名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

中川晋介(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川晋介(経営者)のプロフィール

中川晋介、なかがわ・しんすけ。日本の経営者。祭り用品の「祭すみたや」社長。京都府出身。明治大学経営学部卒業。自動車メーカーなどを経て家業の祭すみたやに入社。同社社長を務めた。

中川晋介(経営者)の名言 一覧

祭り用の衣装はきつくて窮屈なものが多いですが、当社では普通の洋服に使われているストレッチ素材を使い、スナップボタンで付け外しができるなど、着やすさにこだわったオリジナル製品を中心に扱っています。そのほか、個人や少人数向けに衣装のオーダーメードサービスを行い、「目立ちたい」「人と違うものを着たい」と考えている若い女性を中心に注文を増やしています。少子高齢化で市場は縮小しつつありますが、工夫を凝らし、皆さんに喜んでいただける商品を作っていきたい。


祭り用品は非常に特殊で、商品知識がないと手に取りにくいものが多いです。「お客は知識があって当たり前」というスタンスを持っている専門店もありますが、自分自身が当社に入るまでは祭りに詳しくなかったため、帯の締め方、和楽器の鳴らし方の一つ一つを丁寧にお教えしたいと思っています。初心者をはじめ、ファミリー層や近隣にお店がない地方在住者など幅広い方に利用していただいています。


中川晋介(経営者)の経歴・略歴

中川晋介、なかがわ・しんすけ。日本の経営者。祭り用品の「祭すみたや」社長。京都府出身。明治大学経営学部卒業。自動車メーカーなどを経て家業の祭すみたやに入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

大橋徹二

基本軸だけではなくて、バランスシートも人心もみんな強くなければいけない。ブレないでやっていられるだけのしっかりしたものを気持ちの上でも、バランスシート上でも作りあげないと。


金丸恭文

これからの時代に不可欠なリーダーの資質は、デシジョン(決断)のスピード、大きさ、タイミング。世界のリーダーと日本のリーダーを比べると、ここが大きく違います。そしてこれは、起業家だけの問題ではありません。ジャック・ウェルチのように、創業者でなくてもGEを大きく変えた経営者はいます。


嶋津良智

感情の波をコントロールし、平常心を保つための方法として、自分なりの呪文を持つこともお勧めです。私の場合、お守りにしている言葉は2つです。「ひるんじゃいけない」と「冷静に、冷静に、冷静に」と心の中で3回唱えることです。


赤澤健一

リーマンショックで、弊社も大きな影響を受けました。それを契機に自分達の活動をイチから見直すことになりました。それまでは、自分たちの価値をお客様に提供しようとやってきていましたが、自分達が顧客にとって価値ある存在にならなくてはならないということに気付き始めました。それで、会社のミッションを再認識することから始まり、ミッション、経営理念を見直して、それを具現化のために社名を変えようということになりました。


池上彰

ストレッチ(少し無理を)させない限り、人間は成長しない。アスリートが筋肉を鍛えるのって、それですよね。


大山健太郎

アイリスは新たな漁場を見つけて売り場を創造してきました。一方、最近はLED照明や家電など、強豪がひしめく漁場も開拓しています。顧客ニーズに迅速に応える価格や機能、販売チャネルをもってすれば、市場は創造できる。同じ漁場で魚を取っているようでいて、実は釣り方を変えているのです。


櫻井英明

勘と度胸を研ぎ澄まして、冷静に企業が発するメッセージを読み解いて行きましょう。最初はなかなか難しかったり、本当の意味や長期的な影響などに気がつかず、情報が目の前を通り過ぎていくだけかも知れません。しかし「継続は力なり」です。日々の変化や息づかいを正確に伝えてくれている企業があるからこそ、個人投資家は企業を見ることができるという面があります。そういうことを総合的に実現している企業には個人投資家の絶大なファンが多いように思われます。


藤田田

世の中の動きというのは、実態はみんなが考えているよりも速い。だから現場を知らない机上の政策はいつも後手後手に回るのだ。


小林大輝(小説家)

僕ら人間って、生きているものを殺して、食べていくしか術がないじゃないですか。自然界は美しく完成されているのに、人間だけが、生きるためにその世界を壊していく。昔からずっと申し訳ないなと思っていたんです。けれど、この小説を書いてからは、そこに悩まなくなった。自分はそういう世界に生きる生き物なのだから、と。人間賛歌ではないけれど、人間を肯定するように、「それでも僕は生きていきます」ということを、この作品を書いて、僕は得たのだと思います。


根岸秋男

受け身ではなく能動的に、それぞれの持っている力を表に出して欲しい。みんなが挑戦する気持ちを出して欲しい。


エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)

「勝って日本のラグビーの歴史を変えよう」という目標は、個々人が能力の限界を超えた力を引き出す、大きな動機づけとなった。何か特別なことに関わることは、自分が変われるということだから。


藤沢久美

仕事に取りかかるまでのアイドリング時間をできるだけ短くするというのは、とても大切なことだと思います。細かいことですが、たとえば、原稿の執筆であれば、原稿がすぐに書けるように、パソコンはつねにONにしておく。休憩中でもスリープ状態にして、資料などのファイルも開いておき、すぐに書きはじめられる状態にしておく。そうすると、やる気が起きたときにすぐに取りかかれるでしょう。逆に、そこでイチから準備していたら、せっかくのやる気が削がれてしまいます。