名言DB

9419 人 / 110788 名言

中川悠介の名言

twitter Facebook はてブ

中川悠介のプロフィール

中川悠介、なかがわ・ゆうすけ。「アソビシステム」社長。

中川悠介の名言 一覧

いまはむしろ、計算しないほうがヒットする時代。


一度「ものさし」を決めてしまうと、押しつけになってしまいますよね。今の時代、押しつけからヒットは生まれないんじゃないでしょうか。


人と同じことはしたくなかった。もともと、1を10にするより0を1にするほうが好きなんです。


「ブームを作るよりも、カルチャーを創る」という意識で、今後も活動していきたい。


「これがいける」というものは、人と話したり、反応を見たりすれば、たいていわかるもの。


私だって9割は失敗していますよ。でもその中に次への成功のヒントが隠されている。だから面白いと思ったらとりあえず、戦略とか細かいことを考えずにやってみるようにしています。


ヒットの予感を感じるのは、世の中の「ざわつき」が感じられたときでしょうか。今まで「渋谷」と言っていた人が、急に「原宿」と言いだしたりとか(笑)。ただ、あくまで直感的なものですね。


大事なのは、自分たちが自信を持っていいと思うものを、みんなの前に「置いてみる」ことだと思います。すると、共感してくれた人たちが自発的に、「いいね!」と言ってくれる。


「これがいいだろう!」という押しつけではなく、「これがいいのでは?」という「問いかけ」をすべきではないかと思っています。かつてはメディアを用いた大々的なプロモーションで「いいだろう!」と宣伝することで、消費者に「いいね!」と言わせていた。でもそうした押しつけは通用しなくなっています。


私が最初に手がけたのは、美容師を集めてのイベント「美容師ナイト」でした。そこに多くのモデルやアーティストが集まってきて、じゃあその人たちをマネジメントしようという話になった。それで法人化したのです。つまり元をたどればイベントだったものが、アメーバのように広がっていって、今に至るわけです。これもまた、「ものさし」を決めなかったからこそだと思います。


中川悠介の経歴・略歴

中川悠介、なかがわ・ゆうすけ。「アソビシステム」社長。

他の記事も読んでみる

田口トモロヲ

塚本晋也監督の『鉄男』で主演したのは大きかったですね。当時、日本ではあまり注目されない映画だったけど、海外の映画祭では賞をいただき、「鉄男コール」が起こるほど。「ああ、映画って世界の共通言語なんだ」って。だから40代にかけては、とにかく映画の現場の空気に浸っていたくて、どんなに小さな役でも断らずに出まくっていました。


八幡滋行

緊張関係の中でトップが堂々とやりたいことを実行することが、人間味のあるガバナンスを利かせることにつながる。


小坂徳三郎

私は軽い経営が理想だと思っている。軽い経営とは従業員全員の肩に水圧を感じさせない会社のことだ。職制とか人事権とか命令系統とか、何か一つの権力構造を頼りにして、権力をチラチラさせながら下を押しまくっていくような経営は重い経営だ。


泉谷直木

動いているものを予測しながら仮説を立てて、手を先に打っていく。そうしなければ、よそよりも速く手が打てない。


徳重徹

仕事にはリスクが付き物なので、リスクを分析することも疎かにはできません。たとえば海外で事業をする場合、どこを市場にすれば良いのか、まずは統計データなどを徹底的に分析します。次に、その分野の現地の専門家に詳しく聞いてみることで、ある程度ポイントとなることが絞られてきます。さらに、現地のキーマンやターゲットとなる顧客にヒアリングをします。これらのことを、目的意識を持って、短期間のうちに一気に集中してやるのです。


槇原稔(槙原稔)

世界で仕事をするには、自分でデータや知識を吸収し、自律的に判断する能力を養う必要があります。


本田健

感情が動くところにお金が集まるというルールは、個人の仕事にもあてはまります。一般の人でも、自分の趣味や特技で人を感動させることができればお金になるのが、インターネット時代の強みです。最近では「ネット投げ銭」といって、ネット上に公開された作品に対して、路上でポンと小銭を投げ入れるように、少額の支援ができるサービスも急成長しています。動画、音楽、文章、漫画、イラストなど、プロでなくても、自分の才能を世に問える場はたくさんあるのです。


後藤忠治

私自身は水泳を辞めてから事業を始めたわけですが、当時は「フィットネス」という言葉はありませんでした。それでもこのビジネスを始めようと思った最大の理由は五輪選手として出場した1964年の東京五輪でメダルを獲得できなかったからです。当時、私たちは期待をされていました。正直に言って、私自身も出場できればメダルは獲れるだろうと、どこかで思っていたのですが、現実には獲れませんでした。それ以来、メダルを獲れなかったことに対する忸怩たる思いはずっと持っていました。私がこの事業を始めた契機は、次世代を担う選手を育てたいという気持ちがあったからなのです。


津田秀晴

私はこれまで、千人近くの営業マンや営業管理職の仕事ぶりを取材してきた。そこで感じたのは、成果を挙げている営業マンの接客スタイルは千差万別であり、その話し方や、使う言葉に「絶対解」はないということである。


泉谷直木

競争に負けて、会社がおかしくなるのではない。ライバルに点を取られるよりも、自分の失点の方が多いのではないか。