名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中川晋介(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川晋介(経営者)のプロフィール

中川晋介、なかがわ・しんすけ。日本の経営者。祭り用品の「祭すみたや」社長。京都府出身。明治大学経営学部卒業。自動車メーカーなどを経て家業の祭すみたやに入社。同社社長を務めた。

中川晋介(経営者)の名言 一覧

祭り用の衣装はきつくて窮屈なものが多いですが、当社では普通の洋服に使われているストレッチ素材を使い、スナップボタンで付け外しができるなど、着やすさにこだわったオリジナル製品を中心に扱っています。そのほか、個人や少人数向けに衣装のオーダーメードサービスを行い、「目立ちたい」「人と違うものを着たい」と考えている若い女性を中心に注文を増やしています。少子高齢化で市場は縮小しつつありますが、工夫を凝らし、皆さんに喜んでいただける商品を作っていきたい。


祭り用品は非常に特殊で、商品知識がないと手に取りにくいものが多いです。「お客は知識があって当たり前」というスタンスを持っている専門店もありますが、自分自身が当社に入るまでは祭りに詳しくなかったため、帯の締め方、和楽器の鳴らし方の一つ一つを丁寧にお教えしたいと思っています。初心者をはじめ、ファミリー層や近隣にお店がない地方在住者など幅広い方に利用していただいています。


中川晋介(経営者)の経歴・略歴

中川晋介、なかがわ・しんすけ。日本の経営者。祭り用品の「祭すみたや」社長。京都府出身。明治大学経営学部卒業。自動車メーカーなどを経て家業の祭すみたやに入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

大久保幸夫

これからの10年、20年、30年を考えるとき、これまで以上に変化が激しくなることは間違いありません。こうした時代を生きていくには、環境の変化にも対応できる力を身につけておくことが、非常に重要になります。


鈴木純(経営者)

価値は顧客が決めるものだが、目先の顧客だけを見ていると、プレーヤーが密集するエリアに入ってしまう恐れがある。だから社員には「ピッチ全体を見ろ」と伝えている。


小倉昌男

リーダーが考えるべきは部下に仕事を任せることだろうと私は思う。全体的な方針や仕事の大枠はリーダーが決めたとしても、具体的な仕事の進め方は部下に任せる。ここはお前に任せると言われれば、誰だって自分で考えようとするだろう。「仕事を任される」と「自分の頭で考える」は表裏一体の関係にある。マニュアル人間が自分で何も考えようとしないのは、何一つ任されていないからだ。


冨安徳久

世の中には「仕事がつまらない」と嘆く人が多くいます。でも、つまらない仕事などありません。自身の考え方がつまらないから、仕事がつまらなく感じてしまうだけなのです。私は就活をしている学生には、「どんな仕事を選ぶかは大して重要なことではない」と教えています。入社できた会社に「ここにしか入れなかった」と意気消沈しながら入るのと、「この会社で人生を変えるぞ!」と前向きに捉えるのでは大違いです。要は、どのような心構えを持つかが大切なのです。


朝倉千恵子

テレアポの目的は、あくまでも会う約束をとりつけること。相手の状況もわからないまま、電話で商品の説明を始めても、鬱陶しいと感じられるだけです。


池田義博

集中できないとしたら、脳のワーキングメモリーが雑念や不安などの感情で占拠されて、十分に活用できていない状態かもしれません。その場合、心にある雑念や感情を紙に書き出してみるのもお勧めです。書いて可視化することで気持ちが解放され、ワーキングメモリーに他のことを記憶する余裕ができるのです。


土屋裕雅

文章で誰かに何かを伝えたい時は、「自分にしか書けないエピソード」を必ず盛り込むようにしています。社員にもそれを求めています。


小堺桂悦郎

さすがに独立してお金が底をつけばジ・エンドですから、そうならないように資金繰り表をつくりました。金融機関でずっと働いてきたわけですから、そんなものはなくても大丈夫と思っていたんですが、やはり頭の中だけでは駄目なんですね。エクセルに打ち出して、ようやくはっきりと自分の会社のお金の流れが見えてきたのをよく覚えています。
【覚書き|独立当初を振り返っての発言】


坂野尚子

「やらなくても大きな問題にならない仕事」に関しては、リストの下の方にメモしておき、しばらく経ってもまだ残っている場合は、やらなくてもいいことなんだと割り切って削除し、在庫処分するようにしています。


岩本敏男(経営者)

貸借対照表や損益計算書などを理解しないと経営を語れないのと同様に、ITの重要性を理解できなければ、もう経営が無理な時代です。


齋藤正勝

張り切り過ぎちゃって、倒れたんです。入退院を2回も繰り返して、これで自分が担当したプロジェクトも中断してしまうと思ったら……。何の影響もなかった。結局、自分は会社の歯車で、僕の代わりなんかいくらでもいるんだという、大組織の底力を思い知らされました。

【覚え書き|SE時代を振り返って】


前田晃伸

高校時代をひと言でいえば、異質の若者がごちゃ混ぜになった感じというか、それぞれがお互いの価値観を尊重しながら、日々過ごしていたんですね。いろんな価値観を持つ仲間たちに出会えたことは、本当に貴重な人生体験だったと思います。