤

どんな職業でも同じですが、自分が選んだ業(なりわい)に誇りを持つ。そして、修業をして、自分がいろいろな人に出会い、身につけたことに対する感謝の念と、満足するだけではなくて幸せだと思える心を持ちなさい。


長谷川武彦

他社が左へ行くのなら、うちは右へ行って成功しようと考えるくらいの余裕がなければいけない。ビジネスモデルは一つではありません。みんなと同じ方向へ行けば、横並びから抜け切れないし、同じ軸の上で競争していては、最後は資本力の勝負になりますから、いくら本物を持っていても勝負することはできません。


小宮一慶

ネットを使うなら、ピュアな一次情報を見た方がいい。私は景気動向を判断するため、厚生労働省が毎月発表している「毎月勤労統計調査」の「現金給与総額」を定点観測している。


岩崎博之(経営者)

投資家からは「これではダメでしょう」と否定的なことも言われます。私の経験ではそれに対して「いいえ、大丈夫です」と答えるとうまくいきません。「なぜ大丈夫なのか」を追及され、答えているうちにロジックが破綻してしまうからです。逆に「本当にその通りですね」と肯定で返すと、不思議なことに相手は急に味方になってくれます。素直さが大事だということなのでしょう。こうした対応の成果か、赤字の会社でありながらも、私は12億円ほどのお金を集めることに成功。何とか創業初期の危機を乗り越えることができました。


金児昭

ビジネスパーソンは、新入社員で入って最初の4・5年くらいは給料に差が付きません。しかし10年、15年先を考えると、頑張りによってポストも上がるでしょうし、賞与の額も違ってきます。そう考えると、頑張って認めてもらうということが収入を上げるひとつの手立てになります。


和地孝

人は、気持ちをどう持っていくかによって、大きく変わる。


正田修

変化を恐れる会社は危険。動いている会社、企業は変化することの方がはるかに安全。