中川晋介(経営者)の名言

中川晋介(経営者)のプロフィール

中川晋介、なかがわ・しんすけ。日本の経営者。祭り用品の「祭すみたや」社長。京都府出身。明治大学経営学部卒業。自動車メーカーなどを経て家業の祭すみたやに入社。同社社長を務めた。

中川晋介(経営者)の名言 一覧

祭り用品は非常に特殊で、商品知識がないと手に取りにくいものが多いです。「お客は知識があって当たり前」というスタンスを持っている専門店もありますが、自分自身が当社に入るまでは祭りに詳しくなかったため、帯の締め方、和楽器の鳴らし方の一つ一つを丁寧にお教えしたいと思っています。初心者をはじめ、ファミリー層や近隣にお店がない地方在住者など幅広い方に利用していただいています。


祭り用の衣装はきつくて窮屈なものが多いですが、当社では普通の洋服に使われているストレッチ素材を使い、スナップボタンで付け外しができるなど、着やすさにこだわったオリジナル製品を中心に扱っています。そのほか、個人や少人数向けに衣装のオーダーメードサービスを行い、「目立ちたい」「人と違うものを着たい」と考えている若い女性を中心に注文を増やしています。少子高齢化で市場は縮小しつつありますが、工夫を凝らし、皆さんに喜んでいただける商品を作っていきたい。


中川晋介(経営者)の経歴・略歴

中川晋介、なかがわ・しんすけ。日本の経営者。祭り用品の「祭すみたや」社長。京都府出身。明治大学経営学部卒業。自動車メーカーなどを経て家業の祭すみたやに入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

窪塚洋介

五感というのは小さな窓に過ぎなくて、そこから見える景色は世界のほんの一部だ。角度を少しずらすだけで、見え方が一瞬で変わり、世界は無限に広がっていく。だけど自分の目がなければ世界は存在しないのと同じで、世界のありようを決めるのは自分の気持ちひとつ。


神田有宏

お客さまの属性をデータ化できれば、ヒット率は飛躍的に向上する。


吉田松陰

聖人・賢人の言行や教えを記した書を読む際に一番大切なことは、その内容に媚びへつらわないことである。


蔵田理

人間が一度に覚えられることはせいぜい3つ程度です。登場人物が多く、時間や場所が複雑な話ならなおさらです。ポイントを簡潔に3つに絞り、第三者にわかりやすく説明できるように普段から練習しておくべきです。


浦野光人

私の場合は常に三種類の本を並行して読んでいます。背筋をピンと伸ばして取り組まなければならない本。電車の中でも読める本。最後は本というよりは雑誌や新聞のような情報のたぐいです。しかし、どの種類の読書に置いても心がけているのは、読みながら絶えずシミュレーションをするということです。一人の人間が人生で難局を体験する機会はそう何度もありませんが、シミュレーションを通じて学習することができます。


青野慶久

「今、当社はこんな状態だ」「有望な市場がある」「何かいいアイデアないか」などと、まず課 題や状況を皆で「共有」する。それにメンバーが「共感」する。そしてメンバーが活動に「参画」していく。この流れをつくることが大切です。実際、ユーザー企業の多くが、こうした流れを企業活動のイノベーションにつなげることで、躍進を果たしています。


マルセ太郎

日本はしょうもない競争をやっています。誰かと比較したうえでの競争をやらせる。このクラスで誰が一番かと。この競争の最もいやらしいところは、必ず隣り近所を相手に競争させることです。遥かに超えた人間とは競争させないのです。


小池百合子

政治家をやっていると、追い風も向かい風もある。バタッと風が止まるときもある。そのときは、崖から飛び降りてでも自分から風を起こせ!


宮原耕治

インターネットが発達した現代、コミュニケーションは容易なものになったかもしれませんが、面と向かって人と会う機会が減ってきているようです。いまを生きる若い人たちに、人と顔を合わせ、お互いに様々なものを汲み取っていくことの大切さを忘れないでほしいです。


西村貴好

褒めることはトレーニングで誰でもできるようになります。相手の悪い面は見ないようにしてプラスの面を探して褒めるクセをつけてください。本当に小さなことでいい。いつも注意して観察していれば、相手のよいところがどんどん見えてくるようになります。


ヘンリー・フォード

恐れるべき競争相手とは、あなたを全く気にかけることなく自分のビジネスを常に向上させ続ける人間のことを言う。


服部真二

技術の革新性を追い求めることはもちろん重要なのですが、これからはそれに加えて遊び心がなければならないと考えています。そうした技術のあり方を感性の技術、エモーショナル・テクノロジーと呼んでいます。


新浪剛史

店舗数で業界1位であるセブンイレブンはとても強い。それは私が一番わかっています。だから競合相手の真似をするだけでは、いつまでも勝てません。


上西京一郎

ディズニーの哲学は、来園されたゲストにハピネス(幸福感)を提供することです。それを愚直なまでに追求してきたことで、ディズニーの価値がゲスト(お客様)に受け入れられてきました。もし、利益優先だったら、価値は守られていなかったでしょう。


吉越浩一郎

仕事のキャパシティを「能力×時間」で考える人がいますが、それでは不十分です。もしそう考えるなら、能力に欠ける人は時間をかければ成果が高まると思ってしまいます。結果、いたずらに時間ばかりかかって、不健全な生活になってしまいます。ところが、これに「効率」の軸を持たせると、様相は一変します。これまで3時間かかっていた仕事を2時間で終わらせる発想を持って実行すれば、残業は減って、しまいには一切なくなります。


ページの先頭へ