名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

中川悠介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中川悠介のプロフィール

中川悠介、なかがわ・ゆうすけ。「アソビシステム」社長。

中川悠介の名言 一覧

いまはむしろ、計算しないほうがヒットする時代。


一度「ものさし」を決めてしまうと、押しつけになってしまいますよね。今の時代、押しつけからヒットは生まれないんじゃないでしょうか。


人と同じことはしたくなかった。もともと、1を10にするより0を1にするほうが好きなんです。


「ブームを作るよりも、カルチャーを創る」という意識で、今後も活動していきたい。


「これがいける」というものは、人と話したり、反応を見たりすれば、たいていわかるもの。


私だって9割は失敗していますよ。でもその中に次への成功のヒントが隠されている。だから面白いと思ったらとりあえず、戦略とか細かいことを考えずにやってみるようにしています。


ヒットの予感を感じるのは、世の中の「ざわつき」が感じられたときでしょうか。今まで「渋谷」と言っていた人が、急に「原宿」と言いだしたりとか(笑)。ただ、あくまで直感的なものですね。


大事なのは、自分たちが自信を持っていいと思うものを、みんなの前に「置いてみる」ことだと思います。すると、共感してくれた人たちが自発的に、「いいね!」と言ってくれる。


「これがいいだろう!」という押しつけではなく、「これがいいのでは?」という「問いかけ」をすべきではないかと思っています。かつてはメディアを用いた大々的なプロモーションで「いいだろう!」と宣伝することで、消費者に「いいね!」と言わせていた。でもそうした押しつけは通用しなくなっています。


私が最初に手がけたのは、美容師を集めてのイベント「美容師ナイト」でした。そこに多くのモデルやアーティストが集まってきて、じゃあその人たちをマネジメントしようという話になった。それで法人化したのです。つまり元をたどればイベントだったものが、アメーバのように広がっていって、今に至るわけです。これもまた、「ものさし」を決めなかったからこそだと思います。


中川悠介の経歴・略歴

中川悠介、なかがわ・ゆうすけ。「アソビシステム」社長。

他の記事も読んでみる

岩瀬大輔

会議には「出席さえすればいい」と考える人も世の中には多いかもしれませんが、事前準備なくして会議中の議論が深まることは稀だし、得られるものも少なくなります。どんな仕事からも気づきや学びを得ようとする意識の高い人は、事前の予習にも間違いなく時間をかけています。


平田満

舞台の上で魅力がなくなったら、ほかでもきっと自分の魅力はなくなってしまうんだろうと思えるようになりました。舞台じゃなきゃできないことができたり、舞台じゃなきゃ出会えない人と出会えたりするというのが、いまの僕にとってはいちばん幸せな状態なんだろうなと。


前野隆司

年収が低くても幸せになるための秘訣は人間関係であることが見て取れます。異性、友人、家族など人間関係を良好に保つのは幸せの王道といえそうです。


林和人(経営者)

前に経営していた中国株を扱う証券会社の経営が苦しくなってテコ入れを考えていた時に、世界の企業の時価総額を自動的に計算して、時価総額と成長率順に載せている個人のサイトをたまたま見たんです。それを見ると上位はアメリカや中国、イスラエル、英国の会社。日本の企業はほとんど出てこない。海外の企業に投資しないと駄目だというのが、そのサイトを見ると一目瞭然なんですよ。当時はその自動計算のプログラムも面白いと思ったので、サイトをやっている人に連絡を取ってみたら、中国から来て早稲田大学を出たという人だった。その彼と会って、得たものが今につながっています。


塚越寛

経営においては、その業績が本当に自分や会社の実力なのか、単に追い風によるものなのかの見極めが非常に大事。


茅野亮

過去はあっさりと捨て、消費者に受け入れられるものを作ることが最も大切なことです。


佐藤洋平(経営者)

大手の飲食チェーンも法人への宅配を行っていますが、大手の場合は効率化が重視されるため、お弁当の配達個数や金額に制限がかかってしまうのです。たとえば、「10個以上・5000円以上」頼んでくれたら届けます、というようにです。当社はそこで取りこぼされた法人需要を獲得していこうとしたからこそ、強みを発揮することができたのです。創業当時スタッフが2名しかいませんでしたが、配送ルート上にあるお客様であれば、1個からでも配達していました。そうすることで注文確率を上げていったのです。


大山健太郎

アイリスとて、いまは成長を続けていますが、将来は分かりません。企業の衰退は想像以上に速いものです。トップだけが変化に対応できても意味がありません。多くのビジネスチャンスのカードを持ち続け、従業員と一丸になって変化対応していきます。


藤田晋

社内の表彰式では受賞者が誇りに思えるような演出をしています。「おめでとう」と言って、テンプレート化された賞状を渡すだけでは、ありがたみがない。そこで、オリジナルの表彰文を書いて渡すようにしています。例えば、上司が部下を表彰する場合は、努力した点やどこを評価したかを「上司の言葉」で書いてもらうのです。表彰式では、その内容を聞いて、感動のあまり泣いてしまう受賞者も少なくありません。そういった経験はかけがえのない財産になります。


小林喜光

いろいろ理屈をつけて断るより、どんなに忙しくても仕事が来たらとりあえず受けてみます。逃げてはいけません。難題に直面すると負けん気が出て、気持ちが奮い立つのです。


谷脇宗

受け身ではなくまずは行動して、自分たちの想いを積極的に伝える。どんどん失敗して、課題を見つけ、成功への道を自ら切り開いていく。一人ひとりが目標を持って働くことで強いチームになり、目標を達成すれば、自信も生まれ、会社にも勢いがつく。


山元賢治

マネジャーと名刺に書いたら、世界では「意思決定をする権限がある人」になる。英語でマネジャーやディレクターと書いたら、逃げてはいけない。たとえばiTunesで安い価格で売らせてくれとお願いに部下とともにぞろぞろと行ったらおかしい。部下に説明させ、反論は持ち帰って検討するなどといった交渉はもってのほかだ。