名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中川悠介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川悠介のプロフィール

中川悠介、なかがわ・ゆうすけ。「アソビシステム」社長。

中川悠介の名言 一覧

いまはむしろ、計算しないほうがヒットする時代。


一度「ものさし」を決めてしまうと、押しつけになってしまいますよね。今の時代、押しつけからヒットは生まれないんじゃないでしょうか。


人と同じことはしたくなかった。もともと、1を10にするより0を1にするほうが好きなんです。


「ブームを作るよりも、カルチャーを創る」という意識で、今後も活動していきたい。


「これがいける」というものは、人と話したり、反応を見たりすれば、たいていわかるもの。


私だって9割は失敗していますよ。でもその中に次への成功のヒントが隠されている。だから面白いと思ったらとりあえず、戦略とか細かいことを考えずにやってみるようにしています。


ヒットの予感を感じるのは、世の中の「ざわつき」が感じられたときでしょうか。今まで「渋谷」と言っていた人が、急に「原宿」と言いだしたりとか(笑)。ただ、あくまで直感的なものですね。


大事なのは、自分たちが自信を持っていいと思うものを、みんなの前に「置いてみる」ことだと思います。すると、共感してくれた人たちが自発的に、「いいね!」と言ってくれる。


「これがいいだろう!」という押しつけではなく、「これがいいのでは?」という「問いかけ」をすべきではないかと思っています。かつてはメディアを用いた大々的なプロモーションで「いいだろう!」と宣伝することで、消費者に「いいね!」と言わせていた。でもそうした押しつけは通用しなくなっています。


私が最初に手がけたのは、美容師を集めてのイベント「美容師ナイト」でした。そこに多くのモデルやアーティストが集まってきて、じゃあその人たちをマネジメントしようという話になった。それで法人化したのです。つまり元をたどればイベントだったものが、アメーバのように広がっていって、今に至るわけです。これもまた、「ものさし」を決めなかったからこそだと思います。


中川悠介の経歴・略歴

中川悠介、なかがわ・ゆうすけ。「アソビシステム」社長。

他の記事も読んでみる

室伏広治

トレーニングは体作りが目的ですが、何よりも本人が「楽しいな」と思ってくれたり、「これは何か伸びそうだな」と可能性を感じてくれたりすることが大事。


糸井重里

大げさな言い方かもしれませんが、(ほぼ日の事業で)共通するのは肯定感でしょうか。同じものを見て面白いと肯定するか、悲しいと否定するかは人それぞれです。僕自身は否定感を抱えている人間なんですが、振り返って「生まれてよかった」と言える人がいる社会の方が、少なくとも他人を幸せにしますよね。だから、その肯定感につながるものを提供するというのが、ベースにある気がします。


松川孝一

まとまった原稿を書きたいときなど、一人で温泉宿にこもることもあります。環境を変えて気分を変え、一気に片づける。もっと手軽な方法では、机の上を整理して仕事に必要なものだけが目に入るようにするなど、周囲の雰囲気を変えて気持ちをリセットし、仕事に専念できる環境をつくると集中できるものです。


ジェームズ・ダイソン

消費者は最新の製品を気に入ったかどうかで、そのブランドの好き嫌いを決める。ブランドのことばかり考え始めると、会社経営ばかりを優先してしまう。でも消費者は会社には興味がない。消費者は製品が好きなんだ。


金子源

最初は直営店のみでの展開を考えていたのですが、順調に行き過ぎたことでかえって危機感を抱くようになりました。店舗が増えたとはいえ資金が潤沢にあるわけではありませんし、銀行融資を受けるにしても限界があります。我々の成功を見て、資本力のある会社がこの業態に乗り出してくれば、すぐに店舗を増やし、市場を押さえられてしまいます。そうならないためには店舗出店のスピードを速め、市場を先に押さえる必要があると考え、フランチャイズ化に踏み切りました。


池澤守

何かを決断すると、そこには責任が生じるものです。担当者は、それを持ち帰って上司から「これはなんだよ」と言われるかもしれないという不安から、提案を否定している可能性があります。そう察知したら、交渉相手への手土産としてこの決定にどんな利点があるのかを上司に説明しやすいように解説するとYESが取り付けやすくなるのです。


橋下徹

傍から見れば直感みたいなもんだけど、直感は侮れない。もちろん、やみくもな直感じゃなくて、自分のこれまで歩んできた人生において積み重ねた経験・思考を基にした直感だ。まあトップの判断なんて結局こんなものなんだよね。


田原総一朗

企業の経営者と会うときは、事前に必死に勉強します。手に入る限りの資料に目を通す。その人自身について書かれたものやインタビュー記事、企業や業界の現状などなど。質問する側のレベルが低ければ、話し手もそのレベルの話しかしてくれません。相手に「この人間ならこういうレベルまで話し合ってもいいかな」と感じさせる知識や情報を見せないと、深い話はなかなか出てこないものです。


ヴォルテール

何の仕事にも携わっていないのは、人間にとって存在してないことと同じ。


守屋淳

戦略とは、対象となるライバルの数によってとるべき方針を変えていかないと、うまく機能してくれない面があるのだ。とくに、ライバルが多数いるのに、一対一の決闘だと思って戦ってしまえば、第三者に漁夫の利を提供するだけになりかねない。勝負事を制したければ、まずライバルの数に注意深くなる必要がある。


長島聡

ドイツなどの欧州メーカーの品質に対する考え方を見ますと、案外、柔軟なところがあります。もちろん契約社会ですから、品質をきちんと定義しています。ただ、市場に合わせて品質に幅を持たせているのです。たとえば、新興国では安全性が損なわれない範囲内であれば、見た目や手触りなどの品質が、求める水準の下限であっても認める。一方の先進国では、上限を目指します。そうした市場の要求に合わせた事業マネジメントによって、欧州メーカーは新興国で顧客をつかみ、市場開拓を進めてきました。


小笹芳央

当社では、四半期ごとに優秀な成績を上げた社員を表彰していますが、その際のスピーチで出てくるのは、たいてい「崖っぷちに立たされてそれを乗り越えたことが自分の成長のきっかけになった」という話です。社員に対してそのような機会をつくることが、経営者の役割の一つです。